仮想通貨ってどうなの? FXトレーダーなら知っておきたい基礎知識

  • 更新日: 2019/07/02

FXを取引している人であれば、仮想通貨についても少なからず気になっているところがあるはずです。ですが、イマイチ仮想通貨のことをよく理解しないまま、ブームにも乗り遅れてしまった人も多いんじゃないでしょうか。

  • 仮想通貨がそもそも何なのか、実はよく知りません。
  • 仮想通貨ってよくわからないし、なんだかあやしい感じがする。
  • 大儲けした人もいるようだけど、チャンスってまだあるの?

こういったことを考えたことのある人に向けて、今回は仮想通貨の基本中の基本の部分について、丁寧に解説していきます。

現在、仮想通貨は大きなブームが過ぎて、下火のような状態になっています。果たして今後どうなっていくのか、そのなかでFXトレーダーはどう仮想通貨と付き合っていけばいいのか、本記事ではそういった疑問に回答していこうと思います。

仮想通貨とは何か?

まずははじめに、仮想通貨がそもそも何なのかという部分について、大まかなイメージを確認しておきます。仮想通貨について最低限知っておきたい知識なので、まずはここをしっかり押さえるようにしてください。

暗号で作られたインターネット上の通貨

仮想通貨という言葉をそのまま捉えると、仮想上の通貨ということになります。つまり、現実には存在せず、デジタルなインターネット空間だけに存在する通貨ということです。私たちが手にする紙幣なんかとは違い、触ることはできないということですね。

ただ、これだけでは説明不足なので、少し言い換えます。英語で仮想通貨は「Cryptocurrensy」と表現されますが、これを直訳すると「暗号通貨」です。つまり、デジタル上で高度な暗号技術によって作り出された通貨、というイメージを持つといいでしょう。

もし仮想通貨が、例えば二重で送金ができたり、偽造することができたりしては、そもそも通貨として使用することはできません。仮想通貨ではブロックチェーンなどの暗号技術によって、こういったことを防いで通貨としての機能を持たせています。

ブロックチェーンは「分散型台帳技術」とも呼ばれますが、すべての仮想通貨の取引履歴を記録した1本の長い台帳を、ユーザー同士が分散して共有しているようなイメージを持つといいでしょう。すべてのやりとりを記録することによって、自分の持っている仮想通貨が確かに本物だということが証明できるようになるわけです。

この仕組みの特徴は、台帳を共有することでユーザーが分散的に通貨を管理しており、中央で集中管理する主体がいない点です。通常の法定通貨は国家(中央銀行を含む)が中央管理主体ですが、仮想通貨はそういったものからは独立しているかたちにとなっています。

豆知識:電子マネーって仮想通貨と何が違うの?

デジタル上の通貨ということだけでいうと、いわゆる電子マネーもこれに該当することになります。電子マネーを使っている人は多いと思いますが、例えばSuicaだったり、WAONだったり、BitCashだったり、他にもいろんなものがありますよね。

ただし、これらの電子マネーは仮想通貨とは呼べません。なぜかというと、これらの電子マネーは円と完全に紐付いていて、結局のところ円でしかないからです。つまり、確かに形としてはデジタルですが、その本質は国家に管理された通貨ということです。

一方、仮想通貨は国家という中央管理主体からは独立していて、あくまでも円とは別の独立した通貨です。この点で仮想通貨と電子マネーの決定的に異なっており、両者は似ているようで実はまったく異なる存在というわけです。

ビットコインの仕組み

大まかな仮想通貨の仕組みを説明してきたので、もっとも有名な仮想通貨であるビットコイン(BTC)を例に、もう少しだけ細かく見ていきましょう。

ブロックが連なってできた1本の台帳

ビットコインはブロックチェーンの技術によって実現されているわけですが、最初にこれのイメージについてです。ブロックチェーンの大まかなイメージですが、ブロックが1本のチェーンのように連なっているようなかたちです。

このブロックのなかには、ビットコインのやりとりに関する情報がいくつも入っています。やりとりの情報というのは、例えば「いつAさんからBさんにどれだけビットコインを送金しました」というようなもののことです。

こういったブロックが連なった全体で、これまでのすべてのやりとりを記録した1本の台帳になっています。ビットコインは日々やりとりされるので、このブロックは1個ずつどんどん追加されていきます。

ビットコインを支えるマイナーの存在

ここで、もう1つ重要な登場人物が出てきます。それはビットコインの管理に参加する人で、世界中にたくさん存在しています。彼らはコンピューターをネットワークにつないで、ブロックチェーンの台帳を共有しながら、日々ブロックを追加しています。

こういった管理者は世界中にたくさん存在しますが、彼らが自由にブロックを追加してしまうと台帳がグチャグチャになってしまいます。そのため、ブロックの追加をできるのは、たくさん存在する管理者のうち1人だけです。

ブロックを追加する際には、ビットコインが新たに発行され、ブロックを追加した管理者に報酬として付与される仕組みになっています。これがいわゆるマイニング(採掘)と呼ばれるものですが、これによって付与されるビットコインを得る目的で、世界中で多くのマイナー(採掘者)がビットコインの管理に参加しているかたちです。

それでは、たくさん存在するマイナーのうち、誰がブロックを追加するのかはどうやって決まるんでしょうか? 簡単に言うと、暗号による高度な計算問題が出されて、それをもっとも早く解いた人がブロックを追加できる、という仕組みになっています。

この計算問題はコンピューターによって解くことになりますが、相当なマシンパワーを必要です。そのため、マイニングをするためには高性能なコンピュータと膨大な電力が必要となり、現在はビットコインのマイニングに一般人が参加するのは非常に困難な環境となっています。

こういったかたちで、報酬のビットコインを求めてマイナーたちは競い合ってマイニングを行い、台帳にブロックを追加し続けています。その1本の台帳によってビットコインは正当性が担保され、通貨として使えるようになっているというわけです。

ブロックチェーンのセキュリティは非常に強固

ビットコインではブロックが連なる台帳がすべての根拠となりますが、もしこれを誰かが改ざんしてしまったら、ビットコインは盗まれてしまうことになります。しかし、ブロックチェーンには、現実的に誰も改ざんをできないような仕組みが組み込まれています。

それは先ほどの高度な計算問題に秘密があります。実は高度な計算問題は1つ前のブロックをもとに作られるようになっていて、その答えは追加するブロックのなかに書き加えられることになっています。

そのため、もし過去のブロックを改ざんすると、その次のブロックに組み込まれた答えも変わることになります。そのため、整合性を保つためには、それを高度な計算問題を再度やり直さなければなりません。仮にそれを計算し直して次のブロックを修正しても、さらにその次のブロックにも同様の問題が発生することになります。

つまり、改ざんした以降のブロックすべてについて、高度な計算をすべてやり直したうえで、整合性を取ったかたちで修正しないといけないというわけです。日々ブロックが追加されていることを踏まえると、これは現実的ではありません。

また、マシンパワーを改ざんに使うぐらいなら、普通にマイニングをしたほうがはるかに儲かります。そのため、わざわざ改ざんを行おうという動機がそもそも生まれにくい仕組みということです。

このように、ブロックチェーンは改ざんに対して非常に堅牢な仕組みと言われています。こういった高いセキュリティがあるからこそ、ビットコインは通貨としての機能を持ち得ているというわけです。

需要によって価値が生まれる仮想通貨

仮想通貨は円などの法定通貨からは独立した存在で、その価値は独自に取引所などの市場において決定されています。仮想通貨は市場でその価格が決まっているわけですが、その価値の裏付けにはいったい何があるんでしょうか?

円などの法定通貨については、発行している国家(中央銀行を含む)がその価値を担保しています。つまり、中央管理主体である国家が信用できるからこそ、法定通貨も信用されて、価値を持つというかたちです。

一方で、仮想通貨にはそういった信用できる中央管理主体は存在しません。現在あるのは、「仮想通貨を持っていると儲かりそう」という、投機的な思惑などによる需要がほとんどでしょう。(なかには、「仮想通貨が便利だから持っていたい」という健全な動機も多少あるかもしれませんが。)

いずれにせよ、仮想通貨の価値を担保するものは存在せず、基本的に需給によってのみ、その価値は決まっています。ということは、理由は何であれ、仮に誰もほしいと思わない状況になったとしたら、価値はゼロになるということです。

仮想通貨は、インターネットがつながっていれば世界中どこでも少ない手数料で送金ができるなど、さまざまな利便性があります。仮想通貨が今後価値を持ち続けるためには、そういった機能が社会に受け入れられ浸透し、利用者が増えていくことが欠かせないでしょう。

ビットコイン以外の仮想通貨

仮想通貨といえばビットコインというイメージがあるかもしれませんが、機能を改良・拡張したさまざまな仮想通貨が生まれています。この章では、こういったアルトコインと呼ばれる新しい仮想通貨について見ていきます。

無数に存在するアルトコイン

仮想通貨としてはビットコインがもっとも有名ですが、それはビットコインが仮想通貨第1号だからです。先駆者としてビットコインは一気に名を広げたわけですが、先駆者がゆえにさまざまな問題も抱えている側面もあります。

そんななか、ビットコインをベースとしつつも、新しい枠組みで次々と新しいアルトコインが開発されてきました。その数は驚くほど多く、なんと1,000種類以上のアルトコインが存在しています。

ちなみに、ビットコイン自体も関係者の合意が形成できれば機能修正はできます。しかし、合意形成というのは大変なところもあるのが現実です。過去には意見が割れて、ビットコインから新しい通貨が分裂して生まれる(ハードフォーク)ということも起こっています。

メジャーなアルトコインを紹介

それでは、実際にどんなアルトコインがあるのか見ていきましょう。アルトコインは無数にありますが、そのなかから有名どころの4つをピックアップして紹介していきます。

イーサリアム(ETH)

アルトコインでもっとも有名なのがイーサリアムです。イーサリアムの特徴は、取引情報として、送金情報だけでなく、それが何の契約に基づくものなのかという情報も記録できるようになっている点です。このスマートコントラクトと呼ばれる機能は、ビットコインに追加するのが難しいとされており、イーサリアムの大きな強みと言えます。

リップル(XRP)

ビットコインにはブロックを追加するのに約10分の時間が必要となりますが、リップルはこれを大幅に改善し、数秒で取引を完結できるようになっています。リップルはすでに銀行間送金に使われていますが、今後はさらにその幅を広げブリッジ通貨として流通させることを目指しています。

ライトコイン(LTC)

ライトコインはビットコインのお手軽版のようなイメージで、ビットコインより送金手数料が安かったり、送金速度が早くなっていたりします。ビットコインより実用性重視で開発されており、今後にも期待が持てるアルトコインです。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、2017年8月にビットコインから分裂して誕生した通貨です。ビットコインは取引量が増えすぎたことで、ブロックに取引情報が入りきらず、処理が追い付かないという問題(スケーラビリティ問題)が発生していました。この対策について関係者で意見が割れ、その結果誕生したのがビットキャッシュです。ビットキャッシュではブロックサイズを8倍にすることでこの問題を解決し、スムーズな取引を可能にしています。

期待と不安が入り混じるアルトコイン

いろいろなアルトコインを見てきましたが、今後大きく知名度が上がるかもしれないですし、流行らずに廃れていってしまうかもしれません。大きな期待と不安の両方ともあるのがアルトコインなのかもしれません。

こういった夢があるところに興味がある人は、いろいろなアルトコインを探してみるといいでしょう。今回紹介したのはかなり有名どころですが、マイナーなものはさらに大きな夢を見られるかもしれません。

ただし、こういった夢のある分野というのはあやしい話もゴロゴロ転がっているものです。絶対に儲かると言ったうまい話なんかないということを忘れずに、夢のある世界を楽しむようにしましょう。

投資対象としての仮想通貨

仮想通貨の基本的なところを見てきましたが、やはり「投資対象としてはどうなんだ?」というのが気になるのではないでしょうか。この章では、トレードという観点から、仮想通貨を見ていきたいと思います。

FXのように取引できる仮想通貨

仮想通貨の取引環境は、率直に言って数年前と比べるとだいぶ整ってきたと感じます。取引ツールもだいぶ充実してきている印象で、仮想通貨の取引はやりやすくなっていきているのは間違いありません。

GMOクリック証券でFXトレーダーにお馴染みのGMOグループからは、GMOコインという取引所も出てきて、FXに近い感覚で取引できるようなところもあります。また、BITPointなど、MT4に対応した取引所もあったりします。

CoinCheckによるネム(NEM)流出事件が記憶にある人もいるかもしれませんが、それ以降は当局が取引所の管理体制を厳しくチェックするようになっています。法規制も整えられてきており、業界全体の信頼性は着実に高まっていっていると言えるでしょう。

日本は国として仮想通貨に力を入れており、今後も取引環境の向上を図っていくと思われます。まだ発展途上の段階ではありますが、仮想通貨は今後どんどんと取引がしやすくなっていくのではないでしょうか。

バブル崩壊による下落局面が現在地

続いて、現在の仮想通貨の相場状況についても簡単に紹介しておきましょう。直近の動きをざっくり説明すると、2017年に一気に注目を浴びて暴騰していき、2018年頭に暴落、その後はずっと下落傾向が続いているという状態です。

ビットコインの値動きについて見てみると、2016年末に10万円を超えて「すごいぞ!」となっていたんですが、2017年にはさらに上昇が続き、年末にはなんと200万円を超えるところまでいきました。しかし、2018年に入ってすぐに100万円まで下落、その後も下落は止まらず年末には50万円を割ってしまいました。

他のアルトコインもだいたい同じような感じなんですが、バブル崩壊による下落局面が現状というかたちです。いつぞやのトルコリラのような状況ですが、この下落がどこまで続くかはかみのみぞ知るというところでしょうか。

ちなみに、仮想通貨の取引でも売りから入ることができます。なので、下落していても取引チャンスはたくさんあります。方向感がはっきりしていて、ボラティリティもFXよりも高めで、むしろ取引しやすいと言ってもいいかもしれません。

仮想通貨の将来は期待できるのか?

仮想通貨の今後がどうなるかは、正直言ってわかりません。いろんな事件やバブル崩壊によって、仮想通貨に対する社会的信頼感は相当落ちてしまっていて、これが回復しないかぎりは復活は期待できないのかもしれません。

ただし、投資対象としての仮想通貨ということであれば、今後に十分期待することができると考えています。なぜなら、別に今後仮想通貨の大復活がなかったとしても、値が動いてくれているかぎりは取引チャンスがあるからです。

FXトレーダーは、ボラティリティの高い通貨が新しく増えたというような感覚で、ビットコインやその他のアルトコインを捉えればいいんじゃないでしょうか。つまり、単純に通貨ペアが増えて、取引チャンスも増えるというだけの話です。

そのうえで、なにかが起こった時には、仮想通貨の値動きの爆発力はすさまじいものがあります。値動きで利益を出すトレーダにとっては、これを逃す手はないでしょう。そういった時にすぐに動けるように準備しておくのが、FXトレーダーとしての正しいスタンスのような気がしています。

まとめ

今回は仮想通貨について、FXトレーダーの視点から解説をしてきました。技術的なところはあまり深掘りしていませんが、大まかな仕組みだったり状況のイメージを押さえていただければと思います。

最後にまとめということで、内容のおさらいをしておきましょう。

まずは、仮想通貨の仕組みに関する特徴からです。

・ブロックチェーンなどの暗号技術が基盤になっている
・ユーザー同士で1本の台帳を分散的に管理している
・中央管理主体が存在しない
・法定通貨から独立した存在である
・需要がなくなれば価値はゼロになる

次に、ビットコインの機能を拡張・改良して作られたアルトコインについて、以下の4つを紹介しました。

    • イーサリアム(ETH)
    • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTCge
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

また、投資対象として仮想通貨を見たときのポイントです。

ポイント

    現在はバブル崩壊後の下落局面(再上昇の可能性は未知数)FXよりボラティリティが高く取引チャンスあり動き出すと爆発力があるので、大きな収益チャンスとなり得る


仮想通貨が将来どうなるかは予想できませんが、FXトレーダーにとっては取引チャンスを提供してくれるありがたい存在です。これまで仮想通貨について触れてこなかった人も、この機械に少しずつ仮想通貨に慣れていくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。