積立FXで始める効率的な積立投資/メリットとデメリットを解説

  • 更新日: 2019/07/17

FXトレードといえば、ずっとパソコンの前に張り付いて相場の動きをチェックしなければいけないと思っている人もいるかもしれません。スキャルピングなど頻繁に売買を繰り返すようなトレードをしている人の中には、そのイメージ通りのトレードをしている人も多いでしょう。

しかし、その一方でのんびりと取引している人もいます。

そこで、

  • 相場をしょっちゅうチェックできるわけではないので、のんびりFXをやりたい。
  • 投資信託のような形でFXができるかどうか知りたい。
  • 貯金感覚でFXをしたい。

という人に、今回はFXでできる積立投資についてご紹介します。 

FXの醍醐味は売買によって得られる為替差益と、ポジションによって得られる可能性のあるスワップ利益です。しかし、FXは値動きが細かいことに加え、指標発表時や大きなニュースが発表された時などは、突如として大きく動くすることがあります。

そのため、為替差益を得ようとFXを始めてみたものの、FXの値動きに翻弄されてしまい、「FXは疲れる」「やりたくない」などと思ってしまう人もいます。FXはやりたい、でも、FXの画面を頻繁に見て取引するのは疲れるから嫌だ…という人にお勧めなのが、今回紹介するFXの積立投資です。

貯金感覚でできる積立投資をFXで始めてみるのはいかがでしょうか。

「そもそもFXがどういったものかよく知らない」という人は、以下の記事で詳しく解説していますので是非読み進めてみて下さい。

FXの積立投資とは何か

FXの積立投資というものを聞いたことがない、という人もいると思います。積立投資がどういうものかを知らない人のために、まずは積立投資がどういうものか紹介していきます。

FXと外貨預金

元々日本には、外貨を扱う金融商品として外貨預金がありました。しかし、外貨預金は手数料が高いうえにペイオフの対象外となっていることから、万が一預け先の金融機関が破綻した場合、一般的な普通預金や定期預金などと違い、元本は保護されず、破綻先の金融機関の財産状況に応じて支払われる形になってしまいます。

なお、一般的な普通預金や定期預金など、ペイオフの対象となっているものの場合は、合算して元本1,000万円と破綻日までの利息が保護されます。

一方、FXの場合、顧客資産保護の観点から、顧客から預かった証拠金を分別管理しているのはもちろん、信託銀行や銀行の信託口座に預ける「信託保全」がされています。そのため、FX会社が仮に倒産した場合も顧客資金は保護され、顧客に返還されます。

また、外貨預金の場合は「外貨を買う」ことになるので、買った時より円安になれば為替差益が発生し利益を得ることができますが、買った時より円高になってしまった場合には、損失を被ってしまいます。しかしFXの場合は、円高局面は売りポジションに切り替えることが可能なため、FXの方が有利になるケースもあります。

さらに利息を考えた場合、ドル円の取引ではロングポジションの場合に1万通貨あたり20円から50円程度のスワップが付く業者が多いという利点もあります。仮に20円のスワップが毎日付くのであれば、1万通貨だと20円×365日=7,300円の利息が付くことになります。

そのため、もしもレバレッジをかけずに1ドル100円でドルを買ってポジションを1年間持った場合は、100万円の資金に対して7,300円の利息が付くことになり、金利は年0.73%となります。

一方、外貨預金の場合は高いところで金利は年0.2%程度しかありません。さらに、FXでは付与されたスワップをいつでも引き出すことができますが、外貨預金の場合は利息が付くのが年2回や月1回となっているので、好きなタイミングで利息を引き出せるわけではありません。

このことから分かるように、FXの方が金利面で見ても外貨預金よりも有利となることが多いのです。もちろん、FX業者によってはスワップポイントの低い業者もありますし、さらに外貨預金の場合は定期預金にすればもっと有利な金利がもらえるケースもあります。ただ、手数料面等を考慮するのであれば、やはりFXの方が使い勝手が良いことが多いでしょう。

このようなことから、FXは外貨預金よりも使い勝手が良く、「外貨預金をやるよりFXをやろう」という人も実際に多いのです。そして、何といってもFXはレバレッジがかけられ少額の資金で取引できるので、為替変動にうまく乗ることができれば、大きな利益を得られる可能性があります。このことがFXを広く浸透させる一因となり、レバレッジ規制された今でも、人気のある投資商品の一つとなっています。

しかし、中にはFXの細かな値動きを狙った取引が性に合わないという人もいます。「四六時中取引画面を見るのは、体力的にも精神的にも疲れる」「ある程度ポジションを寝かせておきたい」という人の場合、デイトレやスキャルピングは向いていません。そのような人は、長期ポジションを持つか、もしくはFXの積立をすると良いでしょう。

便利なSBI FXトレードの「積立FX」

FXには、前述したように外貨預金にはないメリットがあります。そのため、FXで積立投資をしようとする人もいます。しかし、自分で積立投資をしようとすると意外に面倒なので、途中で挫折してしまう人も多いのです。

その点、積立FXは定期的に決まった額を購入してくれるので、面倒がなく便利です。「積立投資をしたいけれど自分でやるとなると面倒」「忙しいので定期的に買うことを忘れてしまいそう」という人は、積立FXでの取引を検討してみると良いかもしれません。

SBI FXトレード

Medium 734235
口コミ点数 Point star4 0 4.1
初回入金額 無料
推しポイント 業界最狭のスプレッド
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.27銭~7.80銭 0.49銭~15.80銭 0.69銭~12.80銭
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
35円 -12円 43円

なぜ外貨で運用するのか

外貨預金や積立FXのような外貨での預金は、為替変動リスクがある一方で、為替差益や金利、スワップポイントといったメリットを得られる可能性もあります。しかし、中には「為替変動リスクを考慮した場合は、普通に円で資産を持っていた方が良いのでは?」と考える人もいるのではないでしょうか。

ここで少し考えてみましょう。日銀では、インフレターゲットを2%としています。現状では目標はまだ達成されていませんが、もしも2%を達成した場合どうなるのでしょうか。

仮に今、手元に100万円があるとします。その100万円を、運用するのでも銀行等に預け入れるのでもなく、金庫に保管しておいた場合を考えてみましょう。

いわゆる「タンス預金」になるわけですが、10年後、金庫から取り出した100万円の札束は、見た目は10年前と何一つ変わっていません。しかし、その価値は変わっています。これがどういうことなのか、少し考えてみたいと思います。

資産価値は、

資産価格÷(1+物価上昇率(%))^年数

で計算されます。

従って、10年後の100万円の資産価値は、

1,000,000÷(1+0.02)^10≒820,348円

となるため、資産価値は目減りしてしまうのです。

また、インフレになるということは、お金の価値が下がることになるため、円安になるということでもあります。もしも円安が進めば、為替差益を期待することができます。円安になった際に外貨預金やFXの積立投資を行っていた場合、インフレによる資産の目減りやお金の支出の増加を抑制することが可能です。そのため、外貨預金や積立FXのように外貨へ投資して運用する方法に注目が集まっているのです。

「積立FX」はどんな商品か

非常に便利な積立FXですが、具体的にはどんな商品なのでしょうか。ここでは、積立FXの詳細について紹介していきます。

レバレッジがかけられる

最初の方で、外貨預金と比較するために、レバレッジをかけずにFXでドルを100万円分買った場合の例を挙げました。もしもFXでレバレッジをかけず、さらに為替差益を狙った売買もせずにスワップだけを狙ってロングポジションを持った場合、低コストで使い勝手の良い外貨預金といった感じになります。ただし、外貨預金とは違いロスカットされる可能性があり、信託保全されているのがレバレッジ1倍でのFX取引になります。

レバレッジをかけることでできるだけ資金効率を上げて積立FXをしたい、という人も中にはいます。その場合、レバレッジをかけられるのが積立FXの特徴です。ただし、かけられるレバレッジは、1倍から3倍までに限られます。なお、通貨ペアによっては3倍もレバレッジをかけられないものもあります。

積立FXはレバレッジをかけられるため、通常の外貨預金よりも少ない資金で取引をすることができます。例えば100万円分のドルを買うのであれば、レバレッジ2倍なら50万円、レバレッジ3倍なら約33万円で取引できることになります。

積立金額は1通貨単位からできる

積立FXと同じように積み立てていくタイプの投資商品としては投資信託があります。中には毎月の積立額が100円や1000円といった低額からできるものもありますが、基本的には月々1万円からできるものが一般的です。

FX積立では、1通貨であれば、ドルの場合は現在のレートで112円~113円、ユーロの場合は133円~134円くらいで買うことができます。南アフリカランドの場合は約9円、人民元の場合は約17円で買うことができるので、先ほど挙げた投資信託の100円からの積立よりも安く始めることが可能となります。

例えば、ドル円の積立をする際には、レバレッジをかけることでより少ない資金でも通貨を購入することができるようになります。そのため、例えばドルを1通貨、レバレッジ2倍で買うとした場合は、仮に現在1ドル112円だとした場合は56円で買える計算になります。

スワップも付与される

積立FXでは、通常のFXと同様にスワップも付与されます。そのため、積立FXを利用しながらスワップを狙った取引もできます。高金利通貨として注文されているトルコリラも取り扱っているので、高スワップの獲得を狙った運用を行うことができます。

積立FXで取引できる通貨ペアは?

現在、積立FXで取引できる通貨ペアは9種類です。すべてクロス円の通貨ペアとなっているので、この点は外貨預金と似ています。

現在積立FXで取引できる通貨ペアの種類は、米ドル/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円 中国人民元(CNH/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円、香港ドル/円となっています。

好きな時に資金を引き出せる積立FX

外貨預金の場合、外貨定期預金は基本的に満期にならないと資金を引き出すことができません。また、外貨普通預金の場合、外貨を引き出す際には所定の手数料がかかることが多く、銀行によって多少前後しますが、おおよそ1通貨当たり2円ほどかかります。しかし、積立FXは好きな時に資金を引き出すことができ、出金の際の手数料はかかりません。

なお、外貨預金は入金の際も所定の手数料がかかることが多いのですが、積立FXは入金手数料はかかりません。

積立FXはドルコスト平均法による積立を行う

積立FXはドルコスト平均法による積立を行うことが特徴です。ドルコスト平均法というのは、値動きのある商品を定期的に決まった額購入する方法です。

積立FXでは、毎月1万円で買えるだけのドルを購入すると仮定すると、レバレッジをかけない(つまりレバレッジ1倍)場合、1ドル100円の時は1万円分で100ドル買うことになります。その後円安が進み1ドル120円になれば83ドル買えることになり、反対に円高が進み1ドル90円になれば111ドル買えることになります。

つまり、円安(つまりドル高)になると買えるドルが減り、円高(つまりドル安)になると買えるドルが増えるのです。そのため、円ベースで見た場合は毎月同じ額を使って購入しているのですが、ドルベースで見た場合は毎月の積立額が変わってきます。

なお、ドルコスト平均法は、投資信託や株式累投投資、純金・プラチナ積立など、他の投資商品でもよく使われています。この方法を利用することで、下落した場合に損失を低く抑えられるというメリットがあります。

例えば、下記A)B)を比べてみます。A)100万円分のドルを1回で全額購入した場合、B)はドルコスト平均法を使って、ドルを分散購入した場合です。

A)

  1. 1ドル100円の時に100万円分のドルを購入する。(10,000ドル購入する)

B)

  1. 1ドル100円の時に20万円分ドルを購入する。(2,000ドル購入)
  2. 1ドル105円の時に20万円分のドルを購入する。(1,904ドル購入)
  3. 1ドル98円の時に20万円分のドルを購入する。(2,040ドル購入)
  4. 1ドル95円の時に20万円分のドルを購入する。(2,105ドル購入)
  5. 1ドル92円の時に20万円分のドルを購入する。(2,173ドル購入)

となります。つまり、B)は合計10,222ドルを購入することになり、全体の平均購入レートは1ドル約97.83円となることが分かります。

この状態のまま、仮に円高が進んで1ドル90円になった場合、A)10%のマイナスが出ることになります。しかし、B)の場合は7.5%ほどのマイナスで済むのです。つまり、円高に進んだ場合でも、B)は損失を抑えることができます。

反対に円安が進んだ場合であれば、B)の方が平均購入レートが安いため、B)はA)よりも多くの利益を得ることができます。

積立FXは購入頻度を変えられる

積立FXは、毎日、毎週、毎月のいずれかのペースを選択して購入することが可能です。なお、毎日を選択した場合は午前11時半に発注・購入する形になります。毎週の場合であれば、水曜日の11時半に発注・購入する形になります。毎月の場合は、26日の11時半に発注・購入という形になります。なお、「毎日購入していたけれど、いったん購入頻度を毎週に変えよう」というように、購入頻度を随時変更することも可能です。

積立FXは円高時に買い増すことが可能

通常の積立投資は、多くの場合、毎月決まった額を購入するという方法をとります。しかし、積立FXの場合は、毎日・毎週・毎月のいずれかの定期的な購入とは別に、好きなタイミングで購入することが可能です。

すでに書いたように、積立FXでは購入するタイミングが決まっています。しかし、その購入タイミングよりも、もっと良い条件の時に買いたい場合もあるでしょう。さらに、円高の時は同じ資金であっても通常時より多く買うことができます。そのため、「購入した時より円高が進む」と考えた場合や「次の購入時には円安方向に進む可能性があるので、円高の今のうちにもっと買っておきたい」などと考えた場合は、積立とは別に購入することも可能です。

その場合、注文方法は成行でも指値でも買うことができます。

外貨預金に比べてコストも安い

すでに何度か触れていますが、外貨預金にはコストが高いというデメリットがあります。スプレッド面で見ると、メガバンクの場合はドル円の往復で2円、ネットバンクでも大抵数十銭のコストがかかります。

積立FXの場合、ドル円のスプレッドが5銭なので、メガバンクやネットバンクの外貨預金よりもはるかに安いということが分かります。ただし、SBI FXトレードでは、通常のFX口座のスプレッドはドル円で0.27銭となっているので、それと比べた場合は高くなっています。

積立FXは信託保全されている

最初の方で触れたとおり、外貨預金はペイオフの対象外となります。そのため、万が一外貨預金の口座のある金融機関が破綻した場合、預金は保護されません。破綻した金融機関の財産状況に応じて預金額の一部が支払われることになります。

一方、積立FXは信託保全されているので、万が一会社が倒産した場合でも、顧客の資産は戻ってきます。

積立FXのデメリット

積立FXにはメリットもありますが、その一方でデメリットもあります。

例えば、積立FXは通常のFXと同様に、ロスカットされる可能性があります。外貨預金の場合は、どれだけ為替変動があってもロスカットにはならないので、積立FXを行う場合はこの点に関して注意する必要があります。

また、先ほど少し触れたとおり通常のFXに比べるとスプレッドが広いということにも注意が必要です。

さらに、積立FXではロングポジションしか取れないため、これから円高が進むと考えられる局面では、通常のFX取引でショートポジションを持った方が、為替差益を狙える分有利となります。とはいえ長期で見た場合には、極端に円高が進行しない限りいずれは円安に向かうことで損失は減っていきます。

なお、積立FXは定期的に買い付けするため、そのことを念頭に置いて資金をFX口座に入れておく必要があります。投資信託のように口座から引き落とされるわけではないので、その点もやや不便に感じるかもしれません。

なお、ドルコスト平均法は相場の状況次第では有利に働かない場合もある、ということに注意してください。

例えば、上昇トレンドが続いている相場の場合は、ドルコスト平均法で分割して買うよりも、1回で買ってしまった方が利益は大きくなります。なぜかといえば、最初に買った価格が最安値となるからです。

また、いったん上昇した後に下落して元の価格に戻った場合も、ドルコスト平均法より1回で買ってしまった方が有利になることがあります。なぜなら、1回で買った場合の損益は0になりますが、ドルコスト平均法だと、損失が発生してしまうケースがあるからです。そのため、FX積立は、1回で買った時に比べ、利益が必ずしも多くなるわけではないことに注意が必要です。

積立FXで得られる金利

積立FXで得られる金利はスワップポイント(スワップ金利)です。購入する通貨ペアによって、その利率は異なります。高金利通貨を低金利通貨で購入するのですが、その金利差がスワップポイントです。例えば、某都市銀行の外貨定期預金では、豪ドル円(AUD/JPY)の年利は0.300%です。

一方、積立FXの場合、1日あたりスワップポイントは40.54円。計算すると、豪ドル円(AUD/JPY)の年利は1.47971%になります。このように、積立FXはかなり魅力的な利回りです。(※2018年7月6日現在)

SBI FXトレード

Medium 734235
口コミ点数 Point star4 0 4.1
初回入金額 無料
推しポイント 業界最狭のスプレッド
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.27銭~7.80銭 0.49銭~15.80銭 0.69銭~12.80銭
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
35円 -12円 43円

積立FXの口座開設方法

SBI FX トレードの積立FXを新規に始めるなら、積立FX専用の口座を新規に開設する必要があります。申し込みのサイトから必要情報を入力した後、本人確認書類を提出することで開設可能です。口座開設の手順や口座開設の入金額、口座開設後の利用方法について説明します。

口座開設の手順

口座開設の手順は5ステップです。順番にご説明します。

申し込みサイトより必要事項を入力

申し込みサイトにアクセスして、SBI FX トレードの口座開設に必要な情報を入力します。

URL:https://www.sbifxt.co.jp/fxtaccount/pc/Home/OpenAnAccount01/

最初の入力内容に「今回お申し込みのサービスはどちらですか?」という問いがありますので、「FX取引口座及び積立FX取引口座」または「積立FX取引口座」を選択してください。どちらかを選ぶことで、積立FX取引用の口座が開設できます。

申込時の注意事項としては、本人確認書類は手元に置き、氏名や住所など、本人確認書類記載の内容と入力内容に違いがないように注意して入力しましょう。入力内容に違いがあると、本人確認ができないとみなされる場合があり、審査を通過しなくなる可能性があります。

本人確認書類の画像アップロードまたは郵送

本人確認書類は、マイナンバーを確認できる書類と本人を確認するための書類を準備してください。マイナンバーカードがあれば、カードの両面をコピーすることで1種類のみの提出で済みます。マイナンバーカードがない場合は、マイナンバーが確認できるマイナンバー通知カードや住民票の写しなどに加え、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を用意しましょう。

用意した書類は、写メを撮るなどして画像化し、申込時に表示される画像アップロード画面にてアップロードするか、メールにて送付します。コピーを郵送しても問題ありません。

また、未成年者(満18歳以上20歳未満)の場合は、法定代理人(親権者全員)の同意書など必要な書類が増え、郵送のみで申し込み可能です。必要書類などはサイトにて詳しく説明がありますので確認しておきましょう。

口座開設の審査

申し込みが完了すると、申込内容を元に、口座開設の審査が行われます。クレジットカードのように厳しい審査はありませんが、入力内容に間違いがないか、本人確認できるかなどがチェックされ、審査結果が後日通知されます。

審査結果の連絡と必要書類受け取り

審査を通過すると、その結果とともに口座開設に必要な書類を受け取れます。送付先は、申込時に登録した住所で、簡易書留郵便(転送不要)にて送られてきますので、送られてきたらすぐに中身を確認しましょう。

ログインして入金を済ませる

書類が送られてきたら、何よりもまず送られてきた情報でログイン可能かどうか確かめてください。また、申込内容通りに自分の情報が登録されているかなど、しっかりと見て確認しておきましょう。

ログインができたら、早速入金をしてみましょう。SBI FXトレードが対応している金融機関のインターネットバンキング対応口座を持っていれば、クイック入金が利用できます。クイック入金は無料で入金でき、最低入金額は1,000円です。

いくらから口座開設できる?

初回入金額は特に制限がありません。クイック入金を利用すると1,000円からになります。積立金額は1通貨単位(1円)から指定できるため、余裕資金で負担のないレベルからの積み立てが可能です。

口座開設後の利用方法

口座開設後は、通貨ペア、購入頻度、投資効率を指定して定期購入をしていきます。購入頻度は、毎日、毎週、毎月から選択します。投資効率とはレバレッジのことで、1~3倍まで選べますが、一部通貨ペアは1~2倍までです・

定期購入以外に随時購入も可能ですが、店頭FX口座のように、その場ですぐ売買できるわけではありません。即時発注できるボタンが画面で表示されるため、各通貨、購入頻度、投資効率を選んで実行すると、その注文内容が決まったタイミングで処理されます。注文する時間によっては、翌営業日に注文が実行される場合もあります。

基本的には一定期間で自動的に積み立てていくように、定額定期購入を続けていってください。円高局面になれば買い増し、円安になれば利益を確定する、というようにして資産を運用していくと良いのではないでしょうか。

SBI FXトレード

Medium 734235
口コミ点数 Point star4 0 4.1
初回入金額 無料
推しポイント 業界最狭のスプレッド
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.27銭~7.80銭 0.49銭~15.80銭 0.69銭~12.80銭
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
35円 -12円 43円

積立FXのおすすめ通貨

積立FXで初心者にもおすすめの通貨は、最近高金利通貨となってきた米ドル/円です。米ドルは、世界の基軸通貨として抜群の安定性に加え、政策金利がかなり上がりスワップポイントも多くつくようになって、一時期に比べて利回りがとても良くなりました。どの通貨ペアにするか迷うようなら、ぜひ米ドル/円で積立FXを始めましょう。

豪ドル/円も高スワップポイントが狙えるメジャーな通貨ペアです。オーストラリアは資源国という側面と、為替レートが中国の経済状況に影響を受けやすいという特徴があります。

米ドル/円や豪ドル/円よりもさらに高いリターンをお望みなら、トルコリラ/円がおすすめです。トルコリラ円は1日あたりのスワップが82.67円とダントツですが、政治情勢などによって為替レートの値動きが大きい傾向があります。為替の変動によっては、含み損が大きくなる可能性もあるため、あまり大きなレバレッジはかけず、じっくりと貯める方が良いでしょう。リターンを求めるなら、南アフリカランド/円もおすすめです。

トルコリラ/円や南アフリカランド/円は、スワップポイントが大きく魅力のある通貨ペアですが、マイナーな通貨ペアなので流通量が少なく値動きが荒いという特徴があります。資産をすべてマイナーな通貨ペアに預けるのではなく、米ドル/円や豪ドル/円と組み合わせて保持してリスク分散することも考えましょう。SBI FXトレードは1通貨単位から取引が可能なので、細かな分散投資もしやすくおすすめです。

積立FXの評価と実績

積立FXの評価と実績について、積立FXでの収益額の例を挙げながら説明します。また、手持ちの積立FXの評価を確認する方法として、

積立FXでの収益額の例

積立FXでの収益額の例として、米ドル円で、1年間ドルコスト平均法で積み立てた場合を計算します。1日あたりの平均スワップ金額は56.45円、毎月1万円ずつの積み立てと仮定し、為替差益は出ないものとします。レバレッジ1~3倍ごとに、収益額は以下の通りです。

【1年経過時】

    レバレッジ1倍:124,403.1円レバレッジ2倍:128,806.2円レバレッジ3倍:133,209.3円

レバレッジを上げるとその分収益も多くなります。ただしその分、リスクも大きくなるので、レバレッジの設定はよく考えましょう。このまま売却してもいいですが、長期で預けることで、複利も期待できます。チャートを見ながら、随時積立や利益確定などをうまく織り交ぜ、為替差益でさらに収益を上げることも可能です。

積立FXの評価

保有している積立FXの評価は、取引ツールのホーム画面から確認できます。証拠金がいくらあり、そのうち保有しているポジションの評価損益、買い付け余力などを確認して、定期的に口座の状況を把握しておくようにしましょう

まとめ

SBI FXが提供している「積立FX」は、手数料が安いことや、レバレッジがかけられるなど、外貨預金と比べて様々なメリットがあります。また、積立FXではドルコスト平均法で積み立てを行っているので、円高になった時でも損失を抑えることができます。

とはいえメリットばかりではなく、為替差損が生じたりロスカットされるリスクがあることは覚えておきましょう。

積立FXは通常のFXよりスプレッド面では不利になりますが、投資信託や貯金のような感覚でできるので、FXのスピード感が苦手な人でも安心して利用できます。「FXを利用してのんびり運用したい」という人にはお勧めのサービスではないでしょうか。

SBI FXトレード

Medium 734235
口コミ点数 Point star4 0 4.1
初回入金額 無料
推しポイント 業界最狭のスプレッド
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.27銭~7.80銭 0.49銭~15.80銭 0.69銭~12.80銭
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
35円 -12円 43円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。