FXのトレンドの見方と分析方法/トレンドを見つけるための指標

  • 更新日: 2019/07/16

FXに限らずトレードでは、トレンドのスタートからゴールまで乗ることが重要です。しかしながら、投資におけるトレンドの判断は簡単ではありません。

トレードにおけるトレンドの判断方法について、FX特有の視点も加えながら、初心者に向けて解説します。

先にFXに関する知識について詳しく知りたいという人は、以下の記事を参照してください。

相場はトレンド相場とレンジ相場から構成

トレンドについて考える前に、そもそも相場についての基本的な考え方を整理致します。トレーダーの多くが相場を、トレンド相場レンジ相場の2つに分けて考えています。

  • トレンド相場→反転することなくひとつの方向に進んで行く相場(上昇トレンド、下降トレンド)
  • レンジ相場→方向性が定まらず上下を繰り返す相場

トレンド相場とレンジ相場の模式図

簡単にまとめると、両者は上記のように表現ができます。FXに限りませんが、トレードで勝つためには、相場局面を見極め、トレンド相場を見つけてトレンドの方向にポジションを取ることで、勝つ可能性が高くなります。

また、1回当たりのトレードで多くの値幅を取ることができます。

トレードで勝利する簡単な方法

トレンドの観点でトレードを考えると、勝つ方法は非常にシンプルに表現できます。

  1. トレンドが生じている金融商品を見つける
  2. トレンドの方向にポジションを持つ
  3. トレンドが終わるまでポジションを持ち続ける

上記の3ステップを実行するだけで、トレードで簡単に勝利することができます。しかしながら実際トレードで簡単に勝利することはできません。

分かっていても簡単ではない部分にトレードの難しさ、そしてトレンドを見つける難しさがあります。

逆に言えばトレンドの把握を正確に出来れば、トレードの勝利は確実なものとなる、とも言うことができます。トレンドの正確な把握こそ、トレードの勝利への近道です。

相場は縮小と爆発の繰り返しとの捉え方も存在

相場はトレンド相場レンジ相場に分けて考えるケースが非常に多い中、相場を縮小相場と爆発相場の2種類に分ける考え方も存在しています。

縮小相場と爆発相場の模式図

縮小相場=レンジ相場爆発相場=トレンド相場と捉えがちですが、縮小相場=レンジ相場となりますが、爆発相場≠トレンド相場となります。

どういうことかと言えば、縮小・爆発との捉え方は、相場の値動き幅=ボラティリティ重視の考え方となります。

よって縮小=動かない、爆発=大きく動く、との考え方で、相場の方向性まで考慮していません。テクニカル指標として有名なボリンジャーバンドの本来的な考え方が、縮小と爆発相場の見方となります。

ボリンジャーバンドは本来的にはボラティリティを把握するためのツールとして開発されています。よって本来の使い方をマスターすることで、次に到来する爆発的な値動きを予測しやすくなる、とのメリットがあります。

しかしながらボリンジャーバンドの本来的な使い方では相場の方向性はつかめない、とのデメリットもあります。

方向性=トレンドは分からないものの、縮小相場と爆発相場が繰り返される、との相場の見方を、トレンド相場とレンジ相場の見方に加えて持つと、相場の変化について奥行きを持って見ることができます。

トレンドが発生しているか否か、ボラティリティが発生しているか否か、相場を見る時は両者の視点を踏まえて分析を行う事で、より正確な相場状況の把握が可能となります。

トレンドの具体的な把握方法・マルチタイムフレーム分析

FXを始めとする相場制商品のトレンド把握は、単に目の前のチャート分析では不十分と言えます。例えば1時間足チャートでトレンドを把握する場合、1時間足チャートのみをどのように分析しても限界があります。

トレンドの把握については、複数の時間足を見る「マルチタイムフレーム分析」が有効とされています。マルチタイムフレーム分析とは1時間足チャートを分析するのであれば、4時間足や日足等の異なる時間足チャートを複合的に分析しようとするものです。

2つもしくは3つの時間足でチャートを分析する

マルチタイムフレーム分析においては、2つもしくは3つの時間足でチャートを分析します。

  1. 短期:1時間足チャート
  2. 中期:4時間足チャート
  3. 長期:日足チャート

上記は3つの時間足を取り上げましたが、マルチタイムフレーム分析は「短期」、「中期」、「長期」の相場状況を把握した上で、総合的に相場状況を捉える、との考え方です。

1時間足、4時間足、日足のつながりと、トレンドの見方の模式図

実際のトレード手法は人それぞれとなりますが、概ね長期及び中期の大きなトレンド方向を確認して、短期的なトレンドが大きなトレンド方向と同一の方向となった時にエントリーする、とのトレード方法が取られます(トレンドとは逆方向にエントリーする逆張りトレードを除く)。

中期及び長期のトレンド把握が1つのチャートで可能なら、マルチタイムフレーム分析は短期及び中長期の2つのチャートで充分と言うことになります。

目的とする時間軸のトレンドは忘れてはいけない

マルチタイムフレーム分析を行う際に見失いがちなのが、本来目的としている時間足のトレンドです。

今自分はどの足で正確なトレンドを把握しようとしているのか、との自分の立ち位置はマルチタイムフレーム分析を行う際に常に意識する必要があります。

マルチタイムフレーム分析は実際に手掛けると混乱するケースも多いですし、結局現在の相場は上昇相場なのか、下降相場なのか、どちらの方向を向いているか分からない、となるケースも多いです。

本部分がマルチタイムフレーム分析の難しい部分とも言えます。しかしながらFXの場合、様々な通貨ペアが存在しており、多通貨の分析をすることで短期と中長期のトレンドが同方向に向かっている通貨ペアを見つけ出すことが可能になります。

よってFXトレードにおいては、他のトレード商品以上にマルチタイムフレーム分析は有効利用できます。

トレンドを見つけるために利用される方法

相場でトレンドを見つけるため、多くのFXトレーダーが過去から現在に至るまで市場参加者が様々な努力を繰り返し、分析手法を見出しています。

下記にトレンドを把握する際に利用される代表的なテクニカル指標等を取り上げました。

  1. MACD
  2. 各種移動平均線
  3. ADX及びDMI
  4. ボリンジャーバンド
  5. パラボリック(パラボリック・タイムプライス・システム)

MACDと移動平均線2本を表示の模式図

トレンド把握のためのテクニカル分析代表選手と言えばMACD及び移動平均線と言えます。MACDとシグナルによる2本のラインの交差状態からトレンドの判断ができます。

移動平均線の場合は2本以上の移動平均線をチャートに表示して、レート(ローソク足)と移動平均線の位置関係からトレンド状態を把握。また複数の移動平均線の状態からトレンド状態を把握する等します。

ADX、DMIの模式図

またADX及びDMIもトレンドの把握が可能なテクニカル指標として知られています。ADX及びDMIはトレンドの方向性は分かりませんが、トレンドのスタート地点とゴール地点を捉えることができるケースがあります。

よってトレンドの方向性自体は他のテクニカルツールで把握し、トレンドの有無をADX及びDMIで捉えるとの利用がなされています。

パラボリックの模式図

他にもパラボリック(パラボリック・タイムプライス・システム)他、トレンドを把握するための多くのテクニカル指標が考案されています。

チャート単体でトレンドの把握も可能

上記ではテクニカル指標でトレンドを把握するケースを解説しましたが、チャート単体でトレンドを把握する方法もあります。代表的な方法が下記となります。

  • トレンドライン
  • ポイントアンドフィギュア(P&F)
  • 平均足
  • 練行足

チャート単体のトレンドラインの模式図

チャート単体でトレンドを把握する際に最も利用されるのがトレンドラインとなります。チャートを形成しているレートの高値及び安値にライン引きすることで、絶対的なトレンドの方向性が理解できるケースが多くあります。

ポイントアンドフィギュアの模式図

またポイントアンドフィギュア(P&F)と言う、時間に関係なく値動きのみを描写するチャートもトレンド把握に利用されるケースがあります。

ポイントアンドフィギュアは欧米の投資家の間で古くから使われているチャートであり、現在も機関投資家が参考にしていると言われています。

時間に関係なく純粋に値動きのみでチャートが形成されるため、押し目を始めとした値動きの把握が行いやすいとのメリットの一方で、殆どの投資家は時間とともに形成されるチャートに見慣れているため、非常に見づらいとのデメリットもあります。

練行足

そんなポイントアンドフィギュアの見づらさを解消したものが、練行足と言えます。練行足は通常の時間足チャートの形状を残しつつ、値動きのみをチャート化したものとなります。

平均足の模式図

また通常の時間足チャートにおいても、ローソク足の計算方法を平準化することでトレンドを把握しようとする、平均足という方法も存在しています。

上述のようにトレンドを把握するための方法論は、過去様々な方法が提案され利用がなされてきました。相場はアートな部分があるため、絶対的に正しい基準は存在していません。

よって個々人が自分にシックリくる使いやすい指標を選び、サインを見極めることが大切となります。取引ツールやトレード環境にも左右されるため、FX初心者の方は自分に合ったFX会社で口座開設を行うことが大切です。

トレンド転換の見分け方

トレンドに乗った順張りで大きな利益を得たいと考えているのであれば、トレンド転換のタイミングを見極めることが大切です。トレンド転換のポイントを見分けることができれば、ポジションをより長く保有することができるためです。ここでは、FX初心者にもおすすめの基本的なトレンド転換の見極め方を紹介します。

トレンド転換を見極める方法は、レジスタンスラインとサポートラインを利用するのが一般的です。レジスタンスラインは抵抗線とも呼ばれ、売りの圧力が高いポイントとなります。例えばチャートが上昇している場合でも、レジスタンスラインで反発し上昇トレンドへ発展しないことは往々にあります。対してサポートラインとは買いの圧力が強いポイントです。

多くの投資家が売りポイントや買いポイントとして意識しているポイントですが、レジスタンスラインやサポートラインをブレイクすることができれば、買いや売りの圧力が強い状態ですので、その後のトレンド発生に繋がるケースが多くなります。

レジスタンスラインやサポートラインを自動で描写してくれるインジケーターも存在しますが、過去のロウソク足を確認し自身でラインを引くのが一般的です。

ラインを引く際はロウソク足を20本分ほど確認し、ロングとショートそれぞれ、終値が跳ね返されている部分を探し、チャートの上下に平行にラインを引くようにしてください。

三角持ち合いトレンドと見方と戦略

最強のチャートパターンとも言われているのは三角保ち合いトレンドです。5分足や30分足などの短い時間足では頻繁に発生し、勝率も高いチャートパターンのため多くの投資家がトレンド転換の目安にしています。相場は上昇と下降を繰り返しながらチャートを形成します。三角保ち合いは相場が落ち着いている時によく見られるチャートパターンで、いずれは上昇トレンドか下降トレンドへと転換します。

チャート上では、現在の価格を頂点とし、三角形が形成されます。頂点の値動きが少なくなってくればエントリーのチャンスです、多くのケースでは、その後に上昇トレンドか下降トレンドへと発展します。

トレンドを捉えるFX独特の視点・各通貨の強弱

FXトレードが取引の対象としているのは各国の通貨であり、通貨ペアと言われるものです。通貨ペアと言われ、例えばUSD/JPYと表記されるように、2つの通貨から構成された対象物をトレードすることになります。

簡単にUSD/JPYの例で言えば、通貨ペアの値動きはUSDとJPYの綱引となります。よってどちらの通貨がより強いのかを把握することが、トレンドの把握に繋がります。

株式市場の場合、殆どの銘柄で一斉に上昇及び下落との現象がしばしば発生しますが、為替市場は通貨の交換市場であるため、全通貨ペアが一斉に上昇・下落と言うことはありえません。

何かの通貨ペアが上昇すれば何かの通貨ペアは下落します。よって為替市場は相対的な世界と言うことが言えます。

相対的な為替市場においては、強い通貨(買われている通貨)と弱い通貨(売られている通貨)が組み合わされた通貨ペアに最も値動きが生じます。

よってテクニカル指標やチャートそのものの分析に加え、各通貨の強弱を把握する、との視点でトレンドを捉えることも可能になります。

通貨の強弱は時間帯等に応じ頻繁に入れ替わるので、その把握は簡単ではありませんが、大きな流れは長期に渡り影響するケースが多いため、FXで長期に渡り勝ち残るためには、通貨強弱は抑えるべき視点と言うことができます。

トレンドが生じにくいとも言われる為替市場

世界最大の取引量を誇る為替市場では実際に貿易取引等で為替を利用する実需筋から、為替をトレードの対象としている投資家まで、様々なプレイヤーが参入して売買を繰り返しています。

多数の様々な相場参加者の参入及び相対的な性格から、為替市場は他の金融市場に比べるとトレンドが生じにくいと言われることがあります。またトレンドが生じても、トレンドに乗りにくいとも言われます。

例えば昨今の例ではビットコインなど仮想通貨市場が話題となっていますが、ビットコインの値動きは上昇もしくは下落の一方向の勢いの強い値動きとなるケースが非常に多いです。よってトレンドを見つけることができれば、若干エントリーが遅くとも充分トレンドに乗り続けることができます。

一方でFXの場合はレンジの期間がビットコインに比べると遥かに長く、トレンド途中のヒゲも多く、トレンドに乗ることも難しく、トレンドに乗り続けることも難しい状態にあります。

トレンドに乗るトレンドフォローの手法にこだわっている中、なかなか成果が出ないようであれば、FX以外の別の対象を取引するとうまく行くケースは少なからずあります。

すぐトレンドに飛び乗らないことも大事

ある程度トレンドの基本や見極め方が分かってくると、チャートを見ていて次のトレンドが形成されるのが楽しみになってくることもあると思います。ここでFX初心者の方がハマりがちなのが、トレンドの形成を見極める前に予測してエントリーしてしまうことです。上昇、下降、どちらにトレンドが形成されるとしても、エントリーはチャートの反発を確認してから行うのがセオリーです。

根拠なく思い込みだけで相場に対してエントリーをするのは、投資ではなく単なる博打です。その時たまたま利益が出たとしても、同じ考え方で利益を継続して上げるのは難しいはずです。根拠をもってチャートを分析し、トレンドの発生を確認してからエントリーするようにしましょう。

トレンドを見るために役立つMT4インジケーター

FX初心者の中には「トレンド判断ができない」と考えている方も多いと思います。そんな方にはMT4のインジケーターを活用しトレンドの把握をすることをおすすめします。今回はFX初心者にも利用しやすいMT4のインジケーターを厳選して紹介します。

ボリンジャーバンド

さまざまな用途で利用されているボリンジャーバンドですが、トレンドを見るためのインジケーターとしても非常に便利で優れています。ボリンジャーバンドはレンジ相場の時はバンドが縮小し、トレンドが発生するとバンドが開く性質を持っています。そのためバンドの開くタイミングを上手く見定めることでトレンドの転換を知ることができます。また、ボリンジャーバンドの角度で、現在のトレンドを知ることができます。バンドが右肩上がりであれば上昇トレンド、右肩下がりなら下落トレンド、平行ならレンジ相場となります。世界中の多くの投資家が利用しているインジケーターですので、FX初心者はまずボリンジャーバンドを利用してみることをおすすめします。

平均足

平均足はローソク足の一種で実態部に平均値を採用しています。トレンドの把握が容易なため個人投資家に愛用されています。平均足は、トレンド発生時に陽線や陰線が継続する傾向にあります。例えば上昇トレンドであれば陽線が連続して出現し、下降トレンドであれば陰線が連続して出現します。また、トレンドが発生していないレンジ相場であれば陽線と陰線それぞれが出現します。繰り返し出現していた陽線と陰線が、どちらか一方に偏った場合はトレンド発生の可能性があると判断できます。

MACD

ボリンジャーバンドと並び多くの投資家が愛用しているMACDでもトレンドの判断を行うことができます。注目すべきはゼロラインです。MACDがゼロラインより上にあれば買いの勢力が強い状態ですので上昇トレンド。MACDがゼロラインより下にあれば売りの勢力が強く下降トレンドと判断することができます。しかし単体での利用は注意が必要です。騙しが多く発生するため、平均足やボリンジャーバンドと併用して利用するのが効果的です。

移動平均線

ローソク足とセットで利用している方も多い移動平均線もトレンドを認識するのにおすすめのインジケーターです。利用の仕方はいたって単純で移動平均線が上向きなら上昇トレンド平行であればレンジ相場下向きなら下降トレンドとなります。また5日移動平均線や25日移動平均線などを複数利用し、それぞれの移動平均線がクロスしたタイミングをトレンド転換のポイントと判断することもできます。

パラボリック

パラボリックはトレンド追従型のインジケーターです。ローソク足の上下に丸印が表示されるのが特徴です。丸印がローソク足の下にある場合は上昇トレンドローソク足の上にある場合は下降トレンドとなります。ローソク足が丸印に触れることで、丸印の位置が上下入れ替わりますので、そのタイミングをトレンドの変換と考えることができます。

オシレーター指標とトレンド指標の違い

一口にインジケーターと言ってもオシレーター系の指標とトレンド系の指標に別れます。オシレーター系の指標の代表としてはRSIやストキャスティクス、RCIなどがあります。トレンド系指標はローソク足やボリンジャーバンド、MACDなどが挙げられます。

オシレーター系の指標はトレンドが発生していない横ばいの相場で有効で、トレンド系指標はトレンドが発生している相場で有効と言われています。実際にトレードを行う場合は、相場の状況に合わせてオシレーター系とトレンド系のインジケーターを使い分けることで効果を発揮します。

おすすめのトレンド相場とレンジ相場の割合い

FX初心者がトレードを行う場合、トレンド相場とレンジ相場どちらで取引を行うのが有利なのでしょうか。もちろんトレンド相場でもレンジ相場でも利益を得ることは十分に可能です。

トレンド状況 発生頻度 利益 難易度
レンジ相場 多い 少ない 普通
トレンド相場 普通 大きい 優しい

上記の表はレンジ相場とトレンド相場ごとの発生頻度と利益、難易度をまとめたものになります。FXの為替レートはレンジ相場とトレンド相場を繰り返していますが、発生頻度はレンジ相場が多くなります。ただし値幅の狭いレンジ相場では利益も少なくなります。

FX初心者であれば、まずは大きなトレンドの流れに乗ることを意識しトレンド相場の時にエントリーを行うことをおすすめします。トレンド相場でのトレードに慣れたら徐々にレンジ相場にチャレンジしてみてください。

おすすめのFX会社

DMM FX

Medium 300 250
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント FX口座数 国内第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

外為どっとコム

Medium 99cc610d3bc7486acc314e0178bfad56
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円

まとめ

トレードでは、エントリーポイントを見極め、トレンドの最初からゴールまでポジションを持ち続けることができれば勝利は間違いありません。

しかしながら言葉で表現することは簡単ですが、トレンドの把握は非常に奥が深いですし、トレンドに乗り続けることも難しいと言えます。そしてそれらを克服するために、過去から多くのトレーダーが挑み、その知見が現在に残されています。

マルチタイムフレーム分析が有効とされているトレンド把握ですが、まずは自分にしっくり来るトレンドの分析法把握方法を見つけることが肝心です。

得意とするトレンド把握方法を見つけてマスターできれば、それは一生モノの相場技術となります。奥の深いトレンドの世界、極めるには時間もかかりますが、トレードで勝ち続けるために、トレード経験を重ねて、自分なりのトレードスタイルを身に付けていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。