サポートラインとレジスタンスライを徹底解説!ライントレードの基本

  • 更新日: 2019/07/16

FXを始めるにあたってチャート分析は欠かせませんが、難しそうで取っつきにくいと感じる人も多いのではないでしょうか。そんな人にまず学んでほしいのが、サポートラインやレジスタンスラインを使った分析です。

  • チャート分析って、何から始めたらいいのかわからない。
  • チャートにラインを引いて、何か意味あるんですか?
  • ライン分析をやってみたいので、細かいコツが知りたいです!

こういったことを感じている人向けに、この記事ではラインを使った分析の基本を解説していきます。ライン分析はシンプルでわかりやすいと同時に、実戦トレードでも有効に機能するので、チャート分析の第一歩としてもおすすめですよ!

ラインを引けばチャートの動きが見えてくる

まずはじめに、サポートラインやレジスタンスラインがどういうものか、という基本のところから見ていきましょう。チャートにラインに引くことの意味も含めて、しっかりイメージを持ってくださいね。

相場はラインを基準に動くことが少なくない!

いきなりですが、“習うよりは慣れろ”ということで、まずはラインを引いたチャートを見てみましょう。

水平ラインとトレンドラインを引いたもの

Aと書いているのがトレンドラインで、Bと書いているのが水平ラインです。どちらもチャート上に真っ直ぐなラインを引いただけですが、これらのラインを基準にして相場が動いているのがわかるのではないでしょうか。

Aのは下を向いてますが、上昇してはAに押さえられるというかたちで、どんどん下降していっています。しかし、いったんBの水平ラインで止まると、ここで何度も上に跳ね返されます。この跳ね返しのまま、ついにはAの押さえつけを上に突破し、そのまま上昇トレンドに変わっていくという流れになっています。

今回引いたラインでは何度も反発する動きが見られていますが、これらのラインはサポートラインやレジスタンスラインと言われます。サポートラインは下がる動きを支えて上に跳ね返すラインで、レジスタンスラインは上がる動きを押さて下に跳ね返すラインです。

こういったラインをチャート上に引くことによって、相場の動きを整理して見ることができるようになり、動きの予測もしやすくなります。ぜひ自分でも過去のチャートにラインを引いて、本当にそうなのかをぜひ確かめてみてください。

多くのトレーダーがラインを意識している

相場がチャート上に引いたラインを基準にして動くというのは、まるで魔法のように感じてしまう人もいるかもしれません。ですが、別に不思議なことではなく、これにはちゃんと理由があります。

そもそもチャート上のレートというのは、トレーダーの取引が成立した値です。チャートが動くのはこの値が動くからですが、簡単に言ってしまえば、買い注文が多ければレートは上がり、売り注文が多ければレートが下がっていきます。結局のところ、トレーダーによる多数決で相場は動いているということです。

そのため、将来の相場の動きを予測するためには、これらのトレーダーがどういう動きをするかを読んでいく必要があるわけです。(ちなみに、これはライン分析に限った話ではなく、トレード全般で通用する考え方です)

ここで、ラインというのはチャートを見れば視覚的に誰でもわかる、非常にシンプルなチャート分析の方法です。つまり、大多数のトレーダーはラインに気付いていて、これを意識しているわけです。

つまり、多数決で決まる相場において、大多数のトレーダーが意識しているのがラインということになるわけです。だからこそ、相場はラインを基準にしたような動き方をするわけであって、不思議なことなんかではなく、むしろ当然のことと言っていいかもしれません。

#プチアドバイス マニアックなラインを見つけるな!

チャートにラインを引きはじめの頃にやりがちなミスが、がんばってラインを探しすぎるということです。そんな中で誰も知らないようなマニアックなラインを見つけると、相場の秘密でも見つけたかのような気持ちになるかもしれません。

しかし、ラインが有効に機能するのは、あくまでも大多数が知っているからです。つまり、ラインが引けるのが大事なのではなく、そのラインを意識している人が多いのが大事ということです。そういう意味では、誰も気付かないようなラインに優位性はありません。

チャートを細かく分析しようとするのはすばらしいですが、間違った方向に努力するのはもったいないことです。ラインを探す際は、多くの人が気づくベタなラインを確実に押さえることを心がけましょう。

ベテラントレーダーも使うシンプルな分析方法

チャートにサポートラインやレジスタンスラインを引くのは、非常にシンプルなチャート分析方法です。もしかすると「こんなシンプルなやり方、初心者用なのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはまったくありません。

確かにラインを使った分析はシンプルで誰でもできますが、シンプルだからこそ市場に参加するトレーダーの共通認識を知ることができるわけです。この共通認識を知っているということは、トレードをするうえで非常に役に立ちます。

実際のところ、多くのベテラントレーダーがラインを使った分析をしています。もちろんそれだけでトレードをしているかというと別で、ライン分析も引き出しの1つとして使いながら、他の分析を加えていることのほうが多いでしょう。

ライン分析というのは、トレードをやるうえでの知っていて当たり前の情報のようなものと言えるかもしれません。ライン分析だけで十分というわけではありませんが、ライン分析は必要ということですね。そういう意味ではトレーダーの常識というようなものなので、このライン分析はしっかりマスターしておくことをおすすめします。

いろいろなサポートライン・レジスタンスライン

それでは、実際にラインを使った分析の基本について説明していきます。ラインの種類ごとに具体的な引き方、引いたラインから読み取れること、使う際の注意点など、どれも大事なポイントばかりなので、しっかり押さえていってくださいね。

重要レートを示す“水平ライン”

水平ラインを引いたチャート、引き方がわかるように補足

ラインの中でももっともシンプルなのが、チャート上に真横に水平なラインを引く“水平ライン”です(“ホリゾンタルライン”とも言われます)。もっともシンプルということはより多くの人が意識しやすいわけなので、もっとも重要ということになります。

この水平ラインがチャート上で何を意味しているかというと、真横に引かれたラインなので、特定のレートを示していることになります。つまり、市場で意識されている重要なレートを教えてくれるのが水平ラインということです。

この水平ラインを引くオーソドックスな方法は、チャートの山の頂点や谷の底、ラインを引くやり方です。山の頂点や谷の底というのは、そこでトレンドが跳ね返されたということなので、そういったラインは「また跳ね返されるのではないか」という心理的節目になります。

ちなみに、跳ね返される数が多くなればなるほど、そのラインはより強く意識されている証拠になります。水平ラインを探す際は、同じところでどのくらい跳ね返されているかということも意識するといいでしょう。

こういった高値・安値の他にも、“ラウンドナンバー”と呼ばれる節目のレートも、多くのトレーダーが意識しています。例えば、ドル円で言うと100.00、110.00、115.00なんかですね。こちらはお尻の0の数が多いほど、意識されるレベルは高くなってきます。

トレンド方向がわかる“トレンドライン”

トレンドラインを引いたチャート、引き方がわかるように補足

“トレンドライン”というのは、チャート上に斜めに引くラインのことです。斜めということは上か下かに傾くわけですが、右肩上がりのものは上昇トレンドライン、右肩下がりのものは下降トレンドラインというふうに言います。

この名前のとおりですが、トレンドラインを引いて見えてくるのは、その相場の方向感です。例えば上昇トレンドが引けるような状況であれば、相場が上昇トレンドの中にあるということがわかります。また、その角度からは相場の勢いの強さも知ることができます。(ただし、チャートは相場に合わせて上下の値幅を自動で調整するものが多いので、単純に見た目の角度だけで判断しないように注意しましょう)

このトレンドラインを引く場合も、チャートの山の頂点や谷の底を基準にしていきます。そういった節目になるところを2点以上つなぐことで、トレンドラインは引いていくことになります。

この際に、上昇トレンドラインを引く時は、谷の底をつないでいきます。逆に下降トレンドラインを引く時は、山の頂点をつないでいきます。上昇トレンドラインの時に山の頂点を使ったり、下降トレンドラインの時に谷の底を使うことは通常はありません。

これにしたがってトレンドラインを引くと、上昇トレンドであればトレンドラインがサポートラインとして支えながら、下降トレンドであればトレンドラインがレジスタンスラインとして押さえながら、相場が推移していくことになります。

ちなみに、これらのトレンドラインを割り込んでくるというのは、トレンドラインで相場を支えきれなくなった、押さえきれなくなったという状況です。これはトレンドが弱まりを示唆していて、時にはこれがトレンド転換のきっかけになることもあります。

値幅がイメージできる“チャネルライン”

チャネルラインを引いたチャート、引き方も補足

3つ目に紹介するのが“チャネルライン”で、これは平行なトレンドライン2本によって構成されます。2つのトレンドラインに挟まれて相場が推移するかたちになりますが、上側がレジスタンスライン、下側がサポートラインということになります。

チャネルラインを引くことで、相場の方向感に加えて相場が推移する値幅も見えてくるようになります。例えば上昇チャネルラインを引くと、下降の動きの反発ポイントだけでなく、上昇する動きの目標の目安も見えるようになります。

チャネルラインの引き方は、まずはじめにトレンドラインを引いてから、それと平行なトレンドラインをもう1つ引くという流れです。この時、平行なもう1つのトレンドラインのほうも、山の頂点や谷の底に当たるような位置に置くようにします。

チャネルラインを引くと、2本のトレンドラインで挟まれたチャネルの中で、相場が推移していくイメージを持つことができます。そのイメージを持ちながら相場を予測していき、トレードの戦略を立てていくことになります。

#プチアドバイス 正確に引こうとしすぎない

これらのラインを引く際によくあるのが、ついつい細かく精緻に引こうとしすぎることです。正確なラインにこだわりすぎるあまり、ぜんぜんラインが引けなくなってしまうこともあるかもしれません。

ただし、そもそもの話なんですが、FX会社ごとに配信されるレートは微妙に異なっています。つまり、チャートの細かいところは、FX会社によってズレているということです。そんな中で、自分が見ているチャートだけに正確なラインを引けたとしても、あまり意味がありませんよね。

ラインを引く際はピンポイントで正確に引こうと意識するのではなく、わりと大雑把な気持ちで引いてしまってかまいません。そのうえで、ピンポイントでラインを使おうとするのではなく、「多少のズレは仕方ないよね」というゆとりを持って戦略を立てることをおすすめします。

ラインをトレードに活かすためのポイント

前章ではラインの引き方などの基本を見てきたので、次に引いたラインをトレードにおいてどう活かせばいいのかを見ていきます。ここの考え方を整理することで、ラインを使った戦略がより明確にイメージできるようになります。

ラインに当たった時の動きは主に3パターン

相場がラインに当たった際の挙動としては、主に3パターンをイメージしておくといいでしょう。このパターンをそれぞれ頭に入れておいて、それぞれのパターンごとにどういう戦略で対応すればいいかを説明していきます。

パターン1:ラインで跳ね返る

反発

まずもっとも基本的なパターンとして押さえたいのが、相場がラインに当たって跳ね返るかたちです。例えば上昇している時に、上にあるレジスタインスラインにぶつかって、そこで上昇が押さえられて下降へと転じていくというイメージです。

この動きを狙う際の戦略としては、ラインにぶつかる前の動きに対して逆張りを狙っていくことになります。そして、もし想定していたラインを割り込んできてしまったら、そこで損切りをするかたちです。

ちなみに、エントリータイミングとしては、(1)ラインで反発する前、(2)ラインで反発した後の2通りが考えられます。

(1)の場合は、よりラインに引き付けてエントリーができるため、損切りの値幅を短く、利食いの値幅を広くできます。ただし、トレンドに逆行したタイミングでエントリーするため、失敗する可能性は高くなります。

(2)の場合は、ラインで反発したことを確認してからエントリーするので、(1)に比べると損切りの値幅が広く、利食いの値幅は狭くなります。ただし、反発を確認してエントリーするため、成功する可能性は高くなります。

この両者の特徴をあらかじめ理解したうえで、自分のトレードに合うのはどちらかをイメージしておきましょう。なお、(1)のほうが簡単に入れますが、ライン分析の精度に大きく依存するため難易度は高くなります。まずは(2)を狙うほうが無難かもしれません。

パターン2:ラインをブレイクアウトする

ブレイクアウト

次のパターンは、ラインを突き抜けていく、いわゆるブレイクアウトです。相場がラインに当たって跳ね返す力が働きますが、これを上回る力でラインを突き抜けて、そのまま大きく伸びていくようなイメージです。

なお、ブレイクアウトしていく場合でも、ラインをあっさり抜けていくのではなく、手前で揉み合いの動きがあるのが通常です。そして、いったん抜けると、勢いを増して一気に伸びていくというながれが典型的な流れです。ちなみに、こういった動きになるのは、ラインで跳ね返るのを狙っていたトレーダーの損切りが集中するためです。

エントリータイミングについては、(1)ラインを突き抜けた直後、(2)ラインを突き抜けた後の押し目、戻りといったところが考えられます。

(1)は抜けたということでわかりすく、非常にエントリーしやすいタイミングです。ただし、ブレイクアウトをしても伸びないことも多々あるため、天底をつかんでしまうリスクもあります。本物のトレンドに乗れれば利益を大きく伸ばせますが、失敗したら損失も大きくなりやすいので、早めの損切り判断が欠かせません。

(2)のほうが、ブレイクアウトを狙う際の教科書的なタイミングです。ブレイクアウトをした後の押し目や戻りを待って、押しや戻しの動きが弱く、トレンドが継続していくことを確認してからエントリーしていきます。

相場の大きな流れにもよりますが、基本的にはまずは(2)のタイミングをマスターしておくといいでしょう。

パターン3:ブレイクアウトしてから戻ってくる

ダマシのブレイクアウト

3つ目のパターンが、いったんラインを突き抜けていったものの、伸びが継続せずに戻ってきてしまう動きです。この場合、ブレイクアウトを狙ったポジションが撤退していくため、深く戻すということがしばしば起こります。

どこまで戻すかの1つの目安としては、ブレイクアウト前の直近安値・高値が挙げられます。ただし、ここも割り込んで勢いがついたりすると、本格的にトレンド転換して、ブレイクアウトしたところが天底になってしまうこともあります。

パターン2のブレイクアウトを狙う際は、このブレイクアウトが失敗するパターンも頭に入れておきましょう。なお、闇雲に狙うことはおすすめできませんが、状況によってはこの失敗パターン自体を狙うこともできます。

エントリータイミングとしては、いったんは抜けたラインを割り込んできたところというのが1つです(ローソク足の終値でこの判定をするほうがベターです)。いったんの目標としては直近高値・安値ですが、状況によっては伸ばせるケースもあります。

例外パターン:ラインを無視して動く

以上の3パターンがイメージしておきたい動きですが、こういった動きが起こらず、ラインがまったく無視されてしまうことも今後経験すると思います。そういった場合は、トレード戦略を考え直さないといけません。

なぜラインがまったく無視されることになるかというと、第一に考えられるのが、そのラインを意識していたトレーダーが少数派だったということです。つまり、そもそも引いていたラインが誤りだったということですね。

ラインは魔法ではないので、多数のトレーダーが意識していないと機能することはありません。ラインを使ってトレードするのであれば、こういった重要なラインをできるだけ正確に見極めることが成否を握っているということを、改めて意識しておきましょう。

重要なラインをうまく見極めるコツ

重要なサポートライン・レジスタンスラインを見極めるのには、たくさんのチャートにラインを引いて練習するしかありません。ただ、ちょっとしたコツのようなものを、ここではいくつか紹介しておこうと思います。

ラインはシンプルに引こう

最初は誰でもやってしまうと思いますが、チャートをがんばって分析しすぎるあまり、ラインをたくさん引きすぎるということがあります。たくさん引いてしまうと、本当に大事なラインがどれかわからなくなってしまいます。

練習ではたくさん引いていいですが、実戦でラインを使う際には、本当に大事なラインだけをチャート上に残すことをおすすめします。多数のトレーダーが気付くラインを、シンプルに弾くように心がけてください。

上位足のラインは重要になりやすい

チャートにおいては、下位足に引いたラインよりも上位足に引いたラインのほうが、有効に機能することが多いです。なぜなら、下位足よりも上位足のほうが、より多くのトレーダーが見ているからです。

そのため、普段トレードをする時間足よりも一回り上位の時間足でラインを引いて、それをトレードに活用することをおすすめします。例えば、1時間足でトレードしているなら、4時間足、日足でラインを引くというようなイメージですね。

実際に機能したことを確認したラインだけを使う

水平ラインであれば1点、トレンドラインなら2点あれば、ラインというのは引けてしまいます。そのため、チャートにはいくらでも好きなようにラインが引くことができてしまうので、ついつい自分に都合のいいラインを引いてしまいがちです。ですが、そんな引き方をしても、うまくいくはずがないですよね。

それを改善するためにラインを引くのは、本当にラインが機能するのを確認してからにするという方法があります。例えばトレンドラインであれば、2点で引いたものが3点目で実際に反発して、初めて有効なトレンドラインだとみなすというかたちです。

こうすることでチャートに自分の都合のいいラインだけを引きにくくなるので、本当に重要なラインを見極められる可能性が高まります。自分が引いたラインがなかなか機能しないなと思う人は、一度試してみてくださいね。

ロールリバーサルを有効活用しよう

ロールリバーサル

サポートラインやレジスタンスラインを使う時に覚えておくと便利な性質として、ロールリバーサルというものがあります。サポレジ転換と言われることもありますが、一言で言うと、ラインのサポートとレジスタンスという機能が逆になる性質です。

具体的に言うと、サポートラインだったものブレイクアウトされると、レジスタンスラインに変わります。逆にレジスタンスラインがブレイクアウトされたら、今度はサポートラインに変わります。

つまり、サポートラインやレジスタンスラインはブレイクアウトされたら終わりというわけではなく、その後もラインとして機能し続けるということです。なので、一度ブレイクアウトしたからといって、何も考えずにラインを消すのはやめましょう。

とくに重要なラインの場合に、ロールリバーサルはしばしば起こる現象です。この性質をうまく利用することで、ラインを有効活用していきましょう。そのためにもラインの見極めがやはり大切になってくるので、まずは実際にチャートを使って練習あるのみですね。

ラインを使った分析はもっと奥が深い!

ここまでのところで、ラインを使うための基礎の部分を解説してきました。まずは今回解説した基礎をしっかりと押さえて、実際にチャートを使ってどんどん練習をしてほしいと思います。ただ、ラインはもっともっと応用できるということを、少し付け加えておきます。

例えば、今回は主にチャートの山の頂点、谷の底で水平ラインを探すというオーソドックスな方法をお伝えしています。ですが、これ以外にもテクニカル指標を使ったり、黄金比に関係するフィボナッチ数を利用した見つけ方もあります。

※ピボットについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

※フィボナッチについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

その他にも、水平ラインやトレンドラインを引くことで、相場によく見られるチャートパターンが見えやすくなります。このチャートパターンを利用することで、トレード戦略の幅は大きく広がっていきます。

※チャートについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

※ブレイクアウトの狙い方について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

まずは今回解説している基礎をマスターするのが先ですが、その次のステップとしては、こういった応用論点に挑戦してみるといいと思います。奥が深いラインの世界に、ぜひ飛び込んでいってください!

まとめ

今回はサポートラインやレジスタンスラインの基礎の部分を、ひと通り解説してきました。最後に、簡単に内容のおさらいをしておきます。

まずはラインの種類ですが、以下の3つを紹介しました。

  • 水平ライン
  • トレンドライン
  • チャネルライン

そして、これらのラインをめぐる相場にみられるよくあるパターンとしては、以下の3パターンをイメージししておいてください。

  • ラインで跳ね返る
  • ラインをブレイクアウトする
  • ブレイクアウトしてから戻ってくる

こういった性質を利用するためには、重要なラインを見極めることが欠かせません。そのためのコツとしては、以下の3つを覚えておきましょう。

  • ラインはシンプルに引く
  • 上位足のラインは重要になりやすい
  • 実際に機能したことを確認したラインだけを使う

今回の記事でインプットした知識は、アウトプットして初めて自分のものになります。ぜひ実際のチャートを開いてみて、重要なラインを見極める練習をたくさんしていただければと思います!

ほかにも以下の記事ではFXに関する正しい知識についてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。