2019年7月2日|日経平均株価は小幅ながらも上昇する一方、ドル円は値動きの乏しい展開に。

  • 更新日: 2019/07/02

2019年7月2日の米ドル/円の1時間足チャート

2019年7月2日|本日午後からのFX相場予想

本日の日経平均株価は前日比30円54銭安の21,699円43銭で寄り付いた後、プラス圏に浮上。後場は前日比9円91銭高の21,739円88銭で寄り付いている。

一方ドル円は、エアバス補助金を巡る米国とEUとの対立に関し、EUの航空機補助金に対する報復関税として40億ドル相当のEU輸入品リストを提案すると米通商代表部が発表したとの報道から、早朝に一時1ドル108円28銭まで下落。

しかし、売りの勢いは一時的なものに留まり、日経平均株価の上昇につれ、1ドル108円40銭台まで持ち直している。

さらに、仲値近辺で実需筋のドル買いが入ったことも円安・ドル高を後押しした模様。

昨日のドル円は、先週末に行われた米中首脳会談で米国の対中関税第4弾が先送りされたことが好感され、投資家のリスク回避姿勢が後退。

マーケットオープン時には上方向に窓を開けて始まり、1ドル108円50銭台まで上昇する場面もあったが、東京時間がスタートすると、好調な日経平均株価の動向とは裏腹に、ドル円は上値の重い展開となった。

途中、米長期金利が上昇したことで再び1ドル108円50銭台まで浮上する場面もあったが、長続きせず、その後も上値は押さえられた。

ニューヨーク時間に入ると米ISM製造業景況指数が発表され、事前予想の51.0を上回る51.7となったことが好感されたものの、前回の52.1からは低下。

さらに、同時に発表された5月の米建設支出が前月比-0.8%と事前予想の0.0%を下回ったうえ、前回の0.4%からも大幅に低下したことが嫌気され、ドル円の上昇は限定的なものに留まった。

昨日発表された6月の米ISM製造業景況指数は、3か月連続の低下となった。

新規受注が弱かった一方、生産指数が改善した。これにより雇用指数が上昇したと考えられ、生産指数と雇用指数の改善が今回のISM製造業指数の上昇に貢献したとみられている。

一方、6月の受注残は2か月連続で50を下回る弱い内容となり、在庫も50を割り込むなど、企業が在庫を縮小していることと、モノへの需要が弱いことが示唆される結果となった。

米中貿易摩擦による先行き不透明感が製造業を直撃し、モメンタムの減速につながったと考えられる。

今後同指数が上昇するためには新規受注の改善が必要であろう。

その米中貿易摩擦に関しては、すでに書いたとおり、制裁関税の第4弾の発動は回避された。

このことが好感されたため、日本はもちろん、欧米の株式市場も昨日は上昇基調に。ただ、為替の反応は鈍く、上値が押さえられる展開が続いている。

制裁関税第4弾の発動の回避は製造業にとっては朗報だ。ただ、米中の対立の原因となっている根本的な問題は解決しておらず、楽観視はできない。

禁輸措置となっているファーウェイに関しては一部のみ解除されるとのことであるが、これが好感され、昨日の東京株式市場では、同社に部品を販売している太陽誘電やソニーなどの株価が上昇した。

米国家経済会議のクドロー委員長は、現段階ではエンティティ・リストに同社を残し続けるとしており、制裁緩和は世界中で出回っている汎用品に限ると米TV番組のフォックス・ニュース・サンデーで述べている。

ただ、ファーウェイのエンティティ・リストからの除外については、米国の与野党から懸念を表明する声があり、一筋縄ではいかないとの見方もある。

エンティティ・リストから同社を除外するかどうかということについては、トランプ米大統領によれば6月30日か7月2日に協議するとのことであるため、今後の動向に注意が必要である。

本日この後のドル円は、材料難から値動きに乏しい展開になることが考えられる。

本日18時半にRBAのロウ総裁による講演が予定されているが、この時の発言内容によって豪ドルが大きく動く可能性がある。

その影響がドル円相場にも波及する可能性があり、注意が必要だ。

本日は上海総合指数が昨日の終値を割り込んで始まった後、下落。

現在は下げ幅を縮小し、昨日の終値を伺う展開となっている。

ハンセン総合指数は昨日の終値を上回って始まった後、高水準で推移し堅調。

米長期金利はやや低下したが、現在は横ばいでの推移となっている。一方、NYダウ先物は上昇している。

テクニカルを見ると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲の上にある。ボリンジャーバンドはやや上向きだが、小動きとなっていることから、バンド幅は縮小している。

この後、東京時間のドル円は、1ドル108円50前後が短期的な抵抗線になるとみられる。

それを上抜けた場合は、1ドル108円60銭が抵抗線として意識されるとみられる。

一方、東京時間の支持線は、短期的には1ドル108円25銭前後になるとみられ、そこを割り込んだ場合は、1ドル108円15銭前後が支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年7月2日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

  • 強気予想:108.15円~108.77円
  • 弱気予想:107.91円~108.58円

ユーロ/円

  • 強気予想:121.95円~123.50円
  • 弱気予想:121.58円~122.91円

ポンド/円

  • 強気予想:136.66円~137.95円
  • 弱気予想:136.29円~137.49円

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年7月2日|本日のFX経済指標カレンダー

13:30 (豪) 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表 
 前回…1.25% 今回予想…1.00%
15:00 (英) 6月 ネーションワイド住宅価格 [前月比] 
 前回…-0.2% 今回予想…0.2%
15:00 (独) 5月 小売売上高指数 [前月比] 
 前回…-1.0% 今回予想…0.5%
15:00 (独) 5月 小売売上高指数 [前年同月比] 
 前回…4.0% 今回予想…2.7%
15:45 (仏) 5月 財政収支 
 前回…-672億ユーロ
17:30 (英) 6月 建設業購買担当者景気指数(PMI) 
 前回…48.6 今回予想…49.2
18:00 (欧) 5月 卸売物価指数(PPI) [前月比] 
 前回…-0.3% 今回予想…0.1%
18:00 (欧) 5月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比] 
 前回…2.6% 今回予想…1.8%

 (元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。