2019年6月21日|今日のFX相場予想と相場を占うFX情報

  • 更新日: 2019/06/21

2019年6月21日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

強気予想:106.98円~108.44円
弱気予想:106.64円~107.88円

ユーロ/円

強気予想:120.88円~122.22円
弱気予想:120.58円~121.70円

ポンド/円

強気予想:135.97円~135.58円
弱気予想:135.60円~136.96円

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年6月21日|本日のFX相場予想

6月20日(木)の東京時間の序盤のドル円は、1ドル108円10銭近辺でもみ合いとなった。

しかしその後、前日のニューヨーク時間に開催されたFOMCで利下げが示唆されたことが材料視され、ドル円は円高地合いに。

米長期金利が低下し2%台を割り込んだことから、ドル円は1ドル107円50銭台まで下落した。

円買い・ドル売りの流れが一服すると、この日の日銀金融政策決定会合後の黒田総裁の記者会見で、「物価安定のモメンタムを損なえば躊躇なく追加緩和を検討する」との発言があったことが好感され、ドル円は1ドル107円70銭台まで上昇する場面もあった。

最終的にドル円は、1ドル107円67銭前後で推移した。

ロンドン時間のドル円は、1ドル107円半ばで推移した。

午後に入り発表された米国の6月フィラデルフィア連銀製造業景気指数が事前予想の11.0から0.3に下振れたことでドル円は徐々に円買い地合いとなった。

最終的にドル円は、1ドル107円50銭~107円60銭で推移した。

ニューヨーク時間では米国の6月フィラデルフィア連銀製造業景況指数が発表され、事前予想を大幅に下回ったほか、前回からも大幅に低下。

その後発表された米国の5月景気先行総合指数(前月比)も事前予想の+0.1%を下振れる0.0%となり、前回も+0.2%から+0.1%へと下方修正された。

これが嫌気され、米長期金利が1.97%台まで低下。ドル円は円高地合いとなった。

その後、トランプ米大統領が「イランは大きな間違いを犯した」とTwitterに投稿。さらにトランプ米大統領はカナダのトルドー首相との会談冒頭で、具体的な対抗措置に関しては「多くは語らない。いつか分かるだろう」と述べたとの報道があった。

これを受けて投資家のリスク回避姿勢が強まり、ドルが売られ円が買われた。

一時、1ドル107円21銭と今年1月以来となる水準まで円高が進んだが、その後ドル売りは一服。

最終的にドル円は1ドル107円26銭~107円36銭で推移した。

ユーロは、1ユーロ1.1285~1.1295ドルで推移した。

ポンドは、1ポンド1.2695ドル~1.2705ドルで推移した。

昨日のドル円は、前日のFOMCの結果を受けて円高地合いに。FOMCが市場予想を超えるハト派姿勢を見せたため、米国の7月の利下げが意識されてドル円は円高地合いとなった。

日銀の黒田総裁が追加緩和を検討するとの考えを示したことでドルが買い戻される場面もあったが、軟調な米国の経済指標の結果と、米国とイランとの軍事衝突の警戒感が高まったことで、ドル円は再び円買い地合いに。

今年1月以来となる水準まで円高が進む場面もあった。

欧米の利下げが意識されていることに加え、米国とイランとの緊張の高まりから、本日の東京時間のドル円も円高地合いになりやすいものと考えられる。

テクニカルを確認すると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲の下にある。

ボリンジャーバンドは-1σと-2σを行き来するバンドウォークが発生している。また、60日移動平均線は下向きになっている。

本日の東京時間のドル円は、ひとまず1ドル107円40銭前後が抵抗線として意識される。

そこを突破した場合は1ドル107円50銭前後が抵抗線として意識されるとみられる。

また、1ドル107円20銭前後が東京時間における短期的な支持線として意識され、そこを割り込んだ場合は1ドル107円10銭前後が次の支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年6月21日|本日のFX経済指標カレンダー

16:15 (仏) 6月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…50.6 今回予想…50.9
16:15 (仏) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…51.5 今回予想…51.6
16:30 (独) 6月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…44.3 今回予想…44.6
16:30 (独) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…55.4 今回予想…55.3
17:00 (欧) 6月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…47.7 今回予想…48.0
17:00 (欧) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…52.9 今回予想…53.0
21:30 (加) 4月 小売売上高 [前月比]
 前回…1.1% 今回予想…0.2%
21:30 (加) 4月 小売売上高(除自動車) [前月比]
 前回…1.7% 今回予想…0.4%
22:45 (米) 6月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…50.5 今回予想…50.5
22:45 (米) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…50.9 今回予想…51.0
22:45 (米) 6月 総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…50.9
23:00 (米) 5月 中古住宅販売件数 [年率換算件数]
 前回…519万件 今回予想…525万件
23:00 (米) 5月 中古住宅販売件数 [前月比]
 前回…-0.4% 今回予想…1.2%

 (元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。