2019年5月23日|日経平均株価は下落し軟調。ドル円はユーロ売り一服で、小戻しに。

  • 更新日: 2019/05/24

2019年5月23日の米ドル/円の1時間足チャート

2019年5月23日|本日午後からのFX相場予想

本日の東京時間は、昨日の米株式市場でNYダウが下落し軟調に推移したことを受け、日経平均株価は下落。

これを受けてドル円も下落。

ユーロ円でのユーロ売りがドル円相場に波及したことも円高を後押しし、一時110円12銭近辺をつける場面もあった。

現在はユーロ円が売り一服となったことで、ドル円は1ドル110円30銭台まで浮上している。

昨日は東京時間からドル円は下押し圧力の強い展開に。

東京時間で日経平均株価が上げ幅を縮めたことでドル円は売られ、ロンドン時間、ニューヨーク時間と下降トレンドが続いた。

ドル円が下落したのは、トランプ米政権が中国の監視カメラ大手ハイクビジョン(杭州海康威視数字技術)に対し、禁輸措置を検討しているとの報道があったことが原因だ。

ハイクビジョンをはじめ、同業の中国のダーファ・テクノロジー(浙江大華技術)など、中国の監視関連企業最大5社に対し禁輸措置を検討している模様だ。

ハイクビジョンやダーファ・テクノロジーを巡っては、先月、40人超の米与野党議員が米政府宛て書簡の中で、少数民族への弾圧的な統治方法が問題視されている新疆ウイグル自治区において、中国政府の監視に両社の技術が利用されている可能性を指摘し、中国の違法行為への加担防止のために輸出制限を求めていた。

ハイクビジョンは昨年、新疆当局と300億円以上に及ぶ監視カメラ購買契約を締結しており、少数民族の顔の識別技術も有している。

トランプ米政権は、これらの企業が新疆ウイグル自治区におけるウイグル族への弾圧を助長させているとして懸念している他、顔認証機能を持つ両社の監視カメラがスパイ活動で利用される可能性についても危惧している。

米政府は、中国通信機器大手ファーウェイについて、米企業から同社への事実上の禁輸措置を行ったばかり。米産業安全保障局(BSI)のエンティティリストにファーウェイをはじめ関連会社68社が追加された。

次に禁輸措置を取られる可能性のある企業として、ハイクビジョンの名前は以前から上がっていたが、今回、それが現実のものとなる可能性が高まったことになる。

今回の報道により、米中貿易摩擦のさらなる激化が懸念され、日本のみならず、欧州、米国でも株価が下落。

投資家のリスク回避姿勢が強まったことから米国債は利回りが低下し、ドル円はドル売り地合いとなっている。

なお、今のところ来月28日と29日に大阪で開催されるG20で、トランプ米大統領と習近平国家主席との会談が行われる見通しとなっている。

このことについてムニューシン米財務長官は、これまでの米中貿易協議を基に今後の交渉を進めることができれば、トランプ米政権は協議の再開に前向きであるとの見方を示した。

一方、中国の崔天凱駐米大使も中国政府は米国との協議を続ける用意があると述べているが、「不公平な合意は受け入れられない」とする中国政府の姿勢を強調し、米国をけん制している。

なお、昨日は4月30日と5月1日に開催されたFOMC議事録の公表があった。

参加者が、「インフレの低下が一時的なものである」との認識を示したことや、利下げの必要性を指摘する声はなかったことが判明した。

しかし、米国の対中関税第3弾の税率引き上げと第4弾実施の発表の前に開催された時の内容であったことから、現在の状況を織り込んではいないとして、市場の反応は限定的なものに留まった。

冒頭でも書いたとおり、本日は日経平均株価が軟調に推移している。

後場の日経平均株価は前週末比149円83銭安の21,133円54銭でスタートした。

この後の東京時間のドル円も、日経平均株価の動向を眺めながら推移するものと考えられるが、ハイクビジョンやファーウェイ、米中貿易協議に関するヘッドラインには注意が必要だ。

なお、本日の上海総合指数は前日の終値を割り込んでスタートし、下げ幅を縮める場面もあったが、上昇しきれず下落している。

ハンセン総合指数は昨日の終値を割り込んで始まった後、下げ幅を拡大し、軟調に推移している。

米長期金利は低下が続いていたが、現在は下落が一服している。

また、NYダウ先物も下落しているが、いったん下げ止まった模様。

テクニカルを見ると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲の中にある。

ボリンジャーバンドは下向き。バンド幅をやや縮小している。

この後、東京時間のドル円は、1ドル110円40銭前後が短期的な抵抗線になるとみられる。

それを上抜けた場合は、1ドル110円50銭が抵抗線として意識されるとみられる。

一方、東京時間の支持線は、短期的には1ドル110円10銭前後になるとみられ、そこを割り込んだ場合は、1ドル110円00銭前後が支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年5月23日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

    強気予想:110.07円~110.77円弱気予想:109.93円~110.49円

ユーロ/円

    強気予想:122.76円~123.70円弱気予想:122.56円~123.33円

ポンド/円

    強気予想:139.02円~141.26円弱気予想:138.48円~140.41円

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年5月23日|本日のFX経済指標カレンダー


15:00 (独) 1-3月期 国内総生産(GDP、改定値) [前期比]
 前回…0.4% 今回予想…0.4%
15:00 (独) 1-3月期 国内総生産(GDP、改定値) [前年同期比]
 前回…0.7% 今回予想…0.7%
15:00 (独) 1-3月期 国内総生産(GDP、改定値、季調前) [前年同期比]
 前回…0.6% 今回予想…0.6%
15:30 (スイス) 1-3月期 四半期鉱工業生産 [前年同期比]
 前回…5.1% 今回予想…-0.3%
15:45 (仏) 5月 企業景況感指数
 前回…105 今回予想…105
16:15 (仏) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…50.0 今回予想…50.0
16:15 (仏) 5月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…50.5 今回予想…50.8
16:30 (独) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…44.4 今回予想…44.8
16:30 (独) 5月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…55.7 今回予想…55.4
17:00 (欧) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…47.9 今回予想…48.1
17:00 (欧) 5月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…52.8 今回予想…53.0
17:00 (独) 5月 IFO企業景況感指数
 前回…99.2 今回予想…99.1
20:30 (欧) 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
21:30 (加) 3月 卸売売上高 [前月比]
 前回…0.3%
21:30 (米) 前週分 新規失業保険申請件数
 前回…21.2万件 今回予想…21.5万件
21:30 (米) 前週分 失業保険継続受給者数
 前回…166.0万人 今回予想…166.9万人
22:45 (米) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…52.6 今回予想…52.7
22:45 (米) 5月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…53.0 今回予想…53.5
22:45 (米) 5月 総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…53.0
23:00 (米) 4月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]
 前回…69.2万件 今回予想…67.5万件
23:00 (米) 4月 新築住宅販売件数 [前月比]
 前回…4.5% 今回予想…-2.5%

2019年5月24日|本日のFX経済指標カレンダー

07:45 (NZ) 4月 貿易収支
 前回…9.22億NZドル 今回予想…4.00億NZドル
08:30 (日) 4月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]
 前回…0.5% 今回予想…0.9%
08:30 (日) 4月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]
 前回…0.8% 今回予想…0.9%
08:30 (日) 4月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く) [前年同月比]
 前回…0.4% 今回予想…0.6%

  (元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。