2019年5月23日|今日のFX相場予想と相場を占うFX情報

  • 更新日: 2019/06/04

FX,予想,今日,2019,05212019年5月23日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

    強気予想:110.07円~110.77円弱気予想:109.93円~110.49円

ユーロ/円

    強気予想:122.76円~123.70円弱気予想:122.56円~123.33円

ポンド/円

    強気予想:139.02円~141.26円弱気予想:138.48円~140.41円

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年5月23日|本日のFX相場予想

5月22日(水)の東京時間のドル円は、早朝、1ドル110円60銭近辺で推移した。

午前9時に東京株式市場がスタートし、日経平均株価が前日の終値を上回って始まった後、下げ幅を縮小したことでドル円は水準を下げ、1ドル110円40銭台に下落した。

その後、日経平均株価がやや上昇したことでドル円は1ドル110円50銭まで浮上し、もみ合いとなった。

終盤、メイ英首相が6月に議会で採決する離脱協定法採決に向け、新たに10の提案を出したものの、与野党から反発を受けていることが悲観され、ポンドが下落。

対円でも下落した影響がドル円にも及んだ。

さらに、トランプ米大統領が中国の監視関連企業について、最大5社をブラックリストに掲載し、米国の重要技術の利用を事実上禁じることを検討したとの報道があったこともリスク回避の円買いを後押しした。

そのため、ドル円は1ドル110円30銭台まで下落した。

最終的にドル円は1ドル110円37銭前後で推移した。

ロンドン時間に入ると、ドル円は弱含んだ。

米トランプ政権が中国の監視関連企業について、最大5社と米企業との取引制限を検討しているとのニュースが材料視され、欧州株は下落。ドル円も下落した。

また、米長期金利が低下し2.4%台を割り込んだ他、午後に米国市場がスタートすると、NYダウが昨日の終値を割り込んで始まり軟調に推移したこともドル売りを後押しした。

最終的にドル円は、1ドル110円30銭~110円40銭で推移した。

ニューヨーク時間では、米トランプ政権が中国の監視カメラメーカーの杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)をはじめとした中国の監視関連企業について最大5社への米製品の禁輸措置検討とのニュースが材料視され、米中貿易摩擦激化への懸念が広がった。

そのため、リスクオフムードが広がり、米長期金利は低下。

2.4%台を割り込み、NYダウも下落。ドル売り優勢となったことから、ドル円は1ドル110円24銭まで下落した。

なお、FOMC議事録がこの日発表され、大半の参加者が「物価の伸び悩みは一時的なものである」との認識を示し、景気刺激と物価押し上げのための利下げの必要性を指摘する意見はなかった。

ただ、今回公表されたFOMC議事録は、米中貿易摩擦への懸念が再浮上する前に行われたものであったことから、市場の反応は限定的なものにとどまった。

最終的にドル円は、1ドル110円28銭~110円38銭で推移した。

ユーロは、23日からの欧州議会選を前に様子見ムード。1ユーロ1.1150ドル~1.1160ドルで推移した。

ポンドは、メイ英首相が6月に議会で採決する離脱協定法採決に向けて行った新たな提案が与野党の反発を受け、メイ政権が窮地に立たされていることが懸念され、下落。

1ポンド1.2650ドル~1.2660ドルで推移した。

昨日のドル円は、トランプ米政権が、中国の監視カメラ大手のハイクビジョンをはじめとした中国の監視関連企業最大5社に対し、米企業からの関連技術購入制限を検討しているとのニュースが材料視され、米中貿易摩擦激化への懸念から、市場のリスク回避姿勢が強まった。

そのため、東京時間からニューヨーク時間まで円買い地合いとなり、ドル円は水準を下げた。

本日もリスクオフムードが続いている模様。日経平均株価は前日比103円13銭安で始まっている。

テクニカルを確認すると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲の中にある。

ボリンジャーバンドは下向きで、バンド幅は縮小。

-1σと-2σとの間をドル円の一時間足は行き来している60日移動平均線は横ばいに。

本日の東京時間のドル円は、ひとまず1ドル110円30銭前後が抵抗線として意識される。

そこを突破した場合は1ドル110円40銭前後が抵抗線として意識されるとみられる。

また、1ドル110円10銭前後が東京時間における短期的な支持線として意識され、そこを割り込んだ場合は1ドル110円00銭前後が次の支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年5月23日|本日のFX経済指標カレンダー

15:00 (独) 1-3月期 国内総生産(GDP、改定値) [前期比]
 前回…0.4% 今回予想…0.4%
15:00 (独) 1-3月期 国内総生産(GDP、改定値) [前年同期比]
 前回…0.7% 今回予想…0.7%
15:00 (独) 1-3月期 国内総生産(GDP、改定値、季調前) [前年同期比]
 前回…0.6% 今回予想…0.6%
15:30 (スイス) 1-3月期 四半期鉱工業生産 [前年同期比]
 前回…5.1% 今回予想…-0.3%
15:45 (仏) 5月 企業景況感指数
 前回…105 今回予想…105
16:15 (仏) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…50.0 今回予想…50.0
16:15 (仏) 5月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…50.5 今回予想…50.8
16:30 (独) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…44.4 今回予想…44.8
16:30 (独) 5月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…55.7 今回予想…55.4
17:00 (欧) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…47.9 今回予想…48.1
17:00 (欧) 5月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…52.8 今回予想…53.0
17:00 (独) 5月 IFO企業景況感指数
 前回…99.2 今回予想…99.1
20:30 (欧) 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
21:30 (加) 3月 卸売売上高 [前月比]
 前回…0.3%
21:30 (米) 前週分 新規失業保険申請件数
 前回…21.2万件 今回予想…21.5万件
21:30 (米) 前週分 失業保険継続受給者数
 前回…166.0万人 今回予想…166.9万人
22:45 (米) 5月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…52.6 今回予想…52.7
22:45 (米) 5月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…53.0 今回予想…53.5
22:45 (米) 5月 総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)
 前回…53.0
23:00 (米) 4月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]
 前回…69.2万件 今回予想…67.5万件
23:00 (米) 4月 新築住宅販売件数 [前月比]
 前回…4.5% 今回予想…-2.5%

2019年5月24日|本日のFX経済指標カレンダー

07:45 (NZ) 4月 貿易収支
 前回…9.22億NZドル 今回予想…4.00億NZドル
08:30 (日) 4月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]
 前回…0.5% 今回予想…0.9%
08:30 (日) 4月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]
 前回…0.8% 今回予想…0.9%
08:30 (日) 4月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く) [前年同月比]
 前回…0.4% 今回予想…0.6%

  (元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。