2019年5月20日|日経平均株価は堅調。ドル円は1ドル110円台に乗せ、円安地合いに。

  • 更新日: 2019/05/20

2019年5月20日の米ドル/円の1時間足チャート

2019年5月20日|本日午後からのFX相場予想

本日の東京時間は、今朝発表された日本の今年の1月~3月期のGDP(速報値)が前期比、年率換算ともに事前予想を上振れたことを好感し、日経平均株価は前日の終値を上回る水準で推移している。

それに伴い、ドル円は円安地合いに。1ドル110円30銭台に突入する場面もあった。

昨日の東京時間のドル円は、その前の日に発表された米国の経済指標が軒並み良好だったことから、リスクオフムードが弱まり円安地合いに。

日経平均株価も堅調に推移したが、途中、中国国営メディアが「中国は米国との貿易交渉の継続に関心がないかもしれない」という論説記事を報じたことから、いったんリスクオフ姿勢が強まる場面もあり、一時1ドル109円50銭台まで値を下げた。

ただ、下値は限定的で、欧州勢が参加する時間帯になると再び1ドル109円70銭台まで水準を切り上げた。

さらに、この日発表された5月のミシガン大学消費者態度指数(速報値)が事前予想の97.5を上回る102.4になったことも好感された。

今回発表された5月のミシガン大学消費者態度指数は、2004年以来15年ぶりとなる高水準となり、機体指数は予想の86.8を上回る96.0、5年先の期待インフレ率は前回の2.3%から2.6%に上昇。

さらに、1年先の期待インフレ率は2.8%となるなど、強い結果となっている。

ただ、今回の結果に関しては、米国が対中関税第4弾を実施する以前に調査が行われたものであり、中国も報復関税を実施すると表明していることから、一時的な上昇に過ぎないとの見方が強い。

そのため、次回6月のミシガン大学消費者態度指数に関しては悪化する可能性があることに留意したい。

また、この日はトランプ米大統領が、日本とEUに対する自動車の追加関税を巡る判断を最大180日延期すると発表した。

このことを市場は好感したものの、日本とEUが自動車・部品の対米輸出規制に対し、どのような対応を取っていくのかは依然として不透明なままである。

とはいえ、いったんリスクオフムードが後退したことから、ドルを買い戻す動きが強まったため、ドル円は1ドル110円台を回復して取引を終えた。

このような前週末のドル円相場の流れを受けたことから、今朝のドル円は円安地合いだった。

ただ、一気に円安が進んだのは、冒頭で書いたとおり日本の今年の第一四半期GDPが事前予想を上振れたことにある。

とはいえ、内容は決して良くはなく、内需を支える個人消費と設備投資はそれぞれ-0.1%と-0.3%と、2四半期ぶりのマイナスに転落している。

また、輸出も中国経済の減速の影響から-2.4%となっているものの、輸入が-4.6%とそれ以上に落ち込んだことが結果的にプラスに作用し、公共投資や住宅投資がプラス圏となったことで全体ではプラスとなった。

このことから、実体経済は見かけほど良くないと考えられている。

冒頭でも書いたとおり、本日は日経平均株価が好調に推移していて、後場も前週末比82円24銭高の21,332円33銭でスタートしたことから、ドル円は円安地合い。

ただ、1ドル110円30銭~110円50銭近辺で断続的に売り注文が入っていることから、1ドル110円30銭台に突入した後にドル円は押し戻され、1ドル110円20銭台前半で小動きとなっている。

この後の東京時間のドル円は、日経平均株価の動向を眺めながら推移するものと考えられる。

ただし、米中貿易協議や為替報告書、米国による自動車の追加関税に関するヘッドラインには注意したい。

なお、本日の上海総合指数は前日の終値を割り込んでスタートし、下げ幅を拡大した後、下げ幅を縮小している。

一方、ハンセン総合指数は昨日の終値を上回って始まった後、下落してマイナス圏へ。

その後は下げ幅を縮小している。

NYダウ先物は上昇し、プラス圏で推移している。米長期金利は上昇し、2.4%台を回復している。

テクニカルを見ると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲の上にある。ボリンジャーバンドは+1σと+2σの間を推移するバンドウォークを形成している。

この後、東京時間のドル円は、1ドル110円30銭前後が短期的な抵抗線になるとみられる。それを上抜けた場合は、1ドル110円40銭が抵抗線として意識されるとみられる。

一方、東京時間の支持線は、短期的には1ドル110円10銭前後になるとみられ、そこを割り込んだ場合は、1ドル110円00銭前後が支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年5月20日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

    強気予想:109.66円~110.61円弱気予想:109.23円~110.35

ユーロ/円

    強気予想:122.40円~123.42円弱気予想:121.96円~123.13

ポンド/円

    強気予想:139.49円~141.25円弱気予想:138.93円~140.65

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年5月20日|本日のFX経済指標カレンダー

08:01 (英) 5月 ライトムーブ住宅価格 [前月比] 
 前回…1.1%
08:50 (日) 1-3月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値) [前期比] 
 前回…0.5% 今回予想…0.0%
08:50 (日) 1-3月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値) [年率換算] 
 前回…1.9% 今回予想…-0.2%
13:30 (日) 3月 鉱工業生産・確報値 [前月比] 
 前回…-0.9%
13:30 (日) 3月 鉱工業生産・確報値 [前年同月比] 
 前回…-4.6%
13:30 (日) 3月 設備稼働率 [前月比] 
 前回…1.0%
15:00 (独) 4月 生産者物価指数(PPI) [前月比] 
 前回…-0.1% 今回予想…0.3%
17:00 (欧) 3月 経常収支(季調済) 
 前回…268億ユーロ
17:00 (欧) 3月 経常収支(季調前) 
 前回…155億ユーロ

2019年5月21日|本日のFX経済指標カレンダー

08:00 (米) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。