2019年5月14日|今日のFX相場予想と相場を占うFX情報

  • 更新日: 2019/05/14

2019年5月14日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

    強気予想:108.90円~110.13円弱気予想:108.57円~109.68

ユーロ/円

    強気予想:122.36円~123.68円弱気予想:122.04円~123.18

ポンド/円

    強気予想:140.83円~143.52円弱気予想:140.18円~142.50

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年5月14日|本日のFX相場予想

513日(月)の東京時間は、米中貿易協議が合意に至らず、米国が中国からの輸入品のうち、残る3,000億ドルについても追加関税を課す、制裁第4弾の準備に入ったとの報道を受けて、ドル円は円高地合いに。午前9時に東京株式市場がスタートすると、日経平均株価が前日の終値を割り込んで始まったことから、1ドル10960銭台まで円高が進んだ。しかし、ドルの買い戻しが入ったことと、日経平均株価が下げ幅を縮めたことで、円安地合いに。実需筋のドル買いも入り、1ドル10980銭前後まで浮上した。その後は材料難から1ドル10970銭台でもみ合いとなったが、欧州勢が参加する終盤に入ると、NYダウ先物が徐々に下げたことが嫌気され、1ドル10960銭台まで円高が進んだ。最終的にドル円は、1ドル10964銭前後で推移した。

ロンドン時間でも方向感のない動きは続き、ドル円は1ドル10960銭台で推移した。午後に入ると、中国政府が米国への報復関税を61日に発動することを発表し、約600億ドル相当の米国製品に課す追加関税を最大25%に引き上げるとした。これによりドル円は急激に円高が進み、一時1ドル10902銭近辺まで下落した。最終的にドル円は、1ドル10905銭~10915銭で推移した。

ニューヨーク時間では、中国政府が米国への報復関税を61日に発動することを発表したことを受け、ドル円が急落。1ドル10902銭近辺まで円高が進む場面もあった。米株式市場ではNYダウが一時719ドルまで下げ幅を広げるなど大幅安となったことも円買いを後押しした。しかしその後、ムニューシン米財務長官が米中の貿易協議が継続していることや次回の米中貿易協議い向けた日程調整を行っていることを米CNBCテレビに対し語り、また、トランプ米大統領もG20で中国の習近平国家主席に会う予定であることや、残りの中国製品に対する制裁関税はまだ決定していないと記者団に語ったことで、投機的なドル売りが一服し、ドルが幾分買い戻された。最終的にドル円は、1ドル10926銭~10936銭で推移した。

ユーロはドル売りの影響で上昇。1ユーロ1.1235ドル~1.1245ドルで推移した。ポンドは1ポンド1.2980ドル~1.2990ドルで推移した。

昨日は、主要な経済指標の発表がなかったこともあり、引き続き米中貿易協議が市場の注目材料となった。東京時間からロンドン時間の午前中までは小動きとなったものの、ロンドン時間の午後に入り、米国市場がスタートすると、中国が米国への報復関税を発表。米株式市場ではNYダウが大幅下落となり、一時1ドル719ドル安となるなど市場はリスク回避ムードが強まり、ドル円も21日以来の安値となる1ドル10902銭を付けた。

その後は1ドル109円近辺が意識されたことや、対ユーロでのドルの買い戻しによりドル円は下げ渋った。ムニューシン米財務長官やトランプ米大統領の発言が伝わったことで、ドル円は1ドル10939銭近辺までドルが買い戻されている。ただ、戻りは鈍く、1ドル10920銭台でニューヨーク時間を終えている。

昨日の米国市場でのNYダウの下落を受け、本日の東京株式市場は日経平均株価がどのように推移するかに注目したい。

テクニカルを確認すると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲の下にある。ボリンジャーバンドは下向きに。バンド幅は拡大している。60日移動平均線は下向き。

本日の東京時間のドル円は、ひとまず1ドル10930銭前後が抵抗線として意識される。そこを突破すれば、次に10940銭前後が抵抗線として意識されるとみられる

また、1ドル10910銭前後が東京時間における短期的な支持線として意識され、そこを割り込んだ場合は、1ドル10900銭前後が次の支持線として意識されるとみられる。

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年5月14日|本日のFX経済指標カレンダー

10:30 (豪) 4月 NAB企業景況感指数
 前回…7
14:00 (日) 4月 景気ウオッチャー調査-現状判断DI
 前回…44.8 今回予想…45.8
14:00 (日) 4月 景気ウオッチャー調査-先行き判断DI
 前回…48.6 今回予想…48.0
15:00 (独) 4月 消費者物価指数(CPI、改定値) [前月比]
 前回…1.0% 今回予想…1.0%
15:00 (独) 4月 消費者物価指数(CPI、改定値) [前年同月比]
 前回…2.0% 今回予想…2.0%
15:00 (独) 4月 卸売物価指数(WPI) [前月比]
 前回…0.3%
15:30 (スイス) 4月 生産者輸入価格 [前月比]
 前回…0.3% 今回予想…0.2%
17:30 (英) 4月 失業保険申請件数
 前回…2.83万件
17:30 (英) 4月 失業率
 前回…3.0%
17:30 (英) 3月 失業率(ILO方式)
 前回…3.9% 今回予想…3.9%
18:00 (欧) 3月 鉱工業生産 [前月比]
 前回…-0.2% 今回予想…-0.3%
18:00 (欧) 3月 鉱工業生産 [前年同月比]
 前回…-0.3% 今回予想…-0.8%
18:00 (独) 5月 ZEW景況感調査(期待指数)
 前回…3.1 今回予想…5.0
18:00 (欧) 5月 ZEW景況感調査
 前回…4.5
21:30 (米) 4月 輸入物価指数 [前月比]
 前回…0.6% 今回予想…0.7%
21:30 (米) 4月 輸出物価指数 [前月比]
 前回…0.7% 今回予想…0.5%

2019年5月15日|本日のFX経済指標カレンダー

08:50 (日) 4月 マネーストックM2 [前年同月比]
 前回…2.4% 今回予想…2.3%
09:30 (豪) 5月 ウエストパック消費者信頼感指数
 前回…100.7


(元ネット系証券会社社員 
佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。