2019年4月3日|米中貿易協議に関する観測報道を好感し、日経平均株価とドル円は上昇。

  • 更新日: 2019/05/08

2019年4月3日の米ドル/円の1時間足チャート

2019年4月3日|本日午後からのFX相場予想

本日の東京時間は、日経平均株価が昨日の終値を上回って始まった後、いったん下落し、終値を割り込んだものの、再び上昇。本日から米ワシントンで開かれる閣僚級の米中貿易協議に関する観測報道を受けて、上昇している。

ドル円も、米中貿易協議に関する報道を受けて水準を上げている。

昨日は、東京時間からニューヨーク時間まで、終始方向感の出ない相場となった。

主要な経済指標の発表がなかったことによる材料難が主因で、この日発表された米国の2月の耐久財受注が強弱まちまちの内容になったことも、方向感が出ない原因となった。

また、ロンドン時間中は、英国のEU離脱を巡る混乱によるポンドの対ドル、対円での下落も原因の一つになったと考えられる。

英下院で日本時間の4月2日未明に行われた英国のEU離脱に関する代替4案の決議は、全てが否決された。

この結果を受け、EUのバルニエ主席交渉官は、同日にブリュッセルで行われた講演で、「合意なき離脱の可能性が高まっている」とした上で、まだ回避することが可能であると述べた。

また、4月12日の離脱日延期については強固な理由が必要とし、長期延期に関しては、2回目の国民投票や総選挙などの理由が必要であるとの認識を示した。

一方、メイ英首相は、合意なき離脱を回避するため、4月12日の離脱の再延期をEUへ要請することを、日本時間の本日未明に明らかにした。

そのために、最大野党労働党のコービン党首と協議する考えを示したものの、保守党と労働党ではEU離脱に対する意見の隔たりが大きく、協議が難航するとの予測が早くもされている。

また、EU側が離脱延期を認めるかも不透明なため、引き続きこの問題が相場の混乱要因になると考えられる。

なお、英国は4月10日までに議会が支持する離脱案をまとめ、EUは同じく10日に緊急首脳会議を開き、英国の意向を確認した上で対応を協議することになっている。

また、もう一つの懸念材料となっている米中貿易協議については、進展しているとの報道がある一方で、知的財産権を巡る問題が難航しているとの報道もあるなど、情報が錯綜している。

そんな中、本日9時半頃、英フィナンシャルタイムズが、米中貿易協議は合意に近づいていると報道。これを受けて投資家のリスク回避姿勢が後退し、日経平均株価は上昇。米長期金利も急上昇し、2.5%台を回復した。

ドル円も一時1ドル111円50銭台まで円安が進むなど円安に動いた。今は上昇が一服しているものの、引き続き高水準で推移している。また、日経平均株価は、前場は前日比164円47銭で取引を終え、後場も引き続き高水準で推移している。

NYダウ先物も上昇し、米長期金利も高水準を維持していることから、本材料が本日の相場の下支え要因になるものと考えられる。

なお、アジア株については、上海総合指数が前日の終値を下回る水準でスタートした後、上昇と下落を繰り返すなど、もみ合いとなっている。また、ハンセン総合指数は上昇。高水準で推移している。

本日は3月のADP雇用統計(前月比)がニューヨーク時間に発表される。今週金曜日発表の雇用統計の先行指標とされる指標なだけに、注意が必要だ。

テクニカルを見ると、ドル円の一時間足は、一目均衡表の雲の上にある。ボリンジャーバンドはドル円の上昇を受けて、拡大しつつある。急上昇によりドル円が+3σを抜けたため、いったん反発することが考えられる

この後、東京時間のドル円は、1ドル111円50銭前後が短期的な抵抗線になるとみられる。それを上抜けた場合は、1ドル111円60銭が抵抗線として意識されるとみられる。

一方、東京時間の支持線は、短期的には1ドル111円30銭前後になるとみられ、そこを割り込んだ場合は、1ドル111円20銭前後が支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年4月3日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

    強気予想:111.22円~111.54円弱気予想:111.14円~111.42円

ユーロ/円

    強気予想:124.50円~125.10円弱気予想:124.28円~124.91円

ポンド/円

    強気予想:145.21円~147.36円弱気予想:144.32円~146.73円

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年4月3日|本日のFX経済指標カレンダー

2019年4月3日(水)

09:30 (豪) 2月 小売売上高 [前月比] 
 前回…0.1% 今回予想…0.3%
09:30 (豪) 2月 貿易収支 
 前回…45.49億豪ドル 今回予想…37.00億豪ドル
10:45 (中) 3月 Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI) 
 前回…51.1 今回予想…52.3
16:50 (仏) 3月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 
 前回…48.7 今回予想…48.7
16:55 (独) 3月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 
 前回…54.9 今回予想…54.9
17:00 (欧) 3月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 
 前回…52.7 今回予想…52.7
17:30 (英) 3月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 
 前回…51.3 今回予想…50.9
18:00 (欧) 2月 小売売上高 [前月比] 
 前回…1.3% 今回予想…0.3%
18:00 (欧) 2月 小売売上高 [前年同月比] 
 前回…2.2% 今回予想…2.3%
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比] 
 前回…8.9%
21:15 (米) 3月 ADP雇用統計 [前月比] 
 前回…18.3万人 今回予想…17.5万人
22:45 (米) 3月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 
 前回…54.8 今回予想…54.8
22:45 (米) 3月 総合購買担当者景気指数(PMI、改定値) 
 前回…54.3
23:00 (米) 3月 ISM非製造業景況指数(総合) 
 前回…59.7 今回予想…58.0

2019年4月4日(木)

08:50 (日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 
 前回…1兆7734億円
08:50 (日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 
 前回…-1兆903億円

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。