2019年4月19日|日経平均株価が好調に推移する一方、ドル円は水準を下げ動意の薄い展開に

  • 更新日: 2019/05/08

2019年4月18日の米ドル/円の1時間足チャート

2019年4月19日|本日午後からのFX相場予想

本日の東京時間は、昨日のNYダウが好調な企業決算と米経済指標の結果を受けて下げ幅を縮め、前日の終値を上回る水準で終わったことを受け、日経平均株価は上昇。一方、ドル円は、日銀の国債買い入れオペ減額で水準を下げた後、上値の重い展開に。

昨日のドル円は、引き続き動きに乏しい展開となった。翌日からイースター休暇を控えていたため、積極的な商いを手控える向きが強かったとみられる。

昨日発表された米国の前週分新規失業保険申請件数は19.2万件(事前予想:20.5万件)、失業保険継続受給者数は165.3万人(事前予想:172.0万人)と前回よりも改善され、50年ぶりの低水準となった。

また、3月の米小売売上高は前月比+0.9%の事前予想に対し前月比+1.6%となり、自動車を除いた3月の小売売上高も前月比+1.2%と事前予想の+0.7%を上振れた。

自動車と自動車部品の売上が増加した他、石油価格の値上がりによる押し上げもあったものとみられるが、家具店、医療・装飾品店など、全体的に見ても好調が伺える結果となっている。

前回の米小売売上高はマイナス圏に再び沈んだため、今回の結果がどうなるかに注目されていたが、20179月以来1年半ぶりに大きく伸長したことが好感され、米株式市場では建機のキャタピラーなど、資本財関連株が買われたことでNYダウが上昇。

ドル円も一時1ドル11202銭台までドルが買われた。ただ、その後発表された4月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数が事前予想の10.4を下振れて8.5となったため、再びドル売りに転じたが、限定的なものに留まった。

今回の米小売売上高の結果はポジティブなものとなった。消費の回復が伺える強い内容となっていて、主要13項目中、12項目が増加している。

特に自動車ディーラーの売上高は前月比3.1%増と一年半ぶりとなる大幅な伸びになった。このことから、米国の消費が景気回復を牽引するのではないかとの見方が広がり、米国の景気後退への不安がいったん後退したものとみられる。

一方、ユーロについては、昨日発表されたドイツの4月製造業PMIが事前予想の45.0を下回る44.5となったことに加え、ユーロ圏の4月製造業PMIも事前予想の47.9を下回る47.8となったため、ユーロは売りこまれた。

米国の小売売上高の結果が良好だったため、特に対ドルでユーロが売られたが、対円でもユーロは売られている。このことも、昨日のドル円相場の値動きが乏しくなった原因の一つであると考えられる。

本日は欧米市場が聖金曜日の祝日による休場となっている。ただ、米国の為替市場は通常通り開いているが、市場参加者が少なく、値動きに乏しい展開となることが考えられる。

また、11200銭に25日のNYオプションカットが入っていることも、ドル円相場の重しになるとみられている。

海外市場が休場であることから、この後はニューヨーク時間に米国の3月住宅着工件数と建設許可件数が発表される以外、主要な経済指標の発表はない。カタリスト不足となるとみられ、ドル円相場は動意に欠ける展開になると考えられる。

冒頭でも書いたとおり、本日の日経平均株価は好調。前場は前営業日比13329銭高の 22,22341銭となった。後場は前営業日比11490銭高の22,20502銭となった。

なお、アジア株については、上海総合指数が上昇して始まった後、下落し、前日の終値を割り込んだ。その後は下げ幅を縮めている。また、米長期金利は低下したものの、やや戻している。

東京時間中に主要な経済指標の発表はないため、この後のドル円は、基本的には日経平均株価と中国株の動向を眺めた展開になるとみられるが、市場参加者が普段より少ないことから、動意に欠ける状態が続くだろう。

テクニカルを見ると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲の下にある。ボリンジャーバンドは、値動きに乏しい展開が続いていることから、バンド幅は縮小し、横ばいになっている。

この後、東京時間のドル円は、1ドル11200銭前後が短期的な抵抗線になるとみられる。それを上抜けた場合は、1ドル11210銭が抵抗線として意識されるとみられる。

一方、東京時間の支持線は、短期的には1ドル11185銭前後になるとみられ、そこを割り込んだ場合は、1ドル11175銭前後が支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年4月19日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

    強気予想:111.83円~112.21円弱気予想:111.65円~112.11円

ユーロ/円

    強気予想:125.47円~126.95円弱気予想:125.11円~126.39円

ポンド/円

    強気予想:145.19円~146.42円弱気予想:144.86円~145.97円

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年4月19日|本日のFX経済指標カレンダー

未定 (中) 休場
未定 (豪) 休場
未定 (NZ) 休場
未定 (スイス) 休場
未定 (独) 休場
未定 (仏) 休場
未定 (南ア) 休場
未定 (英) 休場
未定 (欧) 休場
未定 (加) 休場
未定 (米) 休場
21:30 (米) 3月 住宅着工件数 [年率換算件数] 
 前回…116.2万件 今回予想…123.0万件
21:30 (米) 3月 住宅着工件数 [前月比] 
 前回…-8.7% 今回予想…5.9%
21:30 (米) 3月 建設許可件数 [年率換算件数] 
 前回…129.1万) 今回予想…130.0万件
21:30 (米) 3月 建設許可件数 [前月比] 
 前回…-2.0% 今回予想…0.7%

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。