2019年4月17日|今日のFX相場予想と相場を占うFX情報

  • 更新日: 2019/05/08

2019年4月17日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

    強気予想:111.89円~112.15円弱気予想:111.79円~112.07円

ユーロ/円

    強気予想:126.15円~126.92円弱気予想:125.92円~126.65円

ポンド/円

    強気予想:145.81円~147.04円弱気予想:145.54円~146.56円

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年4月17日|本日のFX相場予想

4月16日(火)の東京時間のドル円の序盤は、日経平均株価が下落した後、前日の終値を超えて上昇したことでドル買い地合いに。

1ドル112円05銭前後まで上昇する場面もあったが、その後は日米通商交渉の動向を眺め、様子見ムードとなった。

終盤、米長期金利が低下したことで、ドル円は一時1ドル111円85銭近辺まで下落したが、一服した後は小戻しした。

最終的にドル円は、1ドル111円89銭前後で推移した。

ロンドン時間の序盤のドル円は、東京時間の流れを引き継ぎ様子見ムードとなった。

そのため、1ドル111円80銭~111円90銭台の小幅なレンジで推移した。

午後に入り米国市場がスタートすると、4月の米NAHB住宅市場指数の結果が好感された。

4月の米NAHB住宅市場指数は3月の62から1pt上昇の63となり、昨年10月来の最高水準となった。

これを受けて米長期金利が上昇すると、ドル買い優勢に。

ドル円は一時1ドル112円04銭まで上昇したが、その後はNYダウが上げ幅を縮めたことで、ややドル売り優勢となった。

最終的にドル円は、1ドル111円90銭~112円00銭で推移した。

ニューヨーク時間でも、日米通商交渉の動向を眺め、様子見ムードが続いた。

4月の米NAHB住宅市場指数の結果を受けて米長期金利が上昇する場面もあったが、ドル円への影響は限定的に。

最終的にドル円は、1ドル111円96銭~112円06銭で推移した。

ユーロは、一部のECB理事から今年下期の景気回復を疑問視する見方が出ているとの報道を受けて下落。一時1ユーロ1.1280ドルまで下落した。

最終的にユーロは、1ユーロ1.1295ドル~1.1305ドルで推移した。

また、ポンドは、英ガーディアン紙がEU離脱を巡るメイ首相と野党労働党との協議が行き詰っていると伝えたことを受けて下落。

ただ、労働党はこの報道を否定している。

最終的にポンドは、1ポンド1.3050~1.3060ドルで推移した。

昨日のドル円は、東京時間からニューヨーク時間まで終始様子見ムード。値動きに乏しい展開となった。

茂木経済再生担当相による記者会見は2日目の協議終了後に行われ、

  • 米通商拡大法232条は交渉が続く限りないと理解していること
  • 為替に関しては2017年2月の日米首脳会談で合意されたとおり、日米財務相間で議論されることになっていること
  • 農産品・車含む物品分野の議論開始の早期合意など
  • 今回の協議内容について説明があった。
  • これを受けて、いったん市場の様子見ムードは後退した模様。

ドル円は日経平均株価の上昇を受けて水準を上げている。

なお、本日の日経平均株価は前週末比14円75銭安の22,236円41銭と小幅上昇で始まった。

ジョンソン・エンド・ジョンソンなど米主要企業の好決算を受けたNYダウの上昇を好感した模様。

本日の東京時間は、日米通商交渉の結果を警戒した市場のリスク回避ムードの後退により、ドル円は昨日より動きやすくなるとみられる。

株価と米長期金利の動向に左右されやすいと考えられるため、注意が必要だ。

テクニカルを確認すると、ドル円の一時間足は茂木経済再生担当相の会見を受けてリスク回避姿勢が後退したため、一目均衡表の雲の上にある。

バンドはドル円の浮上により拡大している。60日移動平均線は上向き。

本日の東京時間のドル円は、ひとまず1ドル112円15銭前後が抵抗線として意識される。

そこを突破すれば、次に112円25銭前後が抵抗線として意識されるとみられる。

また、1ドル112円00銭前後が東京時間における短期的な支持線として意識され、そこを割り込んだ場合は、1ドル111円90銭前後が次の支持線として意識されるとみられる。

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年4月17日|本日のFX経済指標カレンダー

11:00 (中) 3月 小売売上高 [前年同月比]
 前回…8.2% 今回予想…8.4%
11:00 (中) 3月 鉱工業生産 [前年同月比]
 前回…5.3% 今回予想…6.0%
11:00 (中) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比]
 前回…1.5% 今回予想…1.4%
11:00 (中) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]
 前回…6.4% 今回予想…6.3%
13:30 (日) 2月 鉱工業生産・確報値 [前月比]
 前回…1.4%
13:30 (日) 2月 鉱工業生産・確報値 [前年同月比]
 前回…-1.0%
13:30 (日) 2月 設備稼働率 [前月比]
 前回…-4.7%
17:00 (南ア) 3月 消費者物価指数(CPI) [前月比]
 前回…0.8% 今回予想…0.8%
17:00 (南ア) 3月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]
 前回…4.1% 今回予想…4.5%
17:00 (欧) 2月 経常収支(季調済)
 前回…368億ユーロ
17:00 (欧) 2月 経常収支(季調前)
 前回…93億ユーロ
17:30 (英) 3月 消費者物価指数(CPI) [前月比]
 前回…0.5% 今回予想…0.2%
17:30 (英) 3月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]
 前回…1.9% 今回予想…2.0%
17:30 (英) 3月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前年同月比]
 前回…1.8% 今回予想…1.9%
17:30 (英) 3月 小売物価指数(RPI) [前月比]
 前回…0.7% 今回予想…0.2%
17:30 (英) 3月 小売物価指数(RPI) [前年同月比]
 前回…2.5% 今回予想…2.6%
17:30 (英) 3月 卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) [前年同月比]
 前回…2.2% 今回予想…2.2%
18:00 (欧) 2月 貿易収支(季調済)
 前回…170億ユーロ
18:00 (欧) 2月 貿易収支(季調前)
 前回…15億ユーロ
18:00 (欧) 3月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]
 前回…1.4% 今回予想…1.4%
18:00 (欧) 3月 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値) [前年同月比]
 前回…0.8% 今回予想…0.8%
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]
 前回…-5.6%
20:00 (南ア) 2月 小売売上高 [前年同月比]
 前回…1.2% 今回予想…0.7%
21:30 (加) 2月 貿易収支
 前回…-42.5億カナダドル 今回予想…-35.1億カナダドル
21:30 (米) 2月 貿易収支
 前回…-511億ドル 今回予想…-535億ドル
21:30 (加) 3月 消費者物価指数(CPI) [前月比]
 前回…0.7% 今回予想…0.7%
21:30 (加) 3月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]
 前回…1.5% 今回予想…1.9%
22:00 (英) カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
23:00 (米) 2月 卸売在庫 [前月比]
 前回…1.2% 今回予想…0.4%
23:00 (米) 2月 卸売売上高 [前月比]
 前回…0.5%
27:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

2019年4月18日|本日のFX経済指標カレンダー

08:50 (日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)
 前回…-1兆7534億円
08:50 (日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)
 前回…1兆4637億円

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。