2019年4月12日|日経平均株価は円安を好感し、上昇。ドル円は水準を上げた後、小動きに

  • 更新日: 2019/05/08

2019年4月12日の米ドル/円の1時間足チャート

2019年4月12日|本日午後からのFX相場予想

本日の東京時間は、日経平均株価が前日の終値を上回って始まった後、上げ幅を縮める場面もあったが、再び上昇し高水準で推移している。一方、ドル円は実需筋によるドル買いとユーロ高の影響を受けて堅調。水準を上げている。

昨日のドル円は、東京時間は軟調な日経平均株価の動向を受け、1ドル111円台まで戻した後は小動きとなった。ロンドン時間の午後に入ると、好調な米国の経済指標の結果を受けてドル円は一気に水準を上げた。

この日発表された米国の3月卸売物価指数は、前月比が事前予想の+0.6%と事前予想の+0.3%を上回り、前年同期比も+2.2%と事前予想の+1.9%を上回った。コア指数も前月比が+0.3%と事前予想の+0.2%を上振れ、昨年10月以来の伸びとなった。

今回、米国の卸売物価指数が伸長した主な原因は、ガソリン価格の急騰だ。ガソリン価格が前月比+16.0%大幅に上昇したため、このことが全体を押し上げたとみられる。

なお、エネルギーと食品を除いたコア指数は前月比+0.3%(事前予想:+0.2%)、前年同月比+2.4%(事前予想:+2.4%)と堅調な結果になった。

さらにこの日発表された前週分米新規失業保険申請件数は、事前予想の21.1万件を下回る19.6万件、前週分米失業保険継続受給者数も事前予想の173.8万人を下回る171.3万人となった。特に、新規失業保険申請件数は196910月以来の低水準となっている。

このように、昨日発表された米国の経済指標は米国経済の堅調さが伺える内容となった。最近、米国の景気鈍化が不安視されていたが、今回の経済指標の結果から投資家のリスク回避姿勢はいったん後退したものとみられる。

また、英国のEU離脱については、10日の夕刻から開催されたEU首脳会議で10月末まで延期されたため、合意なき離脱に対する懸念もいったん後退したようだ。

さらに、米中貿易協議についても、ムニューシン米財務長官が米CNBCテレビのインタビューで、電話による中国との貿易協議を行った。

結果、合意内容の遵守を確認する枠組みについて双方が合意順守を担う部署を設けることで概ね一致したと明らかにし、米ウォールストリート・ジャーナルも、クラウドコンピューティング業界の外資規制を緩和することを中国が提案したと報じるなど、懸案事項に前進がみられた。

これらのことも投資家のリスクオン姿勢を後押しし、円売り・ドル買いにつながったと考えられる。

このほかにも、米30年債の最高落札利回りが2.930%、応札倍率は2.25倍と平均を下回るなど軟調な結果となり、利回りが上昇したこともドル買いを後押ししたものとみられる。

ドル円は米経済指標の発表を皮切りに水準を上げ、1ドル111円台後半に。株式市場は円安を好感し、冒頭でも書いたとおり本日の日経平均株価は堅調に推移している。

なお、アジア株については、上海総合指数が下落。前日の終値を割り込んだ水準となっている。ハンセン総合指数は軟調。一時下げ幅が縮小する場面もあったが、再び下落している。

一方、NYダウ先物は上昇し、堅調。米長期金利は2.495%まで低下した後、再び上昇。現在はもみあいとなっている。

本日は中国の3月貿易収支が発表されるが、結果には注意が必要だ。事前予想を大きく上振れれば、中国株の上昇や豪ドルの上昇を受けて円安が進む可能性がある。

また、本日はニューヨーク時間にミシガン大学消費者態度指数(速報値)の発表がある。事前予想と大幅なずれが生じた場合は、急激なドル売り・ドル買いが進む可能性があるため、注意したい。

テクニカルを見ると、ドル円の一時間足は、一目均衡表の雲の上にある。ボリンジャーバンドは拡大し、上向きとなっている。

この後、東京時間のドル円は、1ドル11185銭前後が短期的な抵抗線になるとみられる。それを上抜けた場合は、1ドル11200銭が抵抗線として意識されるとみられる。

一方、東京時間の支持線は、短期的には1ドル11165銭前後になるとみられ、そこを割り込んだ場合は、1ドル11155銭前後が支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年4月12日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

    強気予想:111.19円~112.15円弱気予想:110.73円~111.90円

ユーロ/円

    強気予想:125.30円~126.20円弱気予想:124.90円~125.95円

ポンド/円

    強気予想:144.43円~147.42円弱気予想:144.84円~146.09円

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年4月12日|本日のFX経済指標カレンダー

2019年4月12日(金)

未定 (中) 3月 貿易収支(米ドル) 
 前回…40.8億ドル 今回予想…81.0億ドル
未定 (中) 3月 貿易収支(人民元) 
 前回…344.6億元 今回予想…0.0億元
15:00 (独) 3月 卸売物価指数(WPI) [前月比] 
 前回…0.3%
18:00 (欧) 2月 鉱工業生産 [前月比] 
 前回…1.4% 今回予想…-0.6%
18:00 (欧) 2月 鉱工業生産 [前年同月比] 
 前回…-1.1% 今回予想…-1.0%
21:30 (米) 3月 輸入物価指数 [前月比] 
 前回…0.6% 今回予想…0.4%
21:30 (米) 3月 輸出物価指数 [前月比] 
 前回…0.6% 今回予想…0.2%
23:00 (米) 4月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値 
 前回…98.4 今回予想…98.4

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。