2019年3月8日|今日のFX相場予想と相場を占うFX情報

  • 更新日: 2019/05/08

2019年3月8日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

    強気予想:111.47円~112.03円弱気予想:111.29円~111.84

ユーロ/円

    強気予想:124.31円~127.17円弱気予想:123.59円~126.10

ポンド/円

    強気予想:145.52円~147.92円弱気予想:144.90円~147.03

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年3月8日|本日のFX相場予想

38日(木)の東京時間の序盤は、前日のニューヨーク時間に発表されたADP雇用統計や米貿易赤字などの経済指標の悪化を受けて、ドル売り優勢。ドル円は一時1ドル11150銭台まで円高が進んだ。

しかし、その後は実需筋によるドル買いが入ったことから1ドル11170銭台まで浮上。午後は、日本の1月景気先行指数(CI)・速報値が発表され、事前予想を下回ったためドル円は売られたが、上海総合指数の上昇が下支えし、再び水準を上げた。

最終的にドル円は、1ドル11178銭前後で推移した。

ロンドン時間では、ECB理事会が開催され、主要政策金利を事前予想どおり据え置いた。しかし、今年の夏以降としていた利上げ時期を後倒しし、少なくとも今年末まで据え置くとした。

さらに、新たな長期リファイナンスオペを開始することを発表し、2019年の成長見通しを従来の1.7%から1.1%へ引き下げ、インフレ見通しも、20191.2%(従来1.6%)、20201.5%(従来1.7%)、20211.6%(従来1.8%)と下方修正した。

これによりユーロは売られ、ドル円相場にもその影響が波及し1ドル11186銭まで円安が進む場面もあった。

しかし、午後に入り米国市場がスタートすると、ECBの成長見通しやインフレ見通しの引き下げを受け、今後の世界経済の見通しに対する懸念が広がり、NYダウが下落。米長期金利も低下したため、ドル円は1ドル11150銭を割り込んだ。

最終的にドル円は、1ドル11150銭~11160銭で推移した。

ニューヨーク時間では、ECBが当初今年秋以降としていた利上げ時期を延期し、来年以降としたことで、ユーロが対ドルで売られた。

このほかに、TLTROの第3弾を発表した。これを受けて当初ドルが買われたため、円安が進んだが、株式市場で欧州の景気不安が広がり、NYダウが午前中に一時320ドル余り下落したことから、米長期金利が低下。

ドル円も急落し、一時1ドル11148銭を付ける場面もあった。最終的にドル円は、1ドル11154銭~11164銭で推移した。

ユーロは、ECBの発表を受けて大幅下落。一時1ユーロ1.1230ドルまで売られ、約4か月ぶりの安値をつけた。最終的にユーロは、1ユーロ1.1225ドル~1.1235ドルで推移した。

また、ポンドは、EU離脱案の見直しを巡り、英政府とEUとの協議が難航しており、来週の議会採決で修正案が否決される可能性が高いことから、1ポンド1.3115ドル~1.3125ドルで推移した。

昨日のドル円は、ECB理事会を前に、小動き。日経平均株価の下落を受けて水準を下げた。さらに、日本の1月景気先行指数が下ぶれ、景気後退が懸念されたものの、上海総合指数の好調が下支えし、東京時間では1ドル11180銭近くまで値を上げる場面もあった。

状況が一変したのは、ECB理事会が終了してからである。事前にリーク記事が発表されたため、今回、景気見通しが引き下げられることやTLTRO3が発表されることを市場はすでに織り込み済みで、その上で、利上げ時期がどうなるかが注目されていた。

結局、今年秋以降とみられていた利上げ時期が、来年以降に延期されたことで、ユーロ売りが強まった。対ドルでも対円でも売られた上、EUの景気減速に対する不安から、NYダウが大幅に下落するなど、ドル円は円高傾向となった。

本日の日経平均株価は、昨日のNYダウの下落を嫌気し、軟調。一方で、米長期金利は、いったん反発している。東京時間では実需筋によるドル買いがあると考えられるが、今夜の雇用統計を控え、ドル円は上値の重い展開になると考えられる。

テクニカルを確認すると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲の下ある。ボリンジャーバンドは横ばい。

本日の東京時間のドル円は、ひとまず1ドル11165銭前後が抵抗線として意識され、そこを突破した場合は、1ドル1ドル11170銭前後が抵抗線として意識されると考えられる。

また、1ドル11155銭前後が東京時間における短期的な支持線として意識され、そこを割り込んだ場合は、1ドル11148銭前後が次の支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年3月8日|本日のFX経済指標カレンダー

3月8日(金)

14:00 (日) 2月 景気ウオッチャー調査-現状判断DI
 前回…45.6 今回予想…46.3
14:00 (日) 2月 景気ウオッチャー調査-先行き判断DI
 前回…49.4 今回予想…49.9
16:00 (独) 1月 製造業新規受注 [前月比]
 前回…-1.6% 今回予想…0.5%
16:00 (独) 1月 製造業新規受注 [前年同月比]
 前回…-7.0% 今回予想…-3.1%
16:45 (仏) 1月 貿易収支
 前回…-46.53億ユーロ 今回予想…-49.71億ユーロ
16:45 (仏) 1月 経常収支
 前回…-11億ユーロ
16:45 (仏) 1月 鉱工業生産指数 [前月比]
 前回…0.8% 今回予想…0.1%
22:15 (加) 2月 住宅着工件数
 前回…20.79万件 今回予想…21.41万件
22:30 (加) 2月 新規雇用者数
 前回…6.68万人 今回予想…1.12万人
22:30 (加) 2月 失業率
 前回…5.8% 今回予想…5.7%
22:30 (米) 2月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]
 前回…30.4万人 今回予想…18.5万人
22:30 (米) 2月 失業率
 前回…4.0% 今回予想…3.9%
22:30 (米) 2月 平均時給 [前月比]
 前回…0.1% 今回予想…0.3%
22:30 (米) 2月 平均時給 [前年同月比]
 前回…3.2% 今回予想…3.3%
22:30 (加) 10-12月期 四半期設備稼働率
 前回…82.6%
22:30 (米) 1月 住宅着工件数 [年率換算件数]
 前回…107.8万件 今回予想…119.0万件
22:30 (米) 1月 住宅着工件数 [前月比]
 前回…-11.2% 今回予想…10.4%
22:30 (米) 1月 建設許可件数 [年率換算件数]
 前回…132.6万件 今回予想…128.0万件
22:30 (米) 1月 建設許可件数 [前月比]
 前回…0.3% 今回予想…-3.5%

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。