2019年3月6日|今日のFX相場予想と相場を占うFX情報

  • 更新日: 2019/05/08

2019年3月6日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

    強気予想:111.70円~112.30円弱気予想:111.54円~112.08

ユーロ/円

    強気予想:126.23円~127.20円弱気予想:125.98円~126.84

ポンド/円

    強気予想:146.60円~148.37円弱気予想:146.03円~147.77

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年3月6日|本日のFX相場予想

35日(火)の東京時間の序盤は、前日のニューヨーク時間に発表された、昨年12月の米建設支出の結果を受けて、ドル円は1ドル11170銭台で推移した。

その後、五十日(ごとおび)による実需筋のドル買いがあったことから、1ドル11190銭近辺まで浮上したが、中国の2Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)が事前予想を下振れたことから、1ドル11180銭近辺まで円高が進んだ。

午後に入ると、日経平均株価が下げ幅を縮めたことで、ドル円は1ドル11190銭台に浮上。しかし、1ドル112円近辺で跳ね返される展開が続いた。最終的にドル円は、1ドル11189銭前後で推移した。

ロンドン時間の序盤は、午後に発表される米国の経済指標を前に、ドル円は小動きとなりながらも水準を上げた。

その後、2月の米サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)が事前予想を下振れたことで、ドル円は一時1ドル11178銭まで円高が進んだ。

その15分後に発表された米ISM非製造業景況指数が事前予想を上振れたことで、1ドル11213銭まで急伸した。ただ、その後は、NYダウがもみ合いとなったことで、ドル円は水準を下げ、1ドル11185銭~11195銭で推移した。

ニューヨーク時間では、この日発表された。2月の米サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)が事前予想の56.2に対し56.0とやや下振れた。

ドルは売られ、一時1ドル11178銭を付けたが、その後に発表された米ISM非製造業景況指数は、事前予想の57.3を上振れる59.7となったことから、一気にドル買いが進み、一時1ドル11213銭を付ける場面もあった。

ただ、その後は、明日のECB理事会や週末の米雇用統計を見極めたいとの思惑が広がり、ドル円は膠着状態となった。最終的にドル円は、1ドル11183銭~11193銭で推移した。

ユーロは、ドル高の影響で下落。1ユーロ1.1300ドル~1.1310ドルで推移した。また、ポンドは、EU離脱案の見直し協議が難航しているため、下落。1ポンド1.3110ドル~1.3120ドルで推移した。

昨日のドル円は、東京時間からロンドン時間の午前中まで小動きとなった。じわじわと値を上げながらも、1ドル112円近辺で跳ね返される場面が何度か見られた。

きっかけとなったのは、米国の経済指標。最初に発表された2月の米サービス業PMIは若干の下振れとなったため、ドル円は売られたが限定的なものに留まった。

その後に発表された2月の米ISM非製造業景況指数が事前予想を上振れたことが好感され、ドル円は一時1ドル112円台に乗せる場面もあった。

しかし、米中通商協議に関し、ポンペオ米国務長官が、「満足のいく内容にならなければ、トランプ米大統領は受け入れる意思はないと」の見解を示したことから、米株式市場では株価が下落。これによって米長期金利は低下し、ドル円も伸び悩む展開となった。

本日は、米国の2ADP雇用統計発表まで主要な経済指標の発表がなく、東京時間のドル円は、株式市場の動向を眺めながら狭いレンジを動く可能性がある。

テクニカルを確認すると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲のすぐ上にある。値動きに乏しいため、ボリンジャーバンドは収縮し、横ばいになっている。

本日の東京時間のドル円は、ひとまず1ドル11190銭前後が抵抗線として意識され、そこを突破した場合は、再び1ドル112円台が意識されると考えられる。

また、1ドル11178銭前後が東京時間における短期的な支持線として意識され、そこを割り込んだ場合は、1ドル11160銭前後が次の支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年3月6日|本日のFX経済指標カレンダー

3月6日(水)

09:30 (豪) 10-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比]
 前回…0.3% 今回予想…0.5%
09:30 (豪) 10-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]
 前回…2.8% 今回予想…2.7%
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]
 前回…5.3%
22:15 (米) 2月 ADP雇用統計 [前月比]
 前回…21.3万人 今回予想…19.0万人
22:30 (加) 10-12月期 四半期労働生産性指数 [前期比]
 前回…0.3%
22:30 (加) 12月 貿易収支
 前回…-20.6億カナダドル 今回予想…-17.8億カナダドル
22:30 (米) 12月 貿易収支
 前回…-493億ドル 今回予想…-573億ドル
24:00 (加) カナダ銀行 政策金利
 前回…1.75% 今回予想…1.75%
24:00 (加) 2月Ivey購買部協会指数
 前回…54.7
28:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

3月7日(木)

08:50 (日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)
 前回…1兆149億円
08:50 (日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)
 前回…-152億円

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。