2019年3月19日|日経平均株価の下落を受けて、ドル円は軟調。今夜のFOMCに要注意

  • 更新日: 2019/05/08

2019年3月19日の米ドル/円の1時間足チャート

2019年3月19日|本日午後からのFX相場予想

3月19日(火)の東京時間のドル円は、日経平均株価が軟調なことから水準を切り下げている。

週初めとなる昨日から、ドル円は小動きに。本日から2日間にわたり開催されるFOMCを前に、様子見ムードが続いている。

昨日のドル円は、東京時間はNYカットのオプションを意識した動きとなり、狭いレンジで動きに乏しい展開が続いた。動きが出たのは、ロンドン時間に入ってから。

本日または明日までに3度目となる離脱案の採決が英議会で行われるはずだったが、ここに来て、動向が不透明になっている。

というのも、今回英議会にかけられる予定の離脱案は、これまでに2度英議会で否決されているため、英下院のバーコウ議長が3度目の採決に難色を示したためだ。

メイ英首相は、明日までに3度目となる離脱案の採決を英議会にて行い、議会承認を得たうえで、今月29日に予定されている離脱日を6月末まで延長する予定だった。

しかし、バーコウ議長は、「離脱案はこれまでに2度否決されているため、再度採決にかけるには、今までとは大幅に違う内容でないといけない」との見解を示している。

今回のバーコウ議長の指摘により、3度目の採決は事実上禁止されたことになる。そのため、メイ英首相は、再びEUと離脱案を協議するか、あるいは長期の離脱延期をEU側に要請する必要がある。

EUはこれ以上の離脱案の協議には否定的であることに加え、長期の離脱延期についても、明確な理由が必要としていることから、英国のEU離脱をめぐる動向は、再び先行き不透明なものになっている。

これにより、昨日は、ポンドが対ドルでも対円でも大幅に下落した。その影響がドル円相場にも波及し、ドル円は水準を切り下げた。

この問題が決着するまでは、英国のEU離脱をめぐる報道に、ポンド相場は翻弄されるものとみられる。そのため、ポンドのボラティリティは高まり、場合によっては、昨日のようにドル円相場にも影響が及ぶことがあるので、注意が必要だ。

既に書いたとおり、本日よりFOMCが開催される。英国のEU離脱や米中貿易摩擦をめぐる問題の動向、また、中国の景気減速など、今後の世界経済の先行き不透明感から、FRBは今回も政策金利を据え置くものとみられており、当面の利上げを見送る方針は変わらないとの公算が高い。

ポイントとしては、このところ強弱まちまちとなっている米国の経済指標の結果から、米国が今年の経済成長見通しを引き下げるかどうか、ということである。

特にここ最近の経済指標の結果は、弱いものがやや多い。それと併せて、失業率の見通しを引き上げるかどうか、ということにも注意したい。

仮に、FRBがさらなるハト派姿勢へとシフトするようであれば、ドル円はさらに水準を切り下げるだろう。経済指標の結果から、明確な景気回復が確認できる状態にならない限り、円高トレンドになる可能性がある。

冒頭でも書いたとおり、本日の東京時間のドル円は、軟調。日経平均株価や上海総合指数などアジア株も軟調であるため、ドル円の上昇圧力は弱い。本日NYカットのオプションが観測される1ドル11150銭を割り込んで下落している。

また、米長期金利は2.5%台まで低下し、上値の重い状態が続いている。一方、NYダウ先物は上昇している。このことが、ドル円の下支え材料となるものと考えられる。

なお、テクニカルを見ると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲の下にある。ボリンジャーバンドは下向きで、ドル円の一時間足は下落を受けて、バンドウォークが発生している。一時間足の陰線が連続していることから、下降トレンドにあることが判る。

この後、東京時間のドル円は、1ドル11130銭前後が短期的な抵抗線になるとみられる。

それを上抜けた場合は、次に1ドル11140台を試す動きになることが考えられるが、同水準まで浮上するだけの材料が今のところ少ないため、ポジティブサプライズとなるようなニュースが無い限り、この後、下げ止まったとしても、上昇しきれない状態になると考えられる。

一方、東京時間の支持線は、短期的には1ドル11110銭前後になるとみられ、そこを割り込んだ場合は、1ドル11100銭前後が支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年3月19日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

    強気予想:111.27円~111.80円弱気予想:111.12円~111.61

ユーロ/円

    強気予想:126.08円~126.95円弱気予想:125.83円~126.64

ポンド/円

    強気予想:146.97円~149.03円弱気予想:146.31円~148.33

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年3月19日|本日のFX経済指標カレンダー

3月19日(火)

09:30 (豪) 10-12月期 四半期住宅価格指数 [前期比]
 前回…-1.5% 今回予想…-1.8%
09:30 (豪) 10-12月期 四半期住宅価格指数 [前年同期比]
 前回…-1.9% 今回予想…-5.0%
09:30 (豪) 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
18:30 (英) 2月 失業保険申請件数
 前回…1.42万件
18:30 (英) 2月 失業率
 前回…2.8%
18:30 (英) 1月 失業率(ILO方式)
 前回…4.0% 今回予想…4.0%
19:00 (欧) 1月 建設支出 [前月比]
 前回…-0.4%
19:00 (欧) 1月 建設支出 [前年同月比]
 前回…0.7%
19:00 (独) 3月 ZEW景況感調査(期待指数)
 前回…-13.4 今回予想…-11.5
19:00 (欧) 3月 ZEW景況感調査
 前回…-16.6
23:00 (米) 1月 製造業新規受注 [前月比]
 前回…0.1% 今回予想…0.0%

3月20日(水)

未定 (英) 英中銀金融政策委員会(MPC)1日目
06:45 (NZ) 10-12月期 四半期経常収支
 前回…-61.49億NZドル 今回予想…-36.50億NZドル
08:50 (日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。