2019年2月8日|ドル円は軟調。値動きに乏しく、方向感のない展開に

  • 更新日: 2019/05/08

ドル円の1時間足チャート(20190208)

28日(金)の東京時間は、軟調な日経平均株価の動向を受け、方向感のない展開となっている。

昨日の東京時間では1ドル110円台を試す動きもあったが、日経平均株価が軟調に推移したことから上値の重い展開となった。

ドイツの12月鉱工業生産が事前予想を下振れたことに加え、欧州委員会がユーロ圏の経済見通しを引き下げたことが契機となり、リスク回避の円買いが一気に進んだ格好だ。

さらに、対中貿易関税引き上げ期限である31日までに、米中首脳会談が行われる可能性はないとトランプ米大統領が発言したことが、ドル売りに拍車をかけた。この発言を受けて、前日のNYダウは中国ビジネスの割合の大きいキャタピラーやボーイングなどの銘柄が売られ、下落。

これに加えてリスク回避の円買いが進んだことも、ドル円の上値を重くした。

ドル円は昨日のロンドン時間中に1ドル10960銭近辺まで下落したものの、そこからは比較的底堅い動きが続いている。ただ、上昇するための材料は少なく、動意に欠ける展開となり、東京時間では、1ドル10965銭台~10987銭前後の中を行き来している状態だ。

なお、本日の日経平均株価は下げ幅が300円を超えるなど、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を大幅に上回る状態となっている。一方、NYダウ先物は軟調なものの、いったん下げ幅を縮小させている。

また、米長期金利もいったん利回りが下げ止まっている。アジアの株式市場は、ハンセン株価総合指数が前営業日の終値を下回って始まった後、下げ幅を縮めている。これらのことが、ドル円の下支え要因になっているとみられる。

この後、東京時間のドル円は、日経平均株価の動向を眺めながら、材料難の中、レンジで推移するものとみられる。

なお、本日は東京時間の16時にドイツの12月貿易収支と経常収支がそれぞれ発表される。注目度の高い指標ではなく、すでにドイツの景気悪化は織り込まれているものの、事前予想を下振れた場合は、その後のドル円の上値を重くさせる可能性があると考えられるため、注意したい。

テクニカルを見ると、ドル円の一時間足は、一目均衡表の雲の下にある。なお、ボリンジャーバンドは下向きとなっている。

この後も、ドル円は動意に欠ける展開になると予想される。上昇した場合は、1ドル10987銭前後が抵抗線として意識されると考えられる。ここを超えると1ドル10992銭前後が次の抵抗線として意識されるとみられるが、ドル円の押し上げ要因が少なく、上値は重いと考えられる。

一方、東京時間の支持線は、短期的には1ドル10965銭前後になると考えられ、そこを割り込んだ場合は1ドル10960銭前後が次の抵抗線として考えられる。さらに割り込んだ場合は1ドル10955銭前後が次の抵抗線として意識されると考えられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

2019年2月8日|本日の経済指標カレンダー

2月8日(金)

未定 (中) 休場
09:00 (日) 12月 毎月勤労統計調査-現金給与総額 [前年同月比]
09:30 (豪) 豪準備銀行(中央銀行)、四半期金融政策報告
14:00 (日) 1月 景気ウオッチャー調査-現状判断DI
 前回…48.0 今回予想…48.3
14:00 (日) 1月 景気ウオッチャー調査-先行き判断DI
 前回…48.5 今回予想…48.1
15:45 (スイス) 1月 失業率
 前回…2.7% 今回予想…2.7%
16:00 (独) 12月 貿易収支
 前回…204億ユーロ 今回予想…165億ユーロ
16:00 (独) 12月 経常収支
 前回…214億ユーロ 今回予想…233億ユーロ
16:45 (仏) 12月 鉱工業生産指数 [前月比]
 前回…-1.3% 今回予想…0.6%
22:15 (加) 1月 住宅着工件数
 前回…21.34万件 今回予想…20.50万件
22:30 (加) 1月 新規雇用者数
 前回…0.78万人 今回予想…0.50万人
22:30 (加) 1月 失業率
 前回…5.6% 今回予想…5.7%

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。