2019年2月8日|今日のFX相場予想と相場を占うFX情報

  • 更新日: 2019/05/08

2019年2月8日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

    強気予想:109.55円~110.28円弱気予想:109.34円~110.02

ユーロ/円

    強気予想:124.16円~125.35円弱気予想:123.87円~124.90

ポンド/円

    強気予想:141.29円~143.45円弱気予想:140.47円~142.78

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

2019年2月8日|本日のFX相場予想

27日(木)の東京時間のドル円は、1ドル10990銭台で推移した。午前9時に東京株式市場がスタートし、日経平均株価が一時200円を超えて下落したことが嫌気され、円買い・ドル売り地合いに。

1ドル10970銭台まで円高が進んだ。その後、米長期金利が上昇したことを受けて、再び1ドル110円台を試す展開となった。

16時にドイツの12月鉱工業生産が前月比、前年同月比ともに事前予想を下回ったことでドル円は下落したが、ある程度織り込み済みだったことから、限定的なものにとどまった。最終的にドル円は、1ドル10991銭前後で推移した。

ロンドン時間では、東京時間からの流れが続き、1ドル110円を試す展開になった。しかし、EUの行政執行機関である欧州委員会が、イタリアやドイツをはじめとした域内主要国の経済成長率予想を軒並み下方修正した。

それに加え、英国のEU離脱と中国の景気減速が、EU域内の経済成長見通しをさらに悪化させる可能性があるとしたことを受け、ユーロが売られた。その影響がドルにも波及し、リスク資産である米国債が買われたため、米長期金利は低下。

そのため、ドル売り・円買いが急速に進み、一時1ドル10955銭近辺まで円高が進んだ。その後はドルは買い戻され、ドル円は1ドル10970銭~10980銭で推移した。

ニューヨーク時間では、ロンドン時間の流れを引き継ぎ、ドル売り・円買い地合いとなった。NYダウが軟調だったことも、ドル売りに拍車をかけた。

さらに、トランプ米大統領がこの日の会見で、今月中に中国の習近平国家主席と会談を行う可能性は低いと話したことが悲観されたことも円買い要因となった。最終的にドル円は、1ドル10978銭~10988銭で推移した。

ユーロは、ドイツの12月鉱工業生産が前月比、前年同月比ともに事前予想を下回ったことに加え、欧州委員会が、ユーロ圏経済見通しを引き下げたことで売られ、1ユーロ1.13501.1360ドルで推移した。

また、ポンドは、BOEが今年の英経済成長見通しを引き下げたことで、一時1.2854ドルまでポンド安が進んだ。

その後、英国のEU離脱を巡り懸念材料となっているアイルランド国境管理問題に関し、英国とEUとが交渉担当者間で協議するとの共同声明を発表したことが好感され、ポンドが買い戻された。そのため、1ポンド1.2970ドル~1.2980ドルで推移した。

昨日の東京時間では、再び1ドル110円台を試す動きとなったが、軟調な日経平均株価指数が上値を重くする展開となった。

東京時間の終盤に発表されたドイツの12月鉱工業生産が、前月比、前年同月比ともに事前予想を下回ったことに加え、トランプ米大統領が31日の通商協議期限までに米中首脳会談の計画はないと発言したことで、ドル売り地合いとなった。

この発言を受けて、NYダウは下落。本日の日経平均株価も前日の終値を下回って始まり、軟調な動きとなっている。米長期金利も軟調に推移しているものの、今のところ、いったん下げ止まった模様。

本日の東京時間も、ドル円は日経平均株価の動向を眺めて動くと見られるが、上値の重い展開になることが予想される。

なお、本日は16時にドイツの12月貿易収支と経常収支が発表される予定である。ドイツの景気停滞はある程度織り込み済みではあるが、事前予想を下回った場合は、その後のドル円の上値を重くさせることが考えられるため、注意が必要である。

テクニカルを確認すると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲の下にあり、ボリンジャーバンドは横ばい。60日移動平均線は横ばいのため、方向感のない動きになっていることが判る。

ドル円は、ひとまず1ドル10982銭近辺が抵抗線として意識され、その次に1ドル10987銭前後が抵抗線として意識されると考えられる。

また、1ドル10965銭前後が東京時間におけるひとまずの支持線として意識され、そこを割り込んだ場合は、1ドル10960銭前後が次の支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)。

2019年2月8日|本日のFX経済指標カレンダー

2月8日(金)

未定 (中) 休場
09:00 (日) 12月 毎月勤労統計調査-現金給与総額 [前年同月比]
09:30 (豪) 豪準備銀行(中央銀行)、四半期金融政策報告
14:00 (日) 1月 景気ウオッチャー調査-現状判断DI
 前回…48.0 今回予想…48.3
14:00 (日) 1月 景気ウオッチャー調査-先行き判断DI
 前回…48.5 今回予想…48.1
15:45 (スイス) 1月 失業率
 前回…2.7% 今回予想…2.7%
16:00 (独) 12月 貿易収支
 前回…204億ユーロ 今回予想…165億ユーロ
16:00 (独) 12月 経常収支
 前回…214億ユーロ 今回予想…233億ユーロ
16:45 (仏) 12月 鉱工業生産指数 [前月比]
 前回…-1.3% 今回予想…0.6%
22:15 (加) 1月 住宅着工件数
 前回…21.34万件 今回予想…20.50万件
22:30 (加) 1月 新規雇用者数
 前回…0.78万人 今回予想…0.50万人
22:30 (加) 1月 失業率
 前回…5.6% 今回予想…5.7%

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。