2019年2月15日|ドル円は急激な円高に。軟調な日経平均株価の動向を受け、東京時間も円高地合い。

  • 更新日: 2019/05/08

20190215.2

2月15日(金)の東京時間のドル円は、昨日の米経済指標発表後の急激な円高を受けて軟調。

昨日の東京時間では1ドル111円台に乗せ、米長期金利の上昇を受けて1ドル111円12銭を付ける場面もあった。この日の夜に発表される米小売売上高等の指標発表を前に小動きながらも、ロンドン時間の午前中まで円安トレンドは続いた。

しかし、この日の夜に発表された米小売売上高や前週分新規失業保険申請件数等、米国の経済指標が事前予想を大幅に下振れたことで、トレンドは一転、円高に。前週分新規失業保険申請件数や11月の小売売上高が下方修正されたことも、投資家のリスク回避姿勢を強めることとなった。

ただ、好調だった昨年末の米国のクリスマスセールのデータと今回の小売売上高との乖離を疑問視する声もあり、長期に渡る米政府機関の閉鎖がデータ収集作業に影響したのではないかとの見方もある。なお、米商務省は、データの処理や質、回答率については問題ないとの説明をしている。

とはいえ、今回の結果により、米国の利上げ見通しがさらに後退したのは確かなようで、昨日は節目となる2.7%台で推移していた米長期金利は、米小売売上高等の指標発表後、急落している。

一方、米中貿易協議に関しては、ムニューシン米財務長官やライトハイザーUSTR代表と、中国の劉鶴副首相をはじめとする閣僚級の協議が昨日よりスタートしている。ただ、中国の構造改革に関わる問題に関し、米中間の溝は深く、中国側は譲歩しない構えであるとの一部報道もあるため、従前の予想どおり難航するのではないかとの懸念が広がっている。

本日の日経平均株価は、昨日の終値を下回る水準で始まり、そのまま軟調に推移している。ハンセン総合指数と上海総合指数は、昨日の終値を下回る水準で始まった後、軟調に推移している。NYダウ先物も軟調。昨日の米経済指標発表を受けて下落した後につけた水準を一時割り込んだ。

なお、米長期金利は軟調ながらも小反発している。このことが、ドル円の下支え材料となっている模様。

本日は13時半に日本の12月設備稼働数や鉱工業生産(確報値)の発表がある。相場への影響は少ないとみられるが、結果には注意したい。

テクニカルを見ると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲の下にある。ボリンジャーバンドは拡大し、下側のバンドに沿ってバンドウォークが発生しているため、下降トレンドが続いていることが判る。

この後のドル円は、引き続き日経平均株価や米長期金利の動向を眺めて推移するとみられる。下落が一服した場合は、東京時間では1ドル110円40銭前後が短期的な抵抗線になるとみられる。ただ、上昇する材料が少なく、1ドル110円30銭台で上値の重い展開が続くことが考えられる。

一方、東京時間での支持線は、短期的には1ドル110円20銭前後になるとみられ、そこでいったんもみ合うことが予想される。そこを割り込んだ場合は1ドル110円10銭前後が支持線として意識されると考えられる。

なお、本日の東京時間中についても、米中貿易協議に関するニュースには気を付けたい。

2019年2月15日|本日のFX経済指標カレンダー

2月15日(金)

10:30 (中) 1月 生産者物価指数(PPI) [前年同月比]
 前回…0.9%
10:30 (中) 1月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]
 前回…1.9% 今回予想…1.9%
13:30 (日) 12月 設備稼働率 [前月比]
 前回…1.0%
13:30 (日) 12月 鉱工業生産・確報値 [前月比]
 前回…-0.1%
13:30 (日) 12月 鉱工業生産・確報値 [前年同月比]
 前回…-1.9%
18:30 (英) 1月 小売売上高(除自動車) [前月比]
 前回…-1.3% 今回予想…0.2%
18:30 (英) 1月 小売売上高(除自動車) [前年同月比]
 前回…2.6% 今回予想…3.1%
18:30 (英) 1月 小売売上高 [前月比]
 前回…-0.9% 今回予想…0.2%
18:30 (英) 1月 小売売上高 [前年同月比]
 前回…3.0% 今回予想…3.4%
19:00 (欧) 12月 貿易収支(季調済)
 前回…151億ユーロ 今回予想…163億ユーロ
19:00 (欧) 12月 貿易収支(季調前)
 前回…190億ユーロ
22:30 (加) 12月 対カナダ証券投資額
 前回…94.5億カナダドル
22:30 (米) 2月 ニューヨーク連銀製造業景気指数
 前回…3.9 今回予想…7.5
22:30 (米) 1月 輸入物価指数 [前月比]
 前回…-1.0% 今回予想…-0.1%
22:30 (米) 1月 輸出物価指数 [前月比]
 前回…-0.6% 今回予想…-0.1%
23:15 (米) 1月 鉱工業生産 [前月比]
 前回…0.3% 今回予想…0.1%
23:15 (米) 1月 設備稼働率
 前回…78.7% 今回予想…78.8%
24:00 (米) 2月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値
 前回…91.2 今回予想…94.0
30:00 (米) 12月 対米証券投資
 前回…310億ドル
30:00 (米) 12月 対米証券投資(短期債除く)
 前回…376億ドル

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

 

※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。