• 更新日: 2019/10/18

2019年10月18日の米ドル/円の1時間足チャート

2019年10月18日|本日午後からのFX相場予想

本日の日経平均株価は前日比7670銭高の22,52856銭で寄り付いた。その後も堅調に推移している。前日の米国市場でNYダウが上昇したことを受け、幅広い銘柄い銘柄に買いが入っている模様。後場の日経平均株価は前日比5550銭高の22,50736銭で寄り付いた。

一方ドル円は、昨日に続きリスク選好的なドル買いにはならず、上値の重い展開に。本日が実質的な五十日(ごとおび)になることから、1ドル10869銭まで上昇する場面もあったが、積極的に上値を追う展開にはなっておらず、EUと英国が合意した離脱協定案が否決されるとの見通しが強まっているため、1ドル10850銭台まで水準を下げている。

昨日のドル円は、東京時間中は日経平均株価の動きにつれて1ドル10880銭台まで上昇したものの、材料難から小動きに。動きが出たのは、ロンドン時間以降となった。ロンドン時間中に、英国とEUが離脱協定案で合意したとのニュースが流れると、ポンド買いの動きが強まり、ポンド円が上昇。その影響がドル円にも波及し、一時1ドル10894銭まで浮上した。

10月末に期限を迎える英国のEU離脱に関し、昨日EUと英国が離脱協定案に合意した。英議会が1019日までに合意を承認すれば、英国はEUを離脱することになる。

ただ、雲行きは怪しく、英国与党と閣外協力している北アイルランドの民主統一党(DUP)が北アイルランドと英本土との間で税関検査が行われることや付加価値税について不明瞭な点があることなどに不満を表明し、離脱協定案には支持できないとしている。

さらに英国の野党・労働党は、「メイ前英首相の時よりも今回の離脱協定案はひどい」「国民投票を行うべきだ」として、不支持を表明している。

英国は9月にEUからの合意なき離脱を回避するための法律(通称:ベン法)を成立させた。この法律によれば、ジョンソン英首相は1019日までに離脱協定案の議会承認を得るか、あるいは、下院から合意なき離脱の承認を得なければならない。

もしそれができなければ、ジョンソン英首相は、離脱期限を来年131日までに延ばすよう、EUに要請しなければならなくなる。現状、DUPと労働党が不支持を表明していることから、ジョンソン英首相が議会承認を得られるかどうか不透明であり、ジョンソン英首相がベン法を回避するのではないかとして、英国の閣僚からは警戒の声も上がっているようだ。

このように、英国のEU離脱に関しては、昨日離脱協定案にEUと英国とが合意したとはいえ、今後の動向は不透明だ。英国とEUは、メイ前英首相の時も離脱協定案に合意しながら、英下院で3度否決されている。そのため、ジョンソン英首相に代わってからも同じ状態に陥るのではないかとの懸念があり、英国のEU離脱に関しては、この先も混乱が続くのではないかとの見方がされているのだ。

これにより、ポンド円が急落し、ドル円もその影響を受けて1ドル10867銭近辺まで下落。さらに、昨日発表された米国の主要な経済指標が軒並み軟調だったことから、ドル円は1ドル10850銭台まで水準を下げた。

昨日発表されたフィラデルフィア連銀製造業景況指数は事前予想の7.6に対し5.6と弱い結果となった。また、9月の米住宅着工件数も事前予想の132.0万戸に対し125.6万戸と下回り、9月の米鉱工業生産も事前予想の前月比-0.2%を下回る同-0.4%となった。

9月の米住宅着工件数は、約12年ぶりの高水準となった前月から一転、前月の改定値から-9.4%もの落ち込みを見せた。主力の一戸建てが前月比+0.3%と微増となり、4か月連続の増加となった一方で、5世帯以上の集合住宅の落ち込みが前月比28.3%と大きく、全体を押し下げた格好だ。

また、9月の米鉱工業生産指数は前月比-0.4%と2か月ぶりのマイナスとなった。米中貿易摩擦や世界的な景気減速による影響で、米国の生産活動の停滞が伺える内容となっている。

EU離脱協定案が英議会で採決されない可能性が高まったことや、弱い米経済指標の結果を受けて米朝金利が低下したため、ドル円は一時1ドル10845銭近辺まで下げ幅を拡大した。ただ、その後はドルが買い戻されたことや、トルコがシリアでの休戦に合意したとのニュースが下支えしたこともあって、ドル円は1ドル10860銭台まで浮上している。

本日この後の東京時間のドル円は、EU離脱協定案の否決の可能性や軟調な米経済指標の結果を受けて、上値の重い展開が続くと考えられる。また、本日も米中貿易協議に関するヘッドラインには注意したい。

本日の上海総合指数は軟調。プラス圏を維持していたが、マイナス圏に沈んでいる。ハンセン総合指数も軟調。プラス圏からマイナス圏になっている。

NYダウ先物も軟調。時折プラス圏に浮上する場面もあったが、マイナス圏に押し戻されている。米長期金利も低下し、現在は1.74%台で推移している。

テクニカルを見ると、ドル円の一時間足は一目均衡表の雲の中にある。ボリンジャーバンドはやや拡大し、下向きとなっている。

この後、東京時間のドル円は、1ドル10870銭前後が短期的な抵抗線になるとみられる。それを上抜けた場合は、1ドル10880銭が抵抗線として意識されるとみられる。

一方、東京時間の支持線は、短期的には1ドル10845銭前後になるとみられ、そこを割り込んだ場合は、1ドル10835銭前後が支持線として意識されるとみられる

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

2019年10月18日|本日のFXレンジ予想

ドル/円

  • 強気予想:108.39円~109.12円
  • 弱気予想:108.20円~108.85円

ユーロ/円

  • 強気予想:120.29円~121.86円
  • 弱気予想:119.80円~121.32円

ポンド/円

  • 強気予想:138.40円~142.79円
  • 弱気予想:137.11円~141.24円

    (元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏のレンジ予想)

    ※過去の相場データから当期の予想変動幅を算出。

    2019年10月18日|本日のFX経済指標カレンダー

    11:00 (中) 9月 小売売上高 [前年同月比]
     前回…7.5% 今回予想…7.8%
    11:00 (中) 9月 鉱工業生産 [前年同月比]
     前回…4.4% 今回予想…5.0%
    11:00 (中) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比]
     前回…1.6% 今回予想…1.5%
    11:00 (中) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]
     前回…6.2% 今回予想…6.1%
    17:00 (欧) 8月 経常収支(季調済)
     前回…205億ユーロ
    17:00 (欧) 8月 経常収支(季調前)
     前回…298億ユーロ
    23:00 (米) 9月 景気先行指標総合指数 [前月比]
     前回…0.0% 今回予想…0.1%
    26:45 (英) カーニー英中銀(BOE)総裁、発言

    (元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

    ※本資料は情報の正確性、完全性を保証するものではありません。自己責任に基づき、投資の最終的な判断をお願いいたします。この情報に基づくいかなる損害についても、ナビナビFXおよび運営者は一切の責任を負いかねます。

    当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

    【初心者におすすめ】部門
    外為オンライン
    1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

    公式HPへ

    外為どっとコムのキャンペーン内容
    【少額投資】部門
    外為どっとコム
    スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

    公式HPへ

    DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
    【スマホアプリ】部門
    DMM FX
    チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

    公式HPへ

    GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
    【スワップポイント】部門
    GMOクリック証券
    全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

    公式HPへ

    【通貨ペア数】部門
    ヒロセ通商
    50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

    公式HPへ

    FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

    FXで分からないことは、こちらで検索してみましょう!

     

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

    FXのことで悩んだら、専門家に相談!

    FXに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
    ※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

    (必須)
    (必須)

    利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。