2019.1.22 米国市場が休場のため、ドル円は小動き。1ドル109円70銭近辺での戻り売りに注意

  • 更新日: 2019/01/22

ドル円の1時間足チャート(20190122)

122日(火)の東京時間は、前日の米国市場が祝日のため休日だったことから、動意に欠ける展開となっている。

昨日の東京時間では、米中通商交渉が知的財産権問題では進展していないとの報道を受けて、1ドル10940銭台まで下落する場面もあったが、中国の2018GDPが市場予想通りとなったのを確認した後は、堅調な上海総合指数を眺めて円安地合いに。1ドル10970銭近辺で戻り売りに押された。

また、昨日のロンドン時間では、英国のメイ首相がEU離脱代替案について、英国領北アイルランドとアイルランド共和国との国境問題への対応策の修正を検討すると発表したが、具体的な内容がなく、「さらに議論を進める」と述べるにとどまった。

そのため、ポンドドルは上昇したものの限定的なものにとどまった。なお、ドル円への影響はほとんどなかった。

本日の東京時間では、昨日同様、1ドル10970銭近辺が抵抗線になっていて、同水準での戻り売りにより下落したものの、午前中は下値も堅く、1ドル10955銭~10965銭を中心とした動きとなった。

本日は、重要な経済指標の発表がないことから、材料不足で狭いレンジ内での同意に欠ける展開になっている。そのため、ドル円は、基本的には日経平均株価の動向を眺めながらの動きになりやすい。

その日経平均株価は、本日は軟調であるため、ドル円の上値は重く、小動きながらもじり安になりやすい。午前中、IMFの世界経済見通しが下方修正されたことを受けて、リスク回避の円買いが入ったことに加え、後場に入ると日経平均が下げ足をさらに強めたため、ドル円はやや円高地合いに。

昨日の東京市場でつけた1ドル10940銭台後半を割り込んだことから、小動きながらも現在も円買い優勢となっている。

テクニカルを見ると、昨日から動意に欠ける展開が続いたため、ドル円の一時間足は、これまでの上昇トレンドから横ばいに。ボリンジャーバンドは収縮し、一時間足は一目均衡表の雲の中に入っている。

とはいえ、60日移動平均線は上向きが継続しているため、長期的な観点からは、まだ上昇トレンドが続いていることが判る。

本日の東京時間は、今のところ大きなトレンドが出にくい状態であることから、新規ポジションは持たず、取引が活発になる欧州時間以降からのトレンドを確認した方が良い。東京時間では、1ドル10935銭前後が短期的なサポートラインになるとみられる。

なお、1ドル10930銭~10940銭近辺ではドル買い注文とストップロス注文が混在しているため、再びもみ合いになりやすく、注意が必要である(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

本日の経済指標カレンダー

1月22日(火)

未定 (日) 日銀・金融政策決定会合(1日目)

18:30 (英) 12月 失業保険申請件数
 前回:2.19万件
18:30 (英) 12月 失業率
 前回:2.8%
18:30 (英) 11月 失業率(ILO方式)
 前回:4.1% 今回予想:4.1%
19:00 (独) 1月 ZEW景況感調査(期待指数)
 前回:-17.5 今回予想:-18.5
19:00 (欧) 1月 ZEW景況感調査
 前回:-21.0
22:30 (加) 11月 卸売売上高 [前月比]
 前回:1.0% 今回予想:0.2%
22:30 (加) 11月 製造業出荷 [前月比]
 前回:-0.1% 今回予想:-0.5%
24:00 (米) 12月 中古住宅販売件数 [年率換算件数]
 前回:532万件 今回予想:523万件
24:00 (米) 12月 中古住宅販売件数 [前月比]
 前回:1.9% 今回予想:-0.9%

1月23日(水)

未定 (日) 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
 前回:-0.10%
06:45 (NZ) 10-12月期 四半期消費者物価(CPI) [前期比]
 前回:0.9% 今回予想:0.0%
06:45 (NZ) 10-12月期 四半期消費者物価(CPI) [前年同期比]
 前回:1.9% 今回予想:1.8%
08:50 (日) 12月 貿易統計(通関ベース、季調前)
 前回:-7377億円 今回予想:-353億円
08:50 (日) 12月 貿易統計(通関ベース、季調済)
 前回:-4922億円 今回予想:-2907億円

(元ネット系証券会社社員 佐藤真奈美氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。