FXで副業はバレる?FXを始める前に覚えておきたい基礎知識

  • 更新日: 2019/07/24

サラリーマンやOLなど、これから副業を始めようと考える方もいらっしゃるかと思います。副業には様々な種類がありますが、FXを選ぶのは副業として成立するか迷ってしまいますよね。

また、FXを副業にするのに以下のような悩みを持っている方もいるのではないでしょうか?

  • 「勝手に始めて会社にバレないかな...」
  • 「FXは自分でも利益を上げられる投資なのか?」
  • 「リスクが高くて借金をしてしまうのではないか不安…。」

このような疑問と不安を解消すべく、副業でFXを始めたい人が知っておきたいポイントを3つご紹介していきたいと思います。

FX専門家 五十嵐勝久 解説

結論からいうとFXは副業に非常に適しています。株式投資と違い、FXは平日、日本の祝日であれば24時間取引できます。特にFXの舞台である外国為替市場の特性上、一番為替レートが動き、相場の局面がわかるのがロンドン時間(日本時間17時頃)からニューヨーク時間(日本時間21時頃)です。仕事が終わったサラリーマンの方、家事が終った主婦の方でもその時間ならチャートを見たり、レートを見ながら取引ができます。またFXの場合、株式より取引銘柄(FXの場合は通貨ペア)が少ないことも負担になりません。また売り買いの材料が主にアメリカの経済指標になります。指標発表もニューヨーク時間となり日本時間の夜です。アメリカの経済指標の中でも雇用統計をはじめ、数種類だけなので分析の労力も株式と比べると少ない傾向にあります。

> FX専門家 五十嵐勝久について

FXはビジネスマンにおすすめの副業

FXはビジネスマンにおすすめの副業です。この章では、ビジネスマンが副業としてFXを始めることにフォーカスして解説していきます。

ビジネスマンとFXは時間の都合がつきやすい

FXの市場は24時間動いており、夜でも取引することができます。そのため、ビジネスマンだと昼間は本業に徹し、夜から取引を始められるのです。もちろん日中にある程度自由がある主婦の方のほうが行いやすくはあります。

ただし、夜取引に夢中になりすぎて寝るのが遅くなり、体調不良になって本業に支障をきたすと副業がバレやすくなってしまうので、体調管理もしっかりと行う必要があります。

勉強することも大切

FXの副業を始めるためには、ある程度知識を身に着けてから始めた方が良いです。FXに関する書籍や動画などを参考に知識を身に着け、過去の値動きなどを参考にトレードプランを考える練習などは有効的な勉強方法と言えます。

また、実際にトレードした結果を振り返り、どんなところに問題があるのか自分で考えることで自分なりのコツが見えてくるでしょう。

まずは少額投資から始めてみよう

まだトレードに慣れていない状態でレバレッジをかけてしまうと、失敗した時の損失が大きくなってしまいます。そのため、まだFXを始めてからあまり時間が経っていない人は、少額投資から始めてみましょう

少額投資だと利益は少ないですが、損失も少なくなるのでおすすめです。少額で数多くの取引を行い、経験を積めるのもFXの大きなメリットです。

FXは損をするもの

FXで成功するには技術とメンタルの両方を持ち合わせ、流れを読み取る必要があります。最初の内はどれも不足している状態なので、損失を出してしまうことが多いかもしれません。

しかし、FXは損をするものと考え、損を出さないためにはどうすれば良いのかを考えることが重要と言えます。副業とするなら大きな利益を優先するよりも、コツコツと利益を重ねていくようなやり方の方が損失の軽減につながるでしょう。

最低限、資金管理とメンタル面は重要

FXを行うためには自らの資金管理ができていること、損切りができる強いメンタルを持つことが大切です。資金管理ができていないと貯蓄分にまで手を出してしまう可能性がありますし、メンタル面が強くないといつまでも値が下がり続けているのに損切りできずにダラダラと持ち続けてしまいます

また、負けが続いても辛抱強く待てるメンタルも必要です。最初の方はビキナーズラックで簡単に勝てていても、そのうち絶対に負けが続くときがあります。その時に、あきらめず勉強を続ける努力も大事です。「トータルのバランスで勝っていればいいや」やわらかい気持ちで続けることが大切です。

そうなると損失は大きくなるばかりです。副業はあくまでも本業でもらえる利益のサポート分が得られれば良いという気持ちを持ち、生活に支障が出ない程度のお金で、トレードルールに従いつつFXに取り組むことが最低限必要となってくるでしょう。

FXを副業で始める方法について

サラリーマンがFXを副業にすることが向いていると紹介しましたが、実際にFXを副業として始める場合、どのようにすれば良いのでしょう?3つのポイントごとに紹介していきます。

まず始め方が知りたい、元手はいくら?、口座開設にかかる日数は?など始め方を知りたい方は「【徹底解説】初心者の方がFXを始める方法」をご覧ください。

目標利益と取引する際のスタイルを決定させる

まず、副業として始める前に決めておきたいことがいくつかあります。それは、目標の利益と取引する際のスタイルです。目標利益が決定していないと、闇雲に運用してしまうことになってしまい、いつの間にか大きな損失につながってしまう恐れがあります

目標となる利益を設定する時は、現在FXができる資金がどれくらいなのかを把握しておきましょう。例えば、毎月5万円をFXに利用するならば、目標利益は約510%程度に抑えてあると負担の少ない運用にすることができるので、25005000円と設定しましょう。

かなり少ない利益に見えますが、副業の場合はあまり大きな運用を行ってしまうとメインの仕事に支障をきたす恐れもあるので注意しなくてはなりません。現実的に、まずは小さい目標利益をコツコツとクリアしていく形を取っていきましょう。

取引のスタイルに関しても、様々なものがあるので自分に合ったトレードスタイルを見つけていくのがポイントとなります。取引スタイルは大きくわけて4つに分類することができ、それぞれで特徴が異なります。また、値動きの値幅で利益を出す取引方法と金利差で利益を出す方法と2つスタイルがあります。

スキャルピングトレード

FXトレーダーの間では人気の高いスキャルピングトレードは、わずか数秒から数分単位でコツコツと利益を狙っていくトレードスタイルを指します。短時間でトレードしていくので、スキャルピングトレードはどちらかと言うと専業トレーダーに向いているトレードとなります。

デイトレード

デイトレードはその名の通り、1日で取引を完結させるトレードスタイルを指しています。スキャルピングトレードよりも短時間ではないものの、数分から数時間程度で取引を終わらせる方法です。

スイングトレード

スイングトレードとは、相場状況をチェックしつつ、数日単位で利益を狙っていくトレードスタイルになります。数日単位になるので大きな利益も出しやすいですが、損切りが遅れてしまうとその分損失が大きくなる可能性もあるので注意しなくてはなりません。この中には金利差のある通貨ペアを日を跨ぐまで待つ、スワップポイントで儲ける方法も入ります。

ポジショントレード

スイングトレード以上に数ヶ月から数年間ポジションを持ち続け、金利や長期で得られる利益を狙っていくトレードスタイルが長期投資になります。仕事が忙しく、なかなかチャートをチェックできないという人も長い期間をかけてチェックしていけば良いので副業にも活用しやすいトレードと言えます。

ただし、その分利益が出るまで時間がかかってしまいます。このようなトレードスタイルの特徴や違いを把握し、より自分が働いている中で利用しやすいトレードスタイルを見つけていきましょう。

トレードスタイルについて、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

FX業者は比較して自分に合うところを選ぶ

FX業者は一つだけではなく、いくつもの会社が存在しています。安易に口座を開設してしまうと取引条件やツールが自分のトレードスタイルに合わないものになってしまう恐れがあるので気を付けましょう。

最近はMT4などの自動売買ができる取引ツールが増えていますが、初心者の方が手を出すのは非常に危険です。とゆうのも最初から自動売買をしてしまうと、損切のタイミングをわからないまま始めてしまいがちです。FXを副業でするならまずは損切りのタイミングを覚えなければいけません。

FX業者を選ぶためにはそれぞれの特徴を調べ、比較することが大切です。例えばスプレッド約定力トレードツールなどをポイントに比較してみましょう。

あとは取引の数をこなすのみ!

自分の目標利益や取引する際のスタイル、業者が決定したらあとはトレードをひたすらこなしていくことが重要なポイントとなります。勉強することももちろん必要なことですが、実際に自分で体験してみないとわからない部分も多いのです。

最初は勝率が上がらないことも多いので、まずは少額から始めてトレードを行ってみましょう。相場感覚が段々磨かれることにより、トレードにも慣れて利益アップにつながります。

ただし、経済の勉強を放置してしまうと情報が遅れてトレードにも影響が出る可能性があります。ですから、勉強することも忘れないように、トレードをこなしていきましょう。

副業はバレる?バレない?

FXで副業を始めようと考えている方の中には、副業をしていることが会社にバレるとどうしようと不安に感じている方もいらっしゃるかと思います。では、実際にFXを副業とした時、バレてしまう可能性はあるのでしょうか?

副業は会社で禁止されていることが多い

そもそも、副業というのは日本企業の中でおよそ5割もの企業が副業を禁止しています。日本では副業をすることにより、本業が疎かになってしまうことが懸念され、副業禁止にしている会社が多く見られます

また、表面的には副業禁止などは言われていませんが、社内の雰囲気として副業が禁止されているように感じるところもあります。ただ、副業は会社では禁止されているからと言って法律的に違反しているわけではありません

就業規則には反することになるかもしれませんが、労働基準法では副業やバイトを会社側が禁止することはできないことになっています。しかし、だからと言って副業がバレてしまうと社内トラブルに発展する可能性もあるので、できるだけバレずに進めたいものです。

副業がバレてしまう理由

副業がバレてしまう理由は様々なものがあります。例えば、コンビニやショップ店員、警備員など実際の現場で働くような仕事では会社の人とばったり会ってしまうことで副業がバレるケースがよくみられます。また、ネットを使った副業、例えばネットショップやアフィリエイトサイトなどの運用でもバレてしまうことはあるのです。

会社の人があなたの名前で検索した時に副業の運用サイトに辿り着いてしまったり、信頼できる同僚に内緒で話したらそれをバラされてしまったり…このようなケースでバレてしまうことは多々あります。

ここで言うまでもありませんが、仕事中にチャートを確認したり、会社のパソコンで業務時間帯に行えばすぐにばれてしまいますので、バレたくない場合はそういった行動は慎みましょう。

FXが副業でもバレる可能性はある

FXだとバレにくいのでは?と感じるかもしれませんが、実際はバレてしまうこともあります。では、どこでバレてしまうのでしょう?対策方法も知っておくとバレずにFXで副業ができるようになります。

納税時に注意

副業のFXがバレてしまう原因は、確定申告後の納税する時にあります。基本的に株やFX申告分離課税で給与とは別に取り扱いされるのでやっている上ではバレる心配はありません。

しかし、確定申告の後に納税する際、税金の納税が翌年になることで特別徴収した時に本業とは別に収入があることがわかり、バレてしまうのです。

バレないようにするには?

FXをやっていることがバレないようにするには、特別徴収ではなく普通徴収にすることが重要なポイントとなります。先程紹介したように、納税時にバレてしまうのは特別徴収という納付方法だからこそ会社にバレてしまいます。そこで、各自治体から直接送られてくる普通徴収に変更することで会社にバレずに済むのです

普通徴収にしてもFXで得た分の住民税は、本業の源泉徴収を超えた分だけなので、普通徴収にしたところでデメリットはありません。確定申告を行う際には必ず「普通徴収」にすることを忘れないようにしましょう。

FXの気になるリスク

副業でFXがバレない方法をご紹介しましたが、実際にFXを始める前にリスクがあることを知っておく必要があります。

変動リスク

FXには変動リスクというものがあります。為替相場が変動することによって外貨建て資産の価値も変わってきてしまいます。例えば国の経済状況やインフレ率、国際収支などを見て、通貨を選ばなくてはいけません。

金利が大きく変動する可能性もあり、変動リスクによって損失が大きくなってしまうこともあります。為替相場は基本的にどちらかの通貨が高くなれば通貨ペアの一方の通貨は低くなります。

ただ、この高くなるか低くなるのかという部分は予測することはかなり難しいと言われています。様々な情報を参考に予測したとしても、その予測が裏切られてしまうことも十分にあり得るのです。

副業だと変化にすぐ対応できない

上記の変動リスクを回避するためには、チャートを見張り急激な下落が見られる前に損切りをすると最低限の損失で済ませることができます。しかし、副業の場合は本業の仕事をしている時にそのような変動が起きてしまうとすぐに対応できず、損失が大きくなる可能性もあるのです。

変化に対応できないところは副業でFXを行う方のリスクとも言えるでしょう。専業トレーダーではこのようなリスクは特にみられませんが、専業でも気を付けていないとチャートが突然変動してしまうこともあります。

利益に個人差がある

また、FXは他の副業に比べて大きな利益を上げられる可能性がある代わりに、利益が安定せず損失が出る場合があることもリスクとして考えておくべきです。

例えば、コンビニでバイトをした時にシフトで入った分だけ時給はもらえます。FXはいくらチャートに張り付いていたとしても思うように利益を上げられないことがあり、突然大きな損失を出してしまうこともあります。。

個人差が大きくなるので、生活に副業で得る利益が大きくかかっているという時はFXを利用しない方が良いでしょう。

まとめ

FXを副業にすることは会社にバレないか不安かもしれませんが、実際はバレずに行うこともできます。

ただ、FXにはリスクがあることを忘れてはいけません。

副業としてFXを取り入れたい方は、大きな利益を出したいという気持ちよりも、コツコツと少しずつ利益を出していきたいという気持ちに切り替えることで損失を防ぐようにしていきましょう。

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

おすすめのFX会社

DMM FX

Medium rola 300 250
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント FX口座数 国内第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

外為どっとコム

Medium 99cc610d3bc7486acc314e0178bfad56
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円

GMOクリック証券

Medium 533175
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

監修者紹介/FX専門家 五十嵐勝久

中央大学経済学部卒。アルゴ株式会社代表取締役。銀行や証券、FX会社に勤務し、営業、企画、マーケティング部に所属。40歳で会社を辞めて起業。現在はFXや証券会社などのプロモーション業務、システム開発を行う一方、システムトレーダーとしても活躍。

> FX専門家 五十嵐勝久について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。