FXは自己破産ができない?リスク管理のコツと借金の対処法

  • 更新日: 2019/07/10

FXに興味はあるけれど、損失が怖いという悩みを抱えている人は多くいることでしょう。ただ、その中にはたとえ損失を膨らませ、借金を抱えることになったとしても、自己破産をすれば問題ないと考えている人もいるかもしれません。

    FXで背負った借金は自己破産できるのか?もし出来るとしたらどうすれば良いのか?借金をしてまでFXをするべきか?

これらの悩みに対し、結論を言えばFXでは自己破産は出来ません。安易な理由で借金をすることはオススメしません。では、自己破産したくなるほどの借金苦に陥ることなく、上手にFXを始めるにはどうしたら良いのでしょう?

FXで負けないための必要なことについては、下記記事にてまとめてありますのでご参考ください。

自己破産できない事例

自己破産とは裁判所に債務を免除してもらうための手続きのことで、一旦裁判所に免責を許可されると今後、借金を返済する必要が無くなります。どれほど莫大な借金を背負ったとしても、一旦自己破産してしまえば支払いの義務が免除される、それが自己破産の最大のメリットです。

他にも、自己破産をすると今後債権者は給料の差し押さえなどの強制執行が出来なくなる他、たとえ自己破産をしたとしても生活に必要な財産を残せるため、財産がほとんどない債務者ともなるとデメリットが少ないというメリットがあります。

その一方で、一旦自己破産を認められるとブラックリストに追加されるため、今後10年間は新たに借入ができず、住所や氏名が官報として国の機関紙に掲載されるなどのデメリットがあります。

さらに、自己破産には免責が決定されるまで、士業などの特定の職業に就けないなど、知られていないデメリットが実は沢山あります。

自己破産は誰でも出来るわけではないというデメリットがあります。自己破産ができないケースというと、借金の額が自力で返済できる程度の少額であったり、財産を隠すなどの不正行為が見つかったり、7年以内に既に自己破産をしていたり、弁護士費用や予納金を用意できないと、自己破産できない可能性があります。

このような免責不許可事由がある限り、自己破産は難しく、FXもそれに該当します。

FXはギャンブルではありませんが、FXが原因による借金は免責不許可事由となるため、通常であれば自己破産は出来ません。

もしもFXが原因による自己破産を認めてしまうと、自己破産の制度を悪用し、借金をしてFXをする人が増えてしまう恐れがあります。そのため、通常であれば自己破産は認められないのですが、絶対に不可能かというと、そうとも限りません。

そもそも自己破産できるかどうかを決めるのは裁判所です。たとえ免責不許可事由に該当したとしても、裁判所の裁量で免責を与えることも可能です。

基本的にFXで自己破産は出来ませんが、本当に生活が立ち行かないほど困っているのであれば、一度弁護士に相談してみると良いでしょう。

自己破産にならないための知識

よほど切実な事情でもない限り、FXを理由に自己破産は出来ません。そのため、FXを始める際には、借金は控え、給料などから余ったお金だけを取引にまわしましょう。FXのためだけに無茶な借金をするような真似だけは控えましょう。

さらに、FXで自己破産したくなるほど悲惨な目に遭うのを避けるためにも、取引を始める前にまずリスク管理のやり方についてしっかりと学んでおきましょう。

FXはハイリスクハイリターンな投資です。誰にも将来の為替レートの動きは予想できず、専業トレーダーですら時に損をすることもあります。それだけ将来のわからない世界でありながら、専業トレーダーが利益を出せる理由とは、リスク管理がしっかりと出来ているからです。

リスク管理をすることで、トレーダーは無茶な損失を出すことを避け、常に被害を最小限に抑えることができます。

その一方で、リスク管理を怠り、感情の赴くままに取引をすると、本人が想像している以上の損失を抱え込み、借金苦に陥る可能性があります。それだけに、FXを始める際には勝つ方法よりもまず先に、リスク管理のやり方を覚えておきましょう。

リスク管理のコツ

リスク管理を上手くやるコツは3つあります。まず計画の立案、次に実践、そして反省の3つです。この3つのコツを延々と繰り返し続けることで、FXのリスクを減らすことが出来ます。

FXをするにあたって計画をたて、その計画を実践し、悪い点があったら改善をする、そして再び計画をたて、実践し、反省をする、このサイクルを繰り返し行うことが、リスクを効率よく減らすためのコツです。

計画の立案

計画を立案する時、まず考えるべき事というと、自分自身についてです。自分はどのような性格なのか、FXに向いた価値観を持っているのか、1日の時間の内いつなら取引ができるのか、そもそも投資に回せるほど生活に余裕があるのか、様々な観点より自分のことを知りましょう。

自分のことを把握したら、次は取引の時間軸について計画をたてましょう。例えば、ポジショントレードをするのであればどのくらいのスパンで取引をする予定なのか、短期売買であれば何時から何時までを取引の時間に充てるのか、投資スタイルに合わせて時間を細かく設定しましょう。

さらに、貯金からいくらであれば投資に回せるのか、そしていくらまでなら損失を我慢できるのか、資金管理のルールを徹底させましょう。これは非常に重要で、ここを疎かにするトレーダーほど失敗しやすく、最終的には自己破産したい気分にさせられます。

実践の手引き

FXで利益を出すためには、損小利大が重要です。計画をたて、いざ実践に移る場合、この損小利大の概念を必ず胸に留めておきましょう。

実践をするにあたり、絶対にやって欲しいことがあります。それは、なぜ今エントリーをするのか、必ず理由を考えてください。その反対に、絶対にやって欲しくない事があります。それは、なんとなく、感情的にトレードすることです。

理由があってトレードをし、失敗したとしても、それは反省できる失敗です。このような理由でエントリーをしても失敗するだけなので、今後は止めようと改善することが出来ます。

しかし、なんとなく、感情に任せた取引で失敗したところで、改善するポイントなどありません。こればかりは計画にない行動を取った本人に問題があるだけに、価値のない無駄な失敗として終わってしまいます。

エントリーをする際には感情を捨て、なぜ今このタイミングなのか、必ず理由をもってして取引しましょう。

さらに、一旦エントリーし、ポジションを保有したら、どのくらいのpipsで利確するのか、もしくは損切りをするのか、明確なルールに従って決済しましょう。

この時、思惑が外れ、既に損切りのルールに達しているにも関わらず、もしかしたら相場が反転して利益が出るかもしれないなどと考えてはいけません。ルールはルールです。必ず決めた通りに行動しましょう。

ルール通りに実践をすると、時には勝率が低くなることもあるでしょう。しかし、ここで勝率を気にすると感情的になりやすく、さらなる失敗を招く恐れがあります。どれほど勝率が低かったとしても、ルール通りに取引を出来ているのであればあまり拘らないようにしましょう。

さらに、一回の取引の額は常に少額になるように心がけましょう。あまり大きすぎる額を取り扱うと、いざ損失が発生した時に限度を超えるほどの損失が発生する恐れがあります。常に少額を意識して取引しましょう。

似たような理由で、一度に複数のポジションは持たないようにしましょう。株の世界では、複数の銘柄を持つことはリスク分散に繋がるなどと言われますが、FXは株と違い、何種類もポジションを持ち、いざ損失が発生すると、抱えれきれないリスクを背負うことがあるだけに、危険です。一回の取引で持つポジションは、一つか二つに限定しましょう。

反省のコツ

計画をたて、その通りに実践をし、結果が出たら、ノートにその記録をメモすると良いです。過去の実際の行動を視覚化することで、第三者的な視点に立って反省し、改善のポイントを探ることが出来るからです。

ノートに書く以外にも、ブログやSNSに取引の結果を報告するのも良い反省方法です。ブログに書くと自分の行動を省みるばかりか、その内容を読んだトレーダーからアドバイスやヒントなどを貰えるかもしれません。

FXを上達させるためには情報が不可欠です。特に、実際に取引に参加している専業トレーダーのアドバイスほど役立つものはありません。FXを上達させたいのであれば、積極的に情報交流の機会を持つと良いでしょう。

もしも借金を背負ってしまった場合

ダメだとわかっていつつも手を出してしまい、失敗してしまった経験を持つ人は多くいることでしょう。FXはハイリスクハイリターンな投資なだけに、中には夢見るあまり冷静さを失い、借金を抱えてしまった人もいるかもしれません。

もしも借金を背負ってしまった場合、まだ少額であるのであれば一度FXを止め、返済に努めましょう。

借金はたとえ少額であっても、あるとその人の精神にプレッシャーを与えます。中には、借金した分を取り返そうと、無茶な取引をし、結果的に大敗してさらなる借金を背負う恐れがあります。

そもそも、FXは借金を拵えてまでやるものではありません。借金を抱えたとしても、まだ働いて返せる程度の額であれば、一度FXを止め、借金を真面目に返済しましょう。

返済できない借金の場合

FXで抱えた借金がもはや、本人の努力ではどうにもならない場合、手遅れになる前に弁護士に相談しましょう。

確かにFXで抱えた借金は免責になる可能性が低く、裁判所も認めない可能性があります。ただし、借金以外の債務整理、例えば個人再生であれば認められる可能性は高いです。

個人再生が認められると、債務全額の免責は無理ですが、債務を減額することは可能です。さらに、自宅などのマイホームがあったとしても手放す必要がなく、財産を残すことが可能です。

債務整理の選択肢は自己破産だけではありません。他にも個人再生などの道もありますので、どうしても借金が原因で生活が難しいというのであれば、やはり弁護士に相談し、もっとも確実な債務整理の方法を選択すると良いでしょう。

FXにまわして良いお金

FXは株式投資以上にリスクの大きい投資です。それだけに、借金をしてまでやるなど、無茶なやり方は避けた方が賢明です。特に、今まで一度もFXをやった事がないというのであれば、なおさら借金は控えましょう。

他にも、退職金や親の遺産を全てFXにつぎ込むような無茶なマネは止めてください。そのようなことをして万が一、資産を溶かすようなことがあったとしても、責任を負うのは取引をした本人です。誰も損失を回復してくれません。特に退職したばかりの人が財産を失うと、二度とその資産を取り戻せない恐れがあるだけに、非常に危険です。

FXにまわして良いお金とは、生活とは関係のない余剰資金にすべきです。さらに、たとえ取引によって利益を得たとしても、そのまま全額投資に回すのではなく、利益のうちの半分以上は出金して銀行口座に移動させるなど、常にFX口座に入っているお金は少なく済むようにしておきましょう。

そもそも、FXで利益を出すためには、証拠金は50万円ほどあれば良いと言われています。それ以上の金額は不要なお金です。大切なお金は銀行に預け、FX口座には取引に必要な最低限度の金額に留めておきましょう。

おすすめのFX会社

DMM FX

Medium rola 300 250
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント FX口座数 国内第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

外為どっとコム

Medium 99cc610d3bc7486acc314e0178bfad56
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円

まとめ

FXに限らず、全ての投資は基本的に自己責任です。ただ、FXはレバレッジをかけることで、想定している以上のリターンとリスクが発生する投資なだけに、自己責任であることを忘れて取引をすると、思わぬ損失を抱えることになります。

損失を回避するためには、できるだけ少額から取引をした方が良いです。所得が低い人であっても、1000通貨から取引すれば、証拠金はたとえレバレッジが25倍だったとしても1万円以内で取引することは可能です。

FX業者の中にはデモ口座と呼ばれる、無料でFXを体験できるサービスを用意しているところもあります。まだFXの経験もなければ知識もない初心者がいきなりFXを始めることは非常にリスキーな行為です。取引をするのであれば、まずはデモ口座を使用し、無料でFXを体験しましょう。

さらに、たとえデモ口座で自信を培ったとしても、いきなり高額での取引は避けましょう。まずは1000通貨ぐらいから取引をし、低リスクな環境でFXを始めましょう。

しっかりと経験を重ね、自信がついてから本格的にFXを始めたとしても遅くはありません。しかし、一度借金を重ね、自己破産したくなるほど追いつめられると、もはや挽回は不可能となります。そのような破滅的な状況に陥らないように、FXを始める際にはしっかりと計画をたて、冷静に取引しましょう。

FXの基礎知識については以下の記事に詳しく書いてあるので、FXを始める前にきちんと読んでおきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。