FXのレンジ相場とは?トレード戦略と種類・なりやすい条件を解説

  • 更新日: 2019/07/16

FXでは様々な相場がありますが、その中でもトレードが難しい相場としてレンジ相場があります。

レンジ相場でのトレードを避ける人もいますが、上級者になるとむしろレンジ相場を活用して積極的に利益を上げていることもあります。

今回は、

  • レンジ相場がどのような相場か知りたい。
  • レンジ相場でどのように取引すれば良いか知りたい。
  • という人にレンジ相場の基本をまずは解説します。

FXを始めると意外に多く遭遇するのが、このレンジ相場です。レンジ相場をきちんと分析し、利益を出せるようなトレードをしましょう。

レンジとは

FXをトレードしていると、「レンジ」という言葉を必ず耳にします。しかし、レンジがどのようなものか分からない、という人もいるでしょう。

ここでは、レンジがどのような相場で、どういった動きをするのかについて解説していきます。

レンジ相場は方向感のない相場

「FXは、買いはもちろん、売りから取引をスタートすることができる。だから、下降相場でも利益を狙うことができる」といった言葉を、FXの本やサイトなどで見たことのある人は多いのではないでしょうか。

上昇と下降、どちらの相場でも利益を取れるのがFXの魅力であることは間違いありません。しかし、FXの相場は、上昇と下降の2種類だけではありません。この2つ以外に「レンジ」あるいは「保ち合い」と呼ばれる、方向感のない相場もあります。

方向感のない相場チャート

FX相場は、上昇と下降のどちらか一方に動くイメージを持っている人が多いのではないかと思いますが、実はその多くが方向感のないレンジ相場で、全体のおよそ8割を占めるとも言われています。

長期的な視点で見た場合、レンジ相場はトレンド相場の途中で発生したり、天井や底で発生するケースがよくみられます。もちろん、レンジはずっと続くわけではなく、いずれどこかでレンジブレイクが起こります。

また、長期的に見た場合はレンジであった場合でも、短期的に見ると小さいながらもトレンドが発生しているケースも見られます。

FXの勉強方法については、下記サイトにてご紹介していますのでご参考ください。

レンジ相場は難しい?

トレンド相場とレンジ相場

トレンド相場は、途中上下することはあっても、基本的には一方向に進んでいきます。そのため、上がるか下がるかを見極めて、ロングポジションやショートポジションを取れば、利益を獲得することができます。

しかし、レンジ相場の場合は方向感がないため、上と下のどちらか一方向に進むわけではありません。上がってもそのまま上昇トレンドにはならず、ある一定のところで下降に転じてしまいます。しかし、そこから下降トレンドになるというわけではなく、ある一定のところで下げ止まり、再び上昇する…という動きを繰り返します。

ここまで聞けば、「上昇が止まるところと、下降が止まるところを見極めれば良いのではないか」「ある一定のところでいったん動きが反転するなら、その値幅のところでいったん手じまって反対方向のポジションを新たに建て、反転のタイミングでまた手じまいをする…ということを繰り返せば良いのではないか」などと思う人もいるのではないでしょうか。

確かにその通りで、実際にそうすることで利益が取れるレンジ相場もあります。しかし、上に挙げた例でうまくいくのは、一定の値幅のレンジを繰り返していて、かつ、レンジの抵抗線と支持線となるレートがそれぞれ一定の場合に限られます。後で詳しく説明しますが、「ボックス」と呼ばれるレンジ相場がこの例に該当します。その場合は、おおよその値幅を見極めさえすれば、そのレンジ内での上げ下げを捉えることでうまく利益を取ることができるでしょう。

しかし、実際はこのような綺麗なレンジになることはなかなかありません。実はレンジには色々な種類があり、一定の値幅で動かないものもあるのです。また、たとえ値幅が一定でも、レンジの上限と下限が切り上がったり切り下がったりするものもあります。レンジの種類が色々あるため、どのレンジになっているのかをまずは見極めなくてはいけません。

1時間足でのレンジ相場の中、下位足でトレンドを見つける

レンジ相場で利益を取るためには、レンジの種類を見極めることがもちろん重要となるのですが、ローソク足チャートを見ている場合は、いったん足の種類を変えてみることをお勧めします。

例えば1時間足で見ている場合に方向感のないレンジのような動きになっていても、5分足や10分足といった短い期間のローソク足で確認してみると、短時間ながらトレンドが発生しているケースもあります。反対に、5分足や10分足で見た場合に方向感のない動きになっていたとしても、60分足など長い期間で見た場合は、トレンド相場の最中にあるケースもあります。

そのため、レンジ相場にある場合は他の時間足でどうなっているか確認すると良いでしょう。そうすることで、今後どのような動きになるのか、ある程度の見通しを立てることができるようになります。

トレンドを見つけるための指標については、下記サイトにてご紹介していますのでご参考ください。

レンジ相場の種類

レンジ相場と一口に言っても、色々な種類があります。ここでは、レンジ相場で見られる様々なレンジの種類を紹介していきます。

1)ボックス

ボックス

レンジブレイクの基本となるパターンをボックスといいます。 レンジを抜けた後に上下のどちらかに動くのですが、通常はそれまでのトレンドと同じ方向に動きます。

2)フラッグ

フラッグ

ボックスと似た形ですが、トレンドに対して逆向きの傾きとなる場合はフラッグといいます。

上値と下値を切り上げることで下落するか、上値と下値を切り下げることで上放れするかのどちらかとなる形です。

3)ペナント

ペナント

フラッグとは違い、どんどん値幅が狭くなっていくレンジはペナントと呼ばれます。いわゆる「三角保ち合い」で、トライアングルと呼ばれることもあります。

トレンドと同じ向きに傾いている場合にそう呼ばれ、上値は切り下がり、下値は切りあがるのが特徴で、レートはいずれ、ペナントとなっているレンジを上放れ、もしくは下放れしていきます。

4)ウェッジ

ウェッジ

ペナントと同じような形であっても、トレンドに対して逆向きの三角形を持つ場合はウェッジと呼ばれます。

上値も下値も切りあがる場合は、レートは下放れし、上値も下値も切り下がる場合は、レートは上放れします。

5)ブロードニング・フォーメーション

ブロードニング・フォーメーション

ブロードニング・フォーメーションは、レンジの幅が徐々に広がっていきそのまま反転する形をいいます。5分足や10分足など期間の短い足でよく見かける形です。見極めが難しい形のため、初心者は慣れるまでは積極的なエントリーを控えた方が良い形でもあります。

ブロードニング・フォーメーションの見極め方として知られているのが、ロルッソーが唱えた「5ポイントリバーサル」です。5ポイントリバーサルとは、「保ち合い中の反転は5回までしかない」というものです。そのため、このブロードニング・フォーメーションが確認された場合は、5回目の反転が重要となります。

例えば、レートが下がってきている状態で、ブロードニング・フォーメーションに突入したとします。5回目の反転後、そこから思うように上昇せずに支持線を上から下に抜ける場合は下降トレンドになります。反対に、5回目の反転後、そのまま上昇してレンジを抜けだすと、上昇トレンドになる可能性が高いのです。

レンジになりやすい時間や通貨ペア

FX相場には大きく分けて3つの時間帯があります。それは、東京時間ロンドン時間ニューヨーク時間です。このうち東京時間は、特にレンジになりやすい相場として知られています。

東京時間がレンジになりやすい理由の一つに、ロンドンやニューヨークほどの取引量ではない、ということが挙げられます。ロンドンやニューヨークは、中東からヨーロッパ、米国に至るまでの市場が順次開いていくので、取引参加者も多く、明確なトレンドが生まれやすい時間帯です。世界の金融の中心であり、FXの取引高世界一であるロンドン市場が開いていることに加え、第二位の米国市場も開いており、投機筋も多く参加しているので、トレンドが発生しやすい傾向にあります。

一方、東京市場に大きな影響を及ぼすのは主に輸出関連企業を中心とした実需筋です。東京市場でも、投機筋はもちろん参加していますが、輸出関連企業ほどの資金力がないため、欧米の市場のように、投機筋がトレンドを形成するということにはなりにくいのです。

東京時間では、反対売買のない輸出関連企業による売買が中心です。日本の実需筋は円建てでの支払いをするケースは非常に少なく、主にドルを中心とした外貨での支払いをするため、両替の動きが多いのが特徴です。そのため、FXのように、ドルを買ったら、ポジションクローズさせるためいずれ反対売買する…ということはなく、買ったらそれで終わり、売ったらそれで終わりといった形になってしまいます。このことから実需筋による売買の後は、ポジションに傾きが出てきます。その後、それを埋めるような日本の個人投資家の動きがあるため、レンジ相場になりやすい傾向にあるのです。

また、レンジを形成しやすい通貨ペアもあります。例えば、ノルウェークローネとスウェーデンクローナの通貨ペアはその一例といえます。レンジを形成しやすい通貨ペアを見極めて、その値幅を狙っていくのも一つの方法です。

レンジ相場のトレード戦略

レンジ相場を狙ったトレードはどのように行えば良いのでしょうか。ここでは、レンジ相場のトレード方法の一例を紹介していきます。

抵抗線と支持線を見つける

チャネルラインを引けるチャート 

方向感のないレンジ相場で重要になるのが、抵抗線と支持線です。この2つがどこにあるか見極めてトレードすることが大切なのです。

すでに紹介したとおり、抵抗線と支持線は必ずしも水平というわけではありません。下から上に切り上げていくものや、上から下に切り下げていくものなどがあります。抵抗線と支持線がどのようになっているのか確認した上で、レンジ相場でのトレードをします。

また、すでに書いたとおり、一見するとレンジ相場に見える場合であっても、ローソク足の期間を変えて見た場合にはトレンドが発生していることもあります。その場合は、トレンドが発生している時間足のチャートのどこが抵抗線と支持線になるのかもチェックしておくと良いでしょう。

テクニカル指標をトレードの参考にする

レンジ相場を見極めるには、先ほど書いたように抵抗線と支持線を見つけることが非常に大切ですが、テクニカル指標を併用して確認することも大切です。

抵抗線と支持線だけでは、レンジの上と下に来た時に、そこから本当に反転するのかどうか明確でないこともあります。そのため、抵抗線や支持線に来た時に、そこから反転するのかどうか、テクニカル指標を使って確認する必要があります。

テクニカル指標には、トレンド発生時に強い「トレンド系」とレンジ相場に強い「オシレーター系」があります。レンジ相場の時は、オシレーター系のテクニカル指標が役に立つでしょう。

ここでは、レンジ相場に強いテクニカル指標の一部を紹介します。

1)RSI

レンジ相場でRSIが機能しているチャート

RSIは、線を使って相場の状況を知らせてくれるテクニカル指標です。RSIは1本線が推移し、70%以上の位置に来たら買われすぎ、30%以下の位置に来たら売られすぎを示します。そのため、レートが抵抗線に差し掛かった時にストキャスティクスが70%以上の位置にあれば買われすぎで反転する可能性が高いことを示します。また、レートが支持線に差し掛かった時にストキャスティクスが30%以下の位置に来たら売られすぎで反転する可能性が高い、ということを示します。

もちろんRSIは万能な指標ではないため、ここで説明したような例にならない可能性もあることに注意が必要です。

2)サイコロジカルライン

レンジ相場でサイコロが機能しているチャート

サイコロジカルラインは一定期間の中で(通常12日間が多い)、前日に比べて高くなった回数に注目し、全体の中で何%の割合になるかを見るテクニカル指標です。50%を中心として、75%以上が買われすぎ、25%以下が売られすぎを示します。

レンジ相場の時、レートが抵抗線に差し掛かったらサイコロジカルラインが75%以上にあるかどうかを確認し、レートが支持線に差し掛かったらサイコロジカルラインが25%以下にあるかどうかを確認します。もしも75%以上にあれば買われすぎのため、反転して下落する可能性が高く、25%以下にあれば売られすぎのため、反転して上昇する可能性が高いと言えます。

もちろん、サイコロジカルラインにも正しく機能しないケースがあることに留意して利用する必要があります。

3)ストキャスティクス

レンジ相場でストキャスティクスが機能しているチャート。

ストキャスティクスは、特にレンジ相場に強いテクニカル指標です。「%K」「%D」の2本のラインの関係性で相場の状態を見ていきます。「%K」が「%D」を80%より上のラインで上から下に抜いたら売り、「%K」が「%D」を20%より下のラインで下から上に抜いたら買いと判断することができます。

もしもレートが支持線や抵抗線に差し掛かったら、その際にストキャスティクスの状態を確認します。その時に、上記の状態が確認できたら反転すると見ていったん手じまいし、反対方向のポジションを新たに建てるのです。

とはいえストキャスティクスも万能ではないため、「%K」が「%D」を80%より下のラインで上から下に抜いた時にレンジが反転したり、「%K」が「%D」を20%より上で下から上に抜いた時にレンジが反転したりすることもあります。そのため、ストキャスティクスが正確に機能しないこともある、ということに注意しておかなくてはいけません。

チャートの見方や分析方法については、下記サイトにてご紹介していますのでご参考ください。

まとめ

レンジというのは、相場において売りと買いがほぼ均衡の状態が続き、一定の値幅で上下を繰り返している状態をいいます。保ち合い相場とも呼ばれ、細かな値動きが続きます。

レンジ相場の時に、ローソク足を切り替えると短時間ながらブレイクが起こっていることもあります。レンジ相場を抜けて相場が一気に上か下の一方に動き始めることをレンジブレイクといい、この時を狙ってトレンドに沿ったトレードをする人も多いでしょう。レンジ相場と一口にいってもいくつかの種類があり、それぞれで値動きが異なります。また、レンジ相場の種類によってレンジブレイク後の動きも変わってくることがあるので、現在のレンジがどの種類に当てはまるかを考えてトレード戦略を立てましょう。

また、レンジ相場でトレードを行うには、レンジ相場に強いと言われているオシレーター系のテクニカル指標が有効ですので、レンジ相場でのトレードをする際に使ってみると良いでしょう。

レンジが永遠に続くことはありませんが、ずっと相場を見ていれば、相場には繰り返しレンジが出てくることがわかります。トレンド相場のように方向性がはっきりしたものではないため、レンジ相場をやや難しく感じる人もいるかもしれません。慣れるまでは、レンジの時のトレードを避け、レンジブレイクとなった時にトレンドに乗ってトレードをすると良いでしょう。

レンジ相場はトレードをしづらい局面ではありますが、FX相場の多くを占めることから、重要な相場でもあります。「レンジ相場でも利益を上げられるようになりたい」と思う人は、今回紹介したレンジのパターン見つけ、上と下に行き来するレンジの値幅を狙ったトレードに挑戦してみるのも良いかもしれません。

レンジ相場について理解することはもちろんですが、FXの基礎知識についてもきちんと理解する必要があります。

これを機に改めてFXの基礎知識について勉強しなおしてみるのはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。