ポンド円の相場予想!【2019後半】今後の見通しやおすすめブログ、重要材料も紹介

  • 更新日: 2019/07/31

「ポンド円の相場予想を知りたい!」
「ポンド円で利益を出すにはどんな情報を知っておけばいいの?」

先に結論から言ってしまうと、以下の通りです。

  • ポンド円はブレクジットの行方に要注目
  • 合意なき離脱」となった場合には125円割れを目指すと予想
  • 「円滑で秩序ある離脱」となった場合は130円台で底打ちすると予想
  • ポンド円は2018年以降ジリジリ下落を続けており、現在は134円台を推移

    (2019年7月22日時点)

ポンド円の予想をする際には、以下のポイントに注意する必要があります。

    • ブレクジットの結末次第で今後の相場展開が大きく変わる
    • 英MPCの金融政策の金利正常化方針変更に注意(とくに「合意なき離脱」の場合)

この記事では、ポンド円のリアルタイムチャートをお見せしたうえで、ポンド円の2019年後半の相場予想、ポンド円の主な材料、ポンド円の相場予想に役立つブログなどを紹介していきます。

ポンド円は値幅が大きく人気の通貨ペアですが、この記事で新しい気付きがあれば幸いです。

「そもそもポンド円ってどんな通貨ペアなの?」という方は、以下の記事も参考にしてくださいね。

コストを抑えて取引をしたい方というは、ポンド円のスプレッドが狭いマネーパートナーズがおすすめです!

マネーパートナーズ

Medium mnp
口コミ点数 Point star3 0 3.1
ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 10年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.40銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.60銭コアタイム原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

ポンド円のリアルタイムチャート

まずはじめに、ポンド円のリアルタイムチャートから見てみましょう。

上記はリアルタイムチャートなので、まさに今現在の相場の動きも確認することができます。

過去のポンド円の大まかな動き

それでは、過去10年ほど前からポンド円の動きをざっくりと振り返っていきましょう(上記の月足チャートを見ながら流れを追ってみることをおすすめします)

2008年に起こっている大きな下落が目につきますが、これはリーマンショックによるものです。

2007年には250円を超えたこともあったポンド円ですが、これによって2009年頭には一時的に120円を割るところまで暴落しました。

リーマンショックの強い下落の反動で2009年中に160円まで戻しますが、その後は強い円高の流れもあって再び下落基調へと戻っていきます。

そのまま2011年から2012年にかけては、リーマンショック後の下値でもある120円に迫る局面が続きました。

この流れが変わったのが2012年の日本におけるアベノミクスです。強力な円安トレンドの発生とともにポンド円も強い上昇トレンドがスタート、2015年には195円まで到達しました。

しかし、この上昇トレンドがピークを迎えると、イギリスのEU離脱(ブレクジット)問題が注目を集めはじめて下落トレンドが始まります。

そして、2016年に行われた住民投票で離脱派勝利というまさかの結果となり、先行き懸念からポンド安が急進行、ポンド円は125円を割ることになりました。

この下落の下値は125円でいったん止まりましたが、2018年移行ジリジリとした下落基調が続いており、執筆時点(2019年7月22日)では134円台を推移しています。

ポンド円の2019年後半の相場予想

ブレクジット問題での「合意なき離脱」が避けられないかぎり、基本的にポンド円は頭の重たい流れが継続すると考えられます。

もし実際に「合意なき離脱」となれば、2016年の住民投票後の下値125円を目指していくのではないかと予想しています。

また、ここを割れてしまうとリーマンショック後の下値120円割れも見えてくるので、英経済への悪影響が顕在化してしまうと非常に怖い状態です。

ブレクジットの交渉期限は10月末とされていますが、まずはこれを節目にリスクオフの流れがエスカレートしていかないかに注意です。

また、2020年以降にはブレクジットの英経済への影響も経済指標に出てくるため、悪影響が顕在化すると非常に怖いことになるかもしれません。

なお、うまくEU離脱がまとまったり、あるいは、そもそもEU離脱撤回というかたちになれば、130円台で底打ちして反転上昇していくと予想しています。

ブレクジットの結末次第という側面が大きいので、下落加速と反転上昇の両方のシナリオを頭に入れておきたいところです。

それでは、この見方について、ファンダメタルズとテクニカルの両面から説明していきます。

ファンダメンタルズ的にはブレクジット問題に注目

ポンド円の今後を占ううえで、ファンダメンタルズ的にとくに重要なのは以下のポイントです。

  • ブレクジット問題の行方
  • BOE(英中銀、イングランド銀行)が金融政策の見通し
  • 日本の消費税増税の日本経済への影響

やはりイギリスでもっとも重要なのは10月末と期限が迫ってきているブレクジット問題です。

現状、英政府とEUの間で離脱協定案が合意されていますが、これを英議会が否決し続けていています。

また、EUも離脱協定案の再交渉を拒否しているため、このままだと「合意なき離脱」となってしまいます。

「合意なき離脱」になると、EU加盟国との取引に大きな手間が発生することになり、その経済的ダメージは計り知れないものになるでしょう。

この「合意なき離脱」はかなり現実味を帯びてきてしまっていますが、7月23日にスタートする新政権がどういうスタンスを取っていくのかが目先のポイントです。

また、仮に「合意なき離脱」となって英経済が大きく失速すれば、BOEは利下げで対応するかもしれません。

BOEは2017年11月から利上げを進めてきており引き締め方針ですが、この方針が変わるようなことがあれば、ポンド円には大きな下落圧力となるでしょう。

このように、ポンドに関しては下落方向の要素が多いですが、円についても上昇方向(ポンド円としては下落方向)の要素が多いところがあります。

というのも、日本は10月から消費税増税が始まり、日本経済にはネガティブな状況にあるからです。

加えて、日銀はすでに強い金融緩和策を実施してしまっており、打ち手があまり残されていない状態です。

強い追加緩和策が期待しにくいなかで日本経済が失速するということで、リスクオフによる円高が懸念されます。

ポンドと円をトータルで見ても、ファンダメンタルズ的にはポンド円は下落しやすい環境にあると言えるでしょう。

テクニカル的には底抜けに要警戒

ポンド円のチャートを見てみると、2016年の住民投票で195円から125円まで約70円の下落していますが、その後の戻しは125円から156円までと31円ほどとなっています。

半値戻しもできないまま再び2016年の下値の125円を目指して下落している状態で、このまま125円を割れると下落が加速してしまいそうな形に見えます。

その下にはリーマンショックの下値120円というところに節目がありますが、ここが最終防衛ラインとなりそうです。

ここで、ポンドドルについても触れておくと、実はブレクジット問題での下落でリーマンショックの下値1.35を割り込んでしまっており、ここ数十年来の安値を更新して底が抜けてしまっている状態です。

この時には1.19をつけていますが、2018年からの下落で現在は1.24を推移している状態です。

このまま1.19を割れてしまうと、次の節目の1985年来の1.04割れ、さらにはパリティ(1.00)というところも見えてくるため、ズルズルと下落していくことが警戒されます。

ポンドドルが大きく下落すれば、当然ポンド円も大きく下落します。

とくにポンド円の下落局面では、ポンドドルのチャートも意識しながら(とくに1.19で跳ね返せるかどうかについて)、行方を見守っておいたほうがいいでしょう。

市場関係者のポンド円の見方

ここで、ポンド円相場に関する市場関係者の見方についてもいくつか紹介しておきたいと思います。

まずは、野村證券のポンドに関するレポートからの引用です。(2019年7月16日時点のものです。)

“(新首相には)強硬離脱派と見られるジョンソン前外相が有力となり、合意なき離脱リスクの高まりが嫌気され、ポンドは下落傾向を強めました。米国の利下げ観測から一時的に対米ドルでは反発しましたが、離脱問題が企業などの景況感に悪影響を与えており、市場では利下げ観測が浮上しており、ポンドは弱含みの推移が続いています。7月12日15時現在、対米ドルで1ポンド=1.25米ドル台、対円で同135円台後半で推移しています。今後1年間のポンドの対円相場予想レンジを同127~153円とします。”

(引用元:野村證券

今後1年間の安値は127円ということなので、筆者よりもポジティブな見方になっていますね。

「合意なき離脱」になっても政策対応などでうまく収められるとすれば、確かに直近のレンジを大きくブレイクする動きは起きないでしょう。

続いて、主婦トレーダーとしてカリスマ的存在の池辺雪子氏の予想です(2019年5月27日に投稿されたものです)。

“個人的なポンド円の長期的な見通しは変わっていません。リーマンショック時の1ポンド=197円の窓を埋めていないことから、長期的にはその窓を埋めにいくと考えています。
(中略)140円台から130円台後半まで下落する動きとなっています。この水準までくると「また130円付近まで下落するのでは?」という不安を抱えてしまう人もいるかもしれませんが、こうした心理的な不安をなくすためにチャートを信じることが大切になります。”

(引用元:マネーポスト

長期的な見通しで2019年後半の予想というわけではありませんが、現在のポンド円は長期目線で見て底値圏だという見方です。(ただ、資金管理を注意すべきことについて念を押すコメントもされています。)

いずれの予想もポンド円の大幅下落は想定しておらず、筆者が警戒している底抜けは可能性があまり高くないかもしれません。

ただ、FXでは退場しないことが大事なので、テールリスクにも対応できるように戦略は立てておいたほうがいいというのが筆者の考えです。

【2019】ポンド円相場の主な材料

2019年後半のポンド円相場に影響する材料について、主要なものを表にまとめておきます。

日程 材料
7月21日 日本参議院選挙
7月23日 保守党新党首・新英首相決定
7月26日 米第2四半期GDP・速報
7月30日 日銀金融政策決定会合(展望リポート公表)
7月31日 米FOMC(パウエルFRB議長記者会見)
8月1日 英MPC(議事録及び四半期インフレリポート)
8月13日 英7月雇用統計
9月10日 英8月雇用統計
9月18日 米FOMC(経済・FF金利見通し公表と議長会見)
9月19日 日銀金融政策決定会合結果公表
英MPC(議事録公表)
9月22日 英労働党大会(25日まで)
9月29日 英保守党大会(10月2日まで)
10月1日 日本・消費税10%に増税
10月15日 英9月雇用統計
10月30日 米第3四半期GDP・速報
米FOMC(パウエルFRB議長記者会見)
10月31日 ブレクジット期限(※記事執筆時点)
日銀金融政策決定会合(展望リポート)
11月7日 英MPC(議事録及びインフレリポート)
11月12日 英10月雇用統計
11月22日 G20外務相会合(23日まで)
12月11日 米FOMC(経済・FF金利見通し公表と議長会見)
12月17日 英11月雇用統計
12月19日 日銀金融政策決定会合結果公表
英MPC(議事録公表)
12月(日付未定) OPEC総会

(引用元:INVAST NAVI抜粋・一部追加修正)

上記のなかから、とくに重要なものをピックアップして解説していきます。

ブレクジット期限

もっとも重要なのはブレクジットの行方なので、その期限についてはしっかり頭に入れておくべきでしょう。

今後の大まかなシナリオとして、以下のパターンが考えられます。

  • 期限の再延長
  • 合意なき離脱
  • 円滑で秩序ある離脱
  • イギリスのEU離脱撤回

期限のさらなる再延長は可能性が低い気もしますが場合は、結果の先送りということで、相場の急変ということにはならないでしょう。

「合意なき離脱」の場合がもっとも警戒で、ポンド円の下落加速に注意が必要です。

また、その後はBOEの利下げも行われると思いますが、英経済がどの程度落ち込むのか、再浮上していけるのかが焦点となっていくでしょう。

ブレクジットが無事にまとまり「円滑で秩序ある離脱」となったり、(もう厳しいかもしれませんが)EU離脱自体がなくなれば、ポンド円はもとの水準に戻っていくことが期待できるはずです。

これらのどのシナリオになるかは、7月23日に決まる新政権の動向次第です。

強硬派のジョンソン氏が有力ですが、彼のコメントや今後のEUとのやりとりに市場も敏感に反応するものと考えられます。

英MPC・英雇用統計

イギリスの政策金利は2017年11月、2018年8月に0.25%の利上げを行っており、現状は0.75%の水準です。

英MPC(金融政策会合)は金融政策の正常化に向けて利上げしていくのが基本方針ですが、これは「円滑で秩序ある離脱」が前提です。

仮に「合意なき離脱」となった場合には利上げストップ、もしくは、利下げへの方針転換の可能性もあるかもしれません。

そういう意味でも、ブレクジットがどうなるかを見極めたうえで、英MPCの動向に注目していくことが必要になりそうです。

なお、EU離脱による英経済への影響を見極めるうえで、とくにブレクジット後の英雇用統計も重要になってくると考えています。

日銀政策決定会合(とくに消費税増税後)

日本に関しては、10月に消費税が10%に増税されることになっています。

この増税自体は市場もすでに織り込んでいる話なので、10月に突然相場が動き出すというよりは、その後の経済指標などで悪い結果が出てくるかが注目です。

それによって株価の下落となれば、リスクオフによる円高圧力につながっていくことが考えられます。

そのうえで、これを日銀がどのように消化して対策を打ってくるかがポイントだと思います。

すでに日銀は強い金融緩和策を継続して行ってきているため、できることには限りがあると予想されます。

しかし、強い手が打てないままだと、徐々に円高が進行していってしまう可能性が高いと考えています。

ポンド円で取引するトレーダーにおすすめの相場予想ブログ

ここで、ポンド円を取引する際におすすめの相場予想ブログをいくつか紹介していきます。

一度それぞれに目を通してみて、気に入ったものがあればぜひ活用していただければと思います。

羊飼いのFXブログ

羊飼いのFXブログ」は、知らないトレーダーはいないというぐらい定番どころのFXブログで、とくに経済指標関連の情報がまとまっています。

「今週の経済指標ってどんな感じだったっけ?」といった時にここを見ると、効率良くチェックすることができます。

市場の流れについていくのは取引で勝つうえでの前提条件ですが、それを大いに助けてくれるお役立ちブログです。

ロンドンFX

ロンドンFX」は、元ディーラーでロンドン在住の松崎美子氏が更新しているブログです。

日本だとなかなか入りにくいイギリスの情報を読めるので、ポンド関連のイメージを持つうえでとても有用です。

現在も個人トレーダーとして活躍しているので、相場に関する分析もおもしろいですよ。

INVAST NAVI

INVAST NAVI」は、システムトレードに強いインヴァスト証券が運営しているブログで、相場見通し記事が日々更新されています。

ファンダメンタルズ面の解説とテクニカル面の解説をした記事が両方あり、毎日チェックしておくことで相場の流れに乗っていきやすくなります。

何かを深く掘り下げるというよりは、全体的な概要を押さえるという目的で使うといいでしょう。

川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法」元プロディーラーで外為為替ストラテジストとしても人気の川合美智子氏のブログで、毎日相場記事を更新しています。

記事の内容はドル円を中心にポンドドルやポンド円にも触れていて、その時々の状況と今後の戦略をシンプルに書いてくれています。

要点を絞って短くシンプルに書いてくれているので、効率良く情報を整理することができます。

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX日記

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX日記」は、個人トレーダーのダメおやじ氏のブログで、ドル円とポンド円を中心に相場予想の記事を投稿しています。

親しみやすいキャラクターで記事も読みやすく、ポンド円の相場観も参考になることが多いです。

他のトレーダーがどんなスタンスなのかを知りたい人は、一度読んでみることをおすすめします。

ポンド円で取引するトレーダーにおすすめのFX会社

1日の値動きが大きいポンド円は、デイトレードやスキャルピングといった短期取引で人気の通貨ペアなので、スプレッドが狭いFX会社を選ぶのがおすすめです。

ポンド円のスプレッドが狭いFX会社を選ぶことで、取引コストを抑えられ、利益が上げやすなるといえます。

FX会社のポンド円のスプレッドは、以下の比較表の通りです。

FX会社 ポンド円のスプレッド
マネーパートナーズ 0.9銭
ヒロセ通商 1.0銭
GMOクリック証券 1.0銭
SBI FXトレード 1~10,000:0.7銭
10,001~100,000:0.99銭
100,001~500,000:1.89銭
500,001~1,000,000:2.7銭
※注文数量に応じたスプレッドを適用
DMM FX 1.0銭
YJFX! 1.0銭

※2019年7月31日時点

最もポンド円のスプレッドが狭いFX会社は、「マネーパートナーズ」です。

マネーパートナーズでは、一応スキャルピングもできますが、「一概に禁止していない」とされている状況で、場合によっては取引が制限される可能性があるので注意しましょう。

マネーパートナーズ

Medium mnp
口コミ点数 Point star3 0 3.1
ランキング 7位
初回入金額 4,000円
推しポイント 10年連続 約定力第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.40銭コアタイム原則固定(例外あり) 0.60銭コアタイム原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
12円 -39円 非公開

なお、「ヒロセ通商」は、スキャルピングが公認されていて、ポンド円のスプレッドも比較的狭く設定されています。

スキャルピングでポンド円の取引をしたい方は「ヒロセ通商」がおすすめです。

ヒロセ通商

Medium 300 250201901
口コミ点数 Point star3 5 3.9
ランキング 8位
初回入金額 10,000円~
推しポイント 顧客満足度調査第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円

まとめ

最後に内容を振り返っておきましょう。

まずは、ポンド円の2019年後半の予想です。

  • ブレクジットの結末によってシナリオが大きく変わる
  • 「合意なき離脱」が現実味を帯びてきており、その場合は125円割れを目指すと予想
  • 「円滑で秩序ある離脱」やEU離脱撤回となれば、反転上昇していくと予想

次に、2019年後半のポンド円が動く材料で、とくに重要なものを挙げておきます。

  • ブレクジット期限
  • 英MPC・英雇用統計
  • 日銀政策決定会合(とくに消費税増税後)

現在、ポンド円はブレクジットの期限が迫るという非常に重要な局面にあり、相場が大きく動くという意味ではチャンスも多いでしょう。

テールリスクも頭に入れて資金管理に気をつけることを忘れずに、慎重かつ大胆に利益を狙っていっていただければと思います!

その他の通貨ペアの相場予想を知りたい方は、以下の記事も参考にしてくださいね。

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。