FXのpips(ピップス)とは?利益や損切り計算方法まで

  • 更新日: 2019/07/31

FXの取引をするにあたり、利益目標や損切りのラインはどうやって決めれば良いのでしょう?人によってはいくら儲かったら利確する、何円損失を出したら損切りするなど、実際の利益と損失額を基に利確と損切りのラインを決めることがあります。

その方法でも構いませんが、初心者や未経験者はpipsを基に利確や損切りのラインを決めた方が良いでしょう。

FX専門家 五十嵐勝久 解説

FXでは売りから入って利益を出せる取引ルールがあります。ここでは解りにくいこの仕組みについて説明いたします。FXは一定の証拠金(担保金)を預けて取引します。なぜこのような取引ができるかというと、FXは基本的に最後に反対売買をして取引を終了させる差金決済であるため、取引の期間だけFX会社が定めた証拠金を預けておけば、空売りからスタートすることができるのです。平易にいえば担保金を入れてバーチャルなトレードができると考えるとわかりやすいかもしれません。外貨預金では外貨を購入(買う)すると同時に円を売ることしかできないため、円高になると含み損を抱え続けてしまいます。FXの場合、円安でも円高でも利益を狙える。非常にチャンスの幅が広がると言えます。

> FX専門家 五十嵐勝久について

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

pipsとは

投資に限らず、競馬や競輪、パチンコなどで勝つと、大抵の人なら10万円勝った、20万円儲けた、5万円負けたなど、金額で勝ちや負けの具合を表記することでしょう。

ただ、FXの世界の場合、勝利するにせよ、負けたにせよ、10pips勝った、20pips負けたなど、金額ではなく、pipsで表記をすることがあります。一体なぜなのでしょう?

pipsとはpercentage in pointの略称で、直訳するとポイントのパーセンテージという、意味不明な言葉になってしまいますが、pipsは通貨ペアの最低取引単位などを表す時に使用されます。

FX専業トレーダーにとっては使い慣れているpipsですが、普通の生活を送る上で、pipsを目にする機会はまずないだけに、わざわざpipsを使用して利益や損失を計算する必要性はないように感じるかもしれません。別に10万円もの損を出したのであれば、10万円損したと表記しても問題はないでしょう。ただ、ここで一つ問題が発生します。10万円の損失とは一体、どの程度の為替変動が起きれば発生するのでしょう?

というのも、FXの利益や損失というのはトレーダーが取引した時のロットなどによってそれぞれ異なるからです。

例えば、1万通貨で取引をしている人と、100万通貨で取引をしている人とでは、同じ1pipsの変動でも、もたらされる結果はそれぞれ異なります。1万通貨の人にとって、1pipsは大きな利益にはならないかもしれませんが、100万通貨で取引をしている人にとって、1pipsの変動は大きな利益になる可能性もありますし、反対に損失にもなります。

FXトレーダーの中には円ではなく、米ドルベースで取引をしている人もいます。この時、円ベースの人が1万円儲けたと宣言し、米ドルベースの人が1万ドル儲けたと宣言した時、一体どちらが凄いのでしょう?

仮にレートが1ドル100円だったとした場合、1万ドルは100万円になりますので、1万ドルを儲けた米ドルベースの人の方が利益が多いように思われます。しかし、この米ドルベースの人の資産が1億円で、証拠金の多さを武器に取引をし、少ないpipsで1万米ドルもの利益を得た場合、本当にそれは凄い結果と言えるのでしょうか?

その一方で、1万円の利益を上げた円ベースのトレーダーが、実は1000通貨単位で取引をする少額専門のトレーダーで、何千pipsもの利益を溜めた上で1万円を利益を得たというのであれば、結果はともかくとしてトレーダーとしての技量は円ベースで取引した人の方が優れているでしょう。

このように、FXでpipsを用いる理由の一つとして、pipsを使用した方が取引の結果が見やすいというメリットがあります。勝ったにせよ負けたにせよ、どの程度の為替変動があったのかは、pipsを見れば一目瞭然です。

それ以外にも、円だけの表記ですと米ドルやユーロ、ポンドで取引する時にわかり辛くなる、IFD注文やoco注文をする時はpipsで表記するので使いやすいなど、様々な理由があります。

なにより、損切りのラインや利確の目標を決める際には、円よりもpipsの方がわかりやすく、使いやすいです。

損切りラインの決め方

FXを始めるにあたり、一体どこまで損失を許容できるのか、許容損失額を決めておかないと、闇雲に損失を拡大させてしまい、やがては取り返しのつかない事態を招く恐れがあります。

そもそもFXはプロでも失敗する可能性がある世界です。始めたばかりの素人や初心者は確実に失敗すると考えた方が良いのですが、そこで問題となるのが許容損失額です。

基本的に許容損失額は総資金額に対して1%から2%程度にすると良いとされており、1%から2%の損失ならば、たとえ失敗したとしてもそれほど大きな損失にはなりません。

さらに、損失は出来るだけ小さい方が良いため、まだ総資金額の1%にあたる損失が発生していないからといって、わざわざその損失が発生するまで待つ必要はありません。利益が出る見込みがないのであれば、もっと早めに損切りし、被害は最小限に抑えましょう。

ただ、いくら総資金額の1%が良いといっても、必ずしもこの原則を守った方が良いとは限りません。むしろ、状況に応じて損切りのラインは変更した方が良いです。

というのも、総資金額の1%といっても、人によって総資金はそれぞれ異なるからです。10万円からFXを始める人もいれば、1000万円から始める人もいるでしょう。

さらに、通貨ペアによっては、ある程度大きな損失は許容しないと、上手く取引ができないことがあります。例えば、英ポンドのようなレートが荒れやすい通貨を対象にする場合、いくら損失が発生したからといって、早めに損切りをすると、かえって利確が難しくなり、なかなか利益が得られないといった悪循環を招く恐れがあります。

それだけに、損切りのラインは自分が安定して出せる利益を基準に決めた方が良いです。

FXの基本は損小利大です。損失は小さく、利益は大きくなるように取引をすることが、勝利の秘訣でもあります。仮に10回取引をすると、5回勝利し、5回負けるトレーダーがいるとします。

この時、一回あたりのトレードで毎回5pipsの変動があるのであれば、損切りのラインは5pips未満になるように設定すると良いでしょう。

そうすることで、取引をし続けることで確実に利益を残すことが出来ます。例えば10回中5回勝利し、合計25pips得たとします。その時、損切りのラインを4pipsにしておけば、残り5回の取引で全敗しても、損失は20pipsとなりますので、最終的に5pipsの利益が残ります。

自分の勝率はどの程度なのか、安定してどのくらいの利益が出せるのかなどを計算することで、自ずと適切な損切りのラインを定めることができます。

利益確定するpipsの決め方

為替相場というものは、上がる時もあれば下がる時もあります。では、何pips上がり、何pips下るのかというと、答えられる人はいないでしょう。

大きなニュースや重要度の高い経済指標が発表されると、為替市場は荒れやすく、短時間50pips以上の変動を見せることもあります。しかし、特にニュースもなく、それほど注目度の高い経済指標がない1日だと、為替相場は停滞しやすく、エントリーしても大して動かないこともあります。

こればかりはその時の為替市場の状況にもよりますので、エントリーすれば絶対に何pipsは獲れるという保証はありません。

さらに、投資家の投資スタイルによっても、一回あたりの取引で獲れるpipsは異なります。例えば、1日に何度も取引をするスキャルピングやデイトレードの場合、1回あたりに獲得できるpipsといえば5pipsから50pipsぐらいです。

その一方で、数日から数週間、果ては数ヶ月にわたってポジションを保有し続けるといった中長期型の投資家の場合、100pipsから200pips、状況次第ではそれ以上のpipsが得られることもあります。

他にも、トレーダーの性格や人格、手法などによっても、1回あたりに獲得できるpipsはそれぞれ異なるだけに、何pipsを利確のポイントにするべきかは、実践を通じて決めるのが一番良いかもしれません。

例えば、この手法ならば勝てるというやり方を発見したとして、まずは一度、実践してみましょう。検証するにあたり、利確のポイントは10pipsにする、もしくは20pipsにするなど、ルールを設定してみましょう。

利確目標を10pipsにした場合と、利確目標を20pipsにした場合、どちらの方が利益が高くなるのかは、結果を見るまでわかりません。実践を通じ、やがて検証結果が出たら、効果が出る方を選択しましょう。

間違っても、有名な投資家が言っていたからなど、安易な理由で利確目標や、損切りのラインを決めるのは控えましょう。そういった他の人のやり方は参考にする分には問題ないです。ただ、実践をする前に、その手法が本当に正しいのか、検証をしましょう。

検証を重ねることで、もっと利確目標を下げた方が結果が出る、もしくは損切りのラインを下げた方が効果が出るなど、様々な改善すべきポイントが判明します。手法を検証することは、ルールの改善に役立つため、非常に重要です。なにより、検証せずに他の人のやり方をマネし、失敗したところで、誰もその損失を補填などしてくれません。

投資は基本的に自己責任です。他人の情報を鵜呑みにせず、自分で正しいと判断してから実践に移りましょう。

pipsの計算方法

pipsの計算方法は、一旦覚えてしまえばそれほど難しくはありません。

まず1pipsについてですが、これは基本的にその通貨ペアの最小単位となりますので、通貨ペア次第によってその値は異なります。ただ、円での取引の場合、1pipsは1銭、つまり0.01円になることがほとんどです。

仮に1万通貨で取引をする場合、1銭は100円になります。1pipsの変動は100円分の変動となります。10万通貨で取引すれば、1銭動くだけで、1000円分の利益、もしくは損失が発生します。

反対に、1000通貨で取引をすると、1pipsの動きは10円分の利益、もしくは損失をもたらします。

ロット数が異なると、同じpipsでも得られる利益や損失の額が大きく異なるだけに、ロット数を増やす際には小さい値動きにも警戒した方が良いでしょう。

pipsの表記方法

それぞれの国で1pips(ピップス)をどのように表記しているのか解説します。ちなみにピプスと記載されている記事もありますが、ピップスが正解です。pipsがそれぞれの国でどのように表現されているのか、表記はどうなっているのかを具体的に見ていきましょう。

1pipsは何円?

ドル円などのクロス円など、対円通貨ペアなら1pips(ピップス)は1銭=0.01円となります。一方、ユーロドルなどの米ドル絡み(後表記)通貨ペアでは、1pipsは0.01セントです。日本では「銭」と表記しますが、ユーロ圏内やアメリカでは「セント」という単位で表記されるということですね。

理解するのは少し難しいかもしれませんが、国によって言い方が違うと理解してください。0.01セントは1銭と同じ価値であるということです。他にもスイスフランは1pips、0.0001スイスフラン、豪ドル円は1pips、0.0001豪ドルと、表記が異なります。

FX以外の為替差異のpips表記

FXだけではなく各国の為替取引に生じる為替差異に関しても、pips表記が使用されます。それぞれに通貨価値が違うため、その国の最小通貨単位では通じないからです。実際の通貨において小数点以下の通貨は存在しませんが、為替の値には小数点以下の数値が存在します。この小数点以下の数値を表現するためにも、pipsが必要となるのす。証券会社では、FX以外にも株式や投資信託などのレート表記で使われます。

実際にトレードした場合のpips計算例

トレードしたときに発生する損益を用いて、簡単な計算例で説明していきますね。

ドル円をレート100.689のときに買い注文でポジションを持ち、その後トレンドが発生し、相場が上昇したあと100.792で決済をしたと仮定します。買いポジションで入って利益が出てから決済で確定、という流れなので、これは利益となります。

利益の場合は単純に大きい数字から小さい数字を引き算します。上記の例であれば100.792-100.689=0.103となるので、0.103円=10.3銭=10.3pipsと計算できます。今回は例として比較的小さな値幅で計算していますが、大きい値幅でも同様の計算で問題ありません。

100.689から103.293となっても、2.064円=2円6.4銭=206.4pipsとなるだけです。マイナスとなる損失に関しても同様で、例えば100.689から100.189になれば-0.5円=-50銭=-50.0pipsとなります。

pipsを上げるために、相場・為替レートを確認しよう。

大きい値幅で利益を取るためには、相場や為替レートを確認することも大切です。ショートやロングで取引し、いくらで決済するのかという取引手法の違いはありますが、結局はいくらのpips分の利益が取れたかということがポイントになります。売値や買値がいくらからスタートし、最後に決済をしたときの利確はどうなったのか、その目安として相場の流れや為替レートが現在どのくらいの数値の変化をチェックしておかなければなりません。

スイングトレードなどでは、あまりpipsの単位を実感として感じられませんが、スキャルピングやデイトレードなどの短期トレード手法で取引をすると、実感できるようになります。相場や為替レートの流れを見て、どのくらいのpips(値幅分)が取れそうかの予想も立てながら、取引していくことが必要です。

チャートから見るpipsとの関係性

チャートの画面で、ポインターをローソク足にあわせると、小数点以下の数値もきっちりと表示されているのがわかります。ドル円のチャートでは、109.626など0.001単位での表示です。0.001ずつ上昇するにつれ、109.627、109.628と数値が変わっていきます。このときドル円の場合は対円となるので、1pips(ピップス)1銭で表現すると、0.1銭ずつ動いているということになります。

イメージ的には小数点より2番目部分が1銭=pipsとなり、右側にある数字が0.1銭=0.1pipsになる、と考えておけばOKです。FXのチャートは「買(Ask)」と「売(Buy)」で切り替えられるようになっています。切り替えると始値、高値、安値、終値などすべての数値がスプレッド分の差額分、違った数値で表示されているのがわかります。

「買(Ask)」で注文を確定させたときの数値と「売(Buy)」で決済したときの数値は、注文を入れた瞬間から、スプレッド分の差が生じているということです。なので、買注文したときの数値から売りで決済した数値を引いて、利益のpipsを計算するのではなく、「買(Ask)」の数値と「売(Buy)」に切り替えた数値で計算をします。

まとめ 

pipsはFXでよく使われる単位です。覚えておくことで、円以外の通貨ペアを対象に取引する際にも、素早く損切りラインと利確のポイントを探ることができるでしょう。

利確や損切りのラインは、それぞれ自分の手法に合わせて変更した方が良いでしょう。100pips以上の大きな利益を狙う自信があるのであれば、損切りのラインは最低でも100pips未満にしないと利益が残りません。

特にスキャルピングのような短期売買をする場合、一回あたりに取れるpipsも小さくなることでしょう。それぞれの取引スタイルに合わせた利確と損切りラインを決めることが、FXで利益を残すコツとなります。

pips以外にもFXを始める前に知っておくべきことについては以下の記事で詳しく紹介しています。

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。