FXの稼ぎどころ!パーフェクトオーダーをトレードで活かす方法

  • 更新日: 2019/07/31

テクニカルの王道として有名な移動平均線ですが、しっかりと使いこなすためにぜひ知っておきたいのがパーフェクトオーダーという形です。この形を意識してチャートを見ることによって、相場における“稼ぎどころ”が見えてくるようになります。

  • 移動平均線をもっと使いこなせるようになりたい!
  • 勝率は悪くないけど、どうも利益を伸ばすのが苦手なんだよね・・・。
  • え、パーフェクトオーダーって何ですか?

こういった人は、一度パーフェクトオーダーというものを理解してから、移動平均線を使ってみることをおすすめします。この記事ではパーフェクトオーダーを一通り解説していきますので、気になった人はぜひ参考にしてみてください。

パーフェクトオーダーの基本と特徴

まずはじめに、そもそもパーフェクトオーダーとは何なのか、基本的なところから解説していきます。その特徴も含めて、しっかりと押さえていってください。

トレンド発生がわかるパーフェクトオーダー

パーフェクトオーダーというのは、期間の異なる複数の移動平均線が特定の順序に並んでいる状態のことを言います。実際に、パーフェクトオーダーになっている状態を見てみましょう。

パーフェクトオーダーになっている実チャート

上のチャートでは、短期・中期・長期、3本の移動平均線を表示していますが、それぞれが右肩上がりの状態で、上から順に短期>中期>長期の順に並んでいます。これがパーフェクトオーダーという状態です。

この状態からわかるのは、上昇トレンドが発生しているということです。それも、しっかりとした勢いが出ていて、長い期間継続する可能性が高いトレンドです。こういった「本物のトレンド」を見極めることができるのが、パーフェクトオーダーの最大の特徴です。

この裏にあるカラクリはシンプルで、移動平均線の相場の動きに対する感度です。移動平均線は短期>中期>長期の順に反応するので、上昇がしっかり続くと、上から短期>中期>長期の順序になっていきます。また、逆に下降が続いてけば、下から短期<中期<長期という順序になっていきます。

ということで、複数の移動平均線の順序を意識してチャートを見ると、パーフェクトオーダーというものを認識することができます。これを認識することによって、現在の相場に「本物のトレンドが発生しているかどうか?」ということを識別できるようになります。

利益を大きく伸ばせるトレードでの稼ぎどころ

FXをトレードをするうえでは、トレンドを意識して、その方向に乗っていくというやり方が王道の1つです。そして、乗ることができたトレンドが強ければ強いほど、大きく利益を稼ぐことができます。

この点、パーフェクトオーダーでは「本物のトレンド」を識別することができます。そういったトレンドをいち早く認識して乗っていくことが、FXで大きく利益を出せるようになるためのポイントでもあるわけです。

FXでトータルで稼ぐためには、負けトレードでは小さく負けて、勝ちトレードでは大きく勝たなければなりません。そういう意味でも、パーフェクトオーダーにうまく乗れたトレードは、できるかぎり利益を伸ばしていくようにしてください。(もしかすると、これを意識するだけでトレード成績が大きく改善する人もいるかもしれません)

相場が大きく伸びるパーフェクトオーダーは、利益を大きく伸ばすことのできるチャンス相場でもあります。いかにこのチャンスを活かしていくかを、トレードをする際には強く意識するようにしましょう。

パーフェクトオーダーを狙う際の注意点

パーフェクトオーダーが狙いどころだということを説明したので、次にそれを狙っていくうえでの注意点について見ていきます。闇雲にパーフェクトオーダー狙いをすると落とし穴にハマることもあるので、参考にしていただければと思います。

焦らずにしっかりと待つ

パーフェクトオーダーを狙っていると、ちょっとしたトレンドが出ただけで、「パーフェクトオーダーになりそうだ」と思って、慌ててエントリーしてしまう人がいます。ですが、そういった慌てたエントリーというのは、うまくいかないケースが多いものです。

パーフェクトオーダーはチャンス相場だということを書きましたが、そもそもそんなチャンス相場はそう頻繁に訪れるものではありません。腰を据えてじっくり待ってトレードするというスタンスが大切です。まさに「待つも相場」というやつですね。

相場の7割はレンジ相場だとも言われています。「パーフェクトオーダーが出る相場のほうがだいぶ少ないんだ」ぐらいの認識を持っておくといいでしょう。「トレードできる頻度が少なくなる」と感じる人もいると思いますが、いわゆるポジポジ病を避けるという意味では、むしろそのぐらいのほうがプラスに作用することも多いはずです。

もし中級者以上で、よりトレードの頻度を上げたいというのであれば、あくまでもパーフェクトオーダーは引き出しの1つとして捉えて、それ以外での局面での手法も用意しておくとよいでしょう。

単純に移動平均線の順序だけを見ない

パーフェクトオーダーを狙うということになると、本当に移動平均線の順序だけしか見なくなる人もいます。しかし、移動平均線の順序がそろったからといって、必ずしも「本物のトレンド」が毎回起こるというわけではありません。

例えば、レンジ相場においても、移動平均線が細かく絡み合っている中で順序がそろうこともよくあります。そういったところでも機械的にパーフェクトオーダーの判断をすると、ダマシに頻繁に遭うことになってしまうでしょう。

つまり、パーフェクトオーダーにさえなればいいのではなく、あくまで全体の相場の流れを意識することも必要になります。そうすることによって、多くのダマシを回避することができるはずです。

別の言い方をすると、例えばチャートパターン、あるいは、水平ラインやトレンドライン、もしくは、他のテクニカルを使った分析でもいいですが、プラスアルファの根拠を持ったうえで、パーフェクトオーダーは狙っていくようにしましょう。

タイミングが遅くなりがち

パーフェクトオーダーが出てくるのは、トレンドが発生してからしばらく経ったタイミングになってしまいます。そのため、パーフェクトオーダーが出た隊見ぬ出のエントリーは、どうしても遅れがちになってしまいます。

もちろん「頭と尻尾はくれてやれ」とも言われるので、一概にそれが悪いとは言えません。むしろトレンドの発生を完璧に捉えようとして、慌ててエントリーするほうが悪い結果を生むケースもあります。

ただし、理想的なことを言えば、プラスアルファの分析をしたうえで、トレンドの発生をできるだけ早く捉え、その捉えたトレンドがパーフェクトオーダーにつながっていくというようなタイミングが、ベストなエントリーだと言えます。

もちろんこれは難易度が高くなってしまうので、まずはパーフェクトオーダーの発生をしっかりと確認したうえでのトレードでも問題ないと思います。ただ、それを改善していく余地はあるということも頭に入れて、今後の課題として意識することをおすすめします。

パーフェクトオーダーをトレードで活かす方法

前章はパーフェクトオーダーの基本ということで、概念的な部分についての解説をしてきました。この章では、「それを実際のトレードにどう落とし込んでいけばいいのか?」というところについて、順を追って解説していきます。

トレンドにおけるパーフェクトオーダー

実際のトレードをするうえで、パーフェクトオーダーがどんな段階を踏んでいくのかを認識しておくことが大事です。トレンドにおけるパーフェクトオーダーの各局面について、移動平均線の細かい位置関係を整理していきましょう。

パーフェクトオーダー全体像

上のチャートが今回見ていくパーフェクトオーダーの全体像です。(1)~(4)の各局面に分けて見ていきます。なお、パラメータは短期移動平均線(青)が25、中期移動平均線(紫)が75、長期移動平均線(緑)が200に設定しています。

(1)トレンドの発生局面

トレンドの発生局面

1つ目のポイントとなるのが、トレンドが発生する局面です。トレンドのまさに起点となっているのはAの大陽線が出ているところですが、ここからそれぞれの移動平均線が下向きから上向きへと傾きを変えていっています。

その中でもっとも大きく角度を上に上げたのが短期移動平均線で、まずは中期移動平均線をブレイクし、そのまま長期移動平均線もブレイクしています。その後はやや時間を置いて、Bで中期移動平均線が長期移動平均線をブレイクしました。

このDのところがパーフェクトオーダーが完成したタイミングです。ここからもさらに上昇は加速していき、まさに「本物のトレンド」が発生して、上昇の大相場を形成することになっていきます。

なお、移動平均線のブレイクの順番ですが、パラメータの設定やチャートの状況によって異なります。例えば、中期移動平均線が長期移動平均線よりも上にある状態で、短期移動平均線が中期移動平均線をブレイクするというパターンもあるので、柔軟に考えるようにしてください。

(2)トレンド発生中の推進局面

トレンド発生中の推進局面

2つ目は、パーフェクトオーダーとなって、まさにトレンドが加速していく局面です。上のチャートを見ての通り、それぞれの移動平均線が右肩上がりになっていて、かつ、それぞれの移動平均線の間隔は開いていっています。

ローソク足も常に短期移動平均線よりも常に先に行っている状態で、レートもどんどんと高値を更新していっています。このタイミングで買いポジションを持つことができれば、利益を大きく伸ばすことが可能ですね。

ただ注意したいのは、どんどん高値更新しているとはいえ、小さく陰線も出ているというところです。何も考えずに全力で買いを入れたりすると、こういった局面でも買いでやられてしまいかねないので、丁寧なトレードを心がける必要はやはりあります。

(3)トレンド発生中の調整局面

トレンド発生中の調整局面

3つ目は、パーフェクトオーダーの中でも、いったんトレンドの逆方向に調整している局面です。Cのところをいったんの天井に、ここから下降の流れとなっていってきます。短期移動平均線も下向きとなり、中期移動平均線との間隔を狭めていっています。

そして、短期移動平均線にタッチすると、ジリジリこれを割り込んでいきます。さらにDでは中期移動平均線にもタッチしますが、中期移動平均線は割り込めないまま下げ止まります。その後は、短期移動平均線を再びブレイクして、再び高値を更新していくというかたちになっています。

こういったかたちで、パーフェクトオーダーの中でも調整の流れがはっきりと出ることがあります。ここからそのまま(4)トレンドの終了局面になることもありますし、今回のように再び(2)トレンド発生中の推進局面に戻っていくこともあります。

いずれのケースも頭に入れておく必要がありますが、トレンドが出ている状態のいわゆる押し目にあたるので、ここはトレンド方向に優位性の高いトレードをするチャンスの局面だと言えるでしょう。

(※)チャートにはこの時意識されたと思われるラインも引いています。パーフェクトオーダーとラインを併用するかたちでも、うまいトレードができそうですね。ラインの使い方が気になった人は、下の記事を読んでみてくださいね。

(4)トレンドの終了局面

トレンドの終了局面

最後は、トレンドの伸びが鈍くなり、トレンドが終わっていく局面です。上のチャートは、辛うじてパーフェクトオーダーの順序をキープしていますが、高値更新をすることができないまま横ばいになっています。

それぞれの移動平均線の間隔も狭まってきていて、トレンドの勢いが弱まっていることがよくわかります。とくに短期移動平均線は何度も下を抜いていて、中期移動平均線の間隔はかなり狭い状態です。

そして、Eのところでついに短期移動平均線が中期移動平均線を割り込んで、パーフェクトオーダーは崩れることとなりました。大きく上昇した相場もここで終了というかたちです。

トレードでパーフェクトオーダーを活かす方法

それでは、上で説明したパーフェクトオーダーの各局面を踏まえたうえで、トレードをするうえでの考え方について見ていきましょう。

パーフェクトオーダー初動はプラスアルファの根拠が必要

パーフェクトオーダーでトレードをすることを考えた時に、真っ先に思いつくのが、パーフェクトオーダーの発生とともにエントリーして、大相場の初動から乗っていくという形でしょう。しかし、単にパーフェクトオーダーの発生だけをサインとするのはおすすめできません。

パーフェクトオーダーが発生したということは、確かに上昇トレンドが出ているということは言えます。ただ、パーフェクトオーダーが出るタイミングは遅いため、それが小さいトレンドだと、パーフェクトオーダーが出たところでトレンドが終わることがあります。

そのため、パーフェクトオーダーが今後も続く可能性が高いというプラスアルファの根拠がないと、ダマシに引っかかってしまう可能性が高くなります。例えば、先ほどのチャートを見てみましょう。

アセンディングトライアングルの説明

これを見ると、大陽線で大きく上昇した後、いったんレジスタンスラインで止められていますが、レジスタンスラインに張りついたまま下値を切り上げる、アセンディングトライアングルという続伸のチャートパターンを形成しています。

アセンディングトライアングルについては、下記の記事で紹介しています。

そして、このレジスタンスラインをブレイクして上昇が加速するとともに、パーフェクトオーダーも発生するというかたちです。こういったかたちで、パーフェクトオーダーにプラスアルファの根拠がある場合は、うまくいく可能性が高まるわけです。

もちろんチャートパターンだけでなく、例えば、重要なラインがすぐ下に控えていて、ここがサポートとして機能しそうというのでもいいです。また、テクニカル的な話だけでなく、重要なニュースが出てファンダメンタルズ的状況が大きく変わったというのでもかまいません。

大切なのはなにかしらのプラスアルファの根拠を用意しておくということ、これを徹底することを意識しましょう。そのうえで、予定通りにパーフェクトオーダーで伸びなかった場合は、傷口が広がる前にすぐに撤退するようにしてください。

パーフェクトオーダー中は目線をガッチリ固める

次は、パーフェクトオーダーが出て強いトレンドが発生しているけれど、うまく初動に乗れなかった時のトレードの考え方です。これはよくあるパターンだと思いますが、ポイントは、目線をトレンド方向に固めてトレードするということです。

パーフェクトオーダーが継続しているということは、明確なトレンドが発生しているということです。そういった中では、トレンド方向にトレードをするだけで優位性の高いトレードが可能だというのが基本的な考え方です。

そのうえで、(2)トレンド発生中の推進局面でのトレードをする際は、ひと回り下位の足で細かい上下を見ながら、押し目買い・戻り売りを狙って細かくトレードをしていくことになります。その際、損切りラインは必ず設定して、逆行したらいったん撤退します。そして、トレンドが再開するのをしっかり待って、もう一度トライするようにするのがコツです。

そして、もっとも狙いたいのが(3)トレンド発生中の調整局面です。ここはまさにトレンド中の調整局面ということで、絶好の押し目買い・戻り売りのチャンスです。とくに短期移動平均線を割り込むことはよくありますが、その後のゴールデンクロス・デッドクロスが1つの狙い目です。

また、その他にもプラスアルファの根拠がある場合はそれも大いに活用しましょう。例えば、調整トレンドにオシレーター系テクニカルを使って反転ポイントを探ったり、調整が終わってトレンド再開するのを、他のトレンド系テクニカルのサインで判断するのもいいでしょう。

相場局面を意識して使い分けるのがポイント

2つの局面に分けてトレードの考え方を紹介しましたが、いずれにしてもトレンドに乗っていくという順張りのスタイルになります。

そのうえで、パーフェクトオーダーの初動を狙って行く場合は、大相場の早い段階でエントリーするため、値幅をかなり大きく狙うことも可能です。勝率を高くするのは難しいですが、損切りラインをうまく設定すれば期待値の高いトレードが可能となります。

一方で、パーフェクトオーダーが発生している中でのトレードは、大相場の中のトレンドを取っていくというかたちで、ワントレードで狙う値幅は小さくなります。その代わり、トレンドがガッチリ固まった状態なので、高い勝率を狙うことができます。

それぞれの特徴を理解したうえで、自分が狙いたいトレードはどちらなのか、イメージをあらかじめ持っておくといいでしょう。そうすることで、チャートを見ている際の迷いがなくなり、結果的にトレードにも良い影響をもたらしてくれるでしょう。

実チャートでトレードをシミュレーション

パーフェクトオーダーのトレードに関する考え方を見てきたので、あとは実際にどんどんチャートを見ていくことが大切です。ここではパーフェクトオーダーのチャート事例を2つ紹介していきます。

ダウ理論のトレンド定義を併用したトレード

パーフェクトオーダーの初動狙いの事例

チャートの状況としては、上昇トレンドがAで天井をつけて終わり、A→B→C→D→E→Fと上値切り下げ・下値切り下げとなっていて、ダウ理論的に下降トレンドが出てきている状態です。そして、Fの後の戻りの中でパーフェクトオーダーが発生しています。

ここで下降トレンドが出ているため、Eの直前上値はレジスタンスラインとして機能するはずです。ちなみに、このラインはBでサポートラインとして機能しており、ロールリバーサルになっているかたちです。

このままこの下降トレンドが継続すればパーフェクトオーダーも継続する可能性が高く、強い下降トレンドへとつながることが期待できます。なので、Eの直前上値の上に損切りラインを設定し、パーフェクトオーダーの発生で売りでエントリーします。

その後はイメージ通り下降トレンドが継続し、このチャート以降も大きく下降していきました。このトレードではダウ理論を使ってうまく損切りラインを設定したことで、かけたリスクに対してかなり大きな利益を伸ばしていくことができます。

短期移動平均線の再ブレイクを狙ったトレード

このチャートでは、序盤にパーフェクトオーダーが完成して、そこから大きく上昇しているかたちです。そして、Bでいったん上昇は止まって、ここがレジスタンスラインとなって調整局面に入っています。

その後、Cで短期移動平均線を割り込んできていますが、ここは少し前につけたAの上値がサポートラインとして機能して跳ね返ります。ここで、このサポートラインが機能する可能性が高いことを確認します。

そして、そのすぐ後に短期移動平均線を再ブレイクしています。ここから再び上昇が始まると判断して買いでエントリー、ストップはAのサポートラインのすぐ下に置きます。

その後はしっかり短期移動平均線に乗って上昇、そのままBのレジスタンスラインも触れ育して、上昇が加速していくかたちになりました。短期移動平均線に戻ってきたDで利益確定すると、リスクに対して2倍ほどの利幅を取ることができます。

まとめ

今回は、移動平均線を使ううえで欠かせないパーフェクトオーダーについて、基本からトレードにおける使い方まで、ひと通り解説してきました。最後にまとめということで、内容についておさらいしておきましょう。

まずは、パーフェクトオーダーについては、複数の期間の異なる移動平均線が以下の順序に並ぶ状態のことでした。

  • 上昇トレンド:上から短期>中期>長期
  • 下降トレンド:下から短期<中期<長期

このパーフェクトオーダーからは、「本物のトレンド」が発生したことがわかります。FXにおいては、この「本物のトレンド」で利益をいかに伸ばせるかが大切です。なお、このパーフェクトオーダーを使ううえでは、以下の3点について注意しておきましょう。

  • 焦らずにしっかりと待つ
  • 移動平均線の順序だけを見ない
  • タイミングが遅くなりがち

また、トレードをする際の考え方・事例にについても、適宜復習してみてください。パーフェクトオーダーを味方につけることができれば、勝ちトレードで利益を伸ばせるようになります。ぜひ実際にチャートにおいて、パーフェクトオーダーを意識してみてくださいね。

その他のチャート分析や、チャートの見方について、以下の記事でも紹介しているので参考にしてください。

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。