FXの押し目買い・戻り売りとは?順張りを実践するためのコツを解説

  • 更新日: 2019/07/31

「トレードでは順張りが大事」という話を聞いたことがある人は多いでしょう。ただ、それを実践していくためには、もう一段階具体的な知識が必要です。そこで紹介したいのが、押し目買い・戻り売りという戦略です。

  • 順張りをやりたいんだけど、実際にはどうやったらいいの?
  • ブレイクアウト狙いは、天井つかみになりそうで怖い……。
  • なかなかうまくトレンドに乗ることができない。

こんなふうに順張りの悩みを抱えている人は、ぜひ押し目買い・戻り売りを狙ってみてください。今回ご紹介するコツを理解して、相場での迷いを解消していってください。きっとトレードの結果も向上していくはずですよ!

トレンドの見方や分析方法については、下記サイトにてご紹介していますのでご参考ください。

順張りは押し目買い・戻り売りがおすすめ

まずは、押し目買い・戻り売りがどういうものなのか、そのイメージをつかんでいくところから始めましょう。そのうえで、この戦略が持つ特徴についても併せて解説していきます。

押し目をロング、戻りをショートするスタイル

押し目買い・戻り売りの説明

押し目買い・戻り売りのイメージは、上の図のような形です。前提としてですが、トレンドが出ている状態です。その中でトレンドと逆方向に調整したところを狙ってトレンド方向にエントリーしていくことになります。

そして、エントリ―した場合に狙う利食い場所ですが、これは大きく分けると以下の2つの候補があります。

  • 直前上値
  • 次の上値

1つ目の直前上値(の手前)で利食うという考え方は、直前上値がレジスタンスとして機能することを考慮したものです。トレンドが出ているものの跳ね返される可能性があるのだから、より確実に利益を取っておこうという形です。

2つ目は、次の上値というのは、トレンド継続の可能性を信じて利益を伸ばすという考え方です。この場合、次の上値がどこになるのかが問題ですが、例えばN計算値やE計算値といったものを目安にするといった方法があります。

また、うまくいかなかった場合の損切り場所ですが、これは直前下値というのが一般的な考え方です。ここを割り込まれてしまうとダウ理論的にトレンド転換の可能性が出てきて、そもそものトレンドが出ているという前提が崩れてしまうからです。

あくまで大まかな全体像ですが、これが押し目買い・戻り売りのイメージです。この“期待できる利益の幅”と“負うことになる損失のリスク”」を天秤にかけながら、エントリーポイントを探していくことになるわけです。

ベースにあるのはあくまでも順張り

押し目買い・戻り売りのイメージを見て、察しのいい人だと「あれ? これって逆張りじゃないの?」と思うかもしれません。確かに、短期的な相場の流れ(調整の動き)に対しては逆行しているわけなので、これはあながち間違いではありません。

ただし、もっとも重要なのは、これからやるトレードがそもそも何を狙っているものなのかという点です。メインの狙いは「トレンドが継続する」というシナリオに基づいて次の上昇の波を取りにいくというものです。これはトレンドに乗るという、あくまでも順張りの考え方です。そのうえで、(やり方にもよりますが)短期的な目線としては逆張り的な側面もあるというイメージです。

注意したいのは、ポジションをどれだけ引っ張るのかというところです。もし、少し利益が出たからといって「もういいや!」となって利食ったり、ちょっと逆行したからといって「怖いな……」となって損切りをしてしまったりしていては、なかなかうまくいかないでしょう。

なぜなら、これだとただの短期的な相場の流れに対する逆張りになっているからです。もともと狙っているシナリオが崩れるまで勝負して、はじめて順張りになるということはぜひ理解しておいてください。

勝率を維持しつつ利幅を伸ばしやすい

ブレイクアウトと押し目買いのエントリータイミングの比較

順張りのトレードにはブレイクアウトという、直前上値・下値を抜けたところでエントリーする方法もあります。押し目買い・戻り売りが短期的な相場の流れに対して逆張り的な側面があるのに対して、ブレイクアウトは短期的な動きにも乗っていく方法です。

この2つを比較すると、エントリータイミングがかなり違ってきます。押し目買い・戻り売りのほうはエントリーが早いのに対し、ブレイクアウトはかなり動いた後にエントリーすることになります。当然ですが、押し目買い・戻り売りのほうが利幅は広くなります。

また、ブレイクアウトのほうは、(エントリ―や損切りのやり方にもよりますが)ダマシの動きも多く、どうしても勝率が低くなりがちです。それは全体のトレンドが崩れるまで、損切りを我慢できないからです。そこまで粘ってもいいのですが、損失幅が相当大きくなってしまいます。

一方で押し目買い・戻り売りについては、全体のトレンドが崩れるまで、損切りを我慢することができます。そのため、ブレイクアウトに比べると高い勝率を維持することが可能になってくるわけです。

簡単にまとめると、押し目買い・戻り売りというのは勝率を維持しながら大きな利幅を狙えるという、かなり有利な特徴を持っているということです。

FXのダマシについては、下記サイトにてご紹介していますのでご参考ください。

各時間で押し目を判断する

チャート上で押し目を見つけるためには、各時間足別で押し目判断の留意点を知る必要があります。例えば1分足などの動きが早い時間足の場合、騙しが多く発生するためチャートが下げ止まったのをしっかりと確認してからエントリーする必要があります。通常よりワンテンポ遅めを心がけるのがポイントです。

また5分足や15分足などの比較的短い時間足でも同様のことが言えます。1分足ほどではありませんが、やはり騙しの頻度は多くなりますので押し目を予測し早めにエントリーすることはせずに、チャート上でしっかりと押し目をつけたことを確認してからエントリーするようにしてください。

対して1時間足や4時間足は騙しの頻度が少なくなります。もちろん1分足や5分足に比べ、エントリーチャンス自体は少なくなりますが、押し目となりそうなポイントを事前に予測し下げ止まるのを確認する前にポジションを持つことも可能です。ただし事前に押し目のポイントを判断するためには、ある程度の経験が必要になりますので、デモトレードや少額トレードでしっかりと練習をするようにしてください。

時間足 エントリー機会 騙し頻度 利益
1分足 とても多い とても多い とても少ない
5分足 多い 多い 少ない
15分足 普通 多い 少ない
1時間足 少ない 普通 普通
4時間足 少ない 少ない 多い
日足 とても少ない とても少ない とても多い

上記は時間足別のエントリー機会、騙し頻度、利益の関係をまとめた表になります。1分足や5分足はエントリー機会が非常に多いですが、騙し頻度も多いためどうしてもギャンブル要素が強くなってしまいます。また利益が低いのもお分かりいただけると思います。

これが1時間足以上になるとエントリー機会は非常に少なくなるものの、騙し頻度も少なく利益も大きくなるため、投資商品としては非常に優れています。ただし、4時間足や日足レベルになると、エントリーチャンスが数日〜数週間に1回と言うケースも少なくありません。

とにかくエントリー機会を求め経験を積みたい方は短い時間足で、リスクを最小限に抑え、長いスパンでの利益を求めるのであれば長い時間足でトレードされることをおすすめします。

デモトレードの始め方については、下記サイトにてご紹介していますのでご参考ください。

押し目がわからない人におすすめの判断方法

押し目を見つける前に、現状のトレンドを把握する必要があります。押し目買いをするのであれば、相場が上昇トレンドである必要があります。下降トレンドや、トレンドが発生しないレンジ相場では押し目買いのポイントを見つけることができません

初心者がトレンドを把握するためにはボリンジャーバンドなどテクニカル指標やインジケーターを利用することをおすすめします。ボリンジャーバンド幅が広がり右肩上がりであれば上昇トレンドと判断できます。トレンドラインを引いてみるのもおすすめです。

あとは、チャートが下がるのを待ち、下げ止まったのを確認できた部分押し目買いのポイントとなります。ただし、下げ止まらずに、押し目ポイントを突き抜けトレンド転換となる可能性もありますので注意が必要です。可能であれば、下げ止まった後に、しっかりとチャートが反転し上昇するのを確認してからエントリーするようにしてください。

弱点から考える押し目買い・戻り売りのコツ

前章では、押し目買い・戻り売りについての良い側面を中心に説明してきました。ただし、押し目買い・戻り売りにももちろん弱点はあります。この章では、その弱点を説明するとともに、その対処方法も併せて紹介していきます。

トレンドが出ていないと使えない

冒頭に書いているとおりですが、押し目買い・戻り売りには「トレンドが発生している」という前提付きの戦略でした。つまり、逆に言うとトレンドが発生していないところでは、そもそも使えないということになります。

相場の7割、8割はレンジ相場とも言われますが、これではトレードチャンスが少なすぎると感じる人もいるかもしれません。この対策として、2つの方法が考えられます。

  • トレンドが発生するまで待つ
  • 普段より目線を短くする

1つ目は待つということで、答えになってないように思われるかもしれませんが、一番おすすめなのはこれです。「待つのも相場」という言葉もあるように、優位性がない場面で無理に勝負する必要はありません。(プロのように一定の利益率を求められない一般の個人トレーダーは、いくらでも待てるのが最大の強みでもあります)

2つ目は目線を短くするということですが、実はレンジ相場のように見えても、その中には細かいトレンドが発生しています。細かく見ていけば、毎日どこかでトレンドが発生しています。その小さなトレンドに対して、押し目買い・戻り売りを使うことが可能です。

ただし、目線を短くすればするほど相場のノイズは多くなり、イレギュラーな動きになりやすい側面もあります。そういった短期的な上下動に振り回される可能性もあるので、そのあたりのバランスには気を付ける必要があります。

押し目待ちに押し目なし

次によくあるのが、明確にトレンドが発生している状態で押し目や戻りを待っていてもそれが起こらないというパターンです。そして、我慢して待っていても、そのまま大きく動いてしまい、結局トレードができないということになります。

これは、例えばなにかしらのファンダメンタルズ的理由が背景にある場合など、強いトレンドが出ている場合にしばしば起こります。しかも強いトレンドで相当な値幅が動くので、トレードできずに終わった時のショックが大きくなる副作用も無視できません。

大きく動くところでのトレードは逃したくないと考えた場合、対策としては次のようなことが挙げられます。

  • 普段より目線を短くする
  • ブレイクアウトなど、他の方法で勝負する

1つ目は目線を短くして、細かいトレンドの上下に合わせていくことです。強いトレンドの中も細かく見ていけば、揉み合いの局面というのは必ず存在します。そこを狙えば、押し目買い・戻り売りはできるわけです。(これは先ほども出てきたものと同じですが、いろいろなところで使える考え方のパターンでもあります)

2つ目は押し目買い・戻り売りにとは別の方法を用意しておくということです。押し目買い・戻り売りというのは有効な戦略ですが、もちろんその状況に至らないこともありえます。もし強く動き続けるのであれば、例えばブレイクアウトを狙ったトレードをしていくほうがいいでしょう。

FXでは、こういう状況になったらこう対応するという、トレードの引き出しを多く持っておくのはとても有効なことです。まずは押し目買い・戻り売りを身につけるところからですが、それで対応できない場合の別のやり方を身につけると、トレードの幅を一気に広げることができます。

タイミングが早いと含み損に苦しむことに

押し目買い・戻り売りでは、トレンドの調整局面に入ったところが勝負どころとなります。ですが、だからといって調整に入ったからといって適当にエントリーしてしまうと、ズルズルと調整の波が続いて含み損が増えていってしまうことがあります。

最終的には狙い通りにトレンド転換してくれたとしても、これではメンタル的に無駄に苦しむことになりかねません。FXではメンタルの要素は無視できないことで、これが原因で利食いが早くなってしまったりもしがちです。

これを避けるために知っておきたいのが、エントリーのタイミングに関する考え方です。押し目買い・戻り売りでエントリーする際の考え方としては、ざっくりと次の2通りのタイミングに分けられます。

押し目買い・戻り売りのエントリータイミング

  1. 調整トレンドが転換する前にエントリーする
  2. 調整トレンドの転換を確認してからエントリーする

1つ目のように、調整トレンドが変わる前に逆張りで突っ込んでいくと、どうしても含み損時間が長くなってしまいがちです。調整トレンドとはいえトレンドなので、これもどこまで続くかはわかりません。

そのため、こちらのタイミングを使っていくためには、なにかプラスアルファの条件がほしいところです。例えば、直前上値・下値にかなり引き付けた状態であって、期待できる利益に対して損失がかなり抑えられるといった状況などですね。

やりやすいタイミングとしては、やはり2つ目の調整トレンドの転換を確認してからというタイミングです。短期でのブレイクアウト狙いになっているとも言えますが、こちらのタイミングでエントリーすれば、小さなトレンドにも逆行していないので、含み損の時間が短くできる可能性が高くなります。

もちろんこの場合でも、トレンド転換のダマシに遭う可能性は残っています。具体的なエントリータイミングを考える際には、どういう方法でこの調整トレンドの転換をいかに高い確率で早くとらえられるかというのが、重要なポイントとなってくるわけです。

FXのロング・ショートのエントリータイミングについては、下記サイトにてご紹介していますのでご参考ください。

押し目買い・戻り売りのエントリールール

ここまで押し目買い・戻り売りの考え方の大枠やその長所・短所を解説してきました。この章では、具体的なエントリールールについて、実際のチャートを見ながらいくつか紹介していきます。

ダウ理論で調整トレンドの転換を確認

ダウ理論によるエントリーの説明

全体的な方向性として下降トレンドとなっている中で、Aのところでダブルボトムを形成してから、調整トレンドの上昇の流れとなっています。そこからBにかけては、上値切り上げ・下値切り上げのダウ理論的な上昇トレンドが形成されています。

考え方としては、この調整トレンドが転換すれば、再び全体の下降トレンドが再開するというシナリオです。なので、ダウ理論的なトレンド転換シグナル、すなわち、上値切り下げ・下値切り下げが確定するタイミングがショートのエントリーポイントです。

まず、Bの次に形成した下値が確定してから、その次の上値がBを超えられず切り下げとなりました。この状態で、Bの次の下値を割り込めば、下値の切り下げが確定します。ということで、オレンジのところがトレンド転換シグナルとなり、ショートのエントリーポイントとなります。

その後は狙い通りに下降トレンドが再開し、上値切り下げ・下値切り下げが継続していっています。Bの天井をつくってからわりと下げたところでのエントリーですが、トレンド転換をしっかり確認しての精度の高いトレードとなっています。

移動平均線で調整トレンドの転換を確認

移動平均によるエントリー

こちらも先ほどと同じチャートです。今度は短期移動平均線が長期移動平均を下抜く、デッドクロスという下降トレンド発生サインに注目してみます。ちなみに、小さいトレンドの波の転換を狙うということで、5本移動平均線と21本移動平均線という、細かい移動平均線を使っています。

この2本の移動平均線で見てみると、Aのところから短期移動平均線が長期移動平均線の上をキープする状態が続き上昇トレンドに入っていることが見て取れます。ただし、全体は下降トレンドなので、あくまでこれは調整トレンドだという認識のもとこの上昇が終われば下降トレンドが再開するだろうというシナリオです。

そして、Bで天井を付けた後、青丸のところで短期移動平均線が長期移動平均線を割り込みデッドクロスが発生しました。下降トレンドが発生したということなので、先ほどのシナリオに基づいて、ここがショートのエントリーポイントとなります。

フィボナッチ・リトレースメントで転換ラインを予測

フィボナッチによるエントリー

3つ目はちょっと毛色が違うやり方で、フィボナッチ・リトレースメントを使って反転ポイントの目安をつける方法です。Bのところで反転したのを確認したタイミングで、直前の下降トレンドであるAからBにフィボナッチ・リトレースメントを入れておきます。

すると、だいたいこのあたりで反転しそうだというラインが、いくつか表示されてきます。これらのラインを踏まえつつ、レジスタンスとして機能するラインを見極めて、跳ね返ったところをショートでエントリーしていくことになります。

ちなみに、このフィボナッチ・リトレースメントは反転ライン候補がわかって便利なんですが、単独でトレードを完結させるのはやや厳しいところがあるかもしれません。どちらかというと、役立つ情報を知る目的で使って、あくまで他の手法を助けるサブ的な位置付けにしておくのがおすすめです。

初心者におすすめの押し目売りの方法

戻り目とは下降トレンド中に発生するエントリーポイントです。押し目売り(戻り売り)のポイントは、基本的には押し目買いと同様になります。押し目買いは上昇トレンドの中で発生した、一時的な下げを確認し、下げ止まったタイミングを見計らいエントリーを行います押し目売りであれば、下降トレンドの最中に発生した一時的な上げを確認し、上げ止まった部分でエントリーを行います

押し目売りのポイント自体は日々の相場で必ず発生しますので、ほかの手法に比べエントリーチャンスは多い手法と言えます。また基本的にはチャートのみを使ってトレードを行いますので、単純で覚えやすくFX初心者にも非常におすすめな手法と言えます。

ただし、判断を誤ると押し目売りとならずに、トレンドが転換し大きな損失を招いてしまうこともありますので注意が必要です。押し目売りで利益を得たいと考えているのであれば、まずは騙しが少ない1時間足以上のチャートで経験を積むことをおすすめします。またチャートの動きが安定しているドル円など取引量が多い通貨ペアを選択してトレードすることも大切です。

押し目売りの成功例・失敗例

初心者でも取り組みやすい押し目売りですが、前述したようにポイントを間違えてしまうと大きな損失を招く可能性があります。今回は具体的に押し目売りの成功例と失敗例を紹介します。押し目売りは比較的、勝率の高い手法として知られています。初心者でも利益を得やすい手法ですので、成功例と失敗例をしっかりと理解し、投資に役立てていただければと思います。

押し目売りの成功例

押し目売りの成功例となるのは、大きな下降トレンドの中で、複数回に渡り押し目ポイントを見つけエントリーを行うことです。1回の利益は少なかったとしても、大きな下降トレンドの流れに乗ることができれば、一つの下降トレンドで複数回の利益を得ることができ、結果として大きな利益を手にすることができます。

また、初動を掴み早い段階で下降トレンドへ転換したことを察知し押し目売りのポイントを探すことで、さらにエントリー回数は増え利益も増加します。初心者の内からトレンド転換の初動を掴むことは難しいですが、ボリンジャーバンドの広がりや、傾きに注視しなるべく早い段階でトレンドの転換を知るように心がけてください。

押し目売りの失敗例

続いて押し目売りの失敗例についても紹介します。押し目売りにおける最大の失敗は、押し目だと判断したポイントでチャートが戻らずに押し目ポイントを突き抜けてしまうことです。

場合によっては高値更新するほどの勢いで突き抜けることもあります。強い下降トレンドが発生している最中であれば、押し目ポイントを多少上抜けたとしても、その後に下落してくれる可能性が高いですが、トレンドの終盤や弱いトレンドの場合は、そのままチャートが上昇しレンジ相場や上昇相場へ転換してしまうことがあります。

押し目売りで安定した利益を得るためには、これらの失敗をいかに防ぐかがポイントとなってきます。

失敗を防ぐ有効な手段は、ある程度、長い時間足で押し目ポイントを探しエントリーを行うことです。1分足や5分足など短い時間足では騙しが非常に多くなり失敗のリスクが高まりますのでおすすめできません。

まずは1時間足以上の時間足で押し目売りを始めることをおすすめします。

また、しっかりと押し目ポイントでチャートが再下落したのを確認した上でエントリーを行うことも効果的です。押し目ポイントを予測し早めにポジションを持つことも大切ですが、経験が浅いうちはあまりおすすめできません。

まとめ

今回は、FXにおける順張りを実践する方法として、押し目買い・戻り売りについて解説してきました。まずは大枠の考え方をよく理解したうえで、それを実戦チャートで再現できるようチャレンジしていっていただければと思います。

それでは、内容をおさらいしておきましょう。押し目買い・戻り売りというのは、順張りをベースにした手法で、トレンドの方向にポジションを持つことになります。ただ、エントリーについては、一時的に調整局面になったタイミングを狙うということでした。

こういった押し目買い・戻り売りには、以下のような長所がありました。

  • 勝率を維持しやすい
  • 利幅を広げやすい

一方で、同じ順張りの手法であるブレイクアウト狙いに比べると、エントリータイミングが難しいという側面もありました。いかに調整トレンドの転換を判断するかがポイントになりますが、ここでは以下のテクニックを紹介しています。

  • ダウ理論で調整トレンドの転換を確認する
  • 移動平均線で調整トレンドの転換を確認する
  • フィボナッチ・リトレースメントで転換ラインを予測する

押し目買い・戻り売りという考え方は、いろいろな手法に応用できる基本的なものです。しっかりと理解して、これからのFXのトレードに役立てていってください!

FXで勝率を上げるためには、自分に合ったトレードスタイルを見つけることも重要ですので、トレードスタイルについて知りたい方は以下の記事も参考にしてくださいね。

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。