FXの注文方法を詳細解説/メリットとデメリット・タイプ別注文方法

  • 更新日: 2019/07/17

FXの取引では様々な通貨ペアやFX相場の状況に適している注文方法があります。自分の状況と照らし合わせて、複数の注文方法を理解することは、FX取引にとって非常に重要なのです。

成行注文

    レートを指定せずに、その時点でチャートに表示されている金額で注文を出す注文方法

指値注文

    レートを指定して、買い注文と売り注文を出す注文方法

逆指値注文

    指値注文と同じようにレートを指定することができる注文方法FX相場が思っていた方向と逆の方向に動いたときに有効な注文方法


この記事を読むことで、FXの注文方法に対する理解を深めてもらい、FX相場の状況だけでなく、「自分にトレードスタイルに合った注文方法」を見つけることができます。

FXで使う様々な注文方法(基本編)

FXにおける注文方法はたくさんありますが、その中でも基本的な物から紹介していこうと思います。

成行注文

成行注文

成行注文は、レートを指定せずに、その時点でチャートに表示されている金額で注文を出すという基本中の基本の注文方法です。簡単に言うと、「どんな値段でも買います」「どんな値段でも売ります」という注文です。

レートを指定していない注文方法のため、基本的に約定しないということはありません。
しかし、値動きが荒い状況で取引をしている場合、約定に時間がかかったり、成行注文を出したときと違うレートで約定しやすくなります。
この注文から約定までのレートのズレを、スリッページと言います。

指値注文

指値注文は、レートを指定して、買い注文と売り注文を出す注文方法です。
自分が売買したい価格を指定しても、いつその価格に達するかはわかりませんし、達しないかもしれません。

例えば、1ドル100円のFX相場のときに、「1ドル98円になったら買い注文を出したい」という方は、1ドル98円の買い指値注文を出しておきます。成行注文とは違い、予約注文になります。あらかじめレートを指定できるので、チャート画面にずっと張り付くことができないときなどに便利な注文方法です。

逆指値注文

逆指値注文

逆指値注文は、指値注文と同じようにレートを指定することができる注文方法です。こちらも、成行注文とは違い、予約注文となります。
しかし指値注文とは違い、今のレートより高くなったら買い注文、低くなったら売り注文が出されます。

一見、不利なレートで注文を出しているように見えますが、損失をなるべく抑えたいときには、非常に有効な注文方法となります。

例えば、FX相場が思っていた方向と逆の方向に動いたときです。
1ドル110円というFX相場のときに、上昇トレンドを予測して買いポジションをとったとします。
予想通り上昇していけば、利益を得ることができますが、予想が外れると相場は下落し、損失が出てしまうことになります。また、しばらくレンジでのもみ合いが続くかもしれないので、「このラインに来たら、トレンド転換するだろう」ということで、109円で売りという逆指値注文を出しておきます。こうすることで、予想が外れても損失は最低1万円で収まるのです。

また、確実に利益を確定させたい場合も、売りの逆指値注文を出しておけば、レートが下がってもある程度の利益を確定させることができます。

FXで使う基本の注文法のメリット・デメリット

成行注文のメリット・デメリット

成行注文は自分が買いたい、売りたいと思った時にすぐに注文を出せます。

しかし、すでに書いたとおり基本的には「何円でもいいので買います」「何円でもいいので売ります」という注文なので、約定した価格が、そのときの取引画面に表示されているAsk、Bidから大きく乖離する可能性もあります。
これが先ほども紹介したスリッページです。

この大きな乖離を防止するために、FX会社では、トレーダーが上下何pipsまでの乖離なら許容できるかというのを、注文時に設定させてくれる会社もあります。
また他の対策としては、「約定力が高い」という評判が多いFX会社を事前に調べて選択すること、さらに、指標発表時等の大きな相場変動が予想される時はできるだけ取引を避ける、ということが挙げられます。

また、FX会社によるロスカットは、成行注文で執行されることになります。
ただし、ロスカットの場合は、顧客保護という観点から、いち早く損失を限定させるという意味があるため、当然のことながら乖離するpipsの許容範囲の設定などはありません。そのまま成行注文で執行されるので、ロスカットが執行されても、約定したときにはロスカット発注時のレートと大きく乖離している場合があります。

指値注文のメリット・デメリット

指値注文は、現在のレート…つまり、取引画面に表示されているAskやBidの金額より有利な条件で売買するときに使う注文方法です。予約注文ですので、長く取引画面に張り付けない方におすすめです。

また成行注文と違い、約定する価格を指定しているので、自分の指定した価格と大きく乖離するという心配が少ないというのがメリットです。

しかしFX相場の変動が激しい場合は、なかなか注文が約定しない場合もあります。
成行注文と同じように、FX会社によっては、トレーダーが許容できるpips数を設定できるところもあります。

逆指値注文のメリット・デメリット

逆指値注文は、利確と損切り、どちらでも使うことの多い注文方法です。
最初は少しややこしいと思う方もいるかもしれませんが、慣れれば、FX初心者であっても有効に使える注文方法でしょう。

逆指値注文は、基本的にリスクヘッジで出される注文のため、成行注文で注文が発動します。
とういうことは必然的に、成行注文と同じように、注文時のAskやBidから大きく乖離する可能性があるということになります。
できるだけ、注文時に上下何pipsまで許容できるか、設定ができるFX会社を選択するようにしましょう。

ここまで、基本的な注文方法に関して解説してきました。
ここからは、少し難易度の上がる特殊な注文について、解説していきたいと思います。

FXで使う様々な注文方法(特殊注文編)

特殊な注文と言っても、仕組みが理解できれば、非常に様々な場面で活躍する方法ばかりです。
複数の条件を組み合わせて成り立つ注文方法なので、上手く使えれば怖いものなしです。

IFD注文

IFD注文

IFD(イフダン)注文は、1つ目の注文が成立すれば、もう1つの注文を出すという特殊注文です。イフダンには「If Done(もし~したら)」という意味があります。

例えば、1ドル120円のときに発動する買い指値注文を出しておくとします。
もしレートが1ドル120円に達して、指値注文が約定したら、1ドル130円の売り指値注文を出すというように設定しておきます。

これらの注文をセットで出すことができるので、IFD注文は、売買ポイントを逃しにくくしてくれる注文方法と言えるでしょう。

OCO注文

OCO注文

OCO注文とは「One Cancel Others」の略です。「1つの注文が成立したら、もう1つがキャンセルになる」という注文方法で、同時に複数の注文を出す特殊注文の1つです。

ただし、ここで注意したいのが、2つの異なる方向の注文を出す、ということです。例えるなら、1ドル100円の買い注文と、1ドル100円50銭の買い注文を同時に出す…という性質のものではなく、1ドル100円の買い注文と、1ドル99円50銭の売り注文を同時に出す、というものになります。

例えば、1ドル120円以上になったときに利益確定をしたい、110円以下になったら損切りをしたいというような場面で効果的です。
2つの注文を同時に出すとはいえ、この2つがどちらも成立すると困りますよね。

FX相場が上昇したときは利確ができ、下落したときには損切りができるようにしておけば、利益と損失は、その範囲内だけで抑えることができます。

IFO注文

IFO注文

IFO注文は、「イフダンOCO注文」とも呼ばれています。
先ほど紹介したIFD注文と、OCO注文をさらに組み合わせた注文方法です。

つまり、まず1つの注文を出します。
1つの注文が成立したら、今度はOCO注文が発動し、利確と損切のための2つの注文が出されます。
どちらかが成立すれば、片方はキャンセルされるという仕組みです。

少し複雑ですが、注文から決済するまで、すべてが自動で行われるため、上手く使うことができれば非常に便利な注文方法です。

使い方としては、1ドル120円で買い指値注文を出し、それが成立すれば、1ドル130円で利益確定、110円で損切りする…という風に使います。

トレール注文

トレール注文

トレール注文は、「動く逆指値注文」と捉えてもらうと分かりやすいでしょう。
利益をもう少し伸ばしたいけれど、最低限の利益確定をしたいという場合や、相場に合わせて損失を限定したい場合に有効です。

トレール注文を出すときには、トレール幅という値幅を設定します。
設定したトレール幅よりも、FX相場が不利な状況になった場合に、逆指値注文が成立するというわけです。

通常の逆指値注文は、レートを指定しているので、1度そのレートに達すると注文がされてしまいます。しかしトレール注文は動く逆指値注文です。そのため、例えばドル円100円でロングポジションを持ち、トレール幅を30pipsとした場合、そのまま上昇トレンドになっていけば、30pipsの幅を維持した状態で、相場の動きについていきます。

とはいえ、いくら上昇トレンドはいっても、相場は一次関数や二次関数のグラフのように上昇しっぱなしということにはなかなかなりません。細かい上げ下げを繰り返しながら上昇していくことがほとんどです。トレール注文は、一度相場が下がると、再び相場が上昇して設定したトレール幅を回復するまでは、動かずに止まった状態になります。

そのため、最初に挙げた例で言えば、ドル円100円→100円05銭→100円10銭…と、一度も下がることなく順調に上がっていった場合、逆指値注文が発注されるレートは、99円70銭→99円75銭→99円80銭というように変化します。

しかし、100円→100円10銭→100円5銭…となった場合、100円5銭の段階でトレールは99円80銭でストップします。つまり、最後に上昇した100円10銭の時の逆指値注文から動かないのです。

100円5銭になった時、止まったままの逆指値注文は99円80銭ですので、トレール幅の30pipsを下回る値幅の25pipsとなっています。そのため、再びトレールが動き出すには、ドル円が100円10銭以上になる必要があります。

このように、トレールは動く逆指値注文ではありますが、一度下がった場合、下がる前のレートを回復しないと動かずに止まったままであることに注意する必要があります。相場の状況を見ながら、逆指値注文を入れ直すのは手間がかかりますので、トレール注文はその部分の負担を軽くしてくれる注文であるといえます。

トラリピ

トラリピ模式図

トラリピは、大手FX会社である「マネースクウェア・ジャパン(M2J)」が独自に提供している、特殊な注文方法です。

トラリピとは、「トラップリピートイフダン」の略です。IFD注文(1つの注文が成立すれば、もう1つの注文を出す方法)に、注文を繰り返すことができるリピート注文と、まとめて複数の注文が出せるトラップ注文を組み合わせています。

IFD注文で、新規注文と決済注文を同時に出し、決済注文が成立すると、ずっとそのIFD注文は繰り返されて発注されます。
つまり、新規→決済→新規→決済・・・という風に注文が繰り返されていくわけですね。

この「リピートイフダン注文」の中に、複数の値幅で発動する罠のような注文、つまりトラップ注文を、いくつもまとめて出すことができるのが、トラリピの特徴です。

トラリピ模式図2

複雑な注文方法ですが、トレンドが発生している時はもちろん、方向性の定まらないレンジ相場において、効果を発揮する注文方法と言えるでしょう。
レンジ相場で注文と利確を繰り返しながらも、FX相場が思惑とは違う方向に動いたとき、しっかり逆指値注文で損切をすることもできます。

ここまで、様々な注文方法について解説してきましたが、これらの注文方法の活用法が分かっていないと、頭でっかちになってしまいますよね。
次の章では、各注文方法の活用法について解説していきます。

それぞれの注文の活用法

注文方法の種類だけ説明されても、それを活用できなければ、知識を持っていないのと同じことです。
先ほど紹介した注文方法について、活用すべきシーンの例をいくつか紹介します。

トレーダーによって、その注文方法をどのように使うのかというのは様々なので、ここで紹介するのは、あくまで使い方が分からない方に参考にしていただける、1つの例です。

成行注文は相場の動きが速い時に使う

成行注文は、基本的にFX相場の動きが緩やかなときにも速いときにも向いている注文ですが、特に威力を発揮するのは、相場の変動が激しいときです。

レートが何円でも買う・売るという注文なので、注文を出したときのレートよりも乖離することはあるものの、約定力が非常に高いからです。

そのため、多少のレートの乖離はありつつも、FX相場が急変したときや、動きが早い通貨を取引する場合、「なかなか約定しない」ということにはなりにくい傾向にあります。

「安く買って高く売りたい」を徹底するならやはり指値注文

指値注文は、何と言っても「安く買って高く売る」を徹底するための注文方法です。許容スリッページを設定できるFX会社もありますが、基本的には自分が希望した価格どおりに売買できる注文になるため、トレードの際に「こんなはずじゃなかった」ということは起きにくく、資金計画も立てやすい注文であるといえます。

しかし指値注文は、現在のレートよりも、自分にとって有利なレートのときに約定する注文方法です。そのため、約定力は成行注文に比べると低くなってしまいます。
そのため、値動きが緩やかな通貨ペアや、大きな変動の少ない時間帯の場合は、指値注文が有効です。

逆指値注文はトレンド転換時にも使える

大きな損失をなるべく抱えたくないときに逆指値注文は非常に有効ですが、実は、トレンド転換時にも有効な注文方法です。
例えば、下降トレンドが底を抜けそうなFX相場の場合に、「○円×銭以上になったら買う」という逆指値注文を出せば、上昇トレンドに乗ることができます。

しかしこのトレンドの転換ポイントの逆指値注文にも、気を付けるポイントがあります。
それは、チャートに表示されている価格で発注しても注文が通らないケースがあるとういことです。

というのも、チャートはBid価格で表示されているからです。そのため、この例の場合、買いの逆指値注文なので、Askの価格で買わなくてはなりません。そのため、チャートで表示されている価格にスプレッド分を上乗せしたレートを考慮した上で発注する必要があるのです。

相場を四六時中監視できない場合は、特殊注文を利用する

FXを行っているトレーダーが、四六時中チャート画面に張り付いてトレードできるとは限りません。
そういうときに、ぜひ特殊注文を利用するようにしましょう。

例えば1ドル120円の指値注文を出していたとしても、注文が成立しているにも関わらず、仕事などでそれに気づかないという場合があります。
利益を出せる価格まで上昇していたのに、仕事が終わって確認したら、120円よりもレートが下がっているなんてこともあります。

そういうときに、IFD注文を始めとする特殊注文が、売買ポイントを逃さずに機能してくれるのです。

含み損は気にせず、自動売買のようなことをしたいなら、トラリピが便利

トラリピは、トレンドが発生している時はもちろん、レンジ相場でも細かく注文を繰り返すことができる特殊注文です。
ただしIFD注文は等間隔で出すことになるため、新規1→決済1、新規2→決済2・・・と注文をリピートする場合、決済1のレートと、新規2のレートは同じとなります。

この例の場合、トレンドが出ている時は問題ありません。順調に注文がリピートされて約定していきます。しかし、トレンドが転換しそうなタイミングになると、新規注文が発注されたまま決済注文が約定することなくトレンドが転換してしまうため、含み損が出てしまいます。そのため、損切りする必要が出てきます。

また、すでに書いたとおり、トラリピはレンジ相場の時も有効です。しかし、レンジ相場も同様で、レンジの山と底の時に決済注文が約定しないまま次の新規注文が発注されることがあります。

そうなると含み損が発生し、FX相場の状況によっては、長い間含み損を抱えることになりかねません。含み損は、トレーダーのメンタルに大きなダメージを与える要因になるので、そこを我慢できるかが、トラリピを活用する上でのポイントになります。

とはいえ、レンジ相場の場合、いずれは含み損が解消する可能性もあります。例えば、レンジの山の部分で決済注文が発動することなく、そのままレンジが下降局面に入った場合、再びレンジが上昇局面に転換するまでの間に発動した注文によって発生した利益は、含み損を減らするために使われることになってしまいます。

そのため、本当の意味で利益が出るのはレンジが2巡目になった時からということになり、時間効率が良いとは言えません。

この例の場合、レンジの山の部分で決済注文が発動することなく、含み損が発生してしまうわけですが、この時に、含み損を抱えることになってしまったポジションの新規注文と同じレートで逆方向の注文を出すと、含み損を相殺することができます。

こうすることで含み損は解消されますが、資金が余分にかかってしまうため、資金効率は悪くなってしまいます。

このようなトラリピですが、確かに便利ではあります。

ポイントは、時間が含み損の問題を解決する可能性があるとはいえ、一時的にでも含み損が発生してしまうことが許容できるかどうかということと、許容できない場合、余計に資金がかかっても損失を相殺させて消す方法を取るのか、取れるだけの資金があるのか、ということがポイントになります。このことを踏まえた上で、トラリピを利用すると良いでしょう。

では次に、FX相場の状況によって、注文方法を使い分けるテクニックを解説します。

相場による注文方法

注文方法を使うタイミングには、FX相場の状況も大きく関係してきます。
この章では、様々なFX相場の状況を想定して、それに適した注文方法の一例を紹介したいと思います。

動きが穏やかな時間の取引

FX相場の動きが穏やかな時間帯のFX取引では、指値を利用した注文方法でも、基本的には約定しやすいです。
とはいえ、無理やり指値を使う必要はなく、とにかく早く注文を約定させたい方は、スリッページが発生することも念頭に置きながら、成行注文を使うこともできます。

FX相場になかなか張り付けない方は、IFDやOCOなどの特殊注文を使うのが効果的です。
緩やかなトレンド相場の場合は、リスクヘッジを考えて逆指値注文を使うと効果的ですが、スリッページが発生する可能性が高いことに気をつけましょう。

大きなニュース等で動きが激しい時

FX相場に大きな影響を与えそうなファンダメンタルズや、経済指標が発表されたときは、約定率が極端に下がる場合があります。

特に、米国の雇用統計などの経済指標発表時は値動きが大きくなることが予想されるため、そのタイミングの取引は避けた方が賢明です。結果がどちらに転がるか分からないため、ギャンブルのようになってしまうからです。

しかし、そのタイミングでどうしてもポジションを持っていないといけない場合、ポジションと逆の方に相場が動いてしまったら、約定力が比較的高い成行注文ですぐに損切りしましょう。

FX相場が急変して損切するときは、成行注文のスリッページの問題を気にするよりも、とにかく早く約定させて損失の拡大を防ぐことが大切です。

レンジ相場

レンジ相場の場合は、相場の状況を見ながら、指値注文を手入力したり、IFD注文などの特殊注文を、1つずつ慎重に入れていくことも効果的です。

またトラリピは、レンジ相場で使う場合にも有効ですが、含み損を許容できるかどうかということ、許容できない場合に資金がかかっても相殺するかどうか…ということがポイントになってきます。

続いて「自分に合った注文方法」というものの考え方について、詳しく解説していきたいと思います。

自分の性格や生活と照らし合わせた注文方法

FX取引の注文方法を決めるときには、自分の性格やトレードスタイルも考慮する必要があります。

一見FX取引とは関係なさそうですが、自分の性格や生活スタイルを考慮し、どのような注文方法を使うのが最適か考えることも、利益を上げる上で非常に大切なのです。

大きな利益はなくても、安定してコツコツと利益を上げたい

約定力などは度外視して、とにかく安定した利益を少しずつ積み重ねていきたいというトレーダーもいるでしょう。
そういう方は、新規のエントリーでは指値注文をベースに取引するようにしましょう。

決済するときも基本的には指値注文を使いますが、FX相場が急に変動したときのことを考え、自分がチャート画面に張り付けない時間がある場合は、トレール注文やOCO注文等の特殊注文を使うと良いでしょう。

忙しいためできるだけ手間をかけたくない

本業が忙しい兼業トレーダーであれば、特殊注文をフル活用して、なるべく自動的に取引が進むように計算する必要があるでしょう。

そしてもし、含み損に関して寛容で耐えられる自信がある、あるいは、資金が豊富なので、含み損を相殺するためのポジションが建てられるという方は、トラリピの活用を検討してもいいのではないかと思います。

リスクを許容してとにかく大きな波を捉えていきたい

ポンド円、ポンドドル、その他の新興国通貨など、値動きが激しい通貨でFX取引をしたいという方は、ある程度のリスクを覚悟しなくてはいけません。

レートを指定していると、自分の思い通りの取引はなかなか難しくなります。
ですので、スリッページが発生することを踏まえたで、新規注文も決済注文も、なるべく成行注文で行うのが最適ではないかと思います。

まとめ

ここまで、FX取引の注文方法について、様々なことを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?注文方法には、これだけ様々な種類があるのです。

注文方法を活用するには、まずはその方法の意味をしっかり覚えることが大切です。しかし、そこで終わってしまっては、注文方法を習得したとは言えません。

それぞれの注文方法の特徴をしっかり理解したら、選択する通貨ペアやFX相場の状況、自分のトレードスタイル、性格などを総合的に判断して、注文方法を決定します。

安く買って高く売る、高く買って安く買い戻す…実にシンプルな仕組みですが、利益を出すために必要な注文方法には色々な種類があります。それぞれの特徴をきちんと理解した上で使わないと、思うように利益が上げられなかったり、思わぬ損失を被ることになります。

FXの基礎については以下の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

それぞれの注文方法の内容を理解するのはもちろんのこと、活用方法についてもしっかりと理解した上で、1度活用してみてはいかがでしょうか。

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

おすすめのFX会社

DMM FX

Medium rola 300 250
口コミ点数 Point star4 5 4.9
総合ランキング 1位
初回入金額 無料
推しポイント FX口座数 国内第1位!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
20円 -7円 25円

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

外為どっとコム

Medium 99cc610d3bc7486acc314e0178bfad56
口コミ点数 Point star4 0 4.4
総合ランキング 4位
初回入金額 無料
推しポイント 業界トップクラスの情報量!
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
72円 -15円 25円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。