FXでコツコツ利益を上げる方法/初心者を悩ませるコツコツドカン

  • 更新日: 2019/07/31

FX投資家の多くは、一生遊べるような大金を目指すのではなく、コツコツとお小遣い程度を稼げれば良いと考えているのではないでしょうか。そんな時に気になるのが、FXでコツコツと利益を上げる方法です。

  • FXでコツコツ稼ぐとは?
  • FXでコツコツと利益を上げる方法
  • コツコツドカンについて

というようなFXにコツコツと取り組む場合に気になることを紹介していきます。コツコツといっても、人それぞれ色々な捉え方がありますし、コツコツと利益を上げる方法にリスクがないわけでもありません。

また、コツコツ利益を上げようと思っている投資家が陥りやすい罠も存在しますので、しっかりとFXにおけるコツコツの意味を理解した上で投資していきたいものです。

FXにおけるコツコツの意味とは?

FXでコツコツと利益を上げるという言葉は、一見すると良い行動に思えます。しかし、コツコツといっても、その行動によって意味が異なってきます。

毎日コツコツ

毎日少しずつ取引を重ねる。これもFXにコツコツと取り組むことになるでしょう。しかし、毎日コツコツという方法は、「毎日取引しなければならない」という強迫観念を生む可能性があります。

FXは、毎日チャンスがあるわけではなく、場合によってはデイトレードであっても、1週間に1度しかポジションを持たないこともあるのです。デイトレードの定義は、毎日ポジションを持つことではなく、毎日相場を確認して、エントリーチャンスを探す。

このような捉え方をすることがFXにコツコツと取り組む場合に重要になってきます。

少額でコツコツ

少額でコツコツと取引を重ねる方法は、FXにコツコツと取り組む場合、ひとつの正解だといえるでしょう。少額で取引をする場合、生活費クラスの大きなお金を稼ぐことはできませんが、その分リスクも軽減されます。

余剰資金で投資に取り組むを実践する場合、少額取引が最も現実的な手段です。少額取引については、下記の記事で詳細に解説しております。

小さな利益をコツコツと重ねる

これは少し注意が必要なコツコツの捉え方です。小さな利益をコツコツと重ねる方法は、まだ利益が伸びる可能性があるのに決済してしまう結果負けを招きます。

獲得すべき利益というのは、投資手法や利益と損失のバランス、相場局面を踏まえた上で決定してくるので、利益の幅を固定化してしまうと、逃げ遅れとチャンスの見逃しを招きます。

コツコツと利益を重ねる場合でも、その局面によって、利益と損失の幅は異なってくることを頭に入れておきましょう。

利益や損失を表すpips

「pips」と聞くと何だか難しそうに聞こえますが、イメージ的には円やドルと同じく損益を表す単位だと考えるとわかりやすいです。今回はこの「pips」という単位について説明していきます。

pipsとは?

「pips」を使うときは、大きく分けると3通りあります。1つは決済して損益が確定したときの「○○pips(-○○pips)の損益が確定した」です。2つ目はポジションを持っていて、含み損か含み益が出ているとき「米ドル円が○○pipsの含み益を出している」、「ポンド円が〇〇pipsの含み音を出している」という場合です。

3つ目は「先月はトータルで-150pipsの損失だったが、今月はすでに850pipsの利益が確定している」という際に使用します。どの例を見ても理解できるように、「pips」はFX取引における損益の単位を表しています。

トレーダーが取引している通貨単位によって影響は異なる

FX会社によって最低取引の通貨単位は異なりますが、1000通貨単位と1万通貨単位での取引で「pips」の影響がどのように変化していくのか見ていきましょう。

米ドル円レート100円のタイミングでポジションを持ち、トレンドが下降して90円まで下がったとき、スプレッドを考慮しないで計算をすると「1000pips=10円」の含み損が発生します。このとき、1000通貨単位で1枚を買っていたとすれば損失額は1万円ですが、1万通貨単位で1枚を買っていた場合損失額は10万円です。

このように同じ「1000pips」でも取引する通貨単位が違うと、損失額に大きな差が出ます。通貨単位が大きい場合は利益額も大きくなりますが、同時に損失額も大きくなり、場合によっては証拠金を追加で入金する必要も出てしまいます。

コツコツドカンについて

FXにコツコツ取り組む場合の注意点として、特に注意しなければならないのがコツコツドカンです。

コツコツドカンは利小損大

FXにおけるコツコツドカンというのは、利益が小さく、損失が大きいバランスの悪い投資のことで、利小損大という言葉と意味は同じです。上で紹介したようにコツコツの意味を取り違えてしますとコツコツドカンを招いてしまいます。

人は心理的にコツコツドカンを招きやすい

コツコツドカンを調べる際に、まず注意したいのが人間の心理です。人は、心理的に利益よりも損失の方が印象が強い、という特徴を持っています。そのため、普通に取引をすれば、心理状況から損にならないうちに利益を確定します。

さらに、損失を確定したくないという心理が働き、損切りが遅れるのです。このため、コツコツドカンは注意しなければならない状況である反面、投資において人が最も陥りやすい罠であるともいえるでしょう。

デイトレードやスキャルピングは注意

コツコツドカンは、トレードスタイルにも深く関係しています。特に注意が必要なのは、デイトレードスキャルピングのような短時間に取引を繰り返す方法です。

短時間取引のため獲得可能な利益の幅も限定的なので、どうしても利益に比べて、損失が大きくなる傾向があります。

一瞬の損切りチャンスを逃すと、損失が最大限になってしまう可能性があり、そのまま損切りするのか、少し戻りを待つのか、など選択肢がどんどん増えていきます。

利益を固定化すると陥りやすい

コツコツドカンは、1取引1000円というように、利益を固定化してしまうと陥りやすいです。チャートを見返してみるとわかるのですが、その時々の波によって、利益を出せる値幅が異なってきます。

そのため、利益の固定化をしてしまうと、取れるべき時に取れず、逃げるべき時に逃げられなくなってしまうのです。この状況こそが、まさにコツコツドカンなので、利益と損失はトレード毎に変わるという柔軟性を持つ必要があります。

FXでコツコツ利益を上げる場合の注意点

FXでコツコツと利益を上げることができれば、安定した投資法だといえます。しかし、コツコツ取り組む場合には注意点もあります。

目標金額は決めない

これは、FXにコツコツ取り組む場合も、そうでない場合も同様です。目標金額を決めてしまうと、取引が窮屈になってしまう可能性があり、メンタル面での思わぬ重しになってしまうことがあります。

FXのおいて、毎月同じ回数のチャンスが来ることはありえず、利益を伸ばせる月もあれば、逆に思うような利益にならない月があるのは当たり前なのです。つまり、利益を上げられる局面にだけコツコツと取引することが、FXでは重要になってきます。

必ずしも毎日取引する必要はない

コツコツ取引という言葉は、毎日取引に置き換えることもできます。しかし、FXにコツコツ取り組むからといって、毎日取引しなければならないわけではありません。

あくまでもチャンスを確認できた時にだけ取引すれば良く、毎日取引しなければならないという強迫観念は、無理な取引を生むだけなので注意しましょう。逆に、FXにコツコツと取り組むと決めたのなら、毎日相場を確認することが大切です。

毎日エントリーチャンスを探るのは、予想以上に体力を消費し、コツコツだから楽というわけではありません。

自分のルールをつくる

FXで成功するには、トータルの勝率を意識することが大切です。勝ちを意識した自分なりのルールを作ってみましょう。初心者会員向けのノウハウを勉強するために、投資のプロや経験者が講師を務めるセミナーに参加してからでも良いのですが、まずは自分で考えてみるということが大切です。

まずはFX口座に入金する金額を決めるところからスタートしてみましょう。初心者ですからあまり大きな金額は難しいと思います。10万円から100万円の間が無難なラインです。多くの証拠金を入れると多くの枚数を取引したくなり、大損を出す可能性が出てきます。

余剰資金で運用することが重要なので、最初は確実に利益を取ることに気持ちを向けましょう。利益は取引枚数によって差が出てきます。1枚運用の短期トレードで1万円以上取っていく、もしくは長期で1枚運用し5万円以上の利益を確実に取るなど、ある程度の目標金額設定はきちんと定めておきましょう。

また、トータルでいくらの損益割合とするのかを決めておいた方がいいでしょう。何も考えずにやっていくと気が付いて見たら、トータルでマイナスになっていたこともあります。トータルでプラスになっていなければならないため、損失と利益の割合を考えたトレード方法を考えなくてはなりません。

勝ちが続いても1回の負けでマイナスとなれば、それは成功ではなく失敗として終わります。ポジションを持ったときにどこまで我慢するのか、どこで利益を確定させるのかは、FX取引においての絶対的なルールとして必要です。あとは自分でルールを作るときに、絶対にやってはいけない事項を決めておくことも大切です。

例えば、「塩漬けにしない」「ナンピンは絶対にやらない」などが挙げられます。それから、サラリーマンや主婦など、自身の生活環境にフィットしたトレード方法も考える必要があるでしょう。サラリーマンのトレード手法は主婦には難しく、逆もしかりだからです。やる時間帯や、取引回数によって、ルールは変わってくるものです。

このほかにも、チャート画面上にラインを引いてトレードするのか、テクニカルシステムを使うのか、注文方法は「IFO」か「IFD」かを決めるのも重要です。順張りか逆張りかによっても、トレード手法は異なってきます。

スワップポイントでコツコツ利益を上げる

FXでコツコツと利益を上げる方法は為替差益だけではありません。スワップポイントを重ねていく方法もあるので、詳細を確認してみましょう。

スワップポイントについて

スワップポイントは、通貨間の金利差によって発生する利益です。低金利通貨で、高金利通貨を購入すれば、スワップポイントを得られます。逆に、高金利通貨で低金利通貨を購入した場合は、損失が発生します。

また、日本円は超低金利通貨といわれるほど低金利な通貨として知られています。そんな法定通貨を持つ日本は、ある意味でスワップポイント面で有利といえるかもしれません。

長期投資が基本になる

スワップポイントはポジションを保有した状態で、日をまたぐ(オーバーナイト)ことによって加算されていきます。そのため、為替差益とは違い、長期投資が基本になります。

リスクについて

スワップポイントは、FXでコツコツと利益を上げられる方法です。しかし、リスクが大きい投資法でもあります。基本的に、スワップポイントの大きい通貨は、通貨としての安定性に欠ける傾向があります。

流動性が低く、状況によっては、大幅に価格が変動するリスクを背負っています。円やドルにも価格変動のリスクはありますが、スワップポイントの大きな通貨は変動の幅も大きくなる傾向があり、コツコツと貯めた、スワップポイントが一瞬でゼロになってしまう可能性もあるのです。

もちろん、価格変動によっては利益が一転して損失になることも考えられます。また、スワップポイント狙いの投資は、長期投資が前提なので、どうしてもある程度の価格変動は考えておく必要があります。

そのため、強制ロスカットを防ぐ目的で、レバレッジを低くする必要があり、ある程度の資金力が必要な投資法ともいえます。さらに、この低レバレッジという特徴が価格変動による損失のリスクを高めてしまう可能性があります。

スワップポイントまとめ

FXでコツコツ利益を上げる、というトレードスタイルにスワップポイントを照らし合わせてみます。スワップポイント自体は、コツコツと利益を積み重ねることができる方法です。

しかし、価格変動のリスクを常に考える必要があり、スワップポイントが大きいからといって安易に選択できる方法ではないことがわかります。

積立FXでコツコツ貯める

積立FXは、FXと取引という考え方を切り離したい人におすすめです。

積立FXとは

積立FXは、少額で毎月定期的に外貨を購入する投資法です。取引をせずにコツコツとFX投資をしたい、という人におすすめです。銀行の積立型の定期預金に似ていますが、あくまでもFXなので、価格変動よるリスクや恩恵があり、通貨によってはスワップポイントも発生します。

ドルコスト平均法

積立FXのメリットは、取引の手間がない、完全な余剰資金での投資、そして最後がドルコスト平均法を利用しやすい点です。ドルコスト平均法は、簡単にいえば、一定額分を毎月のように定期的に購入していく方法です。

こうすることで、安い時には多く、高い時には少なく購入することになり、結果的に購入単価を均等化することができます。ドルコスト平均法は、安定した投資商品であればあるほど、その恩恵を受けやすいです。

ドルや円のような成熟した通貨には、必ず上がり下がりの波があり、過去のチャートを見返しても、長期的に見れば上がりだけというような局面は少ないはずです。通貨の特徴を踏まえて積立FXを実践することができれば、コツコツと安定したFX投資を実現できるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

FXでコツコツと利益を上げる方法について、なんとなくビジョンが見えてきた人もいるかもしれません。コツコツFXは、捉え方によってマイナスしか生まない場合もあるので、まずはその意味をしっかりと理解することが大切です。

また、多くの投資家が陥るコツコツドカンの罠についてもあらためて考える必要があるでしょう。ドルコスト平均法を用いた積立FXのような商品もあり、FX取引とは切り離した部分で、コツコツと貯めていく方法もあります。

FXにおけるコツコツで絶対に勘違いしたくないのが、コツコツ=利益が小さい、という考え方です。利益の幅は状況によって常に変動することを念頭に置いて、コツコツとFXで利益を積み重ねていきたいものです。FX初心者の方は、「専門家が教えるFXのやり方・始め方!始める前に知っておくべきこと」の記事もご参考いただけます!

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。