FXで使用するインジケーターの種類と特徴|上手な使い方と注意点

  • 更新日: 2019/08/01

FX取引をしているとインジケーターという言葉を聞くことがあるかもしれません。このインジケーターですが、テクニカル分析とも馴染み深いもので、きっとみなさんの身近にも存在しているはずです。

    インジケーターとは何か?インジケーターにはどんな種類があるのか?インジケーターを有効活用できるツールは?

この記事では、このような疑問を持っている人に対して、インジケーターの詳細から、インジケーターを効果的に使えるツールまでを紹介していきます。テクニカル分析やシステムトレードとも関連性が深いものなので、これらを導入しているトレーダーもぜひご覧になってみてください。

インジケーターとは?

FXにおけるインジケーターは、人によって耳馴染みがないかもしれません。しかし、FX会社の提供する取引ツールを使っているほとんどの人が知らず知らずのうちにインジケーターに触れているはずです。

チャートとインジケーター

インジケーターは、テクニカル分析と関連性の深い言葉で、チャートに付随する機能だと考えておけばわかりやすいでしょう。チャートを使ってFX取引をしているなら、移動平均線ボリンジャーバンドも一緒に使っているのではないでしょうか。この移動平均線やボリンジャーバンドもインジケーターのひとつで、各チャートに組み込まれている機能でもあるのです。

インジケーターの種類と特徴

FXのインジケーターには、いくつかの種類があって、用途に応じて使い分けられるようになっています。使っているインジケーターの種類がわからなければ、有効活用は難しいので、しっかりと種類を把握しておきましょう。

トレンド系インジケーター

トレンド系インジケーターは、トレンドという名前通り、相場をトレンドという観点から表したものです。相場のトレンドを踏まえた上で、サインを表示してくれます。

一目均衡表   

一目山人という投資家が戦前に開発したと言われている非常に歴史のあるインジケーターです。テクニカル傾向が強く、順張りでも逆張りでも利用できるため海外投資家の間でも非常に人気がある、日本が産んだ世界的なインジケーターと言われています。

一目均衡表は「転換線」、「基準線」、「雲(先行スパン1と先行スパン2の間)」、「遅行線」で構成されており、トレンドの方向や強弱を知ることが可能です。利用するポイントは、ローソク足が基準線を上抜け基準線も上向きになれば上昇トレンド。反対の場合は下降トレンドと判断することができます。

また、ローソク足が雲の上にあるか下にあるかでもトレンドの方向性を把握することができます。ただし、ローソク足が雲の中にある場合は、極めて弱いトレンドやレンジ相場の可能性が考えられるため、トレードを見合わせる判断材料としても利用できます。

一目均衡表を利用するだけでトレンドの方向性はもちろん、ある程度のトレンドの強弱も判断することができる優れたインジケーターです。

移動平均線

移動平均線

トレンド系のインジケーターの中で、代表的な存在です。統計の分野で古くから使われていた指標で、それが相場分析にも使えることがわかってからは、様々な投資商品の分析に使われています。最もポピュラーな移動平均線は、長期移動平均線と短期移動平均線を組み合わせたもので、買いサインとして有名なゴールデンクロスも、移動平均線に表れるサインです。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

こちらもテクニカル分析中心のトレーダーに、お馴染みの指標で、上で紹介した移動平均線に組み込んで使うものです。移動平均線の上下に3つの領域を持つバンドを表示して、移動平均線から近い方から、1σ、2σ、3σと呼ばれています。上手く利用することで、売るタイミング、買うタイミングを確認することができ、+3σに近づくほど、買われ過ぎ、-3σに近づくほど売られ過ぎと読み取ることができます。

オシレーター系インジケーター

オシレーター系のインジケーターも基本的には、ボリンジャーバンドなどと同じく、買われ過ぎや売られ過ぎのサインを出してくれる指標です。

MACD

MACDはジェラルド・アペルによって1979年に発表され世界中の投資家に利用されているインジケーターです。「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で日本語にすると「移動平均・収束拡散トレード法」を意味します。

MACDを使った手法は多岐に渡りますが、初心者におすすめの見方は、長期EMAと短期EMA2本のクロスをエントリーのシグナルと考える見方です。またゼロラインを中心にMACDが上にあればあるほど上昇トレンド、下にあれば下にあるほど下降トレンドと判断することも可能です。

MACDは通貨ペアに関係なくトレンドの方向性と、トレンドの強弱を知ることができるインジケーターですが、単体で利用すると騙しも多くなりますので、ボリンジャーバンドなど、ほかのトレンド系インジケーターと併用することをおすすめします。

RSI

RSI

RSI(Relative strength index)は、買い圧力と売り圧力の強さを計るための指標です。具体的には、相場の上昇と下落の終わりを計ることができ、上昇局面で買い圧力が少なくなってきたら、売りのタイミングです。逆に、下落局面で売り圧力が少なくなってきたら買いのタイミングというように、主に逆張りを主体とするトレーダーに好まれるインジケーターになっています。

ストキャスティクス

ストキャスティクス

ストキャスティクスもRSIと同様に、買い圧力と売り圧力を数値に表したものです。複数の線を組み合わせた指標で、それぞれ%K、%D、Slow%Dとなります。Slow%Dは、スローストキャスティクスという指標に使われ、両方を確認することで売り買いのタイミングを計ります。ストキャスティクスは、ボックス相場から抜け出し、相場に明確なトレンドが発生するタイミングを計るために利用できます。逆に、しっかりと方向性が出ている相場では、使い物にならないことも多いです。

インジケーターの使い方と注意点

様々なインジケーターを紹介しましたが、最後にインジケーターを使う際の注意点についても考えてみます。

インジケーターは万能ではない

FX取引でインジケーターを使っていると、高い精度を誇るはずのボリンジャーバンドで±σ3を大きく突き抜けた場面に遭遇することもあるはずです。また、オシレーター系のインジケーターも、強い上昇相場や下落相場では、サインを発しているのにもかかわらずに、思ったように相場が動かなかったということもあります。

このようにテクニカル分析は、あくまでも過去の相場から未来を分析するものなので、必ずしも予測通りとなるわけではありません。

複数のインジケーターに振り回される

インジケーターは、複数組み合わせて使うこともできますが、あまりにも多くの指標を参考にしてしまうと、一体どれを参考にしてよいのかわからなくなってしまうでしょう。大切なのは、自分の得意とするテクニカル分析を見つけることで、それに合ったインジケーターを採用して、じっくりと研究することです。

インジケーターの使い方

上記で解説したようにインジケーターは決して万能ではありません。世の中に、全ての相場に対応できる神器のようなインジケーターは存在しないのです。またFX初心者が、あまりに多くのインジケーターを利用することもおすすめできません。

判断が鈍りエントリーチャンスを見逃してしまったり、決済のタイミングを見誤る可能性が高くなるためです。では、実際にインジケーターを利用する際は、どのようなことを心がければ良いのでしょうか。FXの世界には星の数ほどのインジケーターが存在します。

もちろん熟練の投資家であれば、自身の経験を元に自分にあったインジケーターを組み合わせて利用するでしょうし、それが理想です。しかし、経験が浅い内はそれは難しいので、多くの投資家が利用しているメジャーなインジケーターを複数組み合わせて利用することをおすすめします。

もちろん、トレンド系のインジケーターに偏ったり、オシレーター系のインジケーターのみを利用するなどは好ましくありません。例えばトレンド系インジケーターの代表格であるボリンジャーバンドと、オシレーター系のストキャスティクス。さらに信頼性を高めるために両インジケーターを補うMACDなどを組み合わせて利用するのが良いでしょう。

FX初心者のうちは、この記事で紹介したメジャーなインジケーターを中心にトレンド系インジケーターオシレーター系インジケーターからバランスよく選択し、最大でもインジケーターは2種類から3種類ぐらいの利用に止めるようにすることをおすすめします。また、新しいインジケーターを利用する際は、実弾でのトレードに拘らず、まずはデモトレードで練習を行なったり、1通貨単位などの少額トレードで十分な検証を行うことも大切です。

インジケーターが豊富なMT4

インジケーターを使いこなすためには、取引ツールにインジケーターが組み込まれていなければなりません。今回は、インジケーターが豊富な取引ツールとして有名なMT4を紹介します。

MT4とは

MT4

MT4は、メタトレーダー4の略称で、取引ツールとして多くのFX投資家に親しまれています。大きな魅力として、システムトレードによる自動売買に対応しています。高機能ツールとして裁量トレードにも利用できますが、MT4に慣れておくと、システムトレードに移行する際にもスムーズです。

パソコンを選ばない

MT4には、たくさんのメリットがありますが、そのひとつがパソコンを選ばないという点です。いくら高機能ツールであっても、最新型のパソコンでしか動作しないのでは、使えない人も多くなってしまいます。しかし、MT4は、低スペックパソコンでも扱いやすいように設計されており、これも多くのユーザーを抱える秘密だといえるでしょう。

豊富なインジケーター

今回紹介したインジケーターとも相性が良いのがMT4です。標準装備として、複数のインジケーターを導入しており、上で紹介した代表的なインジケーターも、もちろん搭載しています。

また、ある程度トレードに慣れてくると、ひとつのインジケーターだけ使うのではなく、組み合わせて使うことが多くなってきます。MT4は、そんな組み合わせ表示にも対応していて、自分好みのインジケーターを一度に画面に表示できるのです。

カスタマイズ性が高い

豊富なインジケーターはMT4の魅力ですが、それらをカスタマイズすることができるのもメリットです。さらに、MT4のインジケーターは日夜開発中で、これからもどんどん増えていくのです。そのため、MT4独自のテクニカル指標を採用したインジケーターなどもあって、テクニカル分析が上達すればするほど、MT4を有効活用できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。インジケーターが、FX投資家にとって、身近な存在であることがわかったかと思います。現在は、FX会社の高性能ツールが無料で使える時代なので、インジケーターの存在を知らないのは、とてももったいないことです。

ボリンジャーバンドやRSIなどのメジャーな指標を徹底的に研究するのもよいですし、珍しいインジケーターの中から、自分の取引に合ったものを採用して、自分オリジナルのトレード環境を構築するのもよいでしょう。

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。