FXのIFD注文の使い方/メリットとデメリット・注意点を解説

  • 更新日: 2019/07/17

FXには様々な注文方法があり、それぞれのシーンに合った注文方法を選ぶことができれば取引はとても楽になります。

そのためには、注文方法の一つ一つについてメリットやデメリットを把握しておく必要があります。

色々な注文方法がある中、苦手な人が比較的多い注文方法の一つに、IFD注文があります。

  • IFD注文をどのように活用すれば良いのか知りたい。
  • IFD注文のメリット・デメリットを知りたい。

という人に、今回はIFD注文がどのような注文かご紹介します。

IFD注文のメリット・デメリットを理解し、役立ちそうな局面で使ってみてはどうでしょうか。

IFD注文とは

指値注文や逆指値注文から一歩進んだ予約注文がIFD注文です。指値や逆指値を複雑に組み合わせて使う複合注文が多い中で、IFD注文は比較的シンプルであることから複合注文の入門の位置づけであるとも言えます。

ここでは、IFD注文がどのようなものなのかという点について解説していきます。

IFD注文は新規と決済を同時にできる注文方法

IFD注文の模式図

IFD注文は、イフダン注文とも呼ばれています。If+Doneを略してIFD注文と名付けられているのですが、その意味は「もし(If)〇〇になったら、××を執行(Done)する」というものです。新規注文と決済注文を一度に同時発注できるのがIFD注文の特徴です。

なお、FX業界ではDoneは「執行する」ということを意味します。今でこそFXはインターネットを通じて行うものとなっていますが、ネット取引が主流となる以前は、電話で為替取引のやり取りをしていました。その際、為替のブローカーが様々な金融機関との間に入り、ディーラーとやり取りをしていました。そのやり取りの中で、取引が成立した場合はダン(Done)と言い、反対に取引が不成立となった場合にはナッシングダン(Nothing Done)と言っていたのです。

先ほども書いたように、IFD注文は「もし〇〇になったら、××を執行する」という注文方法です。そのため、指定した条件を満たさなければ注文は発注されません。条件を満たして新規注文が執行されると、決済注文の条件を満たすまでは、相場の急変でロスカットが執行される、などといったことが無い限り、ポジションをキープしたままの状態となります。

なお、新規注文が執行された後でも、決済注文が執行される前であれば、相場の状況を見ながら決済注文の条件を変えたり、あるいは決済注文を取り消したりすることも可能です。

IFD注文は新規、決済を同時に発注する注文方法で、指値注文か逆指値注文のどちらかを発注することができます。そのため、組み合わせとしては

  1. (新規)指値 (決済)指値
  2. (新規)指値 (決済)逆指値
  3. (新規)逆指値 (決済)指値
  4. (新規)逆指値 (決済)逆指値

の4種類となります。

IFD注文のメリットとデメリット

IFD注文は予約注文の一種で、指値や逆指値を入れておくことで、ある程度放置することも可能な注文方法です。新規と決済の両方を発注するため、相場にずっと張り付いていられない場合に便利な注文方法です。また、新規注文が約定した後であっても、相場の状況次第では、決済注文が執行される前に取消したり、条件を変えたりすることも可能です。

その一方で、相場の状況次第では、入れた新規注文が約定しないこともあるので、完全に放置してしまうことはできません。また、新規注文が執行された場合であっても、その後の相場の動向次第では、損切りをしなければならないケースもあります。

決済指値のIFDと決済逆指値のIFDの比較

決済注文を利益確定のための注文に指定した場合は、注文が成立するかどうかを確認するために、ある程度こまめに相場をチェックする必要があります。なぜならば、自分のポジションと反対方向に相場が動いた場合にきちんとチェックしておかないと、想定以上の損失を抱えることになってしまうかもしれないからです。そうならないためにも、相場の動きはきちんとチェックしておく必要があります。

もし相場のチェックに手が回らない場合などは、決済注文に損切りの注文を置いておいたほうがいいでしょう。ただし、仮にそうした対応をする場合であっても、利益確定は自分で行う必要があるため、可能な限りまめに相場をチェックする必要があります。そうしなければ、ここぞというポイントでの利益確定ができずに利幅が小さくなったり、トレンド転換して損失が出てしまったりすることもあります。

このことからも分かるように、IFD注文は新規注文が執行された場合から決済注文の執行までは相場をまめにチェックしなくてはいけません。

IFD注文の使い方

先ほど紹介したように、IFD注文には発注の組み合わせが4種類あります。新規で指値を使う場合には、決済では指値あるいは逆指値のどちらかを入れます。

相場の動きを見て、これから上がる、あるいは下がると判断した時に、決済で指値を入れる場合は利益確定のための注文となります。この場合は、自分の思惑と反対に相場が動いた場合には決済注文を取り消すか条件を変えるなどして、自分で損切りする必要がでてきます。

一方、逆指値を入れる時は損切りのための注文を入れることになります。この場合であれば、自分の思惑通りに相場が動いた時には決済注文を取り消す、もしくは条件を変えるなどして、自分で利益確定の注文を出すようにしなくてはいけません。

また、新規で逆指値を使う場合は逆張りで使われる場合が多いのもIFD注文の特徴です。相場転換を狙って、今よりも不利なレートでの新規注文を出すのです。この場合も、決済は指値か逆指値のどちらかになります。その時は上の例と同様に、指値は利益確定のための注文となるため、もし自分の思惑と反対に相場が動いた場合には決済注文を取り消すか、もしくは条件を変えるなどして損切りする必要が出てきます。

また、逆指値は損切りの注文であるため、もしも自分の思惑通りに相場が動いた場合は決済注文を取り消すか、または条件を変えるなどして利益確定の注文を入れる必要があります。

トラリピはIFD注文の応用版

トラリピという注文方法は、大手FX会社であるマネースクウェア・ジャパン(M2J)が提供している独自の注文方法です。

1つのIFDがリピートされる模式図

トラリピというのは「トラップリピートイフダン」の略で、IFD注文に注文を繰り返すことができるリピート注文と、まとめて複数の注文が出せるトラップ注文を組み合わせたもののことをいいます。

トラリピでは、IFD注文を出すと新規→決済→新規→決済・・・という風に注文が繰り返されていきます。つまり、IFDの決済注文が執行されるとそのIFD注文はずっと繰り返されて発注されていきます。

リピートイフダンをトラップのように仕掛ける模式図

トラリピは、この「リピートイフダン注文」の中に、一定の値幅で発動する罠のような注文であるトラップ注文を複数出すことができるようにしているのが特徴です。

トラリピは、トレンドが発生している時には特に有効な注文方法です。等間隔でIFD注文を出すため、新規1→決済1、新規2→決済2・・・と注文をリピートしている場合、決済1のレートと新規2のレートは同じになります。トレンドが出ている時は決済1のレートと新規2のレートが同じになるのは問題なく、注文がリピートされて利益確定を重ねることができます。しかし、トレンド転換のタイミングになると、新規注文が発注されたまま、決済注文が約定する前にトレンド転換してしまうことがあり、その場合は含み損が出てしまい、相場の状況によっては、損切りする必要もあります。

なお、トラリピはレンジ相場においても有効です。しかし、レンジ相場も先ほどのトレンド転換の場合と同様に、レンジの山と底の時に決済注文が約定しないまま次の新規注文が発注されるということが起こり得ます。そうなると含み損が発生してしまいます。

とはいえ、レンジ相場は一定の値幅を行き来するのが特徴のため、いずれ再び山と底付近のレートに到達します。しかし、相場の状況によっては長い間含み損を抱え続けることになってしまいます。

例えばレンジの下降局面の場合に、レンジの底付近に決済注文を置いていたとすると、相場の状況によっては、その少し手前で決済注文が発動することなくレンジの方向が転換し、上昇局面に突入してしまうということもあります。そうなると、レンジが再び下降局面に転換するまでの間に発動した注文によって獲得した利益は、含み損を減らするために使われてしまいます。

この場合、本当の意味で利益が出るのはレンジ2巡目以降ということになるため、時間効率の面で優れているとはいえません。

なお、もしもレンジの山や底で決済注文が発動することなく含み損が発生した場合は、含み損を抱えることになってしまったポジションの新規注文と同じレートで逆方向の注文を出すことで含み損を相殺することができます。しかし、そのためのポジションを新たに建てると資金が余分にかかり、資金効率が悪くなってしまいます。

また、この事例のようなことが起こりにくいよう、新規注文と約定注文のレートを微調整する、ということもできなくはないのですが、実際にやろうとすると意外と難しいものです。

このようにトラリピは非常に便利な反面、問題もあります。含み損を許容できるメンタルや、資金効率が悪くなっても問題ないくらいの資金を投入できるか、そして、その場合はリスクを受け入れられるかどうかが、トラリピを使うかどうかの重要な判断ポイントになっています。

トラリピは、このことを踏まえた上で利用する必要がありますが、この点を許容できれば魅力的なトレード手法であると言えます。

IFD注文をどのように使うか

IFD注文の特徴やメリット・デメリット等をこれまで紹介してきました。

ここでは、IFD注文をどのような場面で使うのか、という具体的な使い方について解説していきます。

IFO注文に比べると使い勝手があまりよくないことに注意

 IFD注文にOCO注文を組み合わせたIFO注文は、IFD注文のように新規注文を出した後に次の注文が条件を満たせば執行されます。しかし、IFD注文とは違う点があります。

IFOの模式図

IFD注文の場合は決済にあたり一つの条件の注文しか出すことができません。しかし、IFO注文は、決済でOCO注文が発動するため、「もし〇〇なら××を執行する、もし△△なら●●を執行する」といった形で利益確定と損切りの2つの注文を出すことができます。IFO注文がIFD注文と大きく違うのは、発注から決済まで完全に自動で行うことができるという点です。

IFD注文は、新規注文が約定した後は相場の状況によって自分で損切りや利益確定をしなければならないこともあるため、新規から決済までの注文を完全に自動で行うことはできず、決済に関してはある程度相場のチェックをしながら自分の裁量で行わなければならないケースがあるのが特徴です。そのため、どうしてもIFO注文に比べると、使い勝手には難があると言えます。

損切りができない場合にIFD注文を利用する

上記のように、IFD注文はIFO注文ほど自動化されておらず、あまり使い勝手が良いとはいえない面もあります。そのため、IFD注文よりIFO注文の方を頻繁に使うトレーダーも多いのではないでしょうか。しかし、IFD注文も工夫次第で便利に使うことができるのです。

例えば、損切りができない場合がその一例です。すでに何度か紹介しているように、IFD注文では、決済注文に利益確定か損切りのどちらかの注文を入れることができます。損切りが上手にできない人や、損失が出た場合に塩漬けポジションを作りがちな人は、IFD注文で損切りの注文を入れておくことで、機械的に損切りを行うことができるようになります。

その場合は利益確定を自分で行う必要がありますが、利益確定に関してはそれほど問題なくできているのであれば、損切りをきちんとできるかどうかが重要になるため、機械的に損切りするためにIFD注文が役に立ちます。

上手に利益確定できない場合に利用

上で挙げた損切りができない場合とは反対に、利益を深追いしてしまったり、少々の価格変動にも過敏になってしまって利食いが早すぎる場合は、利益確定を機械的に行うためにIFD注文を使うと良いでしょう。

その場合、損切りについては自分で相場を見ながら行う必要がありますが、損切りは問題なくできているのであれば、利益確定のためにIFD注文を使うことで、利益確保に役立てることができます。

スワップ目的のトレードで利用

スワップ目的でFXを取引する人の中には「スワップが目的なので、元本部分である証拠金については増えても減っても気にならない」という人もいます。つまり、運用益を重視しており、インカムゲインであるスワップが重要であるため、キャピタルゲインである為替損益はさほど気にしない、ということになります。

とはいえ、FXの場合は外貨預金とは違ってロスカットがあります。スワップ目的とはいえ、万が一にもロスカットされてしまっては元も子もありません。また、ロスカットが執行されてしまうと元本を大きく減らしてしまうことになり、場合によっては口座がマイナスになる場合があります。

このような事態にならないよう、ロスカットが執行されるレートより上の水準に損切りのための注文を置いておいたほうが良いでしょう。そのためにはIFD注文を使った方が便利です。

例えば、スワップ目的でNZドル円のロングポジションを持つ場合は、IFD注文でNZドルを買い、決済注文については、損切りのための逆指値をロスカットの水準より上に置いておきます。こうすることで、相場が急変した際、ロスカットが執行されるよりも前に自分で損切りできるので、元本を大きく減らしたり口座がマイナスになったりするのを防ぐことができます。

まとめ

IFD注文は、新規注文と決済注文をセットで出す注文方法で、新規注文が約定したら決済注文が有効になります。複合注文といわれる注文方法の中では比較的シンプルな注文方法であり、使いやすいものといえます。

セットの注文とはいっても、例えば新規注文が約定した後でも決済注文が約定する前であれば決済注文の内容を変更したり、もしくは決済注文を取り消したりすることも可能です。その点では、セットの注文方法というよりも、新規注文と決済注文を同時に発注できるだけ、といえるかもしれません。

注文の際は指値と逆指値を組み合わせて注文を出しますが、相場の動き次第では新規注文が約定した後に決済注文がなかなか約定せず、大きな含み損を抱えてしまうことがあります。そうなることを防ぐためには、相場の動きについて完全に放置することなく、ある程度はチェックしていく必要があります。

また、似たような注文方法にIFO注文というものもありますが、利益確定と損切りの2種類の注文を同時に出せるIFO注文と比較すると、IFD注文はいささか使い勝手が悪いと感じる人もいます。しかし、チャートを見ながら取引できる場合などは、IFD注文の方が相場の動きにすぐ対処することができるため、IFD注文の方が使いやすいケースもあるのです。

どの注文方法にも一長一短があり、場面によって使い分けていく必要があります。複雑なものもある複合注文に慣れるために、まずはIFD注文を使ってみてはいかがでしょうか。

注文方法以外にもFXに関する大切な基礎知識については以下の記事で詳しく紹介しているので、参照してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。