FXは高校生でもできるのか?未成年でも口座開設できる会社を紹介

  • 更新日: 2019/07/31

・高校生でもFXを始められるのかな...

・どうやってFXを始めたら良いのかわからないな...

・高校生でも口座開設出来るFX口座が知りたい!

この記事ではこんな疑問やお悩みを解消します!

高校生や未成年の方がFXや他の金融商材に興味を抱くこともあると思います。
当然、高校生の本分は勉強ですので、本分を疎かにしてはいけませんが、FXや株式投資をしない方が良いということはありません

この記事を読んでいるのがもし「高校生の子どもを持つご両親の方」であれば自分の子どもが金融商材に興味を抱き、やってみたいということは不安に思うこともあるかと思います。

楽して稼げそうだから」「不労所得が欲しいから」という理由ではなく、若いうちから自分の資産形成を真剣に考えているのであればそれは素晴らしいことですよね。

FXは簡単に儲けることができる、との間違ったイメージが一部ではありますが、決してそんなことはありません。始めるのであればしっかりと知識を身につけて始めていきましょう。

この記事では、

  1. 高校生でもFXを始められるのか?
  2. 高校生がFXを始める前に必ず知っておくべきこと
  3. おすすめのFXの始め方
  4. 高校生が口座開設出来るおすすめのFX口座

をご紹介しています。

FXに興味を持っている方、FXを始めようとしている高校生を持つご両親必見の記事になっていますので、是非読み進めてみてください。

3分で読める「FX 高校生」の記事まとめ!

高校生でもFXを始められるのか?

高校生でもFXを始めることは可能です!
ただ、始める際に気にしておきたい注意点があります。それは

  1. 18歳以上であること
  2. 一定の資産及び収入・親の同意書が必要
  3. FX会社によっては出来ないところもある

の3点です。これさえ満たすことが出来れば高校生でもFXを始めることは可能です!

高校生がFXを始める前に必ず知っておくべきこと

「高校生がFXを始めるべきではない」なんてことはありません。
ただ、知っておいてほしいことがいくつかあります。それは

  1. 高校生の本分は勉強である
  2. FXは絶対に簡単ではないし、甘いものでもない
  3. FXは間違いなく高校生の勉強以上に難しい

厳しいことを言うようですが、FXで勝てる人の割合は10%です。頑張って努力して毎日チャートに向き合っている人でも勝てないことはよくあることです。始めることを否定はしないでが、難しいということは必ず知っておいてください。

おすすめのFXの始め方

高校生でなくても、誰でもみんなFXを始めるなら、デモトレードからがおすすめです。デモトレードは本番と近い感覚でトレードの練習が出来るサービスです、当サイトでもiPhoneのアプリでデモトレードアプリを提供しています。興味のある方は、「ナビナビFXデモトレードアプリ」からインストールしてみてください。

高校生が口座開設出来るおすすめのFX口座

高校生が口座を開設できるおすすめのFX口座は「SBIFXトレード」です。SBIFXトレードの魅力はなんといっても、1通貨から始められるということです。FXは外国為替取引なので、通貨の差で利益を生むことが出来ます。この1通貨から始められるということはドル/円の通貨ペアであれば約4円から始められることです。
約4円からであれば、高校生でも始めやすいですし、親御さんも安心して見守れるくらいの金額ではないでしょうか?
少ない金額で、自分の資産運用を勉強するという観点でFXを始めてみてはいかがでしょうか。

SBI FXトレード

Medium 734235
口コミ点数 Point star4 0 4.1
初回入金額 無料
推しポイント 業界最狭のスプレッド
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.27銭原則固定(例外あり)※ 0.39銭原則固定(例外あり)※ 0.59銭原則固定(例外あり)※
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
35円 -12円 43円

18歳以上であればFX口座の開設は可能

為替市場が大きく動いた際にTVのニュースで報じられる、モニターが沢山並んでいる為替取引の現場に興味を抱く高校生や未成年の方も多いのではないでしょうか。

為替取引はFXForeign Exchange)として個人にも取引が認められています。FX会社によっては高校生や未成年も口座開設が可能です。

よって一定の条件が満たされるようなら、高校生や未成年でもFX取引が可能です。

一定の資産及び収入・親の同意書が必要

18歳以上の未成年がFX取引を始める際には、FX会社に対し「親の同意書」が必要となります。成人の場合、FX取引を始める際に「親の同意書」は必要ありませんので、高校生・未成年の独特の口座開設ルールとなります。

また高校生・未成年に限りませんが、FX口座開設には一定の資産及び収入が必要となります。FX取引や株式投資を始めとする資産運用は、余剰資金で行うのが鉄則です。取引する資金を借金して作る・必要不可欠の資金で取引を行う等はもっての他です。

後述しますが、ビギナーズラックで最初に勝てたとしても、初期の段階ではFXで資金を減らすパターンとなるのが通常です。高校生や未成年に限りませんが、FXを始める際は余剰資金で取引を行うこと、という認識は必ず持つ必要があります。

高校生や未成年がFXを始める前に知っておきたいこと

高校生や未成年でも取引可能なFX。取引可能=利益が出せる、との公式とはなりえません。寧ろ、どんなに取引が上手なトレーダーであっても、最初の頃は損失を計上する事からスタートしているケースが殆どです。

高校生や未成年がFXを始める前に知っておきたいことについて、下記に3点を取り上げました。

1. 本業=勉強に差し障りが出るのはもっての外

FX取引で生計を立てる専業トレーダーを除けば、FX取引に携わる殆どの方は本業を持っている中で、FX取引を行っています。高校生や未成年の多くは、本業=勉強になります。

FX取引を行い始めると、取引を行いたくて仕方が無くなる。ポジポジ病にかかるケースがあります。しかしながらトレーダーが好きな時にトレードしても、為替市場はトレーダーの都合で勝たせてくれはしません。寧ろトレード回数が増えれば増える程、負けが増える傾向にあります。 

FXが本業=勉強の差し障りが出るのはもっての他です。日中、FXのことが気になって仕方ないようなら、それはトレード中毒の一歩手前の可能性があります。

FXを行う場合でも、本業に差しさわりがでない範囲で行う、というのはFX取引を行う際の鉄則となります。

2. 為替市場は簡単に利益が出せる甘い世界ではない

株式投資と異なり、何故かFXでは、簡単に利益が出せる等、誤った情報が多く出回っています。たしかにFX取引で、多額の資産形成、いわゆる億り人となった方は、内外問わず存在しています。

しかしながら、FXで億り人になった=誰でも億り人になれる、との公式は成立しません

為替市場は株式市場そして昨今話題の仮想通貨市場以上に、プロの投資家である機関投資家が影響力を有している市場です。プロの機関投資家が強い影響力を有する市場で、個人投資家が簡単に勝たせてもらえるかどうか、冷静に考えてみれば答えは自ずと出ます。

FXに限りませんが、値動きがありその値動きから利益を得ようとする金融商品の取引で安定的に利益を出そうとすれば、必ずそのための勉強や訓練が一定期間必要となります。また勉強と違い、必ずしも成果が出る世界とは限りません。何年取り組んでも、利益が出ないトレーダーも多く存在しています。

FXならすぐに利益が出せる、と安直に考えているようなら、その考えは間違っているので、寧ろFX取引には関与しないほうが身のためです。

3. 学生の勉強以上の勉強そして訓練が必要

FXで安定的に勝とうとすれば、学生の勉強以上の勉強が必要となります。為替市場を動かす経済的な要因は元より、チャートの見方から始まり利益確定の方法そして損切の方法まで学ぶことは非常に多くあります。 

また単に学ぶだけではダメで、本当に正しいことを実践できるようになる訓練も必要となります。正直、学生の勉強以上にやるべきことが多くなります。よって②でも指摘の通り、高校生や未成年が、少し儲けてやろう、との軽い気持ちで安定的に勝てる世界ではありません。

確かにビギナーズラックで最初の頃に大勝ちする可能性はあります。問題はその後に安定的に勝てるのか、との点。仮にビギナーズラックが発生して、それがビギナーズラックと分かりそこで生じた利益を残せるようなら、トレーダーとしての才能がある、と言えます。

しかし学生・未成年に限らず、ビギナーズラックを自分の実力と勘違いするのが殆どのケースです。FXには勉強代が付き物です。そして勉強代は高くつく傾向にあります。FXの勉強より学生の勉強の方が楽だった、とのケースも往々にしてあります。

デモ取引からスタートがおすすめ

学生や未成年が焦ってFX取引を行う必要はありません。まず試してみるべきは「デモ取引」です。FX会社の中には特別な登録なしに、デモ口座を開設し、疑似的にFX取引を試すことができる環境を用意している会社も存在しています。

本当の意味でFX取引を学ぶ場合は、デモ口座ではなく実際に入金してリアルマネーでの取引からしか学べないことも多い現実があります。しかし高校生や未成年がFX取引の第一歩を踏み出す場合は、デモ取引が最適と言えます。

実際の取引の仕方からチャートの見方、そして各通貨ペアの種類の把握等、デモ口座で学べることは非常に多くあります。

そして実際にデモ口座で売買を行い、本当に利益が出せるのかどうか、試してみるのが一番の近道です。デモ取引を繰り返し、デモ口座の資金が着実に増えるようなら実際の口座開設の検討を進められる段階となります。しかしながら、それでもデモ口座で取引を行う感覚と、自らの資金で取引を行う感覚は全く異なるものとなります。

多くの方がデモ取引であっても、口座資金を増やすどころか減らす結果となります。デモ口座で資金が増やすことができない人が、実際に資金を入金してのリアル口座で資金が増やせる、と思いますか?確かに本気度が違うのでデモ口座の取引成績はあてにならない、との意見は傾聴に値します。 

しかし少なくともデモ口座で大負けしている人が、リアル口座で継続的に勝てる可能性は非常に低いと言っても過言ではありません

まずはデモ口座で一通り取引を行い、実際にFX取引で負ける・勝つというのはどのようなことなのかを知ることから始めてはいかがでしょうか。

デモ口座での取引の注意点:一発逆転の勝ちは勝ちではない

デモ口座を利用して取引を体験することで、一通りの、為替市場とは・FX取引とは、とのFX取引を行う上での基礎知識やベースとなる体験はできます。

中にはデモ口座の取引で口座残高を大きく増やす方もおられるでしょう。その際に注意したいのは、大きくリスクを取った結果の一発逆転で口座残高を増やすケース。デモ口座の資金はあくまでも自分のお金ではないバーチャルな資金であり、損切の痛みは元より、膨らんでいく含み損のストレスもありません。

よって持ったポジションが逆行したにもかかわらず、含み損に耐えて耐えてタマタマ反転した結果、最終的に大きな利益になった、とのケースも発生します。

デモ取引にありがちな上記の勝利は、実際のリアルマネーの取引の場では、メンタルが持ちません。含み損に堪えきれなくなり損切するのが殆どのパターンです。他にもデモ口座で勝てても、リアル口座では勝ちに繋がらないパターンは多く存在しますが、デモ口座の大勝ちパターンが、リアル口座でそのまま再現できるとは限らないので、その点も注意が必要となります。

本番と同じデモ口座が使用できるFX口座

外為オンライン

Medium imagesender
口コミ点数 Point star4 5 4.5
総合ランキング 3位
初回入金額 5,000円
推しポイント 自動売買ツールがおすすめ
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1.00銭原則固定(例外あり) 2.00銭原則固定(例外あり) 3.00銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
15円 -20円 10円

高校生や未成年がFX取引を行う・興味を抱くメリット

高校生や未成年がFX取引を行う・興味を抱くメリットとしては、経済ニュースや経済の動きに敏感になる、との点があげられます。

為替市場は各国の経済指標や要人の発言により大きく動きます。FX取引を行うようになると、嫌でも指標発表による値動きに直面せざるを得ません。よって経済指標の発表・要人発言の発表日時やその内容に、自然と注意が向くようになります

その結果、新聞やニュースを読むのが面白くなる等の効果があります。高校生・未成年もいずれは卒業して、働くことになります。その働く際に。FX取引を通じて身に付けることができる、経済の動きに敏感になるとの部分は、情報に敏感になるとの点で社会人として大きな優位性を得られることになります。

高校生や未成年でも口座開設できるFX会社

201712月時点で高校生や未成年でも口座開設できる国内FX会社は下記2社となります。 

1. SBI-FX

sbifxtrade

インターネット金融大手で東証1部上場のSBIグループ(SBI-HD)が手掛けるFXサービスがSBI-FXとなります。

SBI-FXの大きな特徴は1通貨から取引が可能、との点。多くのFX会社が10,000通貨もしくは1,000通貨からの取引となりますが、同社は通貨単位としては最小単位の1通貨からの取引が可能です。よって少額資金での取引も可能であり、また取引後の資金額の増減に応じての取引通貨量も柔軟にコントロールすることができます。

SBI FXトレード

Medium 734235
口コミ点数 Point star4 0 4.1
初回入金額 無料
推しポイント 業界最狭のスプレッド
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.27銭原則固定(例外あり)※ 0.39銭原則固定(例外あり)※ 0.59銭原則固定(例外あり)※
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
35円 -12円 43円

2. FXトレード・フィナンシャル

独立系のFX会社となるFXトレード・フィナンシャルにおいても、高校生や未成年の口座開設が可能となります。

 同社の特徴は、MT4と言う世界で利用されているFX取引及びチャート分析ツールを、国内系の企業として採用している点。MT4が利用可能なFX会社は多いのですが、その多くは海外系の会社となります。

よって同社のMT4では日本人が利用しやすいようなカスタマイズがなされており、非常に利用しやすいMT4が提供されています。

海外の業者も18歳から口座開設できる

上で国内業者においても、未成年が口座開設手続きが可能であることを述べましたが、それは海外業者も同じです。

また、むしろ海外業者では18歳以上が一般的となります。例えば、アメリカの成人年齢を見ると日本とは違い「18歳」となっているので、18歳の時点で法律的には「大人」となり、保護者の同意さえ必要ない場合がほとんどです。

もちろん各社で様々なガイドラインがあるのですが、未成年にとっては基本的な審査基準が未成年に甘めとなっている海外業者の方が、口座開設をするのは容易となってくるでしょう。

海外で口座開設する場合の準備

海外で口座開設する場合も国内の場合とそこまで変わるものではありませんが、大きな違いが1つあります。それは、マイナンバーの提出義務があるかどうかです。国内業者での口座開設ではマイナンバーの提出が必須となりますが、海外業者ではマイナンバーはほとんど意味をなさないので基本的には不要となります。

海外業者で口座開設をする場合には大体の場合本人確認書類と、住所を確認できる書類の2つを提出する必要があります。その2つを満たす証明書として最も便利なのがパスポートです。パスポートがあればかなりスムーズに口座開設を進めることができるのですが、未成年が自分でパスポートを保持している可能性はかなり低いでしょう。

「未成年でも口座開設できる」と謳う業者には注意

年齢制限はありますが、国内業者、海外業者に限らず、下限18歳から口座開設の手続きが可能なことがわかりました。しかしその業者のWebサイトなどに「未成年でも口座開設できる」と記載されていた場合は、まずは疑った方がいいでしょう。これは、いくら海外業者だったとしても、日本の場合、法律的に禁止されている場合が多く、場合によっては詐欺業者である可能性があるからです。

詐欺の可能性がある

残念ながら、「未成年でも口座開設できる」と謳っている業者は詐欺業者である確率が高いです。もちろん先にもあげたとおり、親権者の同意がある場合は、未成年者でも開設可能な場合がありますが、その場合も取引に制限がされている場合がほとんどです。

実際に、本当に詐欺業者かどうか見分ける方法としては、まずその業者のライセンスを確認してみましょう。日本国内の業者ならば、原則、日本の金融庁の審査を通り、許可を得ていなければ営業不可能となります。

よって、その審査も通過していないのにもかかわらず営業しているのであれば、高い可能性で詐欺業者と判断してよいでしょう。日本国内の業者であればライセンスをチェックするだけでほぼ詐欺の被害は防げると考えても差し支えありません。

一方、上で海外口座についても述べましたが、海外口座の場合はほとんどの場合が日本金融庁のガイドラインに従っておらず、ライセンスもない場合が多いといえます。その場合でも、海外の国で金融ライセンスを取得しているケースが大多数なので、その点をしっかりと確認しましょう。

ただし実質的に海外業者の場合は、グレーゾーンの中にいると認識しておくと良いでしょう。日本の金融庁サイドでは、たとえ海外のライセンス基準に従った運営をしていても注意するように発表しているのですが、ではライセンスを取得していない業者がすべて詐欺業者かといえば決してそんなことはありません。なぜならば海外業者の場合ライセンス取得が必須とはなっていないからです。

ただFX初心者やまだ練習が必要なレベルのトレーダーであれば、ライセンスのないFX業者でトレードすること自体がかなりリスキーとなります。ライセンスを取得しているのかどうか、業界において評価が高く、安心して使えるのかどうかということを口座開設の際はしっかりと確認していくと、心配せずにトレードができますよ。

未成年が口座開設の方法

以上に述べたようにFXにおいて未成年でもFX口座の開設は可能です。金融先物取引業協会のガイドラインを確認しても特に制限はなく、たとえトレード経験がない初心者であっても口座開設が可能となっています。ここでは具体的に未成年者の口座開設の方法について見ていきたいと思います。

未成年が口座開設するための流れ

口座開設のためには各種書類を揃える必要があります。詳しくは下の項目に記載しますが、自身の本人確認に加え、未成年者のみ必要な書類があります。必要書類さえ揃えてしまえば、あとはそこまで通常の口座開設と変わりません。業者のWebページに行き、指示に従いながら口座開設を進めていきましょう。

未成年の口座開設に必要な書類

未成年の口座開設に必要な書類としては、自身の個人情報に加え、親権者名義の同意書か、その証券会社の口座の保有するための法定代理人であることを証明する書面(親権者全員と未成年本人の続柄が記載された戸籍謄本(抄本)、または住民票)、法定代理人を使用する場合は、住民票以外の法定代理人の本人確認書類を提出する必要があります。

未成年では最終的に自分で責任が取れないため、その保証のために、契約の際にはこれらの書類が必要となるのです。これらの書類をきちんと揃えることさえクリアできれば、口座開設はできたも同然といえるでしょう。

素直な学生や未成年者が勝ちきるケースも存在

人間年を取ると、どんどん経験を積んでいき、時としてその経験が新しい行動の邪魔をするケースがあります。

FXを始めとするトレードは、損切を行う等、本来人間がメンタル的に嫌悪感を抱く行為を行わなければ上達はありません。人生経験を積むと、分かっていても正しいことができないケースが多々ありますが、FXの場合も同様です。

その点、人生経験の少ない高校生や未成年が、トレードの優秀な先生に学び、素直に先生の教えを実践することができれば、上達は大人の経験者よりも早い可能性があります。 

その面では、為替市場は年齢に関係なく平等な競争環境を提供しています。当然、何の知識もなしに為替市場に乗り込めば年齢に関係なく、丸裸にされてしまう可能性が高いです。

しかしながら平等な競争条件の市場でもあるので、正しい知識と正しいテクニックを身に付け実践することで年齢に関係なく成功を掴むことができる可能性があるのも、FXと言えます。 

まとめ

年齢に関係なく為替市場は平等に出来ています。しかしながらFX=簡単に儲かる、との間違ったイメージに迷わされると、大火傷を負うリスクがあるのもFXです。

FXで継続的な勝利を得るためには、正しい知識と正しい方法論を学び、その知識や方法を着実に実践するメンタル的な強さや習慣が必要となります。よって現在活躍しているFXトレーダーも、その地点に至るまでには血のにじむ努力をしています。場合によっては、受験勉強の方が簡単と言えるかもしれません。 

本来的には高校生や未成年は、本来の目的たる勉強に励むべきです。しかしながらFX取引に興味を持つ方も一定程度存在しますので、その事前知識として以下の記事を参考にしていただければ幸いです。 

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

監修者紹介/FX専門家 五十嵐勝久

中央大学経済学部卒。アルゴ株式会社代表取締役。銀行や証券、FX会社に勤務し、営業、企画、マーケティング部に所属。40歳で会社を辞めて起業。現在はFXや証券会社などのプロモーション業務、システム開発を行う一方、システムトレーダーとしても活躍。

> FX専門家 五十嵐勝久について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。