FXで出来高が見れないのはなぜ?その理由を開設

  • 更新日: 2019/07/31

FXで利益を出すためには、安い時に買い、高い時に売る必要があります。

そのため、値動きがほとんどなく、ボラティリティが低い時間帯に取引をしても、利益を出すことは滅多に出来ません。ポンドやユーロのような取引量が比較的多い通貨ですら、時間帯によっては全く利益を出せないことがあります。

それは逆に言えば、取引量が多い時間帯、つまり出来高が増えている時間帯に取引をすれば、利益を上げられるということを意味します。

実際、出来高を参考に株式投資をしているトレーダーは多くいるものです。ただ、そこでいくつかの疑問が生じます。

  • FXはどうやって出来高を確認すれば良いのか?
  • そもそもFXに出来高はあるのか?
  • FXは出来高通りにやれば確実に勝てるのか?

結論から言ってしまえば、FXにも出来高はあります。しかし、チャートを見ればすぐにチェックできる株式投資と違って、FXの出来高を調べるにはコツが必要です。

このコツさえおさえておけば、FXの出来高を把握し、取引に活かすことができるでしょう。

取引量世界一のユーロ/ドルの特徴やトレード手法については、下記サイトにてご紹介していますのでご参考ください。

出来高とは?

出来高を知ることで、現在の相場の動向などを把握することができるのですが、そもそも出来高とは一体何なのでしょう?

出来高というと何のことなのか意味がわからないかもしれません。株式出来高を英訳すると「stock trading volume」、つまり取引されている株の枚数や量を意味します。

出来高が多いということは、取引量が多いということになり、反対に出来高が少ないということは取引量が落ち込んでいるということを意味します。

ここで注意が必要なのは、出来高が多いからといって、必ずしも株式企業にとってプラスになるとは限らないということです。

というのも、株の世界では株は買われる一方で、売られることもあるものです。取引が多いからといって、必ずしも買われているとは限りません。株の売却も取引に含まれるため、出来高が多くなるタイミングに合わせて株価が暴落することもあります。

もちろん、企業にとってプラスになるようなニュースが流れ、株式を購入する人が増えると、それに合わせて出来高も多くなりますし、それに釣られるようにして株価も高騰するでしょう。

このように、出来高はあくまで取引量そのものを意味していますので、出来高が多いことは必ずしも株式会社にとってプラスに働くとは限りません。それは為替市場に関しても同様なのですが、ただ為替は上がれば良いというものではありません。

例えば、日本円が買われると円高になるのですが、円高は輸出が多い日本にとって不利に働きます。そのため、輸出で利益を上げているような会社からすると、業績を悪化させる要因となるでしょう。

その反対で、円安になると、輸出企業には有利になるのですが、反対に輸入会社からすると不利になります。

お金の価値というのは上げれば良いというものではありません。時にはお金の価値が下がってくれた方が、助かる場合もあります。

そして、出来高が増え、取引が活発になった時、お金の価値は大きく躍動します。

為替市場は24時間常に動き続けていますが、常に大きく動いるというわけではありません。時には停滞し、まったく動かない時があります。

そのような値動きの幅が狭く、ボラティリティが低い時にFX取引をしたところで、儲かる見込みは低いでしょう。それどころか、思惑を何度も外してしまい、巨額の損失を抱える恐れがあります。

しかし、出来高が増え、取引が活発になると、為替レートは大きく躍動します。この時にタイミングよくエントリーし、思惑通りに為替レートが進んでから決済をすれば、短期間で効率よく稼ぐことができるでしょう。

このように出来高とは、FXの勝率を高める上で非常に役立つ情報です。投資家ならば、誰もが欲しがるものです。

ただ、株式投資と違い、FXの世界では、出来高の全貌を掴むことができません。それは一体なぜなのでしょう?

FXで出来高が見れない理由

株式投資でお馴染みので出来高ですが、FXに関して言うと、出来高はほとんど把握できておらず、プロのトレーダーであっても為替市場の出来高については正確な情報を知りません。

一体なぜ、FXは出来高が見られないのでしょう?

出来高を知ることができれば、最高のタイミングで取引ができます。それだけに、トレーダーならば誰もが知りたがる垂涎の情報なのですが、FXでは見ることはまず無理です。

というのも、株式市場と違い、為替市場の取引量はあまりにも膨大だからです。

為替市場の対象といえば、もちろんお金です。発行数が少ない株式と比べ、量が圧倒的に違います。円や米ドル、ポンド、ユーロなどの主要な法定通貨ですら全貌を掴むことができません。

もちろん、一部の業者の出来高ならば知ることができるのでしょうが、ほとんど役に立たないでしょう。為替市場の出来高を知るためには、すべてのあらゆる業者の出来高を知る必要があります。そして、現実問題として、すべての業者の出来高を知ることは不可能です。

というのも、FX取引をしている人の多くが市場取引ではなく、店頭FXを利用しているからです。店頭取引をしているということは、市場の外で取引をしているということですから、調べようにも全体像を把握することがまずできません。

一応、ネット上などで出来高を知ることはできるのですが、そういった情報は全体におけるごく一部の出来高となります。店頭取引の人気が高い日本において、全体像を把握することはまず無理でしょう。

出来高を知る方法

確かにFXの世界では、出来高の全貌を把握することこそできませんが、一部の出来高であれば知ることが出来ます。

例えば、東京金融取引所「くりっく365」のホームページにアクセスすることで、過去の出来高を確認することができます。

あくまで過去の情報となりますので、リアルタイムというわけにはいきませんが、どの価格帯で取引量が増えたのかを知ることができます。

他にも、それぞれのFX会社が提供している売買比率なども、出来高の内容を知る上で参考となります。例えば、「みんなのFX」の売買比率を参考にすると、FX口座の売買比率を確認することができます。

出来高の注意点

出来高が少ないよりも、出来高が多い時の方が取引量が増えるだけに、為替レートも動きやすいです。では、出来高が多い時間帯にさえ取引できれば絶対に勝てるのかというと、そんなことはありません。

そもそも出来高とは取引の量のことであり、その中身については不明瞭です。たとえ出来高が多くても、思惑を外せば大損することに違いはありません。

仮に出来高100で、買いの量が50、売りの量が50だった場合、確かに出来高は100なのですが、売りと買いが均衡しているため、為替レートは動かないでしょう。にも関わらず、出来高が高いと盲目的に信じ、エントリーをすると、確実に失敗するでしょう。

その一方で、買いと売りの割合が8:2だった場合、圧倒的に買いの方が多いので、レートは上昇するかもしれません。しかし、出来高そのものが少ないと、レートはちょっとしか動かず、たいした利益が取れないばかりか、すぐに相場が反転して損失を出すかもしれません。

出来高を知ることは確かに取引に役立つのですが、信じすぎるのは良くないです。あくまで参考程度に留めておくべきです。

出来高が多い通貨ペア

FXでは出来高の全貌を掴むことはできませんが、もっとも出来高が多い通貨ペアを知ることはできます。

まず、圧倒的に出来高が多い通貨といえば、これは間違いなく米ドルです。米ドルは世界の基軸通貨というだけであって、世界中の取引に用いられています。自国の通貨ではなく、米ドルを使っているという国すらあるほどです。

それだけ世界から必要とされている米ドルは、当然ですが、世界でもっとも取引されている通貨と呼んでも差し支えないでしょう。

基本的に、出来高の多い通貨を選ぼうと思うのであれば、米ドルを中心に選べばまず間違いはないです。ただ、通貨ペア毎に取引量が異なってきますので注意しましょう。

米ドルと言っても、通貨ペアによってそれぞれ取引量が異なります。そして、もっとも取引量が多い通貨ペアと言えば、ユーロ/米ドルのペアとなります。

ユーロは米ドル同様に世界中で使われている通貨です。特に、ユーロ圏で用いられる通貨というだけあって、取引量は非常に多いです。

ユーロは米ドルの代替通貨として用いられることが多く、アメリカでマイナスな情報が出ると、ドルが売られ、ユーロを買われる傾向があります。

そのような事情もあってか、取引量が圧倒的に多く、FXトレーダーから人気の高い通貨ペアとしてよくユーロ/米ドルが選ばれます。

ユーロ/米ドルの次に人気が高く、取引量が多い通貨ペアといえば、米ドル/円があります。日本はそもそも世界的に見て、非常に信頼できる経済先進国です。円の国際社会における信頼度は非常に高く、「有事の円買い」などと言われるほど、高い注目度を集めています。

北朝鮮がミサイルを打つという行為は本来であれば日本にとってマイナスな材料のはずなのに、なぜか円高になるのも、有事の円買いという諺が浸透しすぎているせいだからだとも言われています。

米ドル/円は日本人FXトレーダーからの人気が高い通貨ペアなのですが、その理由は何も日本人で、親しみがあるからという理由だけではありません。米ドル/円は世界的に見ても取引量が多く、高いボラティリティが見込める通貨ペアであり、まさにFXトレードに向いている通貨ペアなのです。

ユーロ/米ドル、米ドル/円の次に出来高が多い通貨ペアといえば、ポンド/米ドルがあります。

イギリスは金融大国ということもってか、ポンドの取引量は非常に多く、ポンドを中心に取引をしているというFXトレーダーは多くいます。そのボラティリティは非常に高く、思惑が乗れば1時間とかけずに大金を稼ぐことも夢ではないでしょう。

しかし、ポンドはボラティリティが高すぎて、「殺人通貨」の異名を持っていることでも有名です。値動きがあまりにも荒く、その激しさについていけないと、すぐに大損し、資産を溶かすことになるでしょう。

ポンドで取引するなとは言いませんが、初心者や中級者が相手にするには、ポンドは非常にリスキーです。よほどの実力者でもない限り、ポンドの取引はしない方が賢明です。

出来高が多くなる時間帯

出来高が多い通貨ペアを選択することで、トレーダーは値動きを狙いやすくなります。たとえ詳細な出来高がわからなかったとしても、常に取引量が多い通貨ペアに絞って取引をすれば、出来高の少なさが原因で利益が取れないなんて目には遭わないでしょう。

ただし、いくら人気のある通貨ペアといえど、24時間常に間断なく動き続けているわけではありません。時には相場が停滞し、動かない時もあります。

一体いつ取引をすれば、出来高が多い状態でFX取引ができるのでしょう?

土日を除き、平日に取引をする場合、東京市場とロンドン市場、そしてニューヨーク市場がオープンする時間帯が、もっとも出来高が増える時間帯だと言われています。

東京株式市場がオープンする時間帯というと、午前9時00分から午前11時00分、そして12時30分から15時00分までです。

ロンドン株式市場の場合、夏時間であれば16時00分から0時30分まで、冬時間であれば17時00分から1時30分までです。

ニューヨーク株式市場の場合、夏時間であれば22時30分から午前5時00分まで、冬時間であれば23時30分から午前6時00までとなります。

マーケットがオープンした直後は、注目度が高いということもあってか、出来高が増えやすく、ボラティリティも大きくなりやすいです。

特に、ニューヨーク市場がオープンする時間帯は、アメリカだけでなく、日本から欧州まで、世界中の人たちからの注目が集まるということもあってか、為替レートは他の時間帯以上に荒く動きやすいです。

FXトレーダーの中には、東京市場とロンドン市場には見向きもせず、ニューヨーク市場がオープンした最初の2時間だけ取引するという人もいるほどです。

人気が高い通貨ペアで、さらに出来高が高くなりやすい時間帯に取引をすることで、短時間で効率よく値動きを狙えるようになるでしょう。

値動きのない時間帯にいくら待ったところでトレードチャンスなどやってきません。たまにはトレードチャンスが来るかもしれませんが、そんな来るかどうかわかならいものに依存するぐらいであれば、チャンスが多い時間帯に取引をした方が、やはり効率が良いでしょう。

FXトレーダーは出来高を知る必要があるのか?

出来高は知らないよりも知っておいた方が良いのでしょうが、残念ながらFXにおいて出来高を正確に、それもリアルタイムで知る方法は皆無といっても過言ではありません。一応、部分的な出来高を知ることはできるのですが、それも正確ではないでしょう。

もちろん、そのデータ通りに相場が動き、利益を出せることもあるでしょう。しかし、そうでないこともあります。

出来高の情報といっても所詮はその程度のものです。あくまで役に立つけれど、決定打には成り得ない情報です。

出来高を盲目的に信奉し、この通りにやれば勝てると思い込んで取引をすると、負ける可能性の方が高いです。あくまで参考程度に留めつつ、確実に勝てる時だけにトレードをするように、注意深く取引をしましょう。

FX初心者の方で、1からFXについて学びたい方は以下の記事も参考にしてくださいね。

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。