FXで1000万円を稼ぐための方法を紹介!儲けた時・損した時の税金も説明

  • 更新日: 2019/07/31

「FXで実際に1000万円稼いだ人の成功パターンを知りたい!」「FXで実際に1000万円の利益が出たら、税金はどうなるのか気になる」とお考えではありませんか?

元手がいくらぐらいだったら良いのかなと、細かい条件も知っておかなければ、投資スタイルは異なるでしょう。

またFXで実際に1000万円稼げたとして、税金がいくらかかるのかも気になるところです。

そこで本記事ではこれらの疑問を解決すべく、FXで実際に1000万円稼いだ人の成功例とそこから得られる教訓について解説します。

また反面教師として、逆にFXで1000万円溶かした(損した)人の例も挙げますので、両方を読み比べてみてください。

合わせてFXで実際に1000万円利益が出た時に、どれぐらいの税金がかかるのかについても詳しく説明していきます。本記事を読めば、これからFXで1000万円稼ぎたいという人の疑問も、1000万円儲かった人の疑問も解決できますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

そもそも「FXについて知らないことが多い」「もっと基礎的なことが知りたい」という人は以下の記事を読み進めてみてください。

FXで1000万円稼いだ人・溶かした人の体験談から得られる教訓

FXで1000万円稼いだ人と逆に溶かした人(損した人)の体験談を紹介します。それぞれ、元手がどのようにして増減したのか、そして成功と失敗の分かれ目は何だったのかを確認しましょう。

  • 成功例:FXで50万円から1000万円稼いだ学生
  • 失敗例:ビギナーズラックから1000万円溶かした会社員

これらの例を紹介した後、それぞれ教訓となる部分をクローズアップして解説しますので、そちらも参考にしてください。

成功例:FXで50万円から1000万円稼いだ学生の例

成功例として紹介する例は、9ヵ月で50万円を元手に1000万円稼いだという学生です。

  • 職業:学生(アルバイト)
  • 元手:50万円
  • 1000万円になるまでの期間:9ヵ月

この学生は、ビギナーズラックで勝ち上がったわけではありません。実は、アルバイトをして貯めた20万円を元手に1回目のFX取引に挑戦したところ、1ヵ月で大失敗して元手をすべてなくしたそうです。

この後、あきらめずに3ヵ月もの間自分なりに相場のことを徹底的に研究して、再び50万円を元手にFX取引に挑戦して見事1000万円を手に入れました。

ここで注目したい点は、彼が3ヵ月間集中して相場の研究に取り組み、自分なりのルールを築き上げた点です。彼の取引ルールは以下の通りです。

    1日のトレードプランを立てたら、そのタイミングが来るまで待つトレンド方向に順張りする時間帯と逆張りする時間帯を決めているエントリーする時は念のためチャートを確認して無理と判断したら勝負しない損切りと利益確定のラインを指定したら後はそのまま(資金管理をしっかりしている)FX会社で公開している取引情報のグラフを利用して抵抗ラインを確認レバレッジは大きく利幅は少なくその日で取引を完結させる

最初の失敗をバネにして3ヵ月間相場を研究し続けた熱心さと、世界の為替市場の特徴や投資者心理を上手に考えながらトレードしたその洞察力は見事なものです。

ただ、レバレッジは最大にしていたようですので、非常にハイリスクハイリターンな手法です。少ない元手で1000万円を短期間で狙うには、このようにリスクの高い方法にせざるを得ない面があります。

教訓:FXの知識をしっかり身につけてからルールを守って取引

9ヵ月で50万円を1000万円に増やした学生の例で、教訓になるポイントは2つです。

  1. 自分なりのルールで取引する
  2. FXの知識をしっかり身につけてから売買する

自分なりのルールで取引をするということは、実際にFX取引を始めるとそ簡単ではないことに気づく人も多いのではないでしょうか。

10,000通貨の取引をするつもりがアツくなってしまいナンピンを繰り返して含み損が多くなるなど、目の前の負けを取り戻したくて更なる損をした経験は、誰にでも多かれ少なかれあるものです。

自分なりのルールが決まったら、自制心を強く持ってそのルールに従い、コツコツと取引を積み重ねることが勝利への近道になります。

また、FXはいまや誰でも気軽に始められる投資手段です。しかし知識を持たずに、ただ何となく売買しているだけでは、あっという間に資産を失ってしまうでしょう。

成功例の学生のように一度失敗し、身をもって知るのも手ではありますが、最初から失敗したくないのであれば、デモトレードを続けるなどFXについて十分勉強をしてから実際の取引を始めましょう。

失敗例:ビギナーズラックから1000万円溶かした会社員の例

次は、1000万円を失ってしまった会社員のケースを失敗例として紹介します。

  • 職業:会社員(公務員)
  • 元手:20万円→ 300万 → 400万円の貯蓄を追加して口座残高700万円 → 一気にマイナス、350万円追加したが1000万円の大損

この会社員はたまたま手持ちの150万円を外貨預金したところ20万円の利益が出て、その利益を元手にFX取引を始めることにしました。

折から円安だったため、ドル円を買えば上がる、という流れに乗り20万円が300万円にまで増えたのです。場先の学生とは真逆で、最初にビギナーズラックによる利益を得ることができました。

しかし、この時点でこの会社員は、FXでは「売る」こともできる、ということを知りませんでした。FX取引では、売りと買いはセットで考えなければなりません。相場はいつまでも上がり続けるわけでなく、様々な大きさの波を描くからです。

300万円まで増えたところで将来のために貯蓄していた400万円を追加、元手を総額700万円とし利益をもっと増やそうとしたまさにその時、円安から円高へのトレンドの反転が起きたのです。

売ることを知らない会社員はトレンドの反転に対応できず、あっという間に資金が底をつき、さらに親から350万円を借りてドル円を買い続けましたが、結局は1000万円の大赤字となり、FX取引からの撤退を余儀なくされたのです。

この失敗例からも、学ぶべきことは非常に多くあります。教訓をまとめてみましょう。

教訓:トレンドを無視した取引は危険

1000万円を失ってしまった会社員の例で、教訓になるポイントは3つです。

    何の根拠もなくトレンドの逆張りを続ける取引は危険FX取引の基礎も知らず、勉強もしないまま外貨預金と同じ感覚で取引してはいけない適切な損切り、資金管理が重要

簡単にまとめてしまえば、FX取引についての知識不足・勉強不足が大きな損失につながった、ということです。

トレンドの転換など取引環境に関する情報を取引に役立てていない点、そもそもFX取引の基礎を知らないままで買い一辺倒しかできなかった点、どちらもFX取引そのものを少しでも勉強していれば何とかなったことです。

この失敗例で特に注目するべき点は、大きなトレンドが円安から円高へと転換したのにも関わらず、結果的に何の根拠もなくトレンドの逆張りを続けることになった点です。

トレンドの転換が起こっているのに逆張りを続けるのは、非常に大損をしやすいパターンです。FX取引に慣れた人は、負けていてもうまく傷の浅いところで損切りをする技術に長けています。

資金管理の技術を身につけていれば、ここまでの損失にはならなかったのではないでしょうか。

1000万円稼いだ人もいれば、1000万円損した人もいるのがFX取引です。どちらの例でも共通している大事なポイントは、FX取引の仕組みについてよく知ること、そして資金管理をしっかりすることでした。

これらのポイントを踏まえながら、実際にFXで1000万円を稼ぐにはどうすれば良いのかを説明しましょう。

FXで1000万円稼ぐための方法

FXでの成功例・失敗例で得られた教訓を活かしながら、FXで1000万円稼ぐことを目標に、その達成のためにできる工夫を解説します。ここでは、元手の金額を10万円、100万円、1000万円の3パターンとし、具体的な戦略を考えていきましょう。

元手が10万円の場合

元手が10万円の場合、あまり多くの通貨を取引できませんので、毎日の勝ちを積み上げていくことから考えます。1ヵ月に1万円増やすことを目標に考えてみましょう。

    1ヵ月の利益目標:1万円1年間の利益目標:12万円1000万円達成目標期間:約7年

理論上では、デイトレードまたはスキャルピングで、1ヵ月のうちに1万通貨で100pipsまたは5000通貨で200pipsをめどに稼ぐことで、1000万円は達成可能です。

ちなみに、この計算では儲かった金額を元手に加えず、常に10万円を運用し続けての計算なので、運用益を元手に組み入れれば、もっと早い段階で目標に到達することも可能です。

    1万通貨で50pipsを2回1万通貨で10pipsを10回5000通貨で20pipsを10回

など、自分で実現しやすいpipsと回数を設定して、自分なりの取引ルールを決めましょう。

エントリータイミングや損切りする場所などを決めたら、後は自分の決めたルールに沿って取引を続けます。取り引きスタイルは1万通貨ならデイトレード、5000通貨ならもう少し短いスパンでスキャルピングが考えられます。

もちろん勝ってばかりとはいきませんので順調にいかないこともありますが、トータルでの勝ちを積み上げていけば1000万円稼ぐことも不可能ではないのです。

元手が少ないからレバレッジを上げて短期勝負とすると、退場になる確率もそれだけ高くなってしまいます。焦らずにじっくり取引を続けて、自分なりの勝ちパターンを構築するのが肝要です。

FX会社は取引通貨単位が1000通貨でも可能な会社を選ぼう

元手が10万円の場合、FX会社もそれに合わせて選ぶ必要があります。というのも、取引通貨単位が1万通貨単位からというFX会社もあるためです。取引通貨単位が小さいFX会社を選び、自分の取引が自由にしやすい環境を整えましょう。

元手が100万円の場合

元手が10万円から100万円にアップすると、FX取引はどのように変わるでしょうか。1ヵ月に増やす金額の目標を5万円に設定してみましょう。

    1ヵ月の利益目標:5万円1年間の利益目標:60万円1000万円達成目標期間:約1年半

デイトレードでまたはスイングトレードで1ヵ月のうちに5万通貨で100pipsまたは1万通貨で500pipsを目標に稼ぐことで、理論上は約1年半で目標額の1000万円に到達します。

    5万通貨で10pipsを10回2万通貨で25pipsを10回1万通貨で50pipsを10回

など、投資スタイルによってレバレッジに変化を持たせて取引すると良いでしょう。元手が多い場合は、より安全で冷静な取引ができるよう、レバレッジに余裕を持たせた取引がおすすめです。じっくりとエントリーポイントを待ち、しっかりと利が乗ってから手じまいする取引を心がけてください。

元手が1000万円の場合

すでに元手が1000万円ある場合は、さらに余裕のある取引で1000万円の利益を目指せます。

    1ヵ月の利益目標:10万円1年間の利益目標:120万円1000万円達成目標期間:約9ヵ月

元手が100万円のときよりもさらにレバレッジを下げて、1ヵ月のうちに10万通貨・100pipsまたは5万通貨・200pips、1万通貨・1000pipsを目指して取引をします。

    10万通貨で10pipsを10回5万通貨で20pipsを10回1万通貨で100pipsを10回

このような配分で、10万通貨ならデイトレードで、1万通貨ならスイングトレードメインで利益を伸ばしていきましょう。

ご紹介してきたように、元手の量によって目標達成期間に差はありますが、資金管理を守って取引を続けていけば、1000万円の利益を得ることも夢ではありません。

トレンド確認の情報収集、売りにするか買いにするか、損切りラインを決めて運用する資金管理など、できる限り勉強をして最適なエントリーポイントと利益確定・損切りを見いだして行きましょう。

実際にFX取引を続けていて、利益が出たり損失が出たりすると気になってくるのが税金です。そこで、FXの利益に対し税金をいくら払う必要があるのかについて解説いたします。

また、損失を出した時は、確定申告を出しておくことで後々有利になりますので、こちらもぜひ知っておいてください。

FXで1000万円稼いだ時・損した時の税金について

1年の間にFXで大きな収益が出た場合や大損失をこうむった場合、税金面ではどのような扱いになるのでしょうか。FX取引をしているのならぜひ押さえておきましょう。

FXで1000万円稼いだ時の税金

ここからは仮にFXで1年間に1000万円の利益を上げたと仮定します。この際の税金ですが、利用しているFX会社が国内の会社か海外の会社かで扱いが異なります。それぞれの場合について、どのような扱いになるのかを説明します。

海外のFX会社で得た利益は総合課税で雑所得扱い

海外のFX会社で得た利益は総合課税となります。雑所得として、自分の得ている所得と合算し所得税として支払わなくてはなりません。所得税の税率は以下の通りです。

課税所得金額 税率(住民税も含む) 控除額
195万円以下 15% 0円
195万円超~330万円以下 20% 97,500円
330万円超~695万円以下 30% 427,500円
695万円超~900万円以下 33% 636,000円
900万円超~1,800万円以下 43% 1,536,000円
1,800万円超~4,000万円以下 50% 2,796,000円
4,000万円超 55% 4,796,000円

例えば、合算する所得額が350万円で、海外のFX会社を利用したFX取引で1000万円の利益を得たとすると、合計1350万円の所得となり、43%の税金が課せられ、580万5000円もの税金が掛かります。

国内のFX会社で得た利益は申告分離課税で一定の税率

一方、国内のFX会社で得た利益は、申告分離課税で一律20.315%(内5%は住民税、0315は復興特別所得税)が課税されます。

自分の所得とはまったく別の課税ですので、FXで1000万円利益を得た場合、課税額は206万1500円です。海外FX会社に比べると優遇されていることが分かります。

それでは、逆に1年間に1000万円の損失が出た場合はどうでしょう。続けて説明します。

FXで1000万円損した時の税金

FXで1000万円損した時に、税制面でどんな措置があるのかを見ていきましょう。損失が出た場合も、海外のFX会社と国内のFX会社で扱いに違いがありますので、分けて説明します。

海外のFX会社では損失はその年のみ計上できる

海外のFX会社を通したFX取引で損失が出た場合は、確定申告で届け出ることによって、その1年分のみ損失を計上できます。

この時、複数の海外FX会社で損失を出していれば合算可能ですが、国内のFX会社とは合算できません。その損失は1年限りで、繰り越すこともできません。

国内のFX会社では3年間損失の繰り越しが可能

国内のFX会社でFX取引をして出した損失は、3年間繰り越しが可能です。次の年に利益が出たとしても、前の年のマイナス分で相殺することで税金を低く抑えられます。

国内であれば他のFX会社での損益も合算可能ですが、海外のFX会社とは合算できません。

まとめ

ここまでにお話ししたことをもう一度振り返りましょう。

  1. FXで1000万円稼いだ人・溶かした人の体験談から得られる教訓
    成功談、失敗談どちらからも得られた教訓はFXについての勉強が必要なことと資金管理の重要性
  2. FXで1000万円稼ぐための方法
    元手の額別に資金管理によって利益を積み重ねることは可能
    エントリーポイントや利益確定、損切りラインは勉強して自分なりのルールを作る
    決めたルールは守って取引する
  3. FXで1000万円稼いだ時・損した時の税金について
    海外FX会社を通したFX取引:総合課税で最大55%の税金、損失の繰越ができない、国内FX会社との合算は不可
    国内FX会社を通したFX取引:申告分離課税で一律20.315%の税金、3年間の損失繰越可能、海外FX会社との合算は不可

これらの情報を、FXで1000万円稼ぐために、そして稼いだ後に税金で損をしないために役立てていただければ幸いにございます。

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。