FXのテクニックは何?FXトレードに必要な基本のテクニックを解説

  • 更新日: 2019/07/16

FXを始めたばかりの人や、なかなか利益を出せない人は、FXのテクニックを知らず取引を行ってる可能性があります。自分ではFXをしっかり理解したつもりでトレードしていても、いつも損失ばかり大きくなってしまう、という人はいないでしょうか。

そこで、

  • FXで必要となるテクニックを知りたい。
  • FXで利益を出せるようになるために、きちんとテクニックを身に着けたい。

という人に、今回はFXで必要となるテクニックの基本を解説します。

FXに必要なテクニックというと、「どうやって利益を出すか」ということがまずは思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。確かに、利益を出すことはFX等の投資をやる上で大切なことです。利益が出なければ、投資する意味がなくなってしまいます。

しかし、それよりも前に考えなくてはならないことがあります。それが、損失のコントロールです。大きな利益をどんなに出すことができても、利益以上の損失が発生してしまうようでは、全く意味がありません

また、仮に利益の方が損失より多かったとしても、損失のせいで100の利益が10になってしまうようでは、非常にもったいないことになります。

そうならないために、今回は、FXで必要となる基本のテクニックを解説します。基本となるテクニックを押さえ、FXでしっかり利益を出せるようになりましょう。

FXの基本のテクニック(ディフェンス偏)-損失を減らすテクニック

守る

FXトレードをする上で、利益を出すことは非常に重要です。しかし、利益を出すためには、その前段階として身に着けておかなくてはならない基本のテクニックがあります。ここでは、FXで必要となる基本のテクニックについて説明します。

①まずは「利益を出そう!」ではなく「損失を減らそう!」を念頭に置く

FXをやるなら、誰だって勝ちたいものです。しかし、見るのとやるのとでは大違いで、実際にやろうとすると、うまくいかないこともよくあります。そのため、「勝つためのテクニック」を探し出そうとする人が多く見られます。

しかし、FXで利益を出すための「聖杯」と呼べるような必勝法テクニックはありません

また、念頭に置かないといけないのは、FXは利益が出るものではなく、損失が出るもの、ということです。そのため、重要になるのは、利益を出すことではなく、損失をコントロールすることです。

FXを取引する上で気になるのは、「どのような方法で利益を上げているのか」ということではないでしょうか。実際、「この手法で勝てた」という手法を紹介するサイトや、投資関連の雑誌もあります。

しかし、先ほども書いたように、投資は基本的に損失が出て当然なので、儲けることよりも、損失をどのように抑えるか、ということに重点を置くべきです。

「こうしたら利益が出る」という方法を追い求めるのではなく、「このようにして、損失をコントロールしている」という方法を身に付けなくてはなりません。特に初心者は、利益を出すための方法を学ぶよりも、損失を抑えるための方法を先に学ぶべきです。

②投資資金(証拠金)額の重要性を理解しよう!

まずは口座に入金する「投資資金」と「取引ロット数」をどうするか?ということをしっかり考えましょう。

FXは、日本の会社の場合、レバレッジは最大で25倍かけられます。レバレッジをかけることで、少ない証拠金での取引が可能になりますが、「資金」そのものは多いに越したことはありません。

例えば、100万円の資金のうち、10万円の証拠金を使って取引するのと、15万円の資金のうち、10万円の証拠金を使って取引するのとでは、前者の余剰資金の方が多いです。

【1万通貨(ドル円=100円)の取引をした場合 資金が100万円と15万円の比較】
証拠金 100万円 15万円
ロスカットライン(証拠金維持率50%) 5万円 5万円
為替変動に耐えられる額 95万円(95円の為替変動) 10万円(10円の為替変動)

この10万円の証拠金の内訳が、例えば、1ドル100円で1万通貨のドルを買い、それに10倍のレバレッジをかけたものであるとします。

ロスカットラインが、証拠金維持率50%を割り込んだタイミングなのであれば、100万円の資金で取引した場合は証拠金が5万円を割り込んだ時にロスカットが執行される、ということになります。

また、15万円の資金で取引した場合も同様で、証拠金が5万円を割り込んだ時にロスカットが執行される、ということになります。

この例では、1万通貨の取引をしているので、1円の為替変動で1万円の損益が発生します。100万円の資金の場合は、1,000,000-50,000=950,000となり、95万円の損失が発生すると100万円の資金が5万円まで減ることが分かります。

つまり、950,000÷10,000=95で、95円の為替変動に耐えられることになり、1ドル5円を割り込んだ時にロスカット注文が執行されることになります。

一方、15万円の資金で取引した場合は、150,000-50,000=100,000となり、10万円の損失が発生すると15万円の資金が5万円まで減ることが分かります。

つまり、100,000÷10,000=10で、10円の為替変動に耐えられることになり、1ドル90円を割り込んだ時にロスカット注文が執行されることになります。

このことから分かる通り、100万円の資金で取引した場合の方が、15万円で取引した場合よりも為替変動に耐えられる、ということになるのです。

つまり、大きな資金で取引した方が為替変動に耐えられ、為替レートが急変しても、ロスカットされにくい可能性が高くなる、ということになります。

FXは損失が出て当たり前なので、どれくらいの損失に耐えられるか考慮する必要があります。できるだけ大きな損失に耐えられるだけの資金で取引する必要があるのです。

上記の例から言えるように、大きな損失にも耐えられるだけの資金で取引することが、FXで負けないようにするための、第一のテクニックであると言えるでしょう。

③損切のタイミングの重要性

次に考えなくてはならないのは、損切りです。繰り返しになりますが、FXをはじめとした投資は、基本的に損失が出るものであると考えます。

その損失を適切にコントロールすることが、FXでは重要となります。そのため損切りのタイミングをどうするかが、重要なポイントとなります。少々のマイナスが出るたびに、すぐに損切りしてしまうようでは、どんどん資金が減ってしまいます

そのため、どうなったら損切するのかという、決済のポイントをきちんと考えなくてはならないのです。

あなたがどうしても感情に左右されてしまいすぐに損切りをしてしまう場合は、無料の自動売買を利用するのも1つのコツです。

どのタイミングで損切りするかは、テクニカル分析に基づいてトレードする場合は、チャートから考えます。例えば、水平線を基にトレードする場合であれば、エントリーポイントは、抵抗線や支持線付近になります。

仮に買いでエントリーした場合、支持線となっているポイントを下から上に抜いた時にエントリーすることになります。そのまま読み通りに相場が動けば問題ありませんが、そうでない場合もあります。

この例で言えば、そのまま上昇すれば利益が出ますが、途中で反落すると損失が出る可能性がある、ということになります。そのため、損切りのための注文は、反落した場合にどこで損切りをするか、ということが重要となります。

基本的に相場は、一方向にひたすら動くことは少なく、上昇する場合は途中で一時的な下落を挟みながら上昇していき、下降する場合は途中で一時的な上昇を挟みながら下降していきます。

そのため、この例の場合も、一時的に反落する可能性が考えられますが、その場合、どこを割り込んだら相場転換したと見なし、損切りしなければいけないか…ということが重要となります。

この例の場合、損切りポイントとするのが、直前の安値付近です。エントリーポイントの直前の安値までは一時的に下落する可能性があると見て、直前の安値より少し下に損切り注文を置くのです。

このように、損切りポイントを明確にしてトレードすることは重要です。きちんとしたルールを作らずにむやみに損切りするのは、資金を無計画に減らすことになってしまいます。

なお、資金に関しても、「このくらいまで減ったら、一度トレード法を見直す」等のルールが必要です。

FXの基本のテクニック(オフェンス偏)-利益を出すためのテクニック

利益を狙う

ここまで、トレードにおける「ディフェンス」のテクニックを紹介しました。FXをはじめとした投資は、基本的に損失が発生する前提で行うものなので、損失をいかにして抑えるか、ということが基本になります。

しかし、ディフェンスばかりに力を入れてしまうと、利益を出すことに対する意識が薄くなってしまいます。ディフェンス同様、利益を出すことも大切なので、利益の出し方についてもきちんと考える必要があります。

利益確定ポイントを決める

初心者の人は、FXでは利益を出すスキルを上げることが重要であると考えがちです。もちろん、利益を出すスキルを上げることは大切です。

しかし、忘れてはいけないのは、資金コントロールや損切りといったディフェンスのテクニックを身に着けないと、どんなに利益を出せても投資する意味が半減してしまうということです。

スポーツでもそうですが、どんなに攻撃の上手な選手でも、守備ががら空きでは、相手に隙を突かれて得点につながらなくなったり、大量得点しても大量失点してしまうなど、非常にもったいないことになります。

利益効率を良くするためにも、資金コントロールや損切りのテクニックがまずは重要である、ということを念頭に置き、利益を伸ばすテクニックを身に着けましょう。

利益確定の時に大切なのは、どこで利益を確定するか決める、ということです。利益が出たら、すぐに利益を確定するのも悪くはありませんが、明確な利益確定ポイントを決めずに利益確定することは避けた方が良いでしょう。

利益確定で利用したいのが、チャートです。人によって何を基準にして利益を確定するかはそれぞれで、先ほど紹介したように水平線を使う人もいますし、RSIやストキャスティクスといったテクニカル分析をベースに利益確定ポイントを決める人もいます。

グランビルの法則をトレード手法にしている場合

例えば、グランビルの法則をベースにトレードしている場合は、ローソク足と移動平均線との関係を見て、エントリーポイント、利益確定ポイント、損切りポイントを判断します。例えば、移動平均線が上向きの場合、ローソク足が移動平均線を下から上に抜いた時にエントリーし、ローソク足も上に膨らんで移動平均線からかい離しながら上昇していったとします。この時、移動平均線からかい離したローソク足が移動平均線にタッチしたら、いったん利益確定します。移動平均線が上向いたまま、再びローソク足が移動平均線から離れたら再度エントリーし、再びローソク足がローソク足にタッチしたところで利益確定…という形でトレードします。移動平均線の向きが上向きから横ばい、あるいは下向きに変化するまでは、このような形で買いエントリーをし、利益を確定します。

トレール注文を利用して利益確定する方法

また、トレール注文を利用して利益確定する方法もあります。トレール注文は動く逆指値で、一定の値幅を保ちながらレートを追いかけていきます。もしも上昇トレンドの時にロングポジションを取り、自分が建てたポジションから任意のPips下にトレールを入れた場合、相場が上昇する限りは、トレールも追いかけていきます。しかし、上昇が止まり、下落が始まればトレールも止まります。そのまま下落すれば、トレールとして入れた逆指値が発動し、利益が確定されます。決まった値幅を保ったまま追いかけてくる逆指値注文であるため、通常の逆指値注文よりも狭い値幅で損切りできることがトレール注文のメリットです。

取引する時間帯の値動きから利益確定ポイントを算出する方法

また、自分が取引する時間帯の値動きから、利益確定ポイントを算出する方法もあります。東京時間は動きが少ない時間帯なので、もしも利益が出た場合は、20Pips、30Pips程度の値動きで利益を確定し、ロンドン時間やニューヨーク時間は大きく動く時間帯なので、50Pips程度の値動きを狙う…といった形で利益確定ポイントを決めるのも良いでしょう。

損小利大にするために考えるべきこと

先ほど紹介したように、利益確定ポイントの決め方には様々なものがあります。ここで挙げた例以外にも、自分なりの基準を持ってポイントを決めることもトレードでは非常に大切です。

テクニカル指標をベースに利益確定ポイントを決める方法も、使うテクニカル指標や、基準となるポイントは実に様々です。ただ、気をつけなければいけないのは、損小利大にしなければならない、ということです。

例えば、利益確定ポイントについては30Pips利益が出た時にし、損切りポイントについては50Pipsとした場合、当然のことながら、損失の値の方が大きくなってしまいます。

仮に利益確定ポイントと損切りポイントを同じ値にした場合でも、勝率が50%だと損失の方が大きくなってしまいます。

そこで、①自分の勝率が何割なのか、そして、②どれくらいで損が大きくなってしまうのかをきちんと計算した上でトレードに臨んだ方が良いでしょう。

この時に参考にしたいのが、「バルサラの破産確率」です。バルサラの破産確率は、「そのままその取引を続けていくと、どこで資金が尽きてしまうか」ということを算出するための計算方法です。

1回のトレードで、資金全体の何割の損失を許容できるか、どのくらいの勝率か、損失に対する利益の割合がどれくらいか、という3つのポイントを見て、算出します。

バルサラの破産確率は低ければ低いほど良いので、利益確定ポイントを考える際に、損切りポイントと併せて考えたい内容です。自分で計算すると大変ですが、バルサラの破産確率の計算ツールを掲載しているサイトもあるので、利用してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、FXで必要となる基本のテクニックを解説しました。FXを取引する人は、利益を出すために、FXを取引しています。しかし、何度も触れたとおり、投資は損失が出て当然のものなので、利益よりも損失をコントロールすることの方が大切です。

利益を上回る損失を出さないためにも、勝つためのテクニックを身に付けるというよりも、負けないためのテクニックを身につけることをまずは優先し実践しましょう。

いくらFXの取引が上手な人でも、損失が出ることはあります。ですが、その損失が利益を超えないよう、コントロールしているのです。この方法を身につけることができれば、皆さんもFXで損失を最小限に抑えることができます。

そのためにも、投資資金と取引ロット数の調整はしっかり行うようにしましょう。この時に忘れてはならないのは、大きな損失にも耐えられるだけの資金で取引するということです。

同じ損失でも、資金の多い方が為替変動に耐えられるため、資金が多いことに越したことはありません。

初めてFXにチャレンジする人は、いかにして損失を抑えるかにまずは重点を置き、その方法を身につけた後で、利益の出し方のポイントを抑えていきましょう。

チャートを基に利益確定ポイントを決めるのか、それとも、Pipsを基に利益確定ポイントを決めるのか。方法は人それぞれですが、自分に合った方法で利益確定ポイントを決め、きちんと利益を積み重ねていけるトレーダーを目指しましょう。

今回紹介したことを参考にして、最適なトレードを見つけてみてください。

また、FXをするためにはきちんとFXに対して理解する必要があります。FXの正しい知識について詳しく知りたいという人は以下の記事を参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。