FX取引の成否を握る、トレード戦略の立て方の基本を解説。

  • 更新日: 2019/07/25

FXを始めたのはいいものの、直感だけで取引を行ったり、損失が出た時のダメージが大きいという人はいませんか?FXをしっかり理解せずに取引を行うと、それはただのギャンブルと同じことになってしまいます。

  • FX取引の「戦略の立て方」を知りたい。
  • 利益を出すために、どのような点に注目して戦略を立てれば良いか知りたい。

という人に、今回はFXの基本戦略の立て方を説明します。また、細かいテクニック(戦術)についても一部ご紹介しますのでご参考ください。

FXに限らず、株でも商品先物でもそうですが、投資をする上で戦略を立てることは大切です。何も考えず、行き当たりばったりで取引してしまうと、ギャンブルと何ら変わらなくなってしまいます。

それだけでなく、損失が出た場合も、利益が出た場合も、「どうしてそうなったのか」という理由が分からないため、改善にも向上にもつながらなくなってしまうのです。

そうならないためにも、きちんとした投資戦略を基にトレードする必要があります。FXにおける投資戦術の基本を身に付け、勝ちも負けもトレードスキルの向上につながるようなトレードができるようになりましょう。

FXに必須な「トレード戦略」

FXを取引する目的は、資金を増やすためです。そのためには、戦略なくして利益を増やす事はできません。ここでは、FXで利益を出すために必要となるトレード戦略の基本をご説明します。

なぜトレード戦略が必要なのか?

FXを取引する際に必要となるのがトレード戦略です。「上がりそう」「下がりそう」と、何の根拠もないまま、相場の動きに乗るだけでは、ギャンブルと変わりません。そうならないように必ず考えなくてはならないのが、トレード戦略なのです。

トレード戦略を立てる際に考えなくてはならないのが、シナリオと理由です。例えばシナリオは、「ドル円が〇円×銭まで来たら、エントリーし、●円×銭まで来たら、いったん利益確定する。

反対に、×円△銭になったら損切りする。」というように、具体的なポジションを持つタイミングや決済ポイントを明確にし、どのように動くのかを考えた上で立てていきます。こうすることで、どこでどのような動きをするのかを具体的にすることができるのです。

何となくそうなると思ったから」という漠然とした理由でシナリオを立てるのでは、ギャンブルと変わらなくなってしまいます。そのため、明確な理由に基づいてシナリオを立てる必要があります。

チャートから市場参加者の心理を読んで、売買のタイミングをいち早くとらえることで、利益を狙います。

ここで言う明確な理由とは、「このレートがレジスタンスラインになっているから」「このレートが過去の安値になっているから」などといった具体的な理由です。このような理由付けをきちんと行った上で、シナリオを立てる必要があります。

また、FXのトレード戦略を考える上で意識しておきたいことは、「損失が必ず出る」ということです。

FXに限らず、どんな投資商品でもそうですが、つい、「儲ける」ことに意識が行きがちです。そのため、利益を出すことばかり考えてしまい、損失に対する意識が薄くなってしまうのです。

本来、投資商品は、損失を出すリスクがあるものです。そのため、「儲かるもの」ではなく、「基本的に損失が出るもの」という考えで取引すべきなのです。

そのような考えに基づいてトレード戦略を考えると、利益を出すことよりも、まずは損失をどのようにコントロールするか、ということに主軸を置くようになります。

戦略を立てる前に考えるべきこと

トレード戦略を考える上で、まず考えなくてはならないのは、投資資金です。投資資金が10万円なのか、100万円なのかで取引する通貨ペアも、取引量も変わってきます。そのため、どのくらいの投資資金で取引するのかを考えなくてはいけません。

そして、投資資金の次に考えなくてはならないのが、取引ロット数と取引する通貨ペアです。取引する通貨ペアの値動きが比較的穏やかなのか、それとも、荒い動きが多いのかで、取引ロット数も変わってきます。

  1. 資金
  2. 取引量
  3. 通貨ペア

例えば、比較的値動きの安定しているドル円と、値動きの荒いポンド円とでは、1日の値動きに大きな差があります。ドル円の場合、1日の値動きの平均が1円程度なのに対し、ポンド円の場合は1日1.5円程度になります。さらに、ドル円が2月19日現在1ドル106円程度なのに対し、ポンド円は1ポンド149円程度となっています。そのため、取引するにあたり、ポンドの方がより多くの資金が必要となります。

【資金】〔米ドル/円〕<〔ポンド/円〕

このことを踏まえ、どう考えるかが次に考えるべきことになります。つまり、資金を考慮した上で、レバレッジをかけて大きなロット数の取引をするのか、それとも、ロット数は控えめにするのかを考えなくてはならないのです。

もしもレバレッジをかけてロット数を多くして取引するのであれば、ロット数が多い分、損益も大きくなります。反対に、レバレッジをかけたとしても、ロット数を少なめにして取引するのであれば、損益は小さくなります。

1円の値動きに対し、どのくらいの損益が発生するのか考え、どの程度の損失なら許容できるのか計算します。つまり、元手となる資金について、どのくらいまでなら失っても良いと考えられるのか、ということです。

自分の資金許容できる損失取引したい通貨ペアの3つをまずは考え、その上で、取引ロット数レバレッジを決めます。この時、各FX会社のHPに用意してある証拠金シミュレーションを使うと便利です。

  • 用意できる資金(余剰の自己資金)
  • 許容できる損失額
  • 取引したい通貨ペア

  • 取引ロット数
  • レバレッジ

また、エクセルに計算式を入れて、自分なりのシミュレーションを作ってみるのも良いでしょう。

戦略を立てる時に考えるポイント3つ

資金、許容できる損失、取引通貨ペア、そして取引ロット数とレバレッジを決めたら、ここからいよいよ本格的な戦略を立てていきます。この時に考えなくてはならないのが、エントリーポイント利益確定ポイント損切りポイントの3つになります。

取引のスタートと終わり、そして損切りを具体的に決めずにトレードしてしまうと、無計画なトレードにつながってしまいます。

「〇円×銭になったらエントリーする」「ローソク足がこのレートを超えたらエントリーする」など、具体的なポイントでエントリーし、「●円×銭になったら利益確定する」「ローソク足がこのレートに到達したら利益確定する」というように、具体的なポイントでイグジットすることが大切です。

また、エントリーポイントと利益確定ポイントを決める時に、損切りのポイントを決めることも大切です。これは先ほど書いた許容できる損失とも関係のあることなので、許容できる損失を基に、損切りのポイントを決めます。

エントリーポイント、利益確定ポイント、損切りポイントを決めたら、あとはそれを忠実に実行することが重要なのですが、これを守ることが非常に難しいのです。自分で決めたルールであるため、容易く破ってしまう人が多い傾向にあります。

いかにルールを破らず、忠実に実行できるかが、利益を得るために重要なことなのです。

戦略を立てる上で必要なこと

トレード戦略を立てるまでの大まかな流れをここまで解説しましたが、戦略を有効なものにするために必要なことがまだあります。ここでは、トレード戦略を有効なものにするために必要なことについて説明します。

判断基準を何にするか

トレード戦略を立てる上で、エントリーポイント、利益確定ポイント、損切ポイントの判断基準は非常に重要です。その際に、何を使って判断するかを決める必要があります。

判断基準に何を使うかは人それぞれのため、自分にとって使いやすいもの使ってみて勝率の良いものを使うようにすると良いでしょう。複数使ってみて、良いと思うものを自分なりに組み合わせるトレーダーが多いようです。

エントリーポイントや利益確定ポイントの判断基準をテクニカル指標に基づいて行うトレーダーは少なくありません。ただ、この場合、1種類のテクニカル指標のみ使うのではなく、複数のテクニカル指標を使い、判断するケースが多いです。

そして、その際、それぞれの短所を補うために、トレンド系とオシレーター系を組み合わせて使うケースが多く見られます。例えば、トレンド系にMACD、オシレーター系にRSI…といった形で組み合わせるのです。

ただし、あまりに何種類も組み合わせると、かえって使いづらくなってしまうので、使いやすいものをそれぞれ1、2種類ずつくらいに抑えた方が良いでしょう。

また、水平線やトレンドライン、移動平均線を使ってトレードすることもできます。

例えば、水平線とトレンドラインでエントリーポイントとイグジットポイントを決める場合、トレンドラインでトレンドの方向を確認し、サポートラインやレジスタンスラインになっている水平線を確認します。

例えば、トレンドラインが上向きで、レジスタンスラインになっているレートを抜けたら、買いエントリーします。この時も、すぐにエントリーせず、次のローソク足がレジスタンスラインのレートよりも上に来たらエントリーします。

そして、次のレジスタンスラインのレートで利益確定します。また、損切りは、「レジスタンスラインから●銭下」「エントリーポイントから直近のレジスタンスライン」というような感じで具体的に決めておきましょう。このような方法でエントリー、利益確定、損切りを行う方法があります。

移動平均線を判断基準にする場合は、グランビルの法則を基にトレードする方法もあります。

グランビルの法則の場合、例えば移動平均線が上向きの時、レートが移動平均線を下から上に抜けた時にエントリー、そのままレートが移動平均線から乖離し、再び移動平均線を下抜けた時に利益確定…という方法でトレードすることもできます。

注文方法を工夫する

これまで説明してきた手順でFXのトレード戦略を立てたものの、これを実行できなければ全く意味がありません。しかし、既に触れたとおり、FXに限らず、投資で損失を膨らませる人の多くが、トレード戦略をきちんと実行できないパターンに陥っています。

中でも苦手な人が多いのが、損切りです。エントリーと利益確定はルール通りできたとしても、損失が発生した時に、感情を挟まずに機械的にルール通りに損切りできず、そのまま塩漬けしてしまうトレーダーが多いのです。

また、利益確定が苦手なトレーダーもいます。利益が乗ってくるとつい深追いしてしまうため、自分で決めた利益確定ポイントで決済をせずにそのままにしてしまうのです。

このように、自分の裁量でエントリー、利益確定、損切りができない人は、IFO注文やIFD注文OCO注文を使うと良いでしょう。IFO注文は、新規注文から決済注文まで自動で行ってくれます。

また、利益確定はうまくできるが損切りが上手にできないという人や、損切りができても利益確定がうまくできないという人は、IFD注文を使うと良いでしょう。エントリーはうまくできても、利益確定や損切りがうまくできない場合はOCO注文を利用してみましょう。

トレード戦略を裁量ではうまく実行できない場合は、このような感じで、うまく予約注文を使いながらトレード戦略を実行していくと良いでしょう。

トレード戦術の事例

先ほど、「判断基準を何にするか」のところで、トレード戦略を立てる時に基準となるテクニカル指標等の例を出しましたが、ここでは、テクニカル指標を使った具体的な戦術を簡単に解説します。

例1)平均足とストキャスティクスを使用したトレード戦略
資金100万円、ドル円のトレード。レバレッジは25倍。ロット数は1Lot(1Lot=1万通貨単位)。

トレンド系のテクニカル指標に平均足、オシレーター系のテクニカル指標にストキャスティクスを使います。エントリーポイントは、ストキャスティクスが80%以上のところで、%Kが%Dを下から上に抜き、平均足が陽線になった後、%Kが%Dより上にある状態のまま、次の陽線が出た時。利益確定については、平均足が陰線に変わり%Kが%Dを上から下に抜いたところで利益確定します。

エントリーした後、予想とは違い、平均足が陽線からすぐに陰線に変わってしまい、ストキャスティクスもすぐに%Kが%Dを上から下に抜いたり、もみ合いに入って方向感がなくなった場合はいったん損切りしましょう。

"ストキャスティクス”とは、「買われすぎ」「売られすぎ」に着目したオシレーター系のテクニカル分析です。%K(パーセントK)」と「%D(パーセントD)」、スローストキャスティクスには、「%D(パーセントD)」「Slow%D(スローパーセントD)」の線があります。

例2)移動平均線と平均足を使ったトレード戦略
資金100万円、ドル円のトレード。レバレッジは25倍。ロット数は5Lot(1Lot=1万通貨単位)。

9日移動平均線が上向きで、5分、15分の平均足がどちらも陽線を作ったら、エントリーします。そして、直近の安値から5Pips下で損切りを入れておきます。利益確定は、5分の平均足が2本連続で陰線を作ったら、利益確定しましょう。

この他にも様々な方法がありますが、自分なりのエントリーポイント、利益確定ポイント、損切ルールを作るための明確な判断基準を作ることは大切です。

ポイントとしては、レバレッジをかけたとしても、資金に対し、大きなロット数を持ちすぎないことです。例2で紹介した方法は5ロット持っているので、損益が大きくなりますが、その代わり、損失が膨らみすぎないように早めの損切りができるように工夫しておきましょう。

ポイントは、損失のコントロールです。損小利大になるようにコントロールすることや、トレードルールをひたすら守ることが重要です。

まとめ

今回は、FXの取引のポイントや、実際のトレード戦略までの解説を行いました。FXを取引する際、戦略を立てるのと立てないのとでは、損益が大きく違ってきます。

また、FXは、損失が出る前提で取引を行わなければいけないということも分かっていただけたのではないでしょうか。

FXで投資をするにあたって重要なことは、感情に左右されず一度の損失で一喜一憂しないことです。いくら投資の上手な人でも、戦略なしでは安定した結果を得ることはできません。

上手な人こそ、自分の戦略を立て、チャンスやピンチが訪れても、慌てることなく冷静に判断しています。一度取引に失敗したとしても、失敗を次の取引に生かす気持ちで、失敗や損失も前向きに捉えましょう。

今回お伝えした投資のポイントやコツを忠実に守り、ルールに従って投資を行うことで、安定した取引を行うことができるのではないかと思います。利益を生み出すための自分なりの戦略を立てて、自分のトレードに合った投資をぜひ行ってください。

また、投資資金によって、取引に適する通貨や取引量も変わってくるので、自分のスタイルに合った戦略を立て、少しずつ利益を出すことを目指していきましょう。

利益を出すことばかり考えてしまうと、大事なところを見落としがちになりがちです。焦らず、確実に、経験と失敗を繰り返しながら結果を残していくのが、一番の近道かもしれません。

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。