FXはニートに向ているの?その相性を徹底検証!

  • 更新日: 2019/07/22

昨今、社会問題にもなっているニートですが、そんな人たちの中には、一念発起してFXを始めたいと思っている人もいるはずです。

実際に、ニートがFXで勝ち、華々しい生活をしている様子がメディアで放送されることも珍しくはありません。

  • FXとニートの相性はどのくらい
  • ニートがFXに取り組むメリットやデメリットは
  • ニートがFXって大丈夫なの?

このように、ニートからFXを始めようとしている人には、色々な悩みがあるはずです。そんな悩みにひとつひとつ向き合ってみますので、ぜひ確認してみてください。ニートだからこそできるトレードスタイルは、存在するはずです。

FXはニートに向いているのか

まずはFXがニートに向いているのかを考えてみましょう。

ニートは時間との相性が良い

FXは、平日であれば、ほとんど24時間相場が開いています。この時間と相性が良いのがニートです。兼業ではなく、完全に専業として取り組めるため、どの時間にエントリーチャンスが来ても売買することができます。

また、FXが最も盛り上がる時間帯はニューヨーク時間です。しかし、サラリーマンの場合、翌日のことを考えて、日本では深夜に該当するニューヨーク時間後半の時間帯に取引できないことが多いです。

これが機会損失に繋がる可能性もあるので、チャンスという意味では、どんな職業よりも投資に向いているのがニートです。

相場の変化に柔軟な対応が可能

最近は、スマホツールの発達で勤務中にもFX取引ができるようになりました。しかし、勤務中の間、ずっとスマホを見ているのは難しいので、相場の変化に対応できないことも多いでしょう。

ニートの場合は、常に相場と向き合うことができるので、チャンスだけではなく、ピンチにも強いといえます。その時点までの値動きを確認した上で、ポジションを保持するか逃げるかを決定できるので、取引の精度も高くなるはずです。

本気のFXにも向いている

兼業トレーダーは、どうしてもFXの勉強が疎かになりがちです。テクニカルを勉強するのにも時間が必要ですし、ファンダメンタルズになると、さらに多くの時間が必要です。

ニートは専業トレーダーなので、比較的値動きの少ない時間帯を勉強に充てるなど工夫すれば、FX取引がどんどん状態する可能性があります。

ニートから数億を稼ぎ、スーパートレーダーの仲間入りを果たした人物もいますが、これはニートの余りある時間を、上手く知識の吸収に充てたからこそではないでしょうか。

ニートがFXをするメリットとデメリット

FXがニートに向いていることがわかったら、今度はメリットやデメリットを確認しましょう。

ニートがFXをするメリット

まずニートがFXをするメリットについて確認していきます。

FXに使える時間が多い

FXを中心に生活を組み立てることが可能なので、時間的なメリットは大きいです。とにかくFXの相場に向き合う時間を多くしてみるのも良いですし、トレード手法を徹底的に学んでみるのもよいでしょう。

チャンスとピンチに強い

ニートはFXに使える時間が多いので、チャンスやピンチを見逃す可能性が低いです。このため、本当に勝てる局面だけを厳選して取引することも可能です。逆に、ピンチをいち早く察知して逃げることも可能です。

歴史的な大暴落をチャートで確認してみると、初動で上手く逃げることができれば、損失を抑えられることが多いです。常に相場を確認できるのは、ニートのメリットでしょう。

取引に集中できる

兼業トレーダーが昼に仕事、夜にFXというのは、予想以上に疲労します。ニートの場合は、FX一本に絞れるので、一取引一取引にしっかりと集中して臨むことができます。メンタルコントロールが重要なFXにおいて、この集中力はとても大切で、ニートの強みです。

ニートがFXをするデメリット

次にニートがFXをするデメリットを確認してみましょう。

気持ちのリセットが難しい

ニートは、いつでも取引ができるので、冷静な取引を続けられるのなら、これほどFXにおいて有利なことはありません。しかし、大きく負けた後に冷静さを失って、損失を広げてしまうのもFXの怖いところです。

兼業トレーダーの場合は、本業とFXがしっかりと区別されているので、その都度、気持ちのリセットができます。しかし、ニートは2日続けて取引をすることも可能なので、気持ちのリセットができず、思わぬ損失を出してしまうことがあります。

私生活が疎かになる

ニートの場合、食事と睡眠以外FX。というようなことも簡単にできてしまうため、私生活が疎かになりがちです。相場が気になれば、相場を確認できる状況なので、ついついFXを優先してしまうのです。

何となく取引をやってしまうと、私生活とFXのバランスが取れなくなるので、最初にしっかりとスケジュールを決めることをおすすめします。

余剰資金での投資が難しい

健全な投資とは、余剰資金での運用を指します。しかし、ニートは本業を持っていないので、余剰資金の確保が難しいです。

退職するまでの貯蓄があっても、投資以外で損失を補填するのが難しいので、FXに失敗して、今後の生活のめどが立たないこともあります。そのため、ニートがFXをするなら、気軽な気持ちではなく、本気で臨む強い意志が必要になってくるでしょう。

メリットとデメリットを踏まえて

ニートがFXをする場合のメリットとデメリットを確認してきました。これらを踏まえてみると、規則正しい生活やトレードスタイルを確立できるニートは、メリットばかりを得ることができるということです。

特に、時間的な優位性は大きなメリットで、余りある時間を使って、堅実的な取引を積み重ねられます。

ニートがFXをする際の注意点

ニートがFXをする際のデメリットを踏まえて、注意点をまとめてみます。

FXに触れない時間帯を確保

ニートは気持ちのリセットが難しいので、自分の中で、強制的に相場から離れる時間帯を作るとよいです。毎週、水曜日は休日というように、週の中で丸一日相場から離れる日を作るのもよいかもしれません。

こうすることで気持ちのリセットができ、また冷静に相場が見渡せるようになります。注意点としては、休養の前に、しっかりとポジションを決済しておきましょう。

ストレス解消に取り組む

長時間にわたってFX取引をしていると、疲労がかなり蓄積されます。そのため、定期的にストレス解消に取り組むことも大切です。おすすめは、散歩やスポーツ、入浴といった適度に緊張をほぐせる行為です。

また、FXは取引をする場合も、勉強をする場合も、ほとんど椅子に座った状態です。このような生活が続くと、体力の衰えは相当なものになるので、その意味でも適度な運動は心がけた方がよいです。

投資資金はどうするか

ニートがFX取引する場合、最初に悩むのが投資資金です。会社を退職した直後で、ある程度資金に余裕があるなら問題はないでしょう。

しかし、貯金の30万円や50万円を使って、FXで生計を立てるのは、なかなか難しいです。そのため、ニートが本気でFXに取り組むなら、最初にある程度の資金を用意した方がよいかもしれません。

また、複数の口座開設キャンペーンを利用して、投資資金を得る方法も上手く活用したいところです。

ルールづくりは厳密に

ニートがFXをするデメリットのほとんどは、ルールづくりが行われていなかったか、そのルールを破ってしまったことによるものです。そのため、ニートがFXをするなら、他の投資家よりも、厳密にルールをつくる必要があるのです。

利食いやロスカットのルールはもちろん、取引時間などをしっかりと設定しておきましょう。また、自分のトレードの癖を見極めて、負けた後は1日休むなどのルールを付け加えるのもよいです。

FXの税金について知っておく

ニートは会社から源泉徴収されているわけではないので、FXで収入を得た場合、自分で確定申告をしなければなりません。

また、ニートの中には、親の扶養に入っている人も多いかと思われますが、収入に応じて外れてしまう場合があります。FXをするなら、このような税関連の知識が必要になってくるので、事前に勉強しておくとよいでしょう。

FXの税金については、下記サイトにてご紹介していますので、ご参考ください。

ニートならFXだけではなく情報発信をする

ニートは投資に使える時間が多いので、取引以外に時間の使い道がないかを考えてみます。

ブログを有効活用

ニートでFXをしているなら、毎日の取引記録としてブログを開設してみてはいかがでしょうか。頭の中で考えるだけではなく、実際に文章に書いてみることによって、より理解できることもあります。

また、独自のトレード解説などができるようになれば、投資ブロガーとして、収入を得られる可能性もあります。他にも、おすすめ口座を紹介して収入を得たりと、ブログの活用法は様々です。

中には、FXトレーダーから投資ブロガーに転身してしまう人もいるくらいです。ニートは収入源に乏しいので、色々な芽を育てておいた方がよいです。

ライブ配信を有効活用

ブログより一歩進んだ情報発信がライブ配信です。個人投資家がライブ配信で自分の取引を配信したり、相場解説などをするのは、今や当たり前になってきました。

ライブ配信にもブログと同様に収入を得られるシステムがあるので、上手く取り組めば、FXでの損失を補填するだけの収入源として活躍してくれるかもしれません。

また、ライブ配信やブログは、交流の場としても機能して、投資家同士の横の繋がりを広げることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ニートとFXの相性について確認してきました。その結果、ニートはFXに向いていることがわかったはずです。しかし、ニートがFX取引を始めた時点で、ニートではなく、投資家ともいえます。

上手く好成績を残して、収入の一部を税金として納めれば、世間にとやかく言われる筋合いもなくなります。

ニート生活の打開策として、FX投資家を目指すというのは、一つの選択として考えてもいいのではないでしょうか。

トレードスタイルに迷う方は、以下の記事を参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。