FXの順張りで勝てない人が知るべきコツとは【初心者にもおすすめ】

  • 更新日: 2019/07/31

初心者におすすめといわれるFXの順張り(トレンドフォロー)。

この記事では順張りでなかなか勝てない、順張りは難しいと感じている方や初心者が順張りで勝つためのコツをつかめるようにメリット、デメリットやエントリーポイントの見極め方などを説明していきます。

順張りとは

「順張り」とは相場の流れに乗って、トレンドと同じ方向に取引を行うことです。具体的には上昇局面では「買い」、下降局面なら「売り」の取引を行うことです。

逆に下降局面で「買い」上昇局面で「売り」の取引を行うのが「逆張り」です。FXのエントリーの手法としては基本的にこの2つしかありません。

        逆張りについては以下の記事で

詳しく紹介していますのでご参考ください。

順張りのメリット・デメリット

ベテランの人や大きな額を動かしている人の多くは順張りこそ王道といい、順張りをメインとしてトレードしています。しかし初心者のうちは逆張りをしたくなる誘惑にかられることも多いのです。

なぜ初心者には順張りがおすすめといわれるのか、順張りのメリット、デメリットを整理して確認してみましょう。

順張りのメリット

ここではまず、順張りはどのような点が良いのかについて3点、ご説明します。

(1)リスクが少ない

順張りではある程度のエネルギーを持って発生したトレンドの流れに乗るので、トレンドが終わらない限り利益を得ることができ、損失のリスクは小さくなります。

また、損失が出たとしても小さくて済みます。「損小利大」が可能なのが、順張りの一番のメリットです。

(2)トレンドに従って落ち着いて取引できる

初心者であればまず長期的な、大きなトレンドを正しく把握することが必要です。順張りでは大きなトレンドを意識して正しく入ることができれば利益につながり、時間がたつほど利益が増えます。

また、大きな流れに乗ってトレードすれば、短期的な小さな動きで一喜一憂する必要がなくなります。一時的な動きにだまされることも少なくなり、チャートをみながら常に不安にさらされることもなくなるので、精神的にも楽にトレードを行うことができます。

(3)損切のタイミングがわかりやすい

順張りのほうが損切りをいつするべきか判断しやすいのもメリットのひとつです。たとえば調整後の押し目買いで入ったなら、直近安値を割った時点で損切りをします。

シンプルに、エントリーした理由だったものが崩れたときが損切りのタイミングと考えればいいのです。損切りが苦手、いつしたらいいかわからず失敗しがちだ、という方にも順張りがおすすめです。

順張りのデメリット

では、順張りのデメリットはどのような点なのでしょうか。こちらも3点に分けて説明します。

逆張りよりエントリーのポイントが少ない

大きなトレンドを意識して入る必要がある順張りでは、チャンスが来るまで待つことが多くなります。ひんぱんにトレードを行いたい方の場合、順張りでは物足りなく感じてしまい、つい逆張りが多くなる傾向があるのではないでしょうか。

利確のタイミングがわかりづらい

順張りの場合、トレンドが変わったと感じて利益確定したが、そこで売らなければもっと利益が出せたのに、と思うような場面に遭遇することがよくあります。利確のタイミングが難しいのが順張りのデメリットのひとつです。

ただ、そんな場面に出くわした際は「頭と尻尾はくれてやる」という格言に従ってスッキリとあきらめるのが肝要です。

エントリーが遅れると失敗しやすい

順張りでエントリーが遅れた場合、ある程度高値、安値になったところからさらに高く、安くなるのを待つことになります。高値づかみ、安値づかみになると長い間利益が出せる値段まで相場が戻らない場合も。

タイミングを逃したら次のタイミングまでエントリーを見送るなどして、あわててエントリーするのは避けましょう。

順張りでのエントリーのタイミング

トレードの勝敗を左右する順張りでのエントリー(注文)。そのタイミングについて解説します。

順張りのエントリーポイント

① レンジブレイク

為替相場を日足や時間足にて分析し、レンジ相場がどちらかの方向に動き出すときの、その強力なパワーを利用するようにエントリーします。上昇トレンドではレジスタンス(抵抗線)のブレイクで、下降トレンドではサポート(支持線)のブレイクでエントリーします。

この手法を「ブレイクアウト」といいます。なお、このタイミングを採用する場合はダマシに惑わされないように注意が必要です。

② 押し目買い・戻り売り

トレンドが発生している途中で、少しトレンドと逆方向に動いたところでエントリーする方法です。相場は小さな価格の上下変動をしながら、大きな方向性を作って動いています。

上昇相場では途中に一時的な下落をしたタイミングを見計らって「押し目買い」、下降相場では少し値段が上昇したところで「戻り売り」をします。上昇相場の中で少しでも安い値段でエントリーできるポイントになります。

③ トレンド発生の直後

チャート分析を行い、現在トレンドが発生したことを確認しエントリーします。上昇している場合は、更に上昇を狙い、下降している場合は更に下降を狙い利益をあげます。

利確のタイミングを見極める方法

節目の値段で決める

もっとも簡単な分析方法はチャート上節目となっている値段まできたら利確する、というチャート上のポイントを見つけて判断する方法です。

移動平均線と価格の交差、長期/短期の移動平均線の交差を目安に利食いする方法は順張り手法に適しています。

「pips」を使って値幅で決める

pips(ピップス)とは為替レートの変動を表す単位です。例えばドル円では0.01円=1銭=1pipsとなります。

FXではさまざまな通貨ペアを取引するので、pipsという統一した単位ですべての取引を計算できるととても便利になることから、頻繁に使用されています。

クロス円は小数点第2位、他の通貨ペアでは小数点第4位が1pipsが基本ですが、FX業者によっては表記が異なっている場合もあります。

通常では50~150pips程度のレンジの中で目安を作ります。値動きの荒い通貨ペアのポンド円では1日で200pips程度の値幅が狙えることもあります。

初心者もpipsを使って日々のトレードの目標を明確にすることで自分なりのリズムをつかめるので、ぜひ取り入れてみてください。

損切りとの比率で考える

リスクをどれだけ取ってどのくらいのリターンを目指すのかという、自分のトレードスタイルを作り上げていくためにも必要な考え方に通じる方法です。損切りがマイナス20pipsであれば、利確はプラス40pipsを目指すなどといった考え方です。

時間帯で決める

FXは午前9時から午後3時までしか取引できない日本の株式市場と違い、世界中で取引が行われているので24時間の取引が可能です。よってトレードにおいても、世界の動きを考慮することが必要になります。

例えばロンドン勢が参入し始める午後5時ごろやニューヨーク勢が参入を始める夜10時ごろは、相場の流れが大きく変わる可能性があります。それまでにある程度利益が出ていれば、いったん利確しておくほうが安全です。

また、週末にポジションを保有したままにすると、週明けに激しいうごきがあって損失を出す可能性があります。相場に関係するニュースや指標の発表もチェックして、利益の確定を考えましょう。

売買の参考にしたい分析方法

高い勝率を上げるためには自分に合う複数の方法やツールを組み合わせて利用していく必要があります。それに役立つ、売買のタイミングの決め手になるさまざまな分析方法があります。

実際に試し、経験を積んで、勝てるトレードスタイルを確立していきましょう。分析方法には大きく分けてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、通貨ペアに関係する世界各国の経済動向や金融・経済政策、経済指標が及ぼす影響を過去のデータから予測、判断してトレードする方法です。

各国の雇用統計、金融政策決定の会合、GDP(国内総生産)の発表などに注目しておく必要があります。もちろん日本政府の金融・経済政策の発表も影響を及ぼします。

テクニカル分析

テクニカル分析にはトレンド系とオシレーター系があり、目的別に組み合わせて使い分けることで、売買の目安を教えてくれる心強い味方になります。

チャート分析の主な指標

トレンド系

トレンド系では方向性や市場の勢いが判断できます。代表的なものとして移動平均線、MACD、一目均衡表、ボリンジャーバンドなどがあります。

オシレーター系

オシレーター系では相場の売られすぎ、買われすぎといった状態や過熱感がわかります。RSI、RCI,ストキャスティクス、ウィリアムズ%Rなどがオシレーター系に含まれます。トレンドの転換点がわかります。

まとめ

順張りはすぐに大きな利益が期待できないものの、安定して利益を出せるトレーダーが重視して取り入れている手法です。

初心者は逆張りを多用して満足してしまいがちですが、長く確実にFXで勝ち続けるために、ぜひ順張りを身に着けておきましょう。

また、トレードスタイルについても知りたいという方は、以下の記事も参考にしてください。

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。