FXの休みはいつ?週明けと週末の取引の注意点

  • 更新日: 2019/07/31

FXの為替市場は24時間常に動き続けています。ただし、1年365日、常に動ているというわけではありません。一部の例外こそありますが、FXは週末の土曜日と日曜日、そしてクリスマスや年末年始などが休みとなります。

一応、FXは土日が休みということになっているのですが、土日だろうと為替市場が動いていないというわけではありません。土日が休みではない国、例えば中東の市場に関して言えば、土日だろうと為替市場は動いています。

ただ、日本や欧米諸国は土日を休日としているため、日本のFX会社も土日は休みとしています。

週末が休みになるということもあってか、為替市場は月曜日や金曜日といった週明けや週末になると、独自の動きを見せるものです。

このような週明けや週末の事情を知らずにいつも通りの感覚で取引をすると、手痛い損失を被る恐れがあります。FXを始めるのであれば、トレーダーは土日や週明け、週末などの事情にも精通しておく必要があります。

ただ、FXの休みについて、一体何を学べば良いのでしょう?

  • 土日が休みだとトレーダーにどう影響するのか?
  • 週明けや週末に気を付けるべき事とは何なのか?
  • 土日以外にも休みはあるのか?

FXの休みを知ることで、いざ週明けや週末を迎えることになったとしても、慌てることなく冷静に対処することができます。

なにより、FXにも休みがあるということを知ることで、トレーダーは毎日無理をしてまで取引をする必要が無くなり、十分な休みを確保できるようになります。

専業のトレーダーほど、休むべき日はしっかりと休みを取り、養生するものです。逆に負けるトレーダーほど、休みを取らず、毎日がむしゃらに取引をします。FXで勝ちたいのあであれば、時には休むことも大切なのです。

FXの取引時間については、下記サイトにて詳しくご紹介していますのでご参考ください。

FXの取引ができない時間

FXは原則として24時間いつでも取引が可能です。ただし、24時間、一分の休みもなく取引できるのかというと、そんなことはありません。1日のうち、僅かですが取引できない時間があります。

例えば、FX会社のYJFXの場合、日本時間の午前6時55分から午前7時までが取引不可時間となります。わずか5分という短い時間ですが、取引できない空白の時間があります。

この時間にFX会社はメンテナンスなどを行います。会社によって取引できない時間帯にバラつきがあるため、自分が利用しているFX会社の正確な取引時間を知りたいのであれば、各社に問い合わせた方が良いでしょう。

このように、平日であっても取引できない時間帯というのは僅かですが存在します。そして週末の場合、土曜日と日曜日は丸々すべて休みとなります。

中東の金融会社などを使用しているのであれば、土日でも取引できるのでしょうが、日本のFX会社の場合、原則としてどこも土日は休みにしているでしょう。

中東などの一部の地域を除き、世界中の為替市場が土日を休みにしています。そのため、ほとんどのFX会社は土日が休みとなり、取引できません。

ただ、土日が休みだからといって、お金の流れが止まるわけではありません。むしろ、土日の方が会社員が休んでいるだけに、経済は活発に動くものです。そのため、為替レートそのものは変動せず、土日だろうと相変わらず動いているものです。

あくまでFX会社がお休みにしているだけであって、為替市場が止まっているわけではないのです。

そのため、土日のみならず、クリスマスや年末年始のような、世界中の為替市場が休みになる日も、土日同様にFX取引が行えないです。一部のFX会社では、クリスマスでも取引可能なのですが、だいたいのFX会社がクリスマス当日は取引時間を短縮するなどの対応をします。

そのような事情もあってか、クリスマス前になると投資家のほとんどがポジションを決済し、手仕舞いとします。そのため、12月の中旬頃より為替市場の流動性は低くなり、レートの動きが悪くなります。

確かにクリスマスや正月以外であれば、FX会社を通じて取引は可能です。

しかし、流動性が低いと為替差益が狙い辛く、損失が発生しやすいです。それだけに、クリスマス前になったら、取引は一旦止め、休日を満喫した方が良いかもしれません。

週末の為替市場の動き

月曜日の早朝にチャートを見ると、金曜日の終わりのローソク足と、月曜日の始まりのローソク足との間に大きな空間が生じていることがあります。これは一体何なのでしょう?

FXのローソク足は常に連続して発生しているため、空間が生じることは滅多にないです。しかし、週明けに関しては例外です。

確かにFX会社は土日を休みにしていますが、休んでいるからといって為替レートの動きまで停止しているわけではありません。変動相場制を採用している以上、土日だろうと為替レートは動き続けます。

特に、土曜日や日曜日などの休日中に、為替相場に大きなインパクトを与えるような事件や事故、災害、政変、テロなどが発生すると、大きく為替レートが動くため、月曜日の早朝に市場がオープンすると、それに合わせて為替レートが変動し、金曜日との間に大きな格差、いわゆる窓が生まれます。

例えば金曜日の終わりの為替レートが1ドル100円だったとします。その後、土日に急激な円安が進み、1ドル110円までレートが上昇したとします。

しかし、為替レートが動いたとしても、為替市場そのものがお休みなため、その結果はチャートに反映されません。

そのような状況の中で月曜日を迎えると、突然為替レートが1ドル100円から1ドル110円まで上昇したように見えるため、金曜日の終わりのローソク足と、月曜日の始まりのローソク足との間に巨大な空白が生じるのです。 

週明けの為替レートの動き

週末に為替市場が大きく動くと、その影響はダイレクトに週明けに響きます。そして、トレーダーの中には、そのような週明けならではの動きを利用して、為替差益を狙う人もいます。

FXの世界には窓開けもしくは窓閉めと呼ばれる手法があります。これは月曜日に窓が発生した時に使える手法です。

例えば月曜日の早朝、1ドル100円から1ドル110円まで、上向きの方向で窓が出現したとします。トレーダーはこの窓を見て、窓が閉まると思うなら売りでエントリーをします。

FXの世界では、一度開いた窓は閉じるという考えがあります。すべての窓がその通りに動くとは限りませんが、ただこの理論通りに窓が閉じてくれると、上手に為替差益を獲得することができます。

例えば、1ドル100円から1ドル110円まで上向きに窓が開き、その後に窓が閉じるようにして1ドル100円まで下落してくれると、月曜日の早朝から早速10円分の為替差益を狙うことができます。

常に複雑に変動する為替市場の世界において、窓閉めのような、確実性の高い動きをしてくれる展開など滅多にありません。せっかく月曜日の早朝に窓が開いたのであれば、窓閉めの動きを狙ってみるのも悪くはないでしょう。

金曜日の為替市場の動き

月曜日は週明けこそ窓が開くなど、特別な動きがあることを除くと、火曜日から木曜日とそれほど大きな違いというのは無いです。その点、金曜日は他の曜日と比べ、かなり特徴的な動きをするので注意しましょう。

月曜日から木曜日まで、一貫してトレンドが継続していたのに、金曜日になった途端にトレンドが反転し、損失を受けたという経験をトレーダーならば一度や二度は受けたことがあるでしょう。

一体なぜ金曜日だけ、他の曜日と異なる動きをするのかというと、金曜日の次は土曜日と日曜日で為替市場が休日になるだけに、個人投資家に限らず、大口の機関投資家なども金曜日にポジションを決済し、手仕舞いにすることが多いからです。

FX会社はどこも土曜日と日曜日は休日なため、一旦週末が到来すると、どれほど為替レートが変動したとしても、投資家は決済ができなくなります。もしも土日に大きな変動があり、思惑と反対方向に為替レートが進むと、大損を被るかもしれません。

そのようなリスクを回避するためにも、投資家の大部分が金曜日に決済をします。そのような慣習があるせいか、金曜日になると、今までとは異なるトレンドを形成することがあります。

例えば、月曜日から木曜日まで一貫して円安だったのに、金曜日になった途端円高になったとします。これは木曜日までは円安を前提にエントリーしていたものの、金曜日になって決済をし、利確をするために起こる現象です。

金曜日の次は土日で休日ということもあってか、金曜日の投資家は決済を中心に取引をすることが多く、新たにエントリーをする可能性は無いとは言いませんが、低いでしょう。

このように、金曜日は休日ムードが蔓延しやすく、通常とは異なる動きをする傾向があります。そのような事情もあってか、FXトレーダーの中には金曜日は取引せず、休みにするという人すらいるほどです。

週末の取引の注意点

金曜日は次に土日を控えているだけあって、月曜日から木曜日とは異なる動きをすることが多く、それだけにトレーダーとしては注意深く取引を行う必要があります。

どうしても金曜日に勝てる算段がつかないというのであれば、いっそのこと金曜日は休日にしてしまっても構いません。ただ、金曜日は毎回決済ムードになるとは限りません。

というのも、毎月の第一金曜日には、アメリカの失業率が発表されるからです。アメリカの失業率といえば、数ある経済指標の中でも、最もインパクトの大きい重要経済指標です。

影響力の強い指標のため、アメリカの失業率が発表されると、ドルばかりかユーロやポンド、円、オーストラリアドルなどの他の通貨も価格変動を起こしやすく、この日は為替市場の動きが活発になります。

ちなみに、毎月の第一金曜日にはアメリカの失業率が控えているということもあってか、その前日の木曜日になると、失業率を警戒してか、様子見ムードになりやすいです。

そのため、失業率の存在を忘れていつも通りに木曜日に取引をすると、思ったように為替レートが変動せず、負けるリスクが高まるため、注意しましょう。その一方で、失業率がある金曜日当日は、注目度が高いため、いつもより活発に為替市場が動くものです。

アメリカの失業率以外にも、金曜日には気を付けておくべきことがあります。それは海外の祝日です。

日本では馴染みが薄いのですが、海外にはイースターと呼ばれる祝日があります。イースターは日本でいうところの春休みに該当する祝日で、この時期になると海外の企業は連休を取ります。

日本にはイースターが無いため、この時期であってもFX取引ができるのですが、海外は完全に連休ムードになっているため、為替市場の流動性が大きく低下し、取引をしても勝てなくなる可能性が高まります。

イースターなどの海外で連休がスタートすると、だいたい木曜日頃から決済ムードが始まります。そのため、今日は金曜日ではないからいつも通り取引をすれば良いだろうと思ってエントリーすると、思惑が外れやすく、損失が出やすいです。

このように、海外の祝日が金曜日にあると、週末が一日前倒しになるといった現象が起こりやすいので注意しましょう。 

週明けの注意点

金曜日と違って、月曜日は日曜日の次の日ということもあってか、FX投資家にとって週の最初の日に該当します。

月曜日というのは週末の流れを汲みやすく、週末に大きな経済指標が発表されると、その流れに沿ってトレンドが発生しやすいです。

特に、大きな窓が発生すると、為替市場が乱れやすく、非常に難易度の高い相場となります。そのため、窓理論に興味がないのであれば、月曜日の早朝は取引を避けた方が賢明かもしれません。

では、どのくらい避けた方が良いかというと、ニューヨーク市場がオープンするまで待機した方が良いかもしれません。

というのも、日本の月曜日というのは、海外からすると時差の関係で、まだ日曜日である可能性が高いです。特にアメリカともなると日本のちょうど間反対に位置する国なだけに、アメリカが月曜日を迎えるまでに多少の時間がかかります。

ニューヨーク市場がオープンする時間帯というと、夏時間ならば21時、冬時間ならば22時となります。

ニューヨーク市場がオープンするまで、市場は様子見ムードになりやすく、あまり動かないことが多いです。しかし、一旦アメリカが月曜日となり、ニューヨーク市場がオープンすると、今まで通りに動くものです。

日本は時差の関係で、欧米諸国よりも先に月曜日を迎えることができます。しかし、為替市場に動いてもらうためには、世界中の投資家に目を覚ましてもらい、取引に参加してもらう必要があります。

月曜日にはこのような事情もあるだけに、ニューヨーク市場がオープンし、各国の足並みが揃うまで待った方が良いでしょう。

為替市場がいつもと違う時の対処法

日本が平日だからといって、海外も平日とは限りません。日本に祝日があるように、海外にも祝日があります。

特に、アメリカやイギリス、ヨーロッパが祝日を迎え、連休が始まると、それに合わせて為替市場の流動性が落ち、ボラティリティが低くなります。

そうなってしまうと、いくら勝ちたいと思ってもなかなか勝てず、いたずらに損失を膨らませてしまう恐れがあります。

特に月曜日や金曜日は、海外の祝日が集中しやすい曜日なだけに、いつもとは違う動きをしやすいです。このようないつもと違う動きをする曜日に遭遇した場合、あれこれ思い悩まずに、休んでしまった方がかえって良い結果を生むかもしれません。

FXトレーダーとして生きる上で、メリハリは重要です。取引すべき時は取引に集中するべきなのですが、取引をしないのであればすっぱりと取引を止め、休むべきです。

どうせ考えてもわからないのであれば、休んでしまいましょう。時には休息を取り、身体を労わることが、継続して利益を生み出すためのコツでもあります。

FXで利益を出していくためには基礎知識をしっかりと固める必要があります。FXの基礎知識についてより勉強したい!という人は以下の記事を参考にしてください。

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。