FXで月5万円をコンスタントに稼ぐ方法/トレードしない努力が必要

  • 更新日: 2019/07/17

サラリーマン・OLと言った勤め人なら、月5万円の別収入があれば・・・、と思ったことのある方は多いのではないでしょうか?

今回は、FXで月5万円を稼ぐ方法について考えてみました。単発で勝つことはできても、コンスタントに勝ち続けることが難しいのがFX。トレード手法以外にも、ルールを守るなど手法以外の部分も、月5万円を安定的に稼ぐためには必要となります。

そもそもFXがどういうものか知りたいという人は以下の記事を参照してください。

月5万円を稼ぐ方法

月5万円の+アルファの収入があれば・・・、との思いはサラリーマン・OLであれば誰しも抱いたことがあるのではないでしょうか?

勤め人にとって月5万円を給料で上げようと思えば、年収60万円分。相当の努力が必要です。たかが月5万円、されど月5万円。

働き方改革で、残業も簡単にはできない昨今、サラリーマン・OLが月5万円の追加収入を本業で稼ぐためには、ハードルが以前と比べても高くなっている現実があります。

そのような状況下、政府が副業をサラリーマン・OLに対しても認めるような方向になっており、副業を行う方も増えているようです。

そんな中で手っ取り早く副収入を得られる方法として考えられるのが、投資となります。株式、FX、不動産、仮想通貨等、投資には様々な商品が存在しています。

多くの方が何かしらの形で株式投資には関与しており、副業とは言えませんが、株式投資が副収入を得るための王道的方法と言えます。

また2017年には仮想通貨への投資がブームとなりました。ビットコインを始めとする仮想通貨は2017年に大きな値上がりを見せ、中には億り人と言われる、億単位を稼ぎ出す仮想通貨投資家も登場しました。

そしてFXで副収入を得ようとする方も、多く存在しています。

投資を副収入との観点で考えた際、株式及びFXは利益に対し税率が約20%となっています。

一方、仮想通貨取引で得た利益については、サラリーマン・OLの場合は雑所得扱いとなり、所得に応じた税率が適応され、税金面で不利になるケースもあります。

特に高収入のサラリーマン・OLは副業が税金面を考えると割に合わないケースも多く存在します。

そんな中で、FXで月5万円を稼げないか、と思っている方に向けて、FXでツキ万円を稼ぐ方法について考察致します。

FXで月5万円を稼ぐ具体的な道筋

FXはハイリスク・ハイリターンだから、5万円なんて稼ぐのは簡単、そんなイメージがあるのは否定しませんが、イメージだけでお金は稼げません。

実現可能性は次の段階で考えるとして、具体的にFXで月5万円を稼ぐにはどのようにしたらよいか、その道筋を考えてみます。

▼ ドル/円を投資単位1lot(10,000通貨)で取引の場合

    必要最低証拠金約50,000円1pipsの値動きで100円の損益月50,000円を稼ぐには、月500pipsの獲得が必要週に直すと週125pipsの獲得が必要

多くのFXトレーダーが基準としている1lot(10,000通貨)で取引を行った場合、月50,000円を稼ぐためには、ドル/円で月500pipsの獲得が必要となります。週に直すと125pipsが必要です。

月500pips、週125pipsとの数字は、FX中級者でようやく上げられる可能性のある数字です。人によっては上級者クラスの数字と言われる可能性もあります。

よってFXを始めたばかりの方が、1lotで月50,000円を稼ごうとするのは、相当ハードルが高くなります。

それでは2倍の2lotにした場合はどのようになるでしょうか。

▼ ドル/円を投資単位2lot(20,000通貨)で取引の場合

    必要最低証拠金約100,000円1pipsの値動きで200円の損益月50,000円を稼ぐには、月250pipsの獲得が必要週に直すと週63pipsの獲得が必要

2lotで取引を行うと、週63pipsを稼ぐ必要があります。週63pipsとの数字もFX中級者レベルの数字となります。よってFX初心者が、スグに達成できる数字ではありません。

それでは5lotとした場合を考えてみます。

    必要最低証拠金約250,000円1pipsの値動きで500円の損益月50,000円を稼ぐには、月100pipsの獲得が必要週に直すと週25pipsの獲得が必要

5lotでトレードをした場合、月100pipsそして週25pipsで達成可能です、1日で25pips獲得するのはそれほどハードルが高くないため、現実的な数字となります。

5lotでないといけない、との訳ではありませんが、FXで副業的に月50,000円を稼ごうとするなら、1回の取引き当たり5lot程度をめどに取引を行うことが求められます。

もちろんベテラントレーダーであれば1lotであっても月50,000円は難なく稼ぐことは可能でしょう。しかしながら本業を持ちながらのトレードは想像以上に時間が取れません。

その観点では、トレードできる日があったり・なかったりの中で、週25pipsを取っていく、というのは現実的な目標と言えるのではないでしょうか。

仮想通貨も同様ですが、FX=儲かる、とのイメージ先行の部分が存在しています。しかし儲けるためには、そのためのプロセスが必要です。

プロセスを具体的に考えてみることで、イメージが実現可能か単なる夢で終わってしまうのかを判断することができます。

少なくともFXで月50,000円を稼ぐことは、単なる夢ではなく、具体的な実現可能性のある目標設定、と言うことができます。

問題は月50,000円をコンスタントに稼ぐこと

月50,000円を可能性については、上記で実現可能なことが分かりました。しかし問題は、単発で月50,000円は稼ぐことが出来ても、コンスタントに月50,000円を稼ぐハードルが想像以上に高いことです。

ビギナーズラックが発生することもあるので、FXで月50,000円を単発で稼ぐことは十分可能です。しかし為替市場と言う日々の値動きの発生する対象を相手に、コンスタントに月50,000円を稼げるかどうかとなると、別問題となります。

相場なので勝つ日だけではなく負ける日も発生します。トータルで見て月50,000円を稼ぐことができれば、日々の負けは何ら問題ありませんが、連敗だって発生します。

通常の仕事と異なり、継続性に何ら保証のないトレードでコンスタントに稼ぐことは、想像以上に難しい行為となります。ただし先に見たように、月50,000円をFXで稼ぐことは十分可能であり、コンスタントに月5万円を稼ぐことも可能です。

しかしながら「月5万円を稼ぐこと」と「月5万円をコンスタントに稼ぐこと」の間には、大きなハードルが存在しています。よってコンスタントに稼ぐためには、そのハードルを越える必要があります。

本部分を理解せぬままに、FXトレードに取組み、結果的に資金を大きく失ってしまう方が多数存在しています。

FXトレードも最終的には仕事に近い存在となります、よって例え月5万円であってもコンスタントに稼ぐためには、最低限身に付けるべきノウハウや知識が存在しています。

それでは次に「月5万円を稼ぐ」ために必要とされる項目について取り上げます。

FXで月5万円をコンスタントに稼ぐために必要とされること

FXで月5万円をコンスタントに稼ぐために必要とされることについて、下記に列挙いたしました。

    勝つための得意技を持つ得意技以外使わない(必要外のトレードをしない)得意技を使える局面まで待つリスク管理を行う焦らない得意技であっても負けの際は負けを認めて損切を行う勝ち逃げに徹する指標の前後にトレードしないお酒を飲んでのトレードをしない等

FXで勝つためには得意技を持つ必要があります。得意技がなければ、前に進むことができません。この得意技は努力して身に付ける必要があります。

ただし月5万円であれば、得意技1つで十分達成が可能です。よそ見せずに、まずは得意技を1つ身に付ける、このことが最低限必要とされます。

しかし得意技を身に付ければ、それがそのままコンスタントに5万円稼ぐ道となるかと言えば、そうではありません。得意技があった上で、様々なルールに基づいてトレードを行う精神的タフさが必要となります。

損切やリスク管理をするのは当たり前。また得意技が使える局面まで待つ、焦らない、勝ち逃げに徹すると言った部分は、メンタル面が非常に大きく影響します。

更に指標前後にトレードしない、お酒を飲んでトレードしないとお、一見当たり前のルールでも、サラリーマン・OLと言った限られた時間の中でトレードする立場であれば、案外実現のハードルが高い部分もあります。

お酒を飲んでのトレードは、少し気を付ければ避けることができますが、指標については、意外に確認漏れをしてしまうので、トレード前に指標の確認をルーチンとすることで避けることができます。

月5万円をコンスタントに稼ぐためには、稼ぐとの方法論=得意技を身に付けるのは当然、更に負けないための方法論=守るべきルールを作り、更にそのルールを厳守することが求められます。

得意技を身に付ける、ルールを作るとの部分は時間が解決しますが、実は時間が解決しないのは、ルールを厳守する、との部分。ルール厳守は自ら意識して強制力を持って取り組まないと、人間まず実行不可能です。

単発で月5万円ではなく、コンスタントに月5万円を稼ぐためには、方法論・ルール化・ルール厳守の三点セットが必要不可欠となります。

コンスタントに勝つにはトレードしない努力が必要

逆説的になりますが、FXでコンスタントに勝つためには、トレードしない努力が必要となります。

得意の局面以外はトレードしない、とのスタンスもトレードしない努力ですし、お酒を飲んでのトレードをしない・指標の前後にエントリーしない等も、トレードしない努力の部分です。

FXトレードは忙しく売り買いするイメージが一般的にはあります。しかしながら実際のところは、いかに得意な局面だけでトレードを行うか、との“待つ姿勢”が必要不可欠です。専業FXトレーダー中には、トレード中は暇、と言う方が多く存在しています。

FXは特に勝てる局面が限られており、根拠なくエントリーを行えば負ける可能性が高いと言われています。

よってトレードできない理由があるときはトレードしない、とのスタンスは月5万円をコンスタントに稼ぐ、またFXで勝ち切るトレーダーになるためには、必要不可欠なスタンスです。

ただし、分かってはいてもやってしまうのが人間です。その意味では自分自身をいかにコントロールするかに、FXでの勝利は大きく左右されると言えるのではないでしょうか?

オススメのFX会社

月5万円であれば、5lot固定でトレードすれば実現の可能性は十分にあります。FXでは資金管理の意識が必要不可欠ですが、5lotを増減させない、との観点であれば十分な資金を置いてレバレッジを低くして、信頼性のあるFX会社の利用が勧められます。

GMOクリック証券

Medium 533175
口コミ点数 Point star4 0 4.3
総合ランキング 2位
初回入金額 無料
推しポイント 低コスト&高スワップ◎
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
36円 -15円 43円

GMOクリック証券は世界No1の取引量を誇るFX会社であり、その取引システムは非常に安定しています。多くのFXトレーダーが利用している会社であり、安心して利用できるFX会社となります。

またDMM.com証券はGMOクリック証券に次ぐFX会社であり、こちらも多くのFXトレーダーに支持されています。

ただし両社いずれも1lot(10,000通貨)単位でのトレードとなるため、柔軟なリスク管理を行うのが難しい面があります。

リスク管理重視の場合は、1,000通貨単位でトレードが可能なFX会社、もしくは1,000通貨以下のトレードが可能なFX会社の使用も選択肢に入ります。

    DMM FX

    Medium 300 250
    口コミ点数 Point star4 5 4.9
    総合ランキング 1位
    初回入金額 無料
    推しポイント FX口座数 国内第1位!
    主要通貨スプレッド
    米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
    0.20銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
    買いスワップポイント
    米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
    20円 -7円 25円

    まとめ

    FXで月5万円を稼ぐことは、具体的な方法を考えれば、それほどハードルの高い行為ではありません。

    しかしながら月5万円をコンスタントに稼ぐためにはハードルが複数存在しており、その複数のハードルの存在を意識し、ハードルを越える努力が必要となります。

    メンタル面に成績が大きく左右されるFXですが、月5万円をコンスタントに稼ぐ、と考えると、そのメンタル面=ルールを守ることができるのか、との部分が大きくクローズアップされます。

    月5万円を稼ぐためには、との観点でいえばトレードの方法論が語られることが多いのですが、上記のように方法論だけでは不十分な面があります。FXで月5万円をコンスタントに稼ぐことを目指すなら、上記注意点を意識しながら目指してはいかがでしょうか?

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

    FXのことで悩んだら、専門家に相談!

    FXに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
    ※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

    (必須)
    (必須)

    利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。