FXにはどれくらいのお金が必要か?FXでかかる費用を考える

  • 更新日: 2019/07/11

FX(外国為替証拠金取引)をこれから始めようと思う人にとって、FXの仕組みは何となくわかっていたとしても、FXにかかる費用については今一つわかりにくいという人が多いのではないでしょうか。


FXにはどんな費用が掛かるのでしょうか。
今回は

  • FXを始めるにあたって必要な費用を知りたい
  • FXにはどんな費用がかかるのか知りたい
  • FXで利益が出た時の費用などを知りたい

というFX初心者の方に、FXでかかる費用についてご紹介します。

FXを始める時にかかる費用とは?

以前ならば、ドル/円やユーロなど外貨取引をするためにFX口座を開設する際にも必要経費として「口座開設手数料」などがかかってきましたが、最近のインターネット証券会社はこのようなものを取らずに、トレーダー側の負担なしで口座開設が可能となっています。

つまりFXを始める時にかかる初期費用は基本的には不要で、0円となります。また、口座の維持費用についてもほとんどの会社で口座維持手数料は無料となっていますが、中には、口座維持費が必要な会社や、口座開設時に入金をしなければいけないFX業者もあるのでその点は注意しましょう。

特に、国内業者と比較すると海外業者でこのような傾向があります。そう聞くと、「詐欺にかからないか不安」という声も聞こえてきそうです。

大体は少額の投資であれば、多くても10万円前後であることが多いのですが、不安な場合はその業者がライセンスを取得していて、保証があるかどうかをしっかりと確認し、判断していきましょう。

また、FXの取引コストには、「売買手数料」と「スプレッド」が必要となりますが、「売買手数料についてはほとんどのFX会社は無料です。

よくFXを始める前に「有料セミナーなどに行く」という方もいらっしゃいますが、FXを始める前に有料セミナーに行ってしまうのはあまりお勧めできませんので、行くとしても無料セミナーなどにしましょう。

FX口座を開設した後、どんな費用が発生するか。

FXは、「口座開設さえしてしまえば、後は取引資金を入金して取引スタート!」と、つい思ってしまいますが、FX取引をスタートさせる際に、初回入金額の最低額を定めているFX会社もあります。

以前は初回入金額が定められているのが当たり前だったのですが、レバレッジ規制が強化されるとともに、最近では特に初回入金額を定めないFX会社も増えています。

最初から、ある程度のまとまった資金でFXをスタートする予定の人にとってはあまり関係ないかもしれませんが、最初は少ない資金で取引したいと考えている人にとって、初回入金額がいくらなのかは大きな問題となります。

例えば、最初は南アフリカランドを取引するとします。取引に必要な証拠金のことだけを考えた場合、必要証拠金額は、現在の南アフリカランドのレートである9円弱×取引ロット数÷レバレッジとなります。

取引通貨単位が1万通貨単位だとすると、取引ロット数を最小の1ロット、レバレッジを25倍とした場合、必要証拠金額は
9円×10,000÷25=3,600で、3,600円となります。

その場合、「口座に5,000円くらい入金しておけば大丈夫か」などと考えてしまいますが、もしも初回入金額が1万円以上のFX会社で口座開設していた場合、口座に5,000円入金しても取引できません。この場合、取引をスタートするためには1万円の入金が必要です。

そのため、初回入金額が定められていないかどうか、まずは確認することが大切です。もしも定められているようなら、初回は初回入金額以上の金額を入金する必要があります。

FXを取引するにあたり、かかる費用を考える(その1)

FXを取引するにあたりかかる費用として考えなくてはならないのは、どれくらいの取引資金で取引するのかということです。そして、自分がどういう取引スタイルで取引していくつもりなのかということについても、同時に考えておかなくてはいけません。

例えば長期取引をしたいと考えている場合は、それほど頻繁に取引しない、ということになります。そのため、デイトレやスキャルピングのような、頻繁な相場チェックをしない可能性が高くなります。

そうなると、急な為替変動があった場合、その場で対応できる可能性は低くなります。そのため、長期でFX取引をする場合、ある程度の為替変動に耐えられるだけの資金が必要であると言えます。

また、FXにおける損益は取引ロット数の大小と連動するので、もしも取引ロット数を大きくする場合は、資金もそれに見合った大きさで取引しなくてはいけません。

さらに、どんな通貨を取引するのかについても考えます。例えば、ポンドはボラティリティの高い通貨ですが、ポンドが絡む通貨ペアを取引するのであれば、1日のうちで一番大きな値動きがあった時がいつだったのか、必ず調べましょう。

ここでは、ポンド円について見てみます。2016年6月27日のイギリスのEU離脱を問う国民投票では、離脱派が勝利を収めました。事前予想とは反対の結果であったため、この時のポンド円のレートは160円台から133円台まで急落しています。つまり、1日に 27円もの為替変動があったことになります。

160円が133円台に下落したということは、つまりは16.8%ほど下落したことになります。為替は株とは違い、1日で10%、20%もの値動きをすることはほとんどありません。

そのため、このようなことが頻繁に起こるわけではありませんが、為替相場に大きな影響を与える出来事が起こった時には、この例のような為替相場の乱高下は当たり前のように起こることに留意しましょう。

そういった点を踏まえ、ボラティリティの高い通貨ペアを取引する際は、上で紹介したEU離脱やリーマンショック、さらにはアジア通貨危機など、世界経済に大きな影響を与えるような経済危機が発生した時に、どれくらいの為替変動があったのかを確認し、そのうえで取引資金を考えた方が良いでしょう。

また、長期で取引する場合、今までで一番レートが高い時と安い時との差を確認し、それくらいの値幅を推移する可能性があることを念頭に置いて取引資金を決めなくてはいけません

従って、長期取引の場合は、取引ロット数にもよりますが、取引に必要な証拠金よりもかなり多めの資金をFX口座に入れて取引する必要があります。

一方で、デイトレやスキャルピングの場合はどうでしょうか?デイトレやスキャルピングは、中長期の取引に比べて取引画面をチェックする回数が多くなります。

特に、スキャルピングは薄利多売の取引のため、売買回数を重ねて利益を積み上げていく必要があります。そのため、必然的に取引画面を観る時間が増えます。

デイトレやスキャルピングの場合、取引画面を観ながら相場の動きにリアルタイムで対応することが多いため、急な為替変動が起きた場合も、その場で対応することが多くなります。

そのため、先ほどの例で挙げたEU離脱を問う国民投票のように、為替相場に大きな影響を与える出来事があった時は、状況次第でポジションをクローズしたり、相場の流れに乗ることもできます。

とはいえ、デイトレやスキャルピングの場合も、急な為替変動に耐えられるだけの資金を持って取引するに越したことはないでしょう。なぜかといえば、FXは株式投資と違い値幅制限がないため、レートが突然大きく飛ぶことがあるからです。

デイトレやスキャルピングが、長期取引に比べて取引画面に張り付く時間が長いとは言っても、自分のポジションと反対方向に突然レートが飛んだ時には、損切りしようとしてもすぐに約定しないこともあります。

ロスカットが執行される前に自分で損切りできるような状態を維持するためにも、大きな資金をFX口座に入れておくに越したことはありません。

また、デイトレやスキャルピングの場合も、長期取引のところでも書いたのと同様に、自分が取引する通貨ペアのボラティリティを考慮した上で、FX口座への入金額を決める必要があります。

必要証拠金額にどれくらいの余剰資金をプラスしてFX口座に入金すれば良いかは、取引する通貨ペア、ロット数を考えた上で決める必要があります。

自分が投資に回せる資金や取引する通貨ペア、取引ロット数、さらには年間の利益目標(無理のない利益目標)をしっかり考えて総合的に検討し、取引資金を決めなくてはいけません。

なお、FX会社によっては 口座への入金をする際にATMからの振り込みであった場合に、振込手数料がかかるFX会社もあります。また、ネットバンクを利用した即時入金については、振込手数料が無料になる場合もあります。

FXを取引するにあたり、かかる費用を考える(その2)

AskとBidとのレート差である「スプレッド」もFX取引で発生する費用の一つです。スプレッドは、FX会社にとっての「買値」と「売値」の差のことです。古本屋や金券ショップの買取価格と販売価格のようなイメージで考えればわかりやすいでしょう。

FXは株とは違って相対取引であり、トレーダーとFX会社との取引になるので、株のような、市場で条件の合う買い手と売り手をぶつけて売買する取引とは異なります。そのため、FX会社で出す為替レートのAskは「そのレートで販売します」Bidは「そのレートで買取ります」という意味になります。

このことから分かるように、スプレッドは買取価格と販売価格との差を表します。スーパーマーケットや洋服屋なども相対取引ですが、これらのお店で販売している商品に関し、仕入れ価格と販売価格に差があるのは当然のことです。

お店側で、仕入れ価格に人件費や運搬費といった様々なコストを上乗せしているものが販売価格です。従って、FXにおけるスプレッドもFX会社の方でコストを上乗せしている、ということになるので、スプレッドというのは、いわば「手数料」のようなものであるということが分かります。

このスプレッドはかかる費用として事前に計算するものではなく、どちらかというとトレードの際に気にすることが多いでしょう。

AskとBidは、通常であればAskの方がBidよりも高くなります。そのため、例えばロングポジションを建てる場合はAskのレートを見て買い、売る時はBidのレートを見て売ることになります。つまり、Bidが建玉時のAskのレートを超えない場合は利益が出ないことになります。

このことから分かるように、AskとBidの差があまりに大きければ、利益を出すためにロングポジションの場合は相場が上がるのを、そして、ショートポジションの場合は相場が下がるのを長い期間待つことになるため、トレーダーにとっては好ましいとは言えません。

そのため、AskとBidとの差が少ない会社で取引した方が、「利益を出す」という観点からも、「コストを抑える」という観点からも好ましいことがわかります。

FXを始めてからかかる費用とは?

FXを始めてからかかる費用として主なものはやはり投資資産となります。まれに、口座維持手数料などがかかる場合などもあるので、それが発生する具体的な理由、条件などを見ておきましょう。

とはいえ、やはり基本的には、自分が投資したいと思う分が必要経費となるだけで、FX投資は非常にシンプルといえるでしょう。たまに、「スプレッドなど取引手数料が片道、1回ごと一定割合にかかると聞いた」などの質問を受けます。

もちろん、システムトレードを使用した、スキャルピングやデイトレードなどの方法で、取引の数量が大きくなれば、話は別ですが、それは利益分から差し引かれて計算されるので通常そこまで注意を払うべきものとはなりません。

有料サービスを利用する場合、その分の費用がかかる。

通常、FXを取引するにあたっては、取引資金や銀行への振込手数料などが必要となる以外の費用は特にかからず、FX会社の用意するサービスを利用することができます。

しかし、中には有料のサービスを提供している会社もあります。このサービスを利用した場合はその分の費用が必要となります。

出金の際に手数料がかかる場合も

FX口座で利益が出た場合、その利益を自分の銀行口座に出金する必要があります。

出金にあたっては、手数料がかからないFX会社が多いのですが、会社によっては「1か月間の出金回数が3回までは手数料無料、4回目以降は手数料がかかる」といった形で、出金手数料が無料となる回数を定めているところもあります

ポジションによってはスワップポイントが引かれる場合も

デイトレやスキャルピングの場合はあまり関係ありませんが、中・長期で取引をするのであれば、ポジションによってはスワップポイント(2つの通貨を交換するときに生じる金利差調整分)が引かれることもあります。

そのため、中・長期で取引する場合、自分のポジションがスワップポイントを引かれるポジションなのか、それとも付与されるポジションなのかを、FX会社のカレンダーで確認する必要があります。もし引かれるようであれば、取引にかかる費用として、それも勘案する必要があります。

        スワップポイントについては、以下の記事で

詳しくご紹介しています。

マージンコールやロスカットで追加入金する場合も

ほとんどのFX会社ではマージンコールを用意しています。マージンコールというのは、いわゆる追証のことです。

マージンコールはロスカット1歩手前の段階で送られてくるのですが、「証拠金維持率が〇%を切った時」など、その基準となるパーセンテージは会社によって異なります。

しかし、当然のことながら、マージンコールはロスカットよりは高い証拠金維持率が設定されています。

例えば、ロスカットなら証拠金維持率50%を切ったタイミング、マージンコールは証拠金維持率100%を切ったタイミング…といった形で、ロスカットよりも前の段階で、マージンコールが送られてくることになります。

マージンコールが発生した場合は、追加入金して証拠金維持率を回復させるか、あるいは、他にポジションがあるようならば、そちらをクローズさせて証拠金維持率を回復させる必要があります。

そのまま放置した場合、ロスカットの段階になるまで特に何も起こらない会社もあります。しかし、期限までに証拠金維持率が回復しない場合、中にはそのままマージンカットを行う会社もあります

そのため、会社によっては、マージンコールが発生した際に他のポジションが無ければ(あるいは、どうしても他のポジションをクローズさせたくなければ)追加入金をせざるを得ない会社もあります。その場合は必要となる追加証拠金の分だけ費用がかかることになります。

また、ロスカットされた後も引き続きFX取引を続けたいのであれば、FX口座の残高次第では追加入金しなくてはならないケースもあります。その場合は、追加入金する金額分の費用がかかることになります。

マージンコールについては、以下の記事で詳しくご紹介しています。

FXで利益が出た場合は税金がかかる

FXで利益が確定した場合は雑所得とみなし、個人の場合は所得税15%と住民税5%がかかります。そして、2013年から2037年までの間は、さらに復興特別所得税0.315%が加算されるので、合計で20.315%の税金がかかってきます。

なお、FXは、FX以外にも、金や原油などの商品先物、日経225先物などの取引所の先物取引との損益通算が可能です。そのため、例えばFXで150万円の利益、日経225先物で50万円の損失が出た場合は、150万円-50万円=100万円の利益となり、100万円に課税されることとなります。

また、損失の繰り越し控除に関しては3年間可能となっています。

例えば最初の年にFXで150万円の損失が発生し、1年目に50万円、2年目に30万円、3年目に50万円の利益が発生した場合、1年目は-150+50=-100で100万円の損失、2年目は-100+30=-70で、70万円の損失、3年目は-70+50=-20で20万円の損失が発生したことになり、150万円の損失が発生した年とその翌年以降の3年間は課税されないことになります。

そのため、この場合であれば税金はかからないことになります。

なお、4年目以降はそれまでの損失は繰り越されないので、利益が出た場合はその利益分に課税されます。

ちなみに、課税されるのは確定した利益に対してであるので、含み益に対しては基本的に税金がかかることはありません。ただし、含み益も課税対象になる場合があります。それは、値洗いをしている場合です。

ロールオーバーの際、値洗いをするFX会社があります。値洗いをせずにロールオーバーするならば、建玉を決済するまでは利益が確定しません。従って、個人の場合、値洗いをしないFX会社での含み益は課税対象になりません。

しかし、一部のFX会社では、値洗いをしてロールオーバーしています。その場合は含み益も課税対象になるため、注意が必要です。

また、未決済ポジションでスワップが付与された場合には、これが課税対象になるかどうかも重要となります。大抵のFX会社の場合、課税対象にならないのですが、一部のFX会社では、スワップポイントを毎日確定させているところもあります。

そのような会社の場合、未決済ポジションのスワップポイントも課税対象になってしまいます。

値洗いしてロールオーバーしているのか、スワップポイントを毎日確定させているかどうかは各FX会社によって違うため、直接FX会社に確認した方が良いでしょう。

また、含み益やスワップポイントが課税対象となるかどうか不安な場合は、税務署や税理士へ問い合わせた方が確実です。

確定申告が必要なときとは?

当たり前のことですが、FXで利益が発生しなかった場合は確定申告を行う必要はありません

FX取引において確定申告をしなければいけなくなる条件は「給与所得者がFX取引を行い、1年間を通じて20万円以上の利益となった場合」もしくは「フリーターや専業主婦などがFX取引を行い、1年間を通じて38万円以上の利益となった場合」のどちらかになります。

なおこの利益とは通常のFX取引における為替差益の儲けだけでなく、スワップポイントにより利益も該当します。

例えば給与所得者の場合に為替差益が10万円で、スワップポイントによる利益が12万円だとした場合、それぞれの金額は20万円未満となっていますが、合算すると22万円となり、20万円を超過するため確定申告が必要となります。

どちらか一方しか考えない場合は気にしなくて良いですが、両方とも視野に入れる場合は注意しましょう。

必要経費に計上できるものの例

節税として最も有効なものは「必要経費」をより多く計上することです。 ではFX取引における必要経費とはどのようなものがあげられるでしょうか。簡単に説明いたします。

FX取引をする際はパソコンかスマホ、もしくは両方を利用されると思います。このパソコンの購入費用や家のネット使用料スマホの通信費を経費として計上することができます。ただし全て計上できるわけではなく、スマホの場合は1日の内でFX取引を行っている部分がどれだけか、PCの場合はそれにプラスFX取引を行っているスペースも関与してくるので、注意が必要です。

またFXの勉強のために使用したお金も経費として計上できる可能性が高いです。一般的にFX取引で参考とする書籍や有料セミナー、情報商材などFXに関連するものであればが対象となりますので領収書を取っておきましょう。

セミナーの場合はそこまで向かうために支払った交通費も計上可能です。 さらにEA(自動売買ソフト)など、FXで使用するソフトウェアの購入代金も計上可能です。この場合も注文した際に領収書を請求するようにしましょう。

ただし新聞は計上不可な場合がほとんどです。理由は新聞は日常生活で利用するものであり、たとえ自身のFX取引に対して有利な情報が掲載されていたとしても、FX取引のため「だけ」に購入しているとは認められないからです。

1点気を付けてほしいのは「スプレッド」です。スプレッドは取引における手数料と考えて経費に計上できると考える方が少なくありませんが、残念ながらそれはできません

理由は簡単、スプレッドは損益・利益にすでに組み込まれているからです。スプレッドを経費として認めてしまうと、二重取りとなってしまうわけですね。

まとめ

FXでは、口座開設の際に費用が必要となることはほとんどありません。しかし、取引に必要なデバイスを揃える場合は、その費用が発生します。

また、取引を始める際に必要となる初回入金額ついても、FX会社によってその金額は異なります。

実質的な手数料となるスプレッドや、損失が出た際の追加証拠金など、取引の中で発生する費用や、利益が出た際に納める税金などもあります。このことから分かるとおり、FXを取引をする際は、多岐にわたって細々と費用が発生していきます。

使えるお金をすべて取引に費やすのではなく、取引額に応じて必要となる費用のことも考えて余裕を持った取引をして、少しでもロスカットリスクの軽減に努めましょう。また、利益が出た場合は、税金のこともしっかり考えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。