FXの経済指標はどれをチェックすべきか?重要度と分析法を徹底解説

  • 更新日: 2019/07/17
fx 指標FX専門家 五十嵐勝久 解説

まず必ず見なくてはいけない経済指標はアメリカの雇用統計とFOMC政策金利発表です。FX専業トレーダーでない限り、そのほかの経済指標発表はリアルタイムで見る必要はありません。とういうのも同じ指標がいつも同じ重要性を持っているとは限らないからです。また同じ数字が出たとしても、その時々の為替相場の雰囲気(センチメンタル)や、予想とのギャップ、ポジションの偏りにより、その後の為替レートの動向や方向がまったく逆になることもあるからです。分析はFX口座の中で無料で見れますし、さまざまな情報ベンダーがレポート形式でわかりやすく配信してくれるので、自分で勝手な分析をするよりも、それを頭に入れておくだけでいいでしょう。

> FX専門家 五十嵐勝久について

FXの売買では様々な経済指標が相場に影響を与えます。

しかしながら、FXを始めたばかりの初心者の方にとっては、「FOMC政策金利発表」とか、「雇用統計(非農業部門雇用者数、失業率)」「ミシガン大学消費者信頼感指数」とか言われても、パッと見ただけでは、その経済指標がどのように為替に影響が出ているのかまで分からないことも多いですよね。

しかし、分からないからと言ってそのままでFXトレードを行うのは危険です。重要な経済指標は、事前の市場予想と大きく乖離した結果が出たりすると、値動きに大きな影響を与えます。そこで、

  • 「FXの経済指標にはどんなものがある?」
  • 「どの経済指標が重要?」
  • 「通貨ペアごとの経済指標の考え方は?」
  • 「経済指標を見る上での注意点は?」

といった、経済指標についての考え方、実際のFX取引での活かし方を、詳しく説明していきます。経済指標にも重要度がありますので初心者の方はまず当記事で出てくる、FX初心者でも最低限覚えておくべき経済指標は丸暗記してしまいましょう。

これだけは覚えてほしい!経済指標とは

      経済指標の発表は相場を大きく動かすため、発表前には新規受注は控えましょう。各FX会社が提供している「経済指標カレンダー」を確認!

    「まずはFXの基礎について知りたい!」という方は、以下の記事を先に読んでくださいね。

    FXの相場に影響を与えやすい指標

    結論から言うと、FX相場に影響を与える経済指標は非常に多く存在します。各国の政策金利から貿易統計、雇用、景気、住宅関連指標、物価、消費資質、購買担当者景気指数(PMI)など多岐にわたる指標をチェックしなければなりません。

    その中でも、特に米国の経済指標はFXをする上で無視できないほど大きな影響力があります。これは、アメリカが世界一の経済大国であるため、その景気の動向が他の国に波及すると考えられている点。また、世界の通貨機軸が米ドルであり、FXの世界でも取引量の多い通貨ペアの上位はドル絡みのものが多いからです。(ユーロ/ドル、ドル/円、ポンド/ドル、豪ドル/ドル など)

    また、日本の経済指標で一番影響力があるのが日銀短観となりますが、現時点では日本の経済指標は相場にほとんど影響することがなく、それほど気にする必要はありません。これから日本経済が上向きになり金利に大きな変化があれば為替にも影響がでてくるでしょう。

    米ドルは基軸通貨だから、すべての通貨に対して影響力があるのですね!

    はい。米国の経済指標はどの通貨ペアでもチェックする必要があるということを覚えておいて下さい。

    この章では、多数ある経済指標のなかでも特に重要度の高い指標について、通貨ペアごとに紹介します。

    「米ドル/円」で重要度の高い経済指標

    たくさんの1米ドル札と100米ドル札

    米国の重要経済指標(初心者偏)
    雇用 米国雇用統計 (非農業部門雇用者数、失業率)
    金融
    政策
    FOMC政策金利発表
    FOMC議事録公表
    景気 米国四半期GDP
    ISM製造業景況指数
    物価 CPI - 米国消費者物価指数

    主要通貨の中でも機軸通貨としてもっとも影響力の大きい米ドル/円に関する6つの米国指標から見ていきましょう。

      米国雇用統計
      (非農業部門雇用者数、失業率)

      米国統計発表は 毎月第1週の金曜日、夏時間ならば日本時間の午後9時半に発表される米国の雇用状況に関する統計結果です。この結果はFRB(連邦準備制度理事会)の政策にも大きく反映される 重要指標です。

      また、雇用統計の発表と同時に、アメリカの失業率についても同時刻に発表されます。こちらも雇用統計と合わせて非常に重要な経済指標になります。

      調査は事前に選定された自営業、農業従事者以外の対象事業所約40万社・従業員数約4700万人が対象で、全米の約1/3を網羅しています。

      郵送による回答のため、速報値はぶれやすく、エコノミストやアナリスト泣かせの結果となることが多いものです。

      FOMC政策金利発表

      FOMCは日本では連邦公開市場委員会と訳されるもので、米国の中央銀行の政策決定会合にあたる会議のことを言います。FXトレーダーはまず抑えておくべき経済指標のひとつです。

      FRB連邦準備制度理事会の7名の理事と地区ごとの連邦準備銀行の総裁5名で構成されており、年間で計8回、約6週間ごとにワシントンで開催されます。

      2日間の日程で開催された会議は最終日、日本時間の午前3時(冬時間は午前4時)にその内容が発表され、その後議長の記者会見が実施されます。

      FXの場合、金利が発表される前から事前予想に基づいたトレンドが発生するケースが多くなりますし、発表結果をめぐって、大きく相場が動くことがあります。

      FOMC議事録公表

      FOMC議事録公表は、年に8回開かれるFOMCの議事録が公表されるタイミングです。

      政策金利に対する背景、米国の経済の先行きなどについて議論された結果が公表されます。

      今後の米国の金融政策の方針などを知ることができるので、内容により大きく相場が動く指標となります。

      米国四半期GDP

      GDPとは国内総生産の略で、国内で生産されたサービスの付加価値をすべて合計した指数です。

      米国のGDPは7割以上が個人消費によって構成されていますので、この数字が落ち込むようであれば消費の先行きが曇ることから、FXにおいても非常に大切な指標となります。

      四半期ごとに速報値と確報値が発表されますが、どちらも為替相場に大きな影響を与える指標です。

      GDPには額面どおりに国内の生産額を累積した数字が名目GDPと呼ばれるものと、物価の変動を一定部分GDPの算定に組み入れた実質GDPが存在しています。

      CPI - 米国消費者物価指数

      CPIは日本語では消費者物価指数と呼ばれるもので、Consumer Price Indexの頭文字をとったものです。 国内の消費者が実際にモノやサービスを購入する時の個々の商品やサービスの小売価格の動向を示す経済指標であり、物価のインフレ動向を示すものとして注目されています。

      米国労働省は、このCPIを毎月定期的に発表しており、触れ幅の大きい食品とエネルギーを除いたコアCPIを採用しています。

      ISM製造業景況指数

      ISM製造業景況感指数は先行指数と呼ばれるもので、 各業界がこの先景気の行方をどう思っているのかを示唆する数字です。

      米国では製造業の多くが他国に移転していることから、強い数字が出にくくなっていますが、トランプ政権の誕生でまた注目が集まりつつあります。

      最近ではこの数字の著しい低下により株も為替もリスクオフとして売り込まれることが起きることから、 注目度が高まっています。

      その他にも、重要な経済指標は下記がありますが、初心者のうちは上記のみ覚えておいて、取引に慣れてきたら他も押さえておきましょう。

      米国の重要経済指標(中級偏)
      雇用 米国雇用統計 (非農業部門雇用者数、失業率)
      ADP雇用統計
      新規失業保険申請件数
      金融
      政策
      FOMC政策金利発表
      FOMC議事録公表
      景気 米国四半期GDP
      ISM製造業景況指数
      ISM非製造業景気指数
      ニューヨーク連銀指数
      フィラデルフィア連銀指数
      耐久財受注
      鉱工業生産
      ミシガン大学消費者信頼感指数
      消費者信頼感指数
      住宅着工件数
      新築住宅販売件数
      中古住宅販売件数
      住宅建設許可件数
      小売売上高
      個人所得・支出
      物価 CPI - 米国消費者物価指数
      PPI(生産者物価指数)
      貿易 貿易収支
      財政 財政収支
      対米証券投資

      「ポンド/円」で重要度の高い経済指標

      10ポンド札

      続いてポンド/円の重要指標を見ていきます。英国は2016年に正式にEUからの離脱を決定し現在EUと交渉に入っていますが、一旦大きく売り込まれたポンドは経済状況と金融政策次第で大きく動き始めていることから、経済指標の発表が相場に変化をもたらすものとして注目されます。

      英国の重要経済指標
      金融
      政策
      BOE 政策金利発表
      物価 CPI - 英国消費者物価指数

      BOE 政策金利発表

      BOEとはイングランド銀行のことで、英国の中央銀行にあたります。英国のEU離脱が確定したあと、BOEの金融政策に市場の関心が高まっており、 MPC(金融政策委員会) の結果発表その後の総裁会見に大きな注目が集まります。

      EU離脱が決定してからポンドは大幅に下落しましたが、足元では利上げを総裁が口にしており、 BOEの動きが相場に大きな影響を与えています。

      毎月上旬の水曜日と木曜日の2日連続開催されるMPCでは総裁、副総裁2名と6名の委員で委員会が構成で開催されます。

      イギリスでは総裁を含むこの9名の考え方や方針が市場にも大きく反映される傾向にありますので、ポンドクロスの取引の際は注意が必要です。

      CPI - 英国消費者物価指数

      ポンドの相場に特に大きな影響を与えるのがCPIの動向です。

      Brexit決定以降、英ポンドはあらゆる通貨に対して大きく下落したことから、消費者物価が驚くほど上昇しており、 先進国の中では米国に次いで利上げの可能性が高まっています。

      それだけに、BOEがどのような判断を下すか次第で英ポンドは大きく値を戻す可能性があり、その方向性を見極める先行指標となる CPIに高い関心が集まっています。

      「豪ドル/円」で重要度の高い経済指標

      50豪ドル札と100豪ドル札

      豪ドルは対円では高金利通貨国として知られてきたため、スワップポイントを獲得する通貨ペアとして取引する個人投資家が多い通貨です。

      豪州の重要経済指標
      金融
      政策
      RBA-豪中銀政策金利

      RBA-豪中銀政策金利

      豪州の中央銀行であるRBA(オーストラリア中央銀行)が毎月第一火曜日に開催する金融政策委員会で決定する金融政策です。

      政策発表は東京時間の午後1時半(夏時間は12時半) となるため東京タイムに相場が大きく動くことも、高い注目を集めるきっかけとなっています。

      「ユーロ/円」で重要度の高い経済指標

      数種類のユーロ札

      最後に説明するのがユーロ/円に関する指標です。

      ユーロの重要経済指標
      雇用 ユーロ:失業率
      金融
      政策
      ECB政策金利
      景気 ユーロ:小売売上高
      ユーロ:鉱工業生産
      ユーロ:経済信頼感
      ドイツ:IFO景況感指数
      ドイツ:ZEW景況感指数

      ECB政策金利

      細かい経済指標も重要ですが、もっとも足もとの相場でユーロ/円に影響を与えているのが ECB理事会の政策決定会合です。

      ECBは欧州中央銀行の略であり、ECB理事会はこの最高意思決定機関と位置づけられています。EUはひとつの国ではなく地域連合体となっていることから、この加盟国の金融政策全体を司る役割を果たしているのがECBです。

      理事会は総裁、副総裁と4人の専務理事に加え、EU加盟の各国中銀総裁19名からなる総勢25名によって構成されています。会議はほぼ6週間に1回開催され、各国中銀総裁は輪番制で投票権が移行する形で実施されます。

      ECBは大規模な量的金融緩和を実施していることから、緩和縮小時期に 市場の注目が高まっており、政策決定の内容とともに、その後に開催される記者会見での総裁発言でも大きく相場が上下する重要イベントとなっています。

      EUは28カ国にもおよぶ加盟国があることから、各国で様々な経済指標が発表されますが、市場の関心はユーロ全体の数字ドイツの経済指標に集中する傾向があります。その他にも、下記6つの経済指標は確認しておきましょう。

        ユーロ:失業率ユーロ:小売売上高ユーロ:鉱工業生産ユーロ:経済信頼感ドイツ:IFO景況感指数ドイツ:ZEW景況感指数

      毎回、日本時間の夕方に発表される数字でユーロが大きく動くことが予想されます。

      この記事では、米ドル/円のほかはすべてクロス円としてご紹介していますが、ポンドユーロ豪ドルは対米ドルとの動きにも大きく影響を受けます。そのため米ドル以外の通貨を取引する場合、米ドルの動きにも十分注意をしながら売買をすることが重要です。

      経済指標発表からどう相場を判断するべき?

      経済指標の発表は相場を大きく動かすということが分かりました。しかしながら、FX初心者の方には、その経済指標によって相場がどう動くのか、いまいち分からないという人もいるのではないでしょうか。

      重要な経済指標発表に対する考え方はシンプルです。まず、その指標が市場の事前予想に対し、良い数値なのか、悪い数値なのかという点。

      基本的に、経済指標の結果が良ければその国の通貨が買われ悪ければ売られる傾向にあります。

      もちろん例外もありますが、基本はこの考え方で問題ありません。

      経済指標をまとめて確認したい時は?

      経済指標とひと口に言っても、初心者の方にとってはたくさんありすぎてどれを見ればいいか分からないという場合もあると思います。

      また、ひとつひとつ確認するのも時間がかかりますね。そんな時は、各FX会社が提供している「経済指標カレンダー」を確認するようにしましょう。

      重要な経済指標とそうでない指標に重要度が割り振られているものも多いため、初心者にもとっつきやすく便利ですし、主要な経済指標の結果や推移、前年比や前月比など、分かりやすく表形式でまとめられていますので、自分が軸にしたい指標を掲載しているサービスを利用するといいでしょう。

      経済指標を使って分析する「ファンダメンタルズ分析」

      記者会見会場

      経済指標の発表と切っても切り離せないのが、ファンダメンタルズです。ファンダメンタルズは一般的に経済活動の状況を示す要因のことで、それを分析するのがファンダメンタルズ分析と呼ばれるものです。

      この章ではファンダメンタルズ分析と、経済指標の考え方について説明します。

      ファンダメンタルズ分析とは経済や政治から動きを予測する分析法

      ファンダメンタルズ分析とは、各国の通貨のおかれた状況などを考慮し、相場の先行きを分析していく手法です。

      為替の世界におけるファンダメンタルズ分析とは、通貨を発行している国の経済状態や政治状況などがどうなっているかを分析することで、将来的な相場の動きを予測する分析法です。

      ちなみにチャートから相場を予測する手法はテクニカル分析と呼ばれます。

      ファンダメンタルズ分析の方法

      ファンダメンタルズ分析をするには、

      1. まず経済指標がどのように発表されるかを予想する必要があります。その予想をもとに、
      2. さらに対象となる通貨がどのように動くかを予想し通貨を売買します。

      ファンダメンタルズ分析では、取引しようとする通貨を発行している国の経済状況消費GDP雇用政局貿易などを総合的に分析することになります。

      また各国の経済状況というのは絶対的なものではなく、あくまでも相対的な関係で構成されています。そのため通貨ペアの対象となる双方の国の状況をしっかり比較分析することが重要です。

      初めてのファンダメンタルズ分析で難しいと感じる場合は、過去の経済指標の結果を見て、実際にどのような内容が発表がされ、それがどのように相場に影響を与えたのかを見てみましょう。

      ファンダメンタルズ分析はミクロの動きに注意する

      ファンダメンタルズ分析をする時は、短い時間軸での動きに注意する必要があります。

      ファンダメンタルズ分析では、マクロの動向を理解することができます。しかし、先のことだけを考えて売買するのはリスクが高い取引です。たとえばファンダメンタルズによって、半年後に通貨が上昇することが見込まれていても、足元では様々な理由で相場が上下します。

      ファンダメンタルズ分析をする場合は、経済指標で確認した内容がテクニカル的にも合致した時に相場にエントリーする、といった合理的な売買を心がけなくてはなりません。

      ファンダメンタルズ分析がしやすいFXサービス

      マンハッタンの街並み

      最後にファンダメンタルズ分析がしやすいサービスを提供しているFX会社をお伝えします。テクニカルに比べ、ファンダメンタルズのサービスを提供している会社は限られますが、それだけに有益な情報提供をしているFX会社ということができます。

      外為どっとコム: 業界最速で経済指標を提供する

      外為どっとコム

      Medium 99cc610d3bc7486acc314e0178bfad56
      口コミ点数 Point star4 0 4.4
      総合ランキング 4位
      初回入金額 無料
      推しポイント 業界トップクラスの情報量!
      主要通貨スプレッド
      米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
      0.30銭原則固定(例外あり) 0.5銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
      買いスワップポイント
      米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
      72円 -15円 25円

      外為どっとコムが口座開設者に提供している「経済指標フラッシュ!」は、主要各国の重要経済指標の発表結果を、限りなくリアルタイムに近いスピードで教えてくれるすぐれものです。

      結果の自動表示機能に加え、予想よりも結果が上か下かを表示し、アラートで知らせてくれる非常に便利な機能です。このサービスは本来、ロイターでの有償契約が必要ですが、外為どっとコムで口座を開設すれば無料で利用できます

      JFX: 指標の発表内容を流れる電光掲示板でチェックできる

      JFX

      Medium 300 250
      口コミ点数 Point star2 5 2.9
      初回入金額 10,000円
      主要通貨スプレッド
      米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
      0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
      買いスワップポイント
      米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
      1円 30円 50円

      リアルタイムとはいかないものの、 FXニュースなどが発表する経済指標結果を、常に電光掲示板方式で画面上に表示してくれるのがJFXのサービスです。

      要人発言から相場の変動状況などが随時配信されるので、 プロのインターバンクトレーダー並に情報をリアルタイムに近い形でとれる秀逸なサービスです。こちらも口座を開設すればすぐに利用可能です。

      セントラル短資FX: チャート上で経済指標を確認できる

      セントラル短資FX

      Medium 300x250
      口コミ点数 Point star2 5 2.6
      初回入金額 無料
      主要通貨スプレッド
      米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
      0.30銭例外あり 0.40銭例外あり 0.80銭例外あり
      買いスワップポイント
      米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
      25円 -9円 30円

      セントラル短資FXが口座開設者に提供している「Uチャート」は、ニュースや経済指標がチャート上で確認できるサービスです。

      これから発表になる経済指標には予告が出て、実際に発表になったものはその内容をチャート上で確認できます。 指標発表後に相場がどう動いたのかチャートを見ているだけですべて確認できます。いちいち別のページのウェブサイトなどで確認しなくても済む優秀な機能です。

      まとめ

      経済指標は取引する通貨ペアによって様々なものがあり、何に注目すべきかがいまひとつわからないという印象があったのではないでしょうか。

      為替市場には多くの参加者が重点的に注目する指標が存在します。こうした市場の注目ポイントに常に着目していくことがFXで取引を行う上で重要です。

      ただファンダメンタルズだけで売買をするのではなく、テクニカル的にも合理性のあるポイントでエントリーをする注意深さが必要になることは意識しておきましょう。

      たくさんの経済指標を見て指標に慣れることで、経済指標分析のコツをつかみ、FXの取引を有利に進めましょう。

      FXの基礎を学びたい方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

      • このエントリーをはてなブックマークに追加

      お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

      FXのことで悩んだら、専門家に相談!

      FXに関するご相談を無料で受け付けております。
      お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
      ※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

      (必須)
      (必須)

      利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。