FXが難しい理由を徹底考察/難しさに対処する6つのアプローチ

  • 更新日: 2019/07/31

「誰でもデキる」という言葉に誘われてFXを始めてみたものの、FXの難しさに直面しているという人は多いはずです。しかし、その難しさを理解しにくいのもFXの特徴です。

  • FXは、なぜ難しいのか?
  • FXで勝てないFXを簡単にしたい

今回は、このようなFXの難しさを掘り下げてみます。なぜ、FXは難しいのか?を、参加の用意さや心理学の観点からアプローチします。また、FXのメリットである柔軟な取引時間からくる難しさにも注目しています。みなさんに、FXの難しいところを理解していただき、それぞれのあった勉強方法で、FXの難しさを克服していただければ幸いです。

FXが難しいのは手軽だから?

FX投資を始めたきっかけについて考えてみると、「気軽な投資」という触れ込みが魅力に感じたという人は多いのではないでしょうか。この「気軽さ」や「手軽さ」がFXを難しいものにしてしまっているのです。

初心者なのにプロと同じ土俵で戦う

プロ野球の試合で考えてみると、プロと初心者が同じ土俵で戦うことはありえません。しかし、FXの世界では、その手軽さゆえに、これが普通に行われていて、為替相場というのは、世界レベルのディーラーなども多く参加する土俵です。

何も考えずにFXをしていると、知らず知らずのうちにプロの土俵に引きずり込まれてしまいます。これでは、FXが難しいのは当たり前ではないでしょうか。

結果が「勝ち」か「負け」でわかりやすい

FXの手軽さは、「勝ち」か「負け」か、「儲けるか」か「損するか」と、結果が非常にわかりやすい点からもきています。結果が出にくい物事では、結果を出すために勉強します。しかし、結果がわかりやすいFXでは、勉強をすることを疎かにして、なんとなくで取引する投資家が想像以上に多いのです。

デイトレードの罠

デイトレードは、個人投資家に最も親しまれるFX取引といってもよいでしょう。しかし、デイトレードには、ある罠があって、それが学ばない投資家を増やしてしまう点です。デイトレードは、目先の利益を求める投資法で、数十分、数時間後の相場の変化を予測していきます。そのため、結果だけを見れば、上がるか下がるかのとても単純な取引で、知識も技術もないのに運で勝ててしまうことがあるのです。

どんなに素人で、適当に投資をしていても、10回のうち何回かは利益(勝ち)になるはずです。トータルで負けていても、合間に小さな勝ちを挟むと「ある程度は勝てている」という錯覚を起こしてしまいます。これが学ばない状態で取引を続けてしまう、デイトレードの罠であり、FXの難しさでもあるのです。

メンタルコントロールの難しさ

FXが難しい理由を多くの投資家に聞いてみると、「メンタル」と答える投資家が非常に多いです。そこで、FXの中でも個人投資家の人口が多い、デイトレードの目線からメンタルコントロールの難しさを学んでみます。

単純を難しいものに

デイトレードは、少し先の上がるか、下がるか、を予測するとても単純なものです。そのため、ギャンブルのような適当な取引でも、数が多くなれば、利益と損失は同じくらいになるはずです。そこにスプレッド分の損失が加わるので、少し損をしている状態になります。しかし、実際にはデイトレードをしている多くの投資家が損失の方が大きいのが現状です。

プロスペクト理論

確率的には五分五分の勝負で、デイトレーダーの損失が膨らんでしまう理由は、プロスペクト理論が説明してくれます。プロスペクト理論を簡単に説明すると、人間は「目先の利益に飛びつき」、「損失から目を背ける」生き物である、というものです。プロスペクト理論は、人間の本能について説明したものでもあり、何も考えずに普通に取引していると、自然に負けるようにできているのが為替相場なのです。

この理論とFXにおける敗者を照らし合わせてみると、FXで負ける人は全体の9割という数字にも納得できるのではないでしょうか。ちなみに、プロスペクト理論は、ダニエル・カーネマンという学者が提唱して、その理論でノーベル経済学賞まで受賞した、信頼性の高い理論です。

利益確定が難しい

FXで利益を残すためには、損切りと利益確定のバランスが重要です。損切りは、初心者であっても、意識さえできれば素早く行えます。また、FX会社のツールを使えば、精神面の影響を無視して、損切りも可能です。

しかし、難しいのが利益確定で、なぜなら「我慢」が必要だからです。一直線に上昇を続けるなら、ただ待っていればよいだけです。しかし、FXの相場は上下を繰り返しながら特定の方向に動いていきます。このため、上がったり、下がったりする相場に、その都度メンタルが揺さぶられます。

この我慢を揺るぎないものにするのは知識なのですが、デイトレードの学ばない投資家をつくる罠によって、利益確定がより難しいものになります。

いつでも取引が難しい

平日であれば、ほぼ24時間取引できるのは、FXの大きなメリットです。しかし、このメリットはFXを難しいものにしている側面もあります。

必要のないポジションを持つ

FXで負けている人に多いのが、必要のないポジションを持ってしまう行為です。これは、いつでも取引できるFXの罠でもあって、勝つためには、たくさん取引しなければならない、と思い込んでしまっているのです。

これとは対照的に利益を出し続ける投資家は、相場を静観する時間が多くなり、逆にポジションを持つ時間は、少なくなっていきます。このことからも、じっくりと相場を観察して、ここぞという場面でのみ取引をすることが大切だとわかります。

また、何も考えずに取引をすると、どうしてもプロスペクト理論で説明されるような、本能の部分で負けてしまいます。これは、FXは難しいではなく、FXを難しくしている、ともいえるので、注意する必要があります。

トレードスタイルの確立が難しい

株式のように特定の時間のみ相場が開いていれば、比較的トレードスタイルを確立するのは簡単です。しかし、FXのように相場がいつでも開いていると、トレードスタイルを確立するのが難しくなります。

FXは、日本時間で考えると、深夜に近づくほど相場に活気が溢れてきます。これは、相場に大きな影響を及ぼす勢力であるロンドン勢やニューヨーク勢が参加する時間が、日本における夕方から深夜だからです。

帰宅後に深夜からトレードを始めると、睡眠時間が削られ、正常な判断が鈍ることもあります。このようにトレードスタイルを確立していない状況での取引が、FXをより難しいものにしてしまいます。

トレードスタイルについては、以下の記事で詳しく説明しています。

難しいFXを簡単にする勉強方法

FXが難しい理由が何となくわかったのではないでしょうか。そんな人におすすめなFXの勉強方法について紹介していきます。

ネットの情報

ネットにはFX関連の膨大な情報があるので、ネットの情報だけでも、かなりの勉強ができるはずです。しかし、情報が多すぎて取捨選択が難しいというデメリットもあります。実際の常勝トレーダーがブログで情報を発信している場合もありますし、ネット掲示板に大手メディアよりも情報が早く書き込まれることもあります。

ネットの情報を利用する場合には、FXの勉強はもちろん、情報の価値を見極める目を養うことも必要です。

FX会社のメルマガやホームページ

FX投資家のほとんどが、FX会社の口座を利用しているはずです。FX会社は、口座を提供するだけではなく、専門家による投資情報を発信していて、メルマガやホームページで確認できます。プロが丁寧に解説してくれるようなコンテンツも存在するため、必ずおさえておきたい勉強方法です。

また、最近では動画を使ったわかりやすい解説もあるので、初心者はとても助かるはずです。

投資セミナー

無料で開催されるセミナーでない限りは、基本的にお金がかかります。セミナーへの参加は、FXを学ぶことに対して、どれだけ真剣かを試される場面で、ほとんどの投資家は、お金がかかると知った時点で、参加をやめてしまうでしょう。

プロの投資家の生の声を聞けるチャンスや直接やり取りして疑問や質問をぶつけられる可能性があります。また、投資家同士の輪を広げるチャンスでもあるので、有効活用したいところです。

書籍

FXの勉強方法として最も一般的です。投資関連の書籍は、いつの時代も注目されていて、次々に新しい書籍が発売されます。このように書籍は選択肢が多すぎるので、ネットの情報と同じく取捨選択が重要です。

おすすめの勉強方法としては、違う手法が解説されているような書籍をバラバラに読み進めるのではなく、自分がコレだと思った書籍を、すべて暗記するくらいの気持ちで、繰り返し読む方法です。

心理学

本気でFXを勉強するなら、ある程度は心理学も学んでおきたいところです。上で紹介したプロスペクト理論や投資における認証バイアスなどの要素は、FX取引にも深く関係します。心理学は、自分がどういった心理状況でFX相場に立っているかを知るのに役立ち、FXは人間の本能の逆を行くことが勝ちに繋がるので、人間の心理を学ぶことで優位に立てます。

バーチャルトレード

バーチャルトレードは、実際の相場を基にしているので、FXを体験するには最適です。しかし、バーチャルトレードでは、実際に損をする感覚や利益を我慢する感覚が養えない点を注意する必要があります。FXで損をしたくないのは誰もが同じですが、実際に損をしなければ学べないこともたくさんあります。例えば、損失を抱えた時に自分の心理状況の変化などが考えられるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。不透明だったFXの難しさが少し理解できたのではないでしょうか。FXは確かに難しいのですが、あえて難しいFXをして、負けている投資家が多いのも現状です。FXの相場を長く観察していると、簡単に勝てる場面と、簡単には勝てない場面が必ずあります。難しい場面では取引を控えて、簡単な場面で取引をする。このような心構えだけでも、ずいぶんFXはわかりやすいものになるのではないでしょうか。

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。