FXで借金をしてしまうのはなぜ?借金をする人の特徴と回避方法

  • 更新日: 2017/09/06
PCでFXのトレードをするビジネスマンと画面に映し出されるDEBTの文字
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜFXをしていて借金をしてしまうのか。そのような疑問をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

この記事ではFXの借金に関する様々な疑問にお答えします。

  • 「FXで取引をしていて借金をすることがある?」
  • 「なぜFXで借金をしてしまうのか?」
  • 「FXで借金をしてしまった場合どうすればいい?」

ぜひこの記事を、借金をすることのない健全なトレードライフを送ることにお役立てください。

FXで借金をしてしまう理由

暗闇のなかであごに手を当てるビジネスマン

まずこの章では、なぜFXで借金をしてしまうのか、その理由についてご説明します。

借金をしてFXの投資資金にする

FXの借金でもっとも多いと考えられるのは、借金をしてFXの投資資金にするパターンです。FXで取引をするうちに熱くなってしまい、借金をしてFXの投資金にしてしまうのです。

いつか取り返せるはず」と考えてどんどん投資を繰り返すものの、冷静な判断ができない状態で取引がうまくいくはずがなく、気がつけば借金をして作った資金が減り、取り返すためにさらに借金をしてしまう。気づけば莫大な借金をしてしまうことも少なくありません。

初心者のうちにうまくいき過ぎてしまうのも危険です。自分はFXが得意、FXは簡単だと思ってよく考えずにトレードを繰り返し、資金がどんどん減っていってしまう。過去の成功体験で自信があるため、「今は調子が悪いだけ」などと考え追加の借金でさらにFXにのめり込んでいってしまいがちです。

本来投資は余剰資金で行うべきものです。借金をしてFXを始めた時点で、そもそも大間違いなのです。

証拠金以上の損失が出る

余剰資金で取引を開始したものの、取引をするなかで借金をしなければいけなくなってしまうパターンも存在します。このパターンはさらに3種類に分けることができます。

レバレッジをかけた取引をしていて証拠金以上の損失が出てしまうと、追加証拠金をFX会社から請求されます。この追加証拠金は追証(おいしょう)とも呼ばれます。ただ運用中に一気に証拠金以上の損失が出ることはまれです。しかしながらそのまれなケースが発生した際に、大きな損失が出てしまうのもFXの特徴のひとつです。

追証を自己資金でまかなえれば借金をする必要がありませんが、そうでない場合は借金をする必要があります。

すべてのFX会社は強制ロスカットという制度を導入しており、証拠金以上の損が発生する前に、自動的に損切りが行われ、基本的には証拠金以上の損失が出ないようになっています。

パターン1 : 相場が急変して強制ロスカットが間に合わなかった

為替が急変動すると、強制ロスカットが間に合わないケースがあります。2015年にスイスフランショックというスイスフランの急変動が発生しましたが、あまりの相場の急変動にFX会社の強制ロスカットが追いつかず、結果的に証拠金以上の損失を抱える投資家が多く発生しました。

このような場合、投資家はFX会社に対して証拠金では足りない損失額を支払う必要があり、手元に資金が無ければ借金をしてでも支払う必要があります。

パターン2 : 土日をまたいでポジションを持ちその間に相場が急変動した

土曜の早朝までポジションを持ち越すと、投資家は月曜に為替市場がオープンするまで保有するポジションを決済することができません。

土日の間に為替市場を急変させる出来事が発生し、月曜日の朝に急変動して為替市場がオープン、という事態はしばしば発生します

このような時もFXトレーダーは、強制ロスカットが間に合わない時と同様に、証拠金以上の損失を被る可能性があります。強制ロスカット以上のレートで月曜日の為替市場がスタートすると、自動的に証拠金以上の損失を被ります。

こうした自体にならないために、スイングトレードなどの長めのトレード手法以外の方は、基本的に土日にポジションを持ち越さないのが得策でしょう。

パターン3 : FX会社のシステムにトラブルが発生した

FX会社のシステムトラブルにより、強制ロスカットが機能せず、証拠金以上の損失が発生してしまうパターンです。ただ主要な国内FX会社のシステムは安定しているのでリスクは大きくありません。

このパターンは安定したシステムの、信頼できるFX会社を選択することで避けられるでしょう。

上記3つのケースはいずれも外部的要因ですが、借金をしてFXの投資資金にする行為は自己責任です。

投資は余剰資金で行うからこそ、冷静に判断できうまくいく可能性を高められます。借金をして余剰資金でない資金で投資を行っても、利益を上げるのは難しいでしょう。借りたお金でFXトレードを行うのは絶対に避けるべきというのが著者の見解です。

借金をする人の特徴

ドル札を数える男性

FXで借金をしてしまう人には共通した特徴があります。下記にその共通の特徴を4点ピックアップしました。もしあなたが下記のタイプに該当するようであれば、十分ご注意ください。

特徴1 : 感情のコントロールが苦手

FXに限らず投資には常に冷静な判断が求められます。投資は余剰資金で行うのが鉄則、と言われるのは、失うことができない資金の場合、冷静に判断を下すべき場面で冷静な判断を下せなくなるケースが多いことに由来しています。

損切りすべき地点で損切りできず、損が想定以上に膨らんでしまった結果、借金をして追加入金してナンピンする、というのが泥沼の典型パターンです。ナンピンとは思わぬ方向に相場が動いたときにさらに買い足す、売り足す手法のことです。

レバレッジをかけれらるFXは、想像以上にメンタル面が勝敗を大きく左右する要素を持っています。冷静な判断ができなければ、FXはどんどんハイリスク・ハイリターンとなり、バクチの要素を強めていきます。

特徴2 : ギャンブルが好き

FXは投資のため、ギャンブルではないことはご理解いただけると思います。しかし、取引を続けるなかで、気が付くとFXをギャンブルにしてしまっている方が多くいます

FXトレードはお金を増やすためにしているのであって、スリルを得るためにするものではありません。強制決済寸前のドキドキ感は一度味わうとスリル満点ですが、このスリルに魅了されてはいけません

また過度なレバレッジをかけてギャンブルのようにトレードをした結果、思わぬ勝利を得て高揚感を得ることも危険です

FXは淡々とエントリーと損切り・利益確定を繰り返しながら資金を増やしてくものであり、ギャンブルではありません。FXにスリルや高揚感を求めるタイプは非常に危険です。

特徴3 : お金使いが荒い

お金はしっかり管理をしていないといつの間にか減っていきます。お金の出入りは帳簿等を付ければ把握することができるのですが、それをしないと理由も分からないままお金が減っていきます。

FXトレードではしっかりと資金管理を行わないと、あっと言う間に資金が減少します。入金した証拠金の金額にもとづいた計画的な取引のコントロールを行わないと、気付けば証拠金が大幅に減少という事態を招きかねません。

お金の管理が苦手という場合、その傾向はFXの資金管理面にもストレートに現れ、借金につながる可能性が高くなります。

特徴4 : 現実逃避をする

本来損切りすべき時点で損切りできず、最初に設定した損切り注文を解除してチャートが好転するのを祈る。多くのトレーダーが経験することでしょう。

こうなるはず」と現実逃避をしてばかりでは、FXトレードは上達しません。FXは感情に振り回されずに取引をしなければいけません。「まだ大丈夫」と現実逃避を繰り返すと、最終的に資金は枯渇します。

「こうなるはず」や「まだ大丈夫」と自分に言い聞かせ、現実を逃避するのは絶対にやめましょう

FXで失敗した体験談

パソコン画面の前でうなだれる男性

FXで借金をしてしまわないためには、トレードでできる限り失敗をしない必要があります。この章ではFXで失敗してしまった体験談を紹介します。あなたがFXで借金をしてしまわないために、先人の失敗から学びましょう。

福岡県50代男性「負けを取り返そうとつぎ込み数百万が消える」

始めたばかりの頃、大金をつぎ込んでやられ、その負けを早く取り返そうと、更に大金をつぎ込んで、またやられるという悪循環に陥り、数百万が消えた。

沖縄県40代男性「試行錯誤を繰り返すも……」

ある程度勉強したり試行錯誤していると、勝ち始めて「よし勝てる方法がわかったぞ」なんて思って、この感じなら幾らになるなあ、なんて計算し始めると、その方法が聞かなくなって、あれ?あれ?なんて言っているうちに資金が減る。んでまた勉強して、試行錯誤で、よしこれで、あれあれ?を繰り返し、とうとうもうどうしたって最後には負けるような気がしてきてしまってぐったりする。

京都府20代女性「下手なナンピンすかんぴん」

相場の格言に「下手なナンピンすかんぴん」というのがありますが、私は先日の人民元引き下げに端を発した急激な円高への流れの中でこれを身をもって経験しました。

矯正ロスカットにかかり、50万の資金を全額吹っ飛ばしたのです。当時トレードしていた通貨はポンド円でした。ポンド円は値動きが激しい通貨ペアで、英国の利上げ期待で激しく上げ下げしていますね。目安にしていたテクニカル指標は1時間足の21EMAでした。この21EMAからの乖離が大きくなったら逆張りでエントリーするといった感じです。

かなり大雑把なトレードだったのですが、これで20~50pipsくらいの利益が取れてました。エントリーした後に更にトレンドが加速しても、長くて1週間くらい放っておけば戻ってくるので、ラクして稼げるなーと調子に乗っていた頃でした。

愛知県40代男性「調子に乗ってドルとユーロで損失1,000万円」

はじめてFXを利用しはじめた時に、過去ドル建ての外貨預金で利益を出せていたので調子に乗っていてドル買いで数百万円の損失を出し、立て続けにユーロで数百万円の計1000万円ほどの損失を出した。

愛媛県30代男性「仕事中にチャートが確認できず対応が遅れる」

仕事中や出かける時などにチャートが確認できない時は失敗経験が多いです。一つの理由が急に動き出した時な初期対応が遅くなる事。そして損失幅が大きく、下手に損切りが出来なくさらに損失が拡大してしまう事。 あとはレンジ相場での欲が強くなり、往復ビンタの繰り返しで利益を全て吹っ飛ばすなどの経験が一番多いです。

神奈川県40代男性「FX会社のシステムダウンで1,000万以上の損失」

リーマンショックなどの時にはあまり信用できないFX会社をつかうとシステムダウンかつ電話対応もダウンしてしまうので、 普段からそのリスクを考慮して取引しないとひどい目にあいます。 私の場合リーマンショックのときに取引不可状態におかれて1000万以上損しました。

沖縄県50代女性「スイスフランショックで証拠金以上の損失」

塩漬けポジションをストップを付けずに放置していたら、 大暴落(スイスフランショック時)。一瞬でロスカット。さらに口座残高以上の損失を出し、奈落の底に真っ逆さまでした。

借金をしたらどうすればいいのか

道路脇に座り頭を抱えるビジネスマン

これまではFXで借金をしてしまう理由を説明してきました。この章では実際にFXで借金をしてしまったらどうしたらよいか、という点についてご紹介します。

FXで借金をしていない方も、もし借金をしてしまった場合を想定し、そうならないように日々の運用にお役立てください。

働いてコツコツ返済する

当然のことですが、借金をしてしまったら働いてコツコツ返済する以外に選択肢はありません

しかし、FXで借金をしてしまうと、FXの借金はFXで返す、とばかりに借金を繰り返してしまうことがあります。 この考え方は非常に危険です。

FXで作ってしまった借金は、必ず働いて少しずつでも返済しましょう。それが完済への一番の近道です。そもそもFXの取引で失敗して借金を作ってしまったのですから、もう一度FXに挑戦したところで同じことの繰り返しになる可能性が高いでしょう。

まずは地道に働き、必要があれば副業するなどして借金を返し、再度スタートラインに立つことから始めましょう。

自己破産はできない

許容範囲を超えた借金を抱えてしまうと、「自己破産」がまず頭に浮かぶでしょう。しかし自己破産には「免責不許可事由」というものがあります。FXの借金はこれに該当するため基本的には自己破産ができません。裁判所の判断によって認められることがあるものの、基本的に自己破産は認められないと認識する必要があります。

自分で解決できない場合は弁護士などに相談する

最終的にどうしても借金の問題を自らでは解決できなくなった場合は、債務整理を得意としている弁護士や、借金相談センターなどに相談しましょう。その道のプロに相談することで、見つからなかった解決策が見つかる可能性があります。

借金をしてしまうのはとても辛いものです。借金の悩みを相談するだけでも、精神的に楽になれるかもしれません。

借金をしないために

笑顔でソファーに座る男性

最悪の場合、自己破産が認められない可能性があるFXでの借金。リスクの高さは十分ご理解いただけたと思います。この章ではFXで借金をしないためのポイントをまとめました。

借金をFXの投資金にしないために

まずは自ら積極的に借金を作らないために、気をつけて欲しい点から述べさせていただきます。以下の点が守れないと、FXトレードの腕前はいつまでたっても上達しません。

ポイント1 :常に冷静に判断する

FXは相場が上に行くか下に行くかの二者択一です。その二者択一に熱くなってしまうのがFXの恐い部分でしょう。FXトレードを行う場合は常に冷静な判断を行うべきです

冷静な判断ができず熱くなってしまった結果、大きな損失が生じて借金をしてしまう、というのがFXで借金に走る王道的なパターンです。このパターンに陥らないためにも、常に冷静に為替市場に向かう必要があります。

ポイント2 :しっかりとお金の管理をする

投資は余剰資金で行うことが鉄則です。FXに使える資金と、使ってはいけない資金を厳密に分ける必要があります。そして一旦資金を分けたら、FXに使ってはいけない資金に決して手をつけてはいけません

しっかりしたお金の管理ができないから借金をしてしまう、という面が少なからずあります。FXで使える資金を失っても、使ってはいけない資金はそのままにすること。一度使ってはいけない資金に手をつけてしまうと、その後使ってはいけない資金を使ってしまうのが当たり前になってしまう危険性があります。

ポイント3 :現実逃避をしない

FXで持っているポジションが含み損になると、きっとこれから好転するはずだと考えてしまうでしょう。しかし、そんな場面でこそ現実にしっかり向き合い冷静に判断することが求められます

また損失が出続けているにもかかわらず、根拠なく次はきっと利益をだせるはず、と現実逃避するのも非常に危険です。その現実逃避がFXでの借金につながります

損失が出てしまっても動揺せず、冷静に損切りを行う、必要であれば取引を中止する姿勢を持ちましょう。

追証にならないために

これまではメンタル面での注意事項をお話しました。FXで借金をしないためには、借金をせざるを得ないほど損失を出さないことも大切です。追証が借金の引き金となるケースが多数存在するので、避けるための注意点をご紹介します。

ポイント1 :レバレッジをかけすぎない

FXで儲けたい、という思いが先行すると、高いレバレッジをかけてトレードをしてしまいがちです。高いレバレッジは利益が大きい反面、資金を一気に失うリスクも有しています

レバレッジ1倍の取引であれば、通常は追証になることはありません。また低レバレッジであれば少ない損失額で抑えることができます。

まずは儲けることよりも大きな損を出さないこと、と考え低レバレッジでのトレードをしましょう。

ポイント2 :ストップロスを設定する

FXの取引にはストップロスが欠かせません。低レバレッジでのトレードであっても、必ずストップロスを設定しましょう

強制決済によるロスカットになる前に、自主的なストップロスの設定をすることで、FX損失を少なくすることができます。どんな時でもトレードごとに必ずストップロス注文をしましょう。

ポイント3 :高スワップの通貨は慎重に運用する

オーストラリアドルやカナダドルなどの高スワップ通貨は値動きが不安定であることが多いです。高スワップの通貨ペアは値動きが不安定で、相場が急変することがあります

買いポジションを保持することでスワップポイントを獲得できるという利点はありますが、値動きで損をしては元も子もありません。高スワップ通貨での運用は、通常の通貨ペア以上にレバレッジを下げるなど慎重に行う必要があります。

まとめ

だれもがFXで利益を上げようと思いトレードを開始します。しかし、当然投資は必ず利益が上がるわけではありません。損失が出ても借金をしてしまう事態になるのは避けなければいけません。最後にFXの取引で借金をしないためのポイントをまとめます。

  • 常に冷静に判断する
  • しっかりとお金の管理をする
  • 現実逃避をしない
  • レバレッジをかけすぎない
  • ストップロスを設定する
  • 高スワップの通貨は慎重に運用する

繰り返しになりますが、投資は本来余剰資金でするものです。上記を参考に健全なFXのトレードをお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加