YJFX!のスプレッドってどうなの?特徴、他社比較、評判から検証

  • 更新日: 2019/11/13

「FXを始める際に「YJFX!のスプレッドについて知りたい」
「YJFX!のスプレッドは他社と比較すると良いの?悪いの?」

と疑問に思う人のために、この記事でズバリお答えします。

YJFX!の特徴として主要通貨のスプレッドは、業界最狭水準に設定されています。

2019年5月24日には、朝のスプレッドを狭くしてほしいという要望に応え、主要8通貨ペアのスプレッド提示率が大幅に改善されました。

このようにYJFX!では、ユーザーの声を取り入れることで随時サービスの改善を行っている良心的な会社です。

また、ヤフーグループ運営で、少額から取引でき、取引ツールも使いやすいので、初心者にもおすすめのFX会社といえます。

ただし、注意点が2つだけあります。

  • YJFX!のスプレッドは、主要通貨以外の通貨ペアは広めに設定
  • スプレットは業界最狭水準に設定されているが、広がることも多い

業界最狭水準のスプレッドではありますが、この2点は取引の際に注意が必要です。

そして、この記事では次のようなことを紹介しています。

・YJFX!のスプレッドについて紹介
他社との比較やスプレッド以外にかかる手数料、口コミ・評判も紹介
・他社と比較する上でチェックすべきスプレッド提示率スプレッド別約定率についても解説

YJFX!はバランスが取れ、スプレッドもお得に設定されています。

それでは業界最狭水準のYJFX!のスプレッドについて見ていきましょう。

YJFX!のスプレッドについて

YJFX!のスプレッドを一目でわかる表にしてみました。

通貨ペア 原則固定スプレッド
(※例外あり)
米ドル/円 0.3銭
ユーロ/円 0.5銭
ユーロ/米ドル 0.4ポイント
豪ドル/円 0.7銭
NZドル/円 1.2銭
英ポンド/円 1.0銭
スイスフラン/円 1.8銭
カナダドル/円 1.7銭
英ポンド/米ドル 1.0ポイント
南アフリカランド/円 1.3銭
豪ドル/米ドル 0.9ポイント
NZドル/米ドル 1.6ポイント
人民元(CNH)/円 3.0銭
香港ドル/円 3.0銭
ユーロ/英ポンド 1.0ポイント
ユーロ/豪ドル 1.5ポイント
米ドル/スイスフラン 1.6ポイント
ユーロ/スイスフラン 1.8ポイント
英ポンド/スイスフラン 2.8ポイント
豪ドル/スイスフラン 3.0ポイント
カナダドル/スイスフラン 3.0ポイント
米ドル/香港ドル 3.0ポイント

参考:YJFX!公式サイト
※表内の数値等については、掲載時点のものです

上記のように主要通貨ペアにおいて、かなりの低スプレッドでのFX取引が可能となっています。

しかし、それ以外の通貨ペアではスプレッドは少し広めのため、主要通貨ペアを中心に取引するならYJFX!はおすすめだといえます。

YJFX!の主要通貨のスプレッドは、業界最狭水準

スプレッドとは取引にかかるコストのこと。

FX取引では、たとえ同じ通貨だとしても売値(Bid)と買値(Ask)が違っており、その価格差のことをスプレッドといいます。

そのスプレッドがYJFX!の主要通貨の場合、米ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭と業界最狭水準となっています。

主要通貨以外のスプレッドは、広めに設定されている

その代り、主要通貨以外のスプレッドは、広めに設定されています。

主要通貨以外の取引をしたい場合には、スプレッドの広さについて注意しましょう。

スプレッド提示率とスプレッド別約定率について

スプレッドでFX会社を比較する際は、

以上の2つも見ることをおすすめします。

スプレッドが狭いだけではなく、「スプレッド提示率」「スプレッド別約定率」も取引に深く関わってきます。

スプレッド提示率

スプレッド提示率とは、期間中に配信された基準スプレッドの範囲内であった時間の割合(実績値)を指します。

簡単に言えば、標準スプレッドで取引ができる確率のことです。

提示率を確認し、高い提示率であればそれだけスプレッドの開きがないことを示しています。

スプレッド提示率

その上で、YJFX!のスプレッド提示率を見てみると、提示されたスプレッドに対して、99%以上の基準でクリアされています。

この提示率と実際の取引の間に差がないのは大きなメリットです。

また、2019年5月24日に主要8通貨ペアのスプレッド提示率が大幅に改善されました。

これまで、「朝7時台から8時台のスプレッドが他の時間帯よりも広がっていて取引しづらい」との声があり次の8通貨ペアのスプレッド提示率に提示率改善というメスが入りました。

  • 米ドル/円
  • 豪ドル/円
  • 英ポンド/円
  • ユーロ/円
  • ユーロ/米ドル
  • NZドル/円
  • 英ポンド/米ドル
  • 南アフリカランド/円

これにより7時台、8時台の提示率0.00%だったものが、7時台は72.35%、8時台は98.93%と、大幅に数値が向上しました。

スプレッド別約定率

スプレッド別約定率とは、期間中に約定された総注文件数のうち、提示されたスプレッド別に約定した注文件数の割合を指します。

これは注文を拒否しないサーバーの強さをあらわします。

この約定率を確認することで、出した注文が、意図した通りに成立するかがわかるので確認しておきましょう。

スプレッド別約定率

YJFX!のスプレッド別約定率は、他社と比べて悪いわけでもなく、米ドル円の約定率をみても0.4銭以下で95%も約定をしています。

基本的に固定値のスプレッドで取引ができていることはメリットと言って差し支えがありません。

それだけ約定率が高いことを指し示しています。

YJFX!のスプレッドを他社と比較

米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円
YJFX! 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭
DMM FX 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭
外為オンライン 1.0銭 2.0銭 3.0銭 3.0銭 6.0銭
FXプライムbyGMO 0.6銭 0.9銭 1.8銭 1.3銭 2.0銭
ヒロセ通商 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.0銭

※表内の数値等については、掲載時点のものです

上記の表からわかるように、DMM FXやヒロセ通商などがメイン通貨で激しくスプレッドの狭さを争っています。

しかし、YJFX!も決して後れをとっていない印象です。

YJFX!のスプレッドは業界最狭水準な上に、約定率なども高いなど優れている点が目に付きます。

YJFX!でスプレッド以外にかかる手数料・費用は?

FXでは、スプレッド以外にも手数料が発生する場合があります。

コスト面で他社と比較する際は、スプレッド以外にかかる費用も確認するのがおすすめです。

無料 有料  一部有料
・取引手数料
・ロスカット手数料
・口座開設費用
・口座維持費用
 なし ・入金手数料
・出金手数料

以上の表から分かるように、YJFX!ではスプレッド以外にかかる手数料・費用には以下があります。

  • 入金手数料
  • 出金手数料

それぞれどのぐらい具体的にかかるのかを見ていきましょう。

銀行やATMからの入金

銀行窓口やATM などから振込入金を行う場合に手数料が発生します。

銀行によって入金手数料の金額が異なるので注意しましょう。

金融機関名 ATMで振込む場合(現金) ATMで振込む場合
(カード)
銀行窓口
3万円
未満
3万円
以上
3万円
未満
3万円
以上
3万円
未満
3万円
以上
三菱UFJ銀行 432円 648円 270円 432円 648円 864円
みずほ銀行 216円
三井住友銀行
りそな銀行 648円 432円 864円

ただし、クイック入金の場合は手数料が無料となります。

クイック入金とは、提携金融機関のインターネットバンキング口座を使用した入金方法です。

24時間利用可能なオンライン入金サービスとなっています。

提携金融機関は次の銀行です。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行(※)
  • ゆうちょ銀行(※)
  • 住信SBIネット銀行(※)
  • セブン銀行
  • 楽天銀行(※)
  • イオン銀行

法人口座の場合は、「(※)」がついた金融機関であれば利用可能です。

外貨を出金する場合

円の出金依頼は基本的に無料です。

ただし、外貨の場合は一回の出金依頼につき 1,500円の手数料がかかるので注意が必要です。

外貨両替は、1,000通貨単位から可能です。

米ドル=100円と仮定した場合、1,000通貨は100,000円となります。

出金先の金融機関によってはリフティングチャージ等の着金手数料が別途かかります。

YJFX!のスプレッドや手数料に関する口コミ・評判

YJFX!のスプレッドや手数料に関して、みんなはどう思っているのかSNSで調べてみました。

スプレッドの開きを気にしてYJFX!に乗り換えた人がいるようです。

スプレッド業界最狭水準のYJFX!のメリットを受けるならば、有りの選択だと思います。

2019年5月24日に主要8通貨ペアのスプレッド提示率が大幅に改善されたことを喜んでいるユーザーの声もありました。

FX業者を変えたことによって、手数料が減り、トレードにも良い影響が出たとの声があります。

スプレッドの改善や手数料の少なさがメリットのYJFX!。

スプレッドの改善などはユーザーの声を受けてのことなので、真摯に対応してくれる姿勢もYJFX!の魅力のひとつです。

更に詳しく知りたい方は下記のページもチェックしてください。

YJFX!のメリット・デメリット

YJFX!のメリット・デメリットを整理すると次の通りになります。

メリット デメリット
・スマホアプリが使いやすい
・少額から取引を始められる
・取引ごとにTポイントが貯まる
・大手ヤフーグループで安心
・トルコリラ、メキシコペソの取り扱いがない

まずスマホアプリである「Cymo」の使いやすさは、取引におけるメリットです。

そして少額から始められ、取引ごとにTポイントが貯まるというのも魅力的なポイントです。

デメリットとしてはスワップポイントの高いトルコリラ、メキシコペソの取り扱いがないことぐらい。

スワップポイントを考えず、通常の取引を考えるならばYJFX!には多くのメリットがあります。

更に詳しく知りたい方は下記のページも目を通してみてください。

YJFX!で口座を開設する方法

YJFX!で取引を始めるには、「FX専用取引口座」または「YJFX!取引口座」の開設が必要です。

Webであれば、口座申込は約5分で完了します。

1. 口座開設の申込 所要時間:5分
→ここでは取引規約の確認、名前、連絡先、住所などの入力などを行います。

2. 本人確認書類+マイナンバー の提出
→本人確認書類とマイナンバーの画像もしくはコピーを提出します。
 「本人確認書類」または「マイナンバー記載書類」を事前に準備しておくのがおすすめです。

3. YJFX!(ワイジェイFX)の審査
→YJFX!(ワイジェイFX)による審査が行われます。

4. ログインID・PASSの郵送
→審査に通ったら、登録住所宛にログインID・ワスワードが記載された「口座開設手続完了のご案内」の資料一式が数日程度で簡易書留郵便にて送られてきます。

そこに載っているログインIDとパスワードでログインして入金を済ませるとすぐにトレードを開始できます。

更に詳しく口座開設について知りたい方は下記のページを読んでみてください。

お得なスプレッドのYJFX!で快適なFX生活

YJFX!は業界最狭水準のスプレッドで、取引の際に損がしにくい仕組みです。

さらに「スプレッド提示率」「スプレッド別約定率」も高く、FX取引にはうってつけ。

少額から取引を始められ、取引ごとにTポイントが貯まるお得なメリットもあります。

大手ヤフーグループであることも安心材料のひとつです。

これからFXを始めたい、もしくはいま使っている業者を変えたいと思っている人にはYJFX!はおすすめです。

デメリットとしてはトルコリラ、メキシコペソの取り扱いがないことぐらいなので、通常の取引を考えるならばYJFX!には多くのメリットがあります。

お得なスプレッドの快適なFX生活を送ってみたいならば、YJFX!は検討の余地ありです。

YJFX!

Medium gaikaex 300x250
口コミ点数 Point star4 5 4.7
総合ランキング 5位
初回入金額 無料
推しポイント FXでTポイントが貯まる
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.20銭原則固定(例外あり)※2019年10月15日19時00分から 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
34円 -10円 36円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。