YJFX!(ワイジェイFX)の評判やデメリットを紹介!口コミは良いの?

  • 更新日: 2019/07/30

FXを始めたいけど、YJFX!の評判って良いの?悪いの?

YJFX!が自分に合ったFX口座か分からない・・・

YJFX!は、取引するだけでTポイントが貯まる仕組み、高い品質の電話サポートなど、トレーダーからの評判も良いFX口座です。

ただし、高金利通貨として人気のあるトルコリラを取り扱っていない点は、スワップポイント狙いのトレーダーにとってはデメリットと感じるかもしれません。

このような特徴を踏まえ、YJFX!が向いている人・向いていない人は以下の通りです。

■YJFX!が向いている人

  • スキャルピングやデイトレードで取引するため取引コストを抑えたい人
  • Yahoo!関係のサービスを多く利用している人
  • FX会社の信用性を重視する人
  • FXを始めるのに不安を感じているFX初心者

■YJFX!が向いていない人

  • トルコリラの取引で利益を狙いたい人
  • Yahoo!系のサービスをあまり利用しない人

今回は、YJFX!について、メリット・デメリットや口コミから分かる評判を紹介するとともに、スワップポイントやスプレッドのデータ、口座開設手順まで、まるっとご紹介します。

YJFX!の口座開設を検討している方、FX口座をどこで開設するか迷っている方は、参考にしていただければ幸いです。

YJFX!

Medium gaikaex 300x250
口コミ点数 Point star4 5 4.7
ランキング 5位
初回入金額 無料
推しポイント FXでTポイントが貯まる
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
34円 -10円 36円

YJFX!の会社スペック表

初回入金額 総合評価 おすすめポイント
無料

Point star4 5 

4.6

MT4で

チャート分析できる

通貨ペア数 米ドル/円 最小取引単価
22通貨 0.30銭原則固定(例外あり) 1,000通貨
取引手数料 デモトレード 取引対応機種
無料

提供あり

無料

30日

ブラウザ

Mac 
iPhone

Android

主要通貨スプレッド(米ドル以外)

ユーロFlag img eu0.5銭原則固定
(例外あり)

英ポンドFlag img england1.0銭原則固定
(例外あり)

豪ドルFlag img australia0.7銭原則固定
(例外あり)

(2018年12月17日更新)
(※)ゴールデンウィーク中のスプレッドについては、売買スプレッドが通常よりも大幅に拡大したり、レート提示が困難になる場合があります。
 対象期間:2019年4月27日(土)~2019年5月6日(月) その他、ゴールデンウィーク期間中の注意事項についてはこちら

ワイジェイFXは、ヤフーグループのFX会社で、ポータルサイトのYahoo!アカウントと連携させることもできるのが特徴です。

もともとはサイバーエージェントグループで取引ツールに定評があったFX会社でしたが、2012年にヤフーに買収されました。

ヤフーグループとしての信用の高さと、スプレッドやスワップポイントが好条件になっているところも魅力です。

YJFX!のメリット

YJFX!は、バランスが取れたFX口座として評価が高く、具体的には次の4つのメリットがあります。

  • Tポイントが貯まる
  • 小額から始められる
  • 電話サポートが3つ星の最高評価
  • 外貨両替サービスが便利

FXの取引でTポイントが貯まるのは、YJFX!だけの特典で、他のFX会社にはありません。(2019年7月時点)

お得に取引したい人にとっては魅力的なサービスといえます。

これらのメリットについて、さらに詳しくご紹介します。

Tポイントが貯まる

Tポイントを表した図

引用元:YJFX!公式サイト

YJFX!では、FX口座をYahoo!アカウントと連携させることができ、1万通貨の取引ごとにTポイントが貯まります。

貯まったTポイントは、各種Yahoo!サービスで利用できるようになります。

例えば、

  • Yahoo!トラベルで予約した旅行の支払い
  • LOHACOで購入した商品代金
  • Yahoo!totoのサッカーくじ

など、本当にいろいろできます。

他社で100万通貨ごとにキャッシュバックみたいな仕組みもありますが、その場合は90万通貨の取引をしてもキャッシュバックは受けられません。

一方、YJFX!であれば、1万通貨だけでも取引をすれば、その分のTポイントがちゃんと貯まります。

それでは、この点についても、トレーダーの声を聞いてみましょう。

Tポイントカードを持っているので、Tポイントが貯められるキャンペーンがあるのは嬉しい。普段から、コンビニやドラッグストアなどでTポイントを貯めている。また、ヤフオクやヤフーショッピングをよく使っているので、FXを取引することでTポイントが貯まるのは、正直有難い。
(性別:男性 年代:20代 職業:学生 FX歴:1-3年)

私はYahoo!ショッピングもよく利用するので、Tポイントをけっこう貯めたり使ったりしているんですが、いい感じでFXでのトレードが還元されるのでありがたいです。 私みたいにポイント系をTポイントで集約してる人なんかは、FXをやるならYJFX!にしたほうがお得だと思います。
(性別:女性 年代:20代 職業:主婦 FX歴:1年以下)

とくに僕みたいな小口トレーダーにとっては、YJFX!のキャッシュバックの仕組みは向いていると思います。 (中略)YJFX!は1万通貨ごとというかたちなので、僕でも無駄なくキャッシュバック(Tポイント)を受け取ることができています。
(性別:男性 年代:20代 職業:会社員 FX歴:1年以下)

以上のように、YJFX!のTポイントが貯まる仕組みは、多くの人が高評価をしていました。

クチコミにもある通り、Tポイントをよく使っている人、小口トレーダーの人にとっても、ピッタリな仕組みといえます。

少額から始められる

YJFX!は、最小取引通貨単位が1,000通貨なので、1ドル=100円で計算すると、約4,000円から取引を始められます。

他のFX口座では、最小取引通貨単位を10,000通貨単位としているところが多いので、少額から取引を始めたい方にとってYJFX!は魅力的です。

1,000通貨で取引する場合、1回あたりの取引による損失許容額を2.5%までと決めてしまえば、失う資産を100円程度におさえることも可能です。

損失を抑えることができる分、利益が出たとしてもそれほど大した金額にはなりませんが、

  • まずはリアルな取引の感覚を掴みたい
  • FXで大切な資金を失ってしまわないか不安に思っている
  • 本番と同じ環境でFXの練習をしたい

以上のような方は、YJFX!の口座開設を検討してみると良いでしょう。

電話サポートが3つ星の最高評価

YJFX!の電話サポートを表した図

引用元:YJFX!公式サイト

YJFX!で強調しておきたいのが、電話サポートの質が高いため、初心者でも安心してサポートを受けられる点です。

YJFX!は、HDI格付けベンチマーク「問合せ窓口(電話)」で、3つ星の最高評価を獲得しています(※)

トレーダーによる電話サポートに対する評判もすこぶる良好です。

FXを始めて間もない頃は、色々なことを電話で聞いていましたが、対応してくれた方は大体感じが良かったです。 また、こちらが気づかないことまで気を回して案内してくれることもあって、親切でした。
(女性 50代 アルバイト FX歴:1-3年)

YJFX!の電話サポートは24時間対応となっていて、日本人がもっともよくFXをやっているであろう夜間にも、サポートを受けることができるようになっています。(中略)私も何度かサポートに問い合わせたことがありますが、非常に丁寧な姿勢で真摯に対応してもらいました。
(女性 40代 職業:主婦 FX歴:5-10年)

FX初心者の場合、始めのうちはいろいろとわからないことはたくさん出てくることが多いので、しっかり対応してくれる電話サポートがあると心強いといえるでしょう。

(※)HDIというのは、IT サポートサービス業界における世界最大のメンバーシップ団体で、世界中で多くの有名企業が加盟しています。

外貨両替サービスが便利

FXの取引とは関係ありませんが、YJFX!のサポートサービスである「外貨両替」は大変お得です。

銀行や両替所で外貨両替をすると手数料がかかりますが、YJFX!ではFXと同じスプレッド、かつ、手数料も無料で交換できます。

ただし、交換した外貨を出金する場合は、1回あたり1,500円の出金手数料が発生するので、注意しておきましょう。

海外旅行好きの方や、外貨に交換する機会が多い方は、ぜひ活用したいサービスです。

YJFX!のデメリット

YJFX!は、欠点の少ないバランスの取れた口座ですが、以下のデメリットがあります。

  • トルコリラの取り扱いがない

口座開設をした後に「あれ?」とならないように、デメリットもしっかりチェックしておきましょう。

トルコリラの取り扱いがない

残念ながらYJFX!はこのトルコリラを取り扱っていません。

最近は高金利通貨としてトルコリラが注目を集めており、1万通貨で1日100円以上のプラスのスワップポイントを設定しているところも多々あります。

相場状況によっては、「ちょっとトルコリラでスワップポイントを稼げそうだな」と考えるトレーダーも少なくないでしょう。

しかし、、そういった投資のバリエーションを考えたときに、ちょっと寂しいなと感じてしまうところがあります。

この点はトレーダーからも不満の声もあります。

スプレッドが狭く、スワップが比較的高い方なので、総合的に見て使いやすいFX会社だと思う。ただ、スワップに関しては、最近話題になっているトルコリラを取り扱っていないのが物足りない。
(性別:男性 年代:60代 職業:自営業 FX歴:10年以上)

スワップポイントでも利益を狙いたいという人には、デメリットに感じてしまう側面がある点は抑えておく必要があります。

(※)2018年12月現在の状況です。トルコリラ関連の通貨ペア導入に関する要望もあったようですが、2018年3月のタイミングで「トルコリラの導入を見送る」という判断をしたという経緯があります。

YJFX!の取引ツール

YJFX!では、次の4つの取引ツールが利用できます。

注文&チャート分析 注文のみ チャート分析のみ
・Cymo ・パソコン版取引画面 ・Exチャート
・MT4チャート

「Cymo」は注文からチャート分析までひとつのアプリで対応しています。

「パソコン版取引画面」を使用する場合は、「Exチャート」や「MT4チャート」といったチャート分析用のツールを別途使用する必要があります。

これらの取引ツールについて、それぞれ紹介します。

Cymo

Cymoの7つの特徴1

引用元:YJFX!公式サイト

機能性や操作性の評価が高い「Cymo」は、高機能取引ツールとして提供されていて、以下のような特徴があります。

  • チャート画面から即時注文ができる操作性の高さ
  • 多彩なライン描画機能
  • 通貨ペアの表示をカスタマイズできる3パターンのプライスボード
  • リアルタイムで閲覧可能な投資情報
  • 充実したプッシュ通知機能
  • スマートな操作性のウィジット機能

初心者でも使いやすいのはもちろんのこと、上級者も満足できる機能性を兼ね備えています。

Cymoについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

パソコン版取引画面

パソコン版取引画面は、注文などの取引だけでなく、報告書の閲覧や登録情報の変更などの機能も使用できます。

プライスボードの設定では、表示する通貨ペアの種類や文字の色、上昇色・下降色など自分仕様にカスタマイズできます。

YJFX!のパソコン版取引画面プライスボード

チャート画面を見たい場合は、「Exチャート」「MT4チャート」といったチャート分析ツールを別途開く必要があるので注意してください。

Exチャート

EXチャートマニュアル4

「Exチャート」は、チャート分析に特化したツールで、次のような特徴があります。

  • 36種類のテクニカル指標が搭載されている
  • 最大6チャートが表示できる
  • 複数選択モードで設定の一括変更が可能
  • 描画モードの操作性が優れている

FX初心者の方でも使いやすいように、感覚的に使えるインターフェース設計になっています。

Exチャートの特徴や、便利な使い方についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

MT4チャート

MT4とは、ロシアのMetaQuotesSoftware社が開発した世界的にも人気のあるチャート機能のことです。

YJFX!では、「MT4チャート」という名前で提供して、YJFX!で口座開設している方であれば誰でも無料で利用できます。

テクニカル指標の数はデフォルトでも51種類、描画ツールの数は32種類もあります。

また、MT4チャートの場合は、YJFX!オリジナルのカスタムインジケーターも追加可能です。

自分に合ったチャートを使って分析力を上げたい方は、MT4チャートを使い込むのがおすすめです。

MT4チャートの詳細を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

YJFX!のスマホアプリ

Cymoの7つの特徴4

引用元:YJFX!公式サイト

YJFX!のスマホ用アプリには、デバイスごとに以下の4種類が用意されています。

  • iPhone Cymo
  • Android Cymo
  • iPad Cymo
  • Tablet Cymo

これらのアプリに搭載されている機能は、以下の通りです。

新規注文機能 決済注文機能 テクニカル指標
【基本指標】
テクニカル指標
【補助指標】
・ワンタッチ注文
・新規リアルタイム注文
・新規指値
・逆指値注文
・新規OCO注文
・IFD注文
・IFO注文
・ワンタッチ注文
・決済リアルタイム注文
・決済指値
・逆指値注文
・決済OCO注文
・決済トレール注文
・通貨毎全決済
・全決済
・移動平均
・ボリンジャーバンド
・EMA
・一目均衡表
・スパンモデル®
・スーパーボリンジャー®
・ストキャスティクス
・MACD
・RCI
・RSI
・DMI(ADX)

本格的なテクニカル分析ができるDMI(ADX)も搭載されているのが魅力です。

注文機能も充実しているので、外出先でもFX取引が可能です。

YJFX!のデータ

YJFX!の詳細データを

  • スプレッド
  • スワップポイント
  • 情報量

以上の3つに分けてご紹介します。

スプレッド

YJFX!のスプレッドは、以下の通りです。

通貨ペア 原則固定スプレッド
(※例外あり)
米ドル/円 0.3銭
ユーロ/円 0.5銭
ユーロ/米ドル 0.4ポイント
豪ドル/円 0.7銭
NZドル/円 1.2銭
英ポンド/円 1.0銭
スイスフラン/円 1.8銭
カナダドル/円 1.7銭
英ポンド/米ドル 1.0ポイント
南アフリカランド/円 1.3銭
豪ドル/米ドル 0.9ポイント
NZドル/米ドル 1.6ポイント
人民元(CNH)/円 3.0銭
香港ドル/円 3.0銭
ユーロ/英ポンド 1.0ポイント
ユーロ/豪ドル 1.5ポイント
米ドル/スイスフラン 1.6ポイント
ユーロ/スイスフラン 1.8ポイント
英ポンド/スイスフラン 2.8ポイント
豪ドル/スイスフラン 3.0ポイント
カナダドル/スイスフラン 3.0ポイント
米ドル/香港ドル 3.0ポイント

参考:YJFX!公式サイト

主要通貨ペアにおいては低スプレッドに設定されていますが、それ以外の通貨ペアではスプレッドは少し広めに設定されています。

スワップポイント

1万通貨(メキシコペソ/円は10万通貨)に対する1日で受け取れるスワップポイントの比較表は、以下の通りです。

FX会社  米ドル/円  ユーロ/円 ポンド/円  豪ドル/円 トルコリラ
/円
メキシコペソ/円
YJFX! 買:+78円
売:-88円
買:-12円
売:+2円
買:+28円
売:-38円
買:+31円
売:-41円
取扱いなし 取扱いなし
GMOクリック証券 買:+72円
売:-75円
買:-10円
売:+9円
買:+28円
売:-31円
買:+31円
売:-32円
買:+84円
売:-94円
取扱いなし
DMMFX 買:+72円
売:-72円
買:-1円
売:+1円
買:+30円
売:-30円
買:+30円
売:-30円
取扱いなし 取扱いなし
外為どっとコム 買:+72円
売:-102円
買:-17円
売:+2円
買:+28円
売:-43円
買:+31円
売:-46円
買:+90円
売:-105円
買:+120円
売:-270円
マネーパートナーズ(PFX) 買:+46円
売:-125円
買:-15円
売:+1円
買:+31円
売:-31円
買:+31円
売:-31円
買:+100円
売:-100円
買:+120円
売:-140円
ヒロセ通商 買:+20円
売:-130円
買:-35円
売:-15円
買:+20円
売:-99円
買:+34円
売:-89円
買:+112円
売:-197円
買:+140円
売:-340円

米ドル/円のスワップポイントは最も高いですが、高金利通貨であるトルコリラやメキシコペソの取り扱いがない点には注意しましょう。

YJFX!のスワップポイントについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

情報量

YJFX!は、ニュース配信社数が1社なので、他のFX会社と比べると情報量が多いとはいえません。

詳細は、以下の表の通りです。

ニュース配信 独自レポート その他
・GlobalInfo24 ・みんなのオーダー
・YJFX!オリジナル ウィークリーレポート
・スペシャルレポート
・オンラインセミナー
・スペシャル・トレンドレポート
・FXブログ
・FX口座

上記の表から分かるように、独自レポートや初心者向けの講座は充実しているといえます。

YJFX!のよくある質問

ここでは、YJFX!のよくある質問をご紹介します。

取引時間は?

YJFX!の取引可能時間は、以下の通りです。

  • 夏時間:
    月曜日午前7時~土曜日午前5時50分
  • 冬時間:
    月曜日午前7時~土曜日午前6時50分

次の時間帯は、日次メンテナンスで取引できないので注意しましょう。

  • 夏時間:
    火曜日~金曜日 午前5時55分~午前6時
  • 冬時間:
    火曜日~金曜日 午前6時55分~午前7時

祝日は通常通り取引できますが、元日やクリスマスは取引時間が制限される場合があります、

ロスカットについて知りたい!

YJFX!では、証拠金維持率が50%を下回ったとシステムが検知したタイミングでロスカットが執行されます。

また、証拠金維持率が100%を下回ったタイミングでは、維持率低下の注意喚起を促す「ロスカットアラート」のメールが送信されます。

デモ口座は用意されているの?

YJFX!は、デモ口座が用意されていて、登録画面で次の3つの項目を入力するだけで簡単に解説できます。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 開始資金

ブラウザ版取引画面だけでなく、Cymoシリーズのデモ版 やExチャートも試すことができます。

デモ口座の詳細は、以下の記事をご覧ください。

ログイン方法が知りたい!

YJFX!のログイン方法は簡単で、次の3ステップです。

  1. 公式サイトTOPページの右上にある「ログイン」ボタンをクリックし、ログイン画面を表示
  2. 口座番号(ログインID)とパスワードを入力
  3. ログインボタンをクリック

FXならヤフーグループのYJFX!

ログイン方法については、以下のページでご紹介しています。

YJFX!の口座開設キャンペーン

YJFX!では、新規で口座開設をすると、取引数量に応じてキャッシュバックを受けられるキャンペーンに参加することができます。

無理のない範囲で取引を行って、ぜひキャッシュバックを受け取ってくださいね。

(※)ここで紹介する口座開設キャンペーンは2018年12月現在のものです。内容はタイミングによって変更される可能性があるので、必ずご自身でのご確認をお願いいたします。

キャッシュバックをもらえる条件

YJFX!のキャッシュバックを表した図

引用元:YJFX!公式サイト

キャッシュバックの仕組みは簡単で、対象期間内に成立した新規取引の数量に応じて、以下の金額のキャッシュバックを受けられるようになっています。

対象期間における
新規取引数量
キャッシュバック
金額
100万通貨以上~500万通貨未満 2,000円
500万通貨以上~1,000万通貨未満 10,000円
1,000万通貨以上~1,500万通貨未満 16,000円
1,500万通貨以上~ 27,000円

取引数量のカウントの仕方ですが、新規注文のうち約定したものだけです。

指値や逆指値の新規注文を出しても約定されないとカウントされませんし、決済注文については約定してもカウントされません。

対象期間については、「口座開設した月の翌々月最終営業日まで」となっています。

例えば1月15日が口座開設日であれば、3月末までが対象期間というかたちです。

しっかりご自身の対象期間をチェックするようにしてくださいね。

なお、こういったかたちのため、口座開設日は月初のほうが、期間が多少長くなるようになっています。

目標のキャッシュバック金額を余裕を持って獲得するためには、できるだけ月初に近いところで口座開設することをおすすめします。

キャッシュバックをもらえるまでの流れ

それでは、簡単に具体例を通して、口座開設をしてからキャッシュバックをもらうまでの流れを追っていきましょう。

例えば、2月1日に口座開設の申込みをして、2月5日に口座開設が完了したとします。

すると、これによって対象期間が4月末ということになります。3ヶ月近く取引数量がカウントされるので、有利にキャンペーンに参加することができそうです。

そして対象期間において600万通貨(1ヶ月あたり約200万通貨/1日あたり約10万通貨のペース)の新規取引を行ったとします。

すると、1万円のキャッシュバックを受け取れることになります。

キャッシュバックは、口座開設をした月の3ヶ月後(対象期間が終了した翌月)の中旬頃に、FX口座に入金されるかたちで行われます。

キャッシュバックの実施時期が近づいたら、口座残高に加算されているかチェックしてください。

YJFX!で口座開設する流れ

YJFX!についてメリットとデメリットの両面から説明してきましたが、「YFJX!でFXをやってみたいな」と感じた人もいると思います。

YJFX!で取引を始めるには口座開設の必要がありますが、口座開設はどうやっていけばいいのか、その流れを簡単に説明しておきます。

口座開設の申し込み方法

YJFX!での口座開設のフロー図

口座開設というと面倒そうに聞こえますが、YJFX!の口座開設は非常に手軽にできるようになっています。

基本的にはオンラインで完結するようになっていて、申込み自体は短い人は5分程度で終わってしまいます。

まずは以下のページの「新規口座開設はこちら」というボタンをクリックして、口座開設の申込みフォームに移動してください。

基本情報

YJFX!の申込みページⅠを表した図

最初に基本情報ということで、氏名や、生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレスなど、ご自身の情報を入力していきます。

勤務先情報

YJFX!の申込みページ2を表した図

次に勤務先の情報を入力します。

出金先口座情報

YJFX!の申込みページ3を表した図

出金先口座として、ご自身の金融機関口座を入力します。FX口座から出金すると、ここで登録した口座に振り込まれることになります。

投資に関するご質問

YJFX!の申込みページ4を表した図

年収や保有する金融資産、投資経験、投資目的などに関する質問に回答します。この内容が主に審査でチェックすることになるので、もっとも大切な入力箇所となります。正直かつ正確に入力するようにしてください。

ご案内について

YJFX!の申込みページ5を表した図

キャンペーンなどのメールを送ってもらうかを決めます。どちらを選んでもとくに問題ありません。

契約締結前交付書面等への同意

YJFX!の申込みページ6を表した図

最後に、契約締結前交付書面等を確認します。FXのルールだったり、FXのリスクだったりを記載しているので、内容はしっかり理解したうえで同意するようにしてください。

ここも大切な入力箇所です。(すべて同意しないと口座開設はできません。)

すべて同意したら、「入力内容の確認」のボタンをクリックして、先に進みましょう。

確認画面

入力した内容を確認する画面になるので、問題なければ「登録」をクリックしてください。

「登録」をクリックすると、口座開設の申込みのデータが送信され、申込みが完了となります。

本人確認書類・マイナンバー記載書類の提出

YJFX!の本人確認書類を表した図

口座開設をするには、本人確認とマイナンバーの登録が必要となります。申込みが完了したら、これらに必要となる書類を提出することになります。

書類の提出は申込み完了画面、または、申込み受付メール内のリンクから行けるアップロード用の画面で行います(※)

必要となる書類は人によって何パターンかあるので、各ページの指示に従って、ご自身に当てはまるパターンを確認してください。

そのうえで、必要書類をスキャン、または、スマートフォンのカメラで撮影したうえで、画像データをアップロードします。

これらの画像データを申込み開始前にあらかじめ用意しておくと、申込み作業がスムーズに進むのでおすすめです。

このアップロードが完了すると、口座開設に必要な手続きはすべて終了となります。あとは、YJFX!の審査が終わるのを待ちましょう。

★「YJFX!の主な審査基準

(※)郵送にも対応していますが、Webページから行ったほうが簡単です。
(※)ゴールデンウィーク期間に伴い、口座開設手続きは通常よりも時間がかかる可能性があります。

審査を経て取引スタート

審査に無事通過すると、簡易書留でログインIDやパスワードなどが記載された書類が郵送されてきます。

これで口座開設は完了です。取引システムにログインして、口座のほうに入金すれば、取引を開始することができます。

会社概要

会社名 ワイジェイFX株式会社
(英語社名:YJFX, Inc.)
所在地 〒102-8223
東京都千代田区紀尾井町1-3
東京ガーデンテラス紀尾井町 
紀尾井タワー23階
設立日 2003年9月1日
資本金 4億9千万円
株主構成 ヤフー株式会社100%
(4689:東証1部上場)
加入協会 日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
一般社団法人日本投資顧問業協会

まとめ

今回はYJFX!について、メリット・デメリットや評判から、ツールやデータまでご紹介しました。

それでは、まとめということで、要点をおさらいしましょう。

まずは、YJFX!のメリットからです。

YJFX!のメリット

  • Tポイントが貯まる
  • 小額から始められる
  • 電話サポートが3つ星の最高評価
  • 外貨両替サービスが便利

YJFX!は、基本的にYahoo!をよく使うという人は相性が良いと思っていいでしょう。

次に、YJFX!のデメリットです。

YJFX!のデメリット

・トルコリラを取り扱っていない

デメリットとして大きいのは、高金利通貨の取扱いが弱いというところです。

そのため、スワップポイントを重視するようなタイプのトレーダーとは、あまり相性が良くないところがある感じですね。

以上のことを踏まえて、YJFX!で口座開設をするかどうかの判断をしてさい。

相性の良いFX会社を選んで、少しでもFXで良い結果を出していただければと思います!

YJFX!

Medium gaikaex 300x250
口コミ点数 Point star4 5 4.7
ランキング 5位
初回入金額 無料
推しポイント FXでTポイントが貯まる
主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭原則固定(例外あり) 0.50銭原則固定(例外あり) 0.70銭原則固定(例外あり)
買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
34円 -10円 36円

当サイトが選ぶ部門別No.1のFX口座はこちら!

【初心者におすすめ】部門
外為オンライン
1,000通貨から取引可能で、サポートが手厚い口座

公式HPへ

外為どっとコムのキャンペーン内容
【少額投資】部門
外為どっとコム
スプレッドなどのコスト面でバランスが良い口座

公式HPへ

DMMFXは2019年1月末時点でFX口座数国内第1位で2万円のキャッシュバックキャンペーン中
【スマホアプリ】部門
DMM FX
チャート機能が優れていて、上級者でも納得の性能

公式HPへ

GMOクリック証券7年連続FX取引高世界第1位
【スワップポイント】部門
GMOクリック証券
全般的に買いスワップが高く、総合力がある口座

公式HPへ

【通貨ペア数】部門
ヒロセ通商
50ペアの通貨ペア数は業界最高の通貨ペア数

公式HPへ

FXを始めてみたい方は、こちらで人気の会社を見てみましょう!

YJFX!の評判・口コミ

20代 / 女性 / 会社員
FX歴:1年以下
取引量に応じてTポイントがもらえる
YJFX!でトレードを行うと、取引量に応じてTポイントがもらえます。他社ではキャッシュバックのキャンペーン時に、キャッシュバックを受けられるケースもありますが、同社は全ての取引がTポイントの対象...
取引量に応じてTポイントがもらえる
YJFX!でトレードを行うと、取引量に応じてTポイントがもらえます。他社ではキャッシュバックのキャンペーン時に、キャッシュバックを受けられるケースもありますが、同社は全ての取引がTポイントの対象となっており、ポイントが貯まりやすいです。現金のキャッシュバックではないものの、全国的にも有名で利用可能なサービスの多いTポイントが付与されるため、現金キャッシュバックに近い形でのユーザー還元となっています。損切はなかなか出来ないケースもありますが、Tポイントが付与されることで、多少は損失を取り戻すことができる、と考え損切もスムーズに行う事ができます。ソフトバンクの携帯電話を利用している場合、ソフトバンクの携帯電話でのTポイントも貯まるため、気が付くと相当量のTポイントが貯まっていることもあります。
トレードツールCymo(サイモ)の使い勝手がよい
各FX会社より様々な取引ツールが提供されていますが、YJFX!が提供する取引ツールCymo(サイモ)は初心者でも非常に使いやすいツールです。特にスマホのCymoはシンプルで直感的なユーザーインターフェースであり、殆ど説明書を読まずとも利用ができます。FX会社の中には様々なツールがあっても、使い勝手が悪くツールを敬遠してFX会社を変えてしまうケースがあります。しかしCymoは使い勝手がよいため、ツールのせいでFX会社を変える、ということにはなりません。損切の連続などでストレスが溜まることのあるトレードの現場において、実際の売買注文にストレスがあると、一気に調子を崩してしまうケースもあります。ストレスなくトレード可能なCymoは、FXトレードで非常に重宝するツールです。最近はチャート分析についてはPCで行い、発注はスマホで行うケースも多いため、特にスマホでの使い勝手のよいCymoは手放せない存在です。
24時間のサポート対応
同社のサポートは土日を除き24時間体制で電話での問い合わせが可能です。サラリーマン・OLは平日の日中は会社にいるため、平日の日中のサポートのみだと、問い合わせすること自体のハードルが非常に高くなります。同社なら、帰宅後にトレード画面を見ながらの問い合わせが可能であり、安心して同社のツールを利用してトレードを行う事が可能です。24時間問い合わせ可能、という安心感は兼業トレーダーにとっては非常に大切ではないでしょうか。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
状況に応じた取引ツールを提供
YJFX!の外貨exでは、「Cymo」という取引ツールをベースにトレードができるようになっています。このCymoですが、パソコンはもちろん、タブレット(Android)、iPad、スマートフォン...
状況に応じた取引ツールを提供
YJFX!の外貨exでは、「Cymo」という取引ツールをベースにトレードができるようになっています。このCymoですが、パソコンはもちろん、タブレット(Android)、iPad、スマートフォン(Android )、iPhoneとあらゆるデバイスに対応していて、どこからでも快適にトレードができるようになっています。私はしっかり分析したい時はパソコン、家でのんびり相場を見たい時はiPad、電車の中での軽いチェックはiPhoneという感じで使い分けていますが、どれも快適に使うことができています。取引ツールについては、総じてレベルが高いという印象です。
「MT4」は発注機能に未対応
チャート分析はパソコン版のチャートツールを使いますが、私はYJFX!の「MT4」を使っています。MT4はチャートツールとして世界的に有名ですが、日本ではあまり対応しているところが多くないという事情があります。ですが、どうしても使いたいというトレーダーの要望に応えて、YJFX!はMT4を導入してくれていて、これを使ったチャート分析ができるようになっています。ただし、残念ながら発注機能についてはまだ未対応という状態で、ちょっと中途半端な感じはありますね。MT4に対応しているところは評価しますが、あと一歩という印象ですね。
スプレッドは狭く約定も安定
私はいわゆるメジャー通貨を中心にスイングトレードをしていますが、スプレッドに関してはいわゆる業界最狭水準の狭さになっています(2018年6月現在)。また、10万通貨単位でのトレードが基本ですが、不可解な約定をしたことはありません。このあたりを総合的に考えると、取引コストは低く抑えられているように感じています。ただ、スプレッドに関しては、経済指標はもちろんですし、原則固定の時間帯が午前9時~翌午前3時というかたちです。早朝については原則固定ではないので、そのあたりは頭に入れておいたほうがいいでしょう。
取引上限・数量無制限のC-NEX
YJFX!は店頭FXの外貨ex以外にも、インターバンク直結のC-NEXというサービスを提供しています。C-NEXでは、インターバンク直結という透明性の高い環境の中で、取引上限・数量無制限でのスキャルピングができるということが謳われています。他のFX会社ではあまり見られないかたちのめずらしいサービスになっていて、いろいろ気にせずに好きなだけスキャルピングをしたいという人にはピッタリのサービスです。
20代 / 男性 / 学生
FX歴:1-3年
デモトレードが便利
初心者の時、いきなり本番の取引をするのはハードルが高いので、デモトレードが用意してあるのは便利だった。通常のデモ口座の他に、スマホ用、タブレット用、PC用のCymoのデモ版がダウンロードできるの...
デモトレードが便利
初心者の時、いきなり本番の取引をするのはハードルが高いので、デモトレードが用意してあるのは便利だった。通常のデモ口座の他に、スマホ用、タブレット用、PC用のCymoのデモ版がダウンロードできるので、口座開設の前にダウンロードして、デモトレードを試してみた。公式HP上では、デモは30日間しか利用できないとあるが、30日を過ぎたら新たに登録し直せば再び利用できるので、慣れるまではデモトレードを使って取引した方が良いと思う。
少額での取引から始められる
バイトで貯めた10万円でFXを始めたので、1,000通貨単位での取引ができるのは、資金を抑えて取引できて良かった。それに、どんなにデモトレードが上手くなっても、本番の取引では実際のお金を使って取引するせいか、デモトレードの時ほど戦績が上がらない。少なくとも自分はそうだった。そのため、最初のうちから、大きな金額の取引をするのはやめた方が良い。そういう面から考えても、1,000通貨単位での取引ができるのは便利だと思う。
Cymoの注文方法が便利
Cymoのスマホアプリは使いやすく、初心者でも迷わずに使えると思う。実際、自分も慣れるのに時間はかからなかった。また、Cymoは自動利食い・損切り設定ができる。ずっと取引画面を見ているわけにはいかない時、この機能は便利なのでよく利用している。自分の場合、トレンドが発生している時にこの機能をよく使う。利食いポイントと損切りポイントを簡単に設定できるので、トレンドが読みやすい時間帯や通貨ペアによく使っている。
キャンペーンでTポイントが貯められる
Tポイントカードを持っているので、Tポイントが貯められるキャンペーンがあるのは嬉しい。普段から、コンビニやドラッグストアなどでTポイントを貯めている。また、ヤフオクやヤフーショッピングをよく使っているので、FXを取引することでTポイントが貯まるのは、正直有難い。FX取引でTポイントを貯めるには、1万通貨単位での取引をしなくてはならないので、1,000通貨単位で取引している場合はこのキャンペーンは関係ないが、1万通貨単位での取引をしていて、かつ、普段からTポイントを貯めているなら、キャンペーンを利用して損はないと思う。
40代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
クロス円以外の通貨ペアのスプレッドは並程度
ドル/円を始めとするクロス円通貨ペアのスプレッドは、他の大手並みに狭いスプレッドを提供していますが、それ以外のスプレッドは並程度の狭さです。スプレッド競争の結果、国内FX会社のスプレッドは差...
クロス円以外の通貨ペアのスプレッドは並程度
ドル/円を始めとするクロス円通貨ペアのスプレッドは、他の大手並みに狭いスプレッドを提供していますが、それ以外のスプレッドは並程度の狭さです。スプレッド競争の結果、国内FX会社のスプレッドは差があると言っても、マイナー通貨を除けば十分許容できる範囲とはなっています。しかしながら他社比でのスプレッドの狭さにこだわる場合、同社のスプレッドはクロス円通貨を除くと、魅力を感じないケースがあります。特に多通貨を監視してのトレードスタイルを取る場合、他社とのスプレッドの差の確認は必要不可欠です。単にスプレッドだけではなく、約定力も加味する必要があるため、同社は並程度のスプレッドであっても、早朝や指標発表時を除き約定力を加味すれば十分利用に値します。しかしスプレッドにこだわるトレーダーの場合、同社の利用は厳しい可能性があります。
早朝と指標発表時にスプレッドが広がる傾向にある
同社に限りませんが、早朝及び指標発表時にスプレッドが広がり、発注をしたものの当初予定していたレートで約定できないケースが生じます。他社では取引数量次第の面もありますが、早朝であろうと指標発表時であろうと、それほどスプレッドが拡大しないFX会社も存在します。早朝や指標発表時のエントリーを避けることが最善の方法ではあるものの、チャートやファンダメンタル状況によっては、早朝にトレード(エントリー)を迫られるケースもあります。早朝や指標発表の前後にエントリーする際は、スプレッド数字の確認が必要不可欠です。また特に指標発表時はスリッページが発生し、予定のレートで約定出来ないケースもあるので、その面でも注意が必要となります。
ニュースの情報量が少ない
ニュースを始めとする情報量は全体的に少ないと感じます。他のFX会社のニュースやWebサイト、ツイッター等で情報収集をしながらのトレードが必要です。FX会社によって得手不得手があるのでやむを得ませんが、同社を利用してトレードに臨む際は、他社のニュースツール等を立ち上げながらのトレード環境が必要となってしまいます。FXの場合は要人発言や指標発表で、一気に相場が動くケースがしばしばあるため、情報収集は必要不可欠です。しかし情報面で同社は一歩遅れていると言えます。
30代 / 女性 / 主婦
FX歴:3-5年
取引ツールが使いやすい
以前はPCを使って取引することが多かったが、結婚、出産を経て、以前のようにまとまった時間を取引に使うことが難しくなった。そのため、家事や育児の間に取引することが多く、スマホ中心の取引をするように...
取引ツールが使いやすい
以前はPCを使って取引することが多かったが、結婚、出産を経て、以前のようにまとまった時間を取引に使うことが難しくなった。そのため、家事や育児の間に取引することが多く、スマホ中心の取引をするようになったが、ここはスマホ用の取引アプリ(Cymo)が使いやすく、家事の合間のわずかな時間の取引もスムーズにできる。また、チャートがPCと遜色ないスピードで描画されるのが良い。チャートを見ながらワンタッチで注文できるので、「ここで買いたい」「ここで売りたい」というタイミングを逃さず取引できる。また、IFO注文やOCO注文などの複合注文も、指値と逆指値の組み合わせで簡単にできて混乱しないのが良い。
Yahoo! JAPANのIDと連携できて便利
ヤフオクやヤフーショッピングを利用しているので、元々Yahoo! JAPANのIDを持っていた。YJFX!はYahoo! JAPANのIDの連携ができ、YJFX!で開催しているキャンペーンの中には、Tポイントを貯められるものもある。このようなキャンペーンには毎回参加しているが、Yahoo! JAPANのIDとYJFX!とを連携しておくと便利である。連携の手続き自体は簡単な操作でできるのだが、Yahoo! JAPANとYJFX!の登録情報は統合されているわけではないため、引っ越しなどで住所が変わった時など、情報の変更手続きを両方行わなくてはならないのが少し不便だと思う。
システムが安定している。
オプトレ!など、YJFX!の他のサービスについては分からないが、外貨exのシステムは安定していると思う。普段は原則固定で提示しているスプレッドが広がるケースは少なく、約定もスムーズである。ただ、指標発表や要人発言があった時などは、スプレッドが広がったり、約定しにくくなることはある。しかし、このようなイレギュラーなケース以外は、基本的にシステムは安定している。また、システム障害なども比較的少ないと思う。
50代 / 女性 / アルバイト
FX歴:1-3年
少額から始められる
今は1万通貨単位で主に取引をしていますが、最初の頃はまだ慣れていなかったので、1,000通貨単位での取引をしていました。以前は1万通貨未満の取引には手数料が発生したようですが、今は無料で取引でき...
少額から始められる
今は1万通貨単位で主に取引をしていますが、最初の頃はまだ慣れていなかったので、1,000通貨単位での取引をしていました。以前は1万通貨未満の取引には手数料が発生したようですが、今は無料で取引できるので、実戦練習には本当に役立ちました。今でも、初めて取引する通貨ペアに関しては、慣れるまでは1,000通貨での取引をしています。デモ口座で練習するのもいいですが、やっぱり実際にお金を使って取引するのと、バーチャルとでは違います。YJFX!の場合、1,000通貨から取引できるので、実際のFX相場に早い段階で慣れることができたところが良かったです。
サポートが親切
メールでの問い合わせもできるのですが、メールを打つのが面倒で、いつも電話で問い合わせをしています。平日であれば、24時間電話で問い合わせができるのが良いです。ただ、時間帯によっては繋がりにくいことがあります。その点は改善して欲しいと思います。急いで確認したいことがある場合は別ですが、それ以外の問い合わせについては、比較的繋がりやすい早朝に電話しています。FXを始めて間もない頃は、色々なことを電話で聞いていましたが、対応してくれた方は大体感じが良かったです。また、こちらが気づかないことまで気を回して案内してくれることもあって、親切でした。
PC以外の取引ツールも使いやすい
私はPCの操作があまり得意ではないので、主にタブレット端末を使用して取引しています。取引システムを使いこなせるようになるか不安だったのですが、iPad用のCymoは使いやすく、私のようにPCの操作がそれほど得意ではない人であっても、簡単に使えます。また、文字もチャートも大きく表示されて見やすいので、使いやすいです。FXを取引するのに必要な機能が一通りそろっているので、特にPCを使わなくても、不便はありません。
チャートが分かりやすい
FXで重要なチャートですが、Cymoはとても見やすいです。1分足、5分足、15分足といったローソク足の種類の切り替えも、上に表示されているタブをクリックするだけで簡単にできます。また、チャートにトレンドラインや水平線を描くのも簡単で、描きたいラインのアイコンを押してチャート上にタップするだけでできます。複雑な操作が要らないので、私のようにPCなどの操作が苦手な人でも、それほど手間取ることなく、簡単にマスターできると思います。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:10年以上
YJFX!では4つのサービスを利用できる
YJFX!が提供しているサービスはいくつかあって、いわゆる店頭FXの「外貨ex」、通貨バイナリーオプションの「オプトレ!」、NDD方式の「C-NEX」、そして、為替からは離れますが「投資信託」と...
YJFX!では4つのサービスを利用できる
YJFX!が提供しているサービスはいくつかあって、いわゆる店頭FXの「外貨ex」、通貨バイナリーオプションの「オプトレ!」、NDD方式の「C-NEX」、そして、為替からは離れますが「投資信託」というかたちになっています。別々に口座開設しないといけないものもありますが、バリエーション豊かな選択肢があるという点は、YJFX!を使ううえでのメリットと言えると思います。ちなみに、私は(よくあるパターンっぽいですが)外貨exとオプトレ!を併用するというかたちで利用しています。
最大の長所はスマホアプリ「Cymo」 
知る人ぞ知るという感じですが、YJFX!はもともとサイバーエージェントFXという会社でした。サイバーエージェントはIT企業として有名ですが、そのサイバーエージェントが力を入れて作ったスマホアプリが「Cymo」です。これが非常によくできていて、人気も出たアプリでした。個人的にはYJFX!の最大の長所は、そんな背景のあるスマホアプリCymoにあると思っています。私も長年のCymoファンの1人で、今でもこのアプリは手放せない感じです。 
特殊なリピートトレール注文
YJFX!で1つおもしろいのは、リピートトレール注文という注文方法が使えるところです。リピートトレール注文というのは、トレール注文を繰り返していくイメージです。トレール注文はある程度反転すると決済になるわけですが、その際に逆方向に新たにポジションを取ります。これを繰り返すので、売り、買い、売り、買い……とポジションを交互に持ち続けることになります。簡単な自動売買みたいなものなんですが、特殊な注文方法でおもしろいですよ。
情報発信は多いが会員限定は少なめ
YJFX!では、マーケット情報に関して独自のコンテンツを、YJFX!アカデミーというかたちで多数配信しています。分量も多いですし、内容的にもおもしろいので、私も定期的にチェックするようにしています。ただ、これらは基本的に会員以外でも見られる公開コンテンツとなっています。ちなみに、会員限定の情報としては、YJFX!独自入手の「プレミアムレポート」というものがあります。アナリストの相場レポートでこれも内容はいいんですが、分量としてはやや少なめなので、もう少しボリュームを増やしてくれるとうれしいですね。
40代 / 男性 / 自営業
FX歴:10年以上
スキャルピング用サービスがある
スキャルピングはシステムに負担がかかるので、口座凍結する会社もある中、YJFX!のC-NEXはスキャルピング用に特化しているので、スキャルパーにとっては有難い。NDD方式のため、スキャルピン...
スキャルピング用サービスがある
スキャルピングはシステムに負担がかかるので、口座凍結する会社もある中、YJFX!のC-NEXはスキャルピング用に特化しているので、スキャルパーにとっては有難い。NDD方式のため、スキャルピングもOKとのことで、自分のようなスキャルパーにとっては使いやすい会社だと思う。かつては初回入金100万円以上、最低取引量100万通貨と敷居が高かったが、今は1万通貨単位で取引でき、初回入金額の縛りも無くなったので、利用しやすくなったのが良い。
スプレッドが狭い
同じYJFX!の外貨exに比べて、基本的にスプレッドが狭い。FX会社を選ぶ際、スキャルパーはスプレッドを絶対に重視する。なぜなら、薄利多売な分、スプレッドというコストは絶対に抑えたいからだ。C-NEXのスプレッドは狭いため、スキャルピング向きであると言える。ただし、C-NEXのスプレッドは原則固定ではないことに、注意が必要である。タイミングや通貨ペアによっては、外貨exよりもスプレッドが広がるケースもあるが、反対に、外貨exよりもスプレッドが狭いケースも多々ある。さらに、こちらはNDD方式でインターバンク直結なので、きちんと約定する。それもC-NEXの長所だと思う。
取引画面が使いやすい
C-NEXの取引画面は変に凝った機能を入れていないため、自分にとっては使いやすい。画面のデザインは特別凝った作りになっていないが、それがかえって分かりやすくて良い。YJFX!の外貨exや、他社の取引システムを普通に使えるのであれば、C-NEXの取引システムは難なく使いこなせるはずだ。テクニカル指標もメジャーなものから比較的マイナーなものまで揃っている。チャートを見ながら新規・決済注文を出すことができるので、スキャルピングにとって大切な、スピード感のある取引をすることができる。
注文方法が豊富
以前に比べて、FX会社の方で独自の注文方法を用意するところが増えたが、C-NEXについても、独自の注文方法がある。例えば、成行注文一つとっても、MKTやGTC、IOCといった種類があり、最初は聞いたことのない注文方法に戸惑うかもしれない。しかし、慣れてくると非常に便利に感じるようになる。特に、ある程度FXの経験があるトレーダーは、様々なタイプの注文方法があるのは便利に感じると思う。相場の状況に合わせて、注文方法を使い分けられるのが良い。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
MT4チャートが使える
数年前にYJFX!のMT4口座のサービスが終了してしまい、いったん同社での取引をやめていたが、2016年7月にMT4チャートのみ使えるようになったということで、再び同社で取引するようになった。...
MT4チャートが使える
数年前にYJFX!のMT4口座のサービスが終了してしまい、いったん同社での取引をやめていたが、2016年7月にMT4チャートのみ使えるようになったということで、再び同社で取引するようになった。MT4が使える他のFX会社も利用したのだが、スプレッドが広めなのがネックだった。YJFX!で再びMT4が使えるようになったので、テクニカル分析はYJFX!のMT4チャートで行っている。MT4でテクニカル分析を行うトレーダーにとって、YJFX!のMT4チャートは便利だと思うが、MT4からの発注ができないのがデメリットだと思う。ただ、MT4からの発注ができる他のFX会社のサービスと比較した場合、YJFX!に比べてスプレッドが広いことを考えると、少々面倒だが、分析はYJFX!のMT4チャートを使い、発注はYJFX!の取引ツールから行う方が、コストパフォーマンス的には良いのかなとも思う。
C-NEXとの使い分けができる
スキャルピング取引をすることもあるので、C-NEXの方も口座開設をしている。自分の場合、口座を使い分けていて、トレンドが出ている時にはMT4チャートの使える外貨exを使うようにしている。一方、レンジ相場の時にはスキャルピングをするので、その時にC-NEXを使っている。C-NEXはインターバンク直結だけあって、レートはガンガン動くし、普段から1万通貨以上の取引をしている人は、正直、外貨exよりもC-NEXを使った方が良いのではないかとも思う。確かにC-NEXのスプレッドは固定ではないため、相場の状況次第では、外貨exよりもスプレッドが広がることもある。しかし、NDD方式なので、約定しづらいといったことはなく、スピーディーかつストレスフリーな取引ができる。どうしてもMT4を使いたい等の理由がなければ、C-NEXメインで取引するのはありだと思う。
スマホアプリも便利
普段はPCでの取引がメインだが、仕事の状況によっては、スマホアプリを使って取引することもある。外貨exの「Cymo」は評判どおり使いやすいアプリで、特に、自動利食い損切り機能は便利だと思う。また、C-NEXにもスマホアプリがあり、PCを使って取引できない状況の時は、これを使ってスキャルピングをすることもあるが、特に不便だと感じたことはない。自分はPCメインでスマホはサブ的に使っているが、スマホアプリのクオリティが高いので、スマホをメインにして取引することもできるのではないかと思う。
30代 / 男性 / 自営業
FX歴:10年以上
ヤフー系列のFX会社で信頼性高い 
YJFX!はヤフー株式会社の子会社が運営するFXサービスです。ヤフー株式会社のポータルサイトのYahoo!を知らない人はいないぐらい知名度が高いですが、そのFXバージョンというイメージで考えると...
ヤフー系列のFX会社で信頼性高い 
YJFX!はヤフー株式会社の子会社が運営するFXサービスです。ヤフー株式会社のポータルサイトのYahoo!を知らない人はいないぐらい知名度が高いですが、そのFXバージョンというイメージで考えると、その信頼性の高さがわかるんじゃないでしょうか。実際のところ、FX業界において財務健全性はトップクラス(※)を誇っています。ちなみに、YJFX!はYahoo!のアカウントと連携させることができて、キャンペーンでTポイントを貯めることもできます。こういった便利さがあるのも、YJFX!のメリットですね。(※)2018年10月現在、自己資本規制比率は1319.4%
ツールの選択肢の幅が広い
取引システムはいろいろ用意されていますが、もっとも手軽なのがWebブラウザ上でトレードするものです。この場合、チャートは「Exチャート」というものを使いますが、このチャートはけっこう軽くて操作性が高く使いやすい印象です。この他、「Cymo」というインストール型の取引システムもあります。パソコン、タブレット、スマートフォンに対応した取引システムです。パソコンにはコンパクトな「Desktop Cymo」と高機能な「Cymo NEXT」があります。手軽なものから高機能なものまで、選択肢の幅が広いというのがYJFX!の特徴と言えます。
発注はできないもののMT4にも対応
世界標準のツールとして有名なMT4ですが、国内FX会社で対応しているところはあまり多くありません。この点、YJFX!はこのMT4が使用可能になっています。ただし、発注機能には対応していないので、発注については他の取引システムを併用する必要があります。ちなみに、コンパクトに発注ができるWeb版のワンタッチ注文やCymo Desktopなどが、併用する際にはおすすめです。これらを使えば、MT4で細かい分析しながらの発注でも、そんなにストレスは感じないんじゃないかなと思います。
改善をリクエストできて随時対応してくれる
YJFX!はトレーダーの声に応えることを重視していて、随時システム変更をしています。公式サイト上には、トレーダーのリクエストに対応したもの、これから対応する予定のもの、対応を検討しているもの、それぞれの内容が公開されています(けっこう細かいリクエストも出されています)。リクエストはいつでも投稿することができるようになっているので、なにか気になることがあったらどんどんリクエストを出しましょう。こういった姿勢には好感を持っていて、財務面だけじゃない信頼感を個人的に抱いていたりします。
30代 / 男性 / 自営業
FX歴:3-5年
スプレッドが狭い方である
原則固定で米ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ポンド円1.0銭のスプレッドは優秀な方なのでは?自分の場合は米ドル円がメインだが、たまにユーロ円やポンド円も取引するので、この3つの通貨ペアのスプレ...
スプレッドが狭い方である
原則固定で米ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ポンド円1.0銭のスプレッドは優秀な方なのでは?自分の場合は米ドル円がメインだが、たまにユーロ円やポンド円も取引するので、この3つの通貨ペアのスプレッドが狭いのは良いと思う。また、キャンペーンでは、普段取引しない通貨ペアについてもスプレッドが引き下げられるので、これを機に試しに取引することもある。基本的に短期トレードメインで取引回数も多い方なので、スプレッドが狭いに越したことはない。YJFX!は他のFX会社と比較してもスプレッドが狭い方なので、この点は良いところだと思う。ただ、経済指標発表時などはスプレッドが広がることもあるので、注意した方が良い。
取引システムが使いやすい
YJFX!の取引ツールのCymoは使いやすい。自分の場合、タブレット端末を使って取引するのだが、操作性が高い。チャートを見ながらワンタッチで注文できたり、新規注文画面から決済注文画面への移動も楽。デイトレなどの短期トレードが中心のトレーダーにとっては、スピーディーな取引ができるかどうかが重要なので、取引システムが使いやすいのはポイントが高い。また、チャートが使いやすい。Exチャートは搭載されているテクニカル指標が36種類と多く、テクニカル分析に必要な機能が一通り揃っている。また、MT4チャートが使えることもメリットではないだろうか。FXの取引経験が長いトレーダーの中にはMT4を使っている人も多いので、MT4チャートが使えるのは良いと思う。
約定力があり、すべりにくい。
成行注文や逆指値注文の場合、約定時にすべるFX会社は結構ある。YJFX!は約定時にすべりにくいのが良いところである。もちろん、まったくすべらない訳ではなく、指標発表時など、相場の状況によってはすべったり、約定しづらいこともあるが、そうでない時は、比較的すべりにくいと思う。また、YJFX!は基本的にすんなり約定するので、デイトレーダーにとって使いやすいのではないだろうか。たまに約定しづらいこともあるが、大抵の場合は、すぐに約定する。すぐに発注したい時や決済したい時など、ここぞというタイミングに約定できないのは困るので、約定力があるのはポイントが高いと思う。
50代 / 男性 / 会社員
FX歴:5-10年
スワップポイントが高い
FXはスワップポイント目的で取引しています。そのため、取引は豪ドル円を中心に、NZドル円、米ドル円も取引しています。YJFX!のスワップポイントは他社と比較しても高い方なので、スワップポイント目...
スワップポイントが高い
FXはスワップポイント目的で取引しています。そのため、取引は豪ドル円を中心に、NZドル円、米ドル円も取引しています。YJFX!のスワップポイントは他社と比較しても高い方なので、スワップポイント目的の場合も使いやすいと思います。スワップポイントが目的とはいっても、元金が目減りしてしまうのは嫌なので、円安になりそうな時を狙ってポジションを持つようにしています。スワップポイントだけで見れば、もっと高い会社はあるのですが、ここはスプレッドも狭いので取引しています。
取引システムが使いやすい
普段の取引は主にパソコンを使っていますが、外出時はスマートフォンを使って取引します。スワップポイントが目的なので、ポジションを持った後は相場チェックがメインですが、経済指標発表時や大きなニュースがあった時のために、すぐにポジションを決済できるようにしています。YJFX!の取引システムのCymoは、パソコンでもスマートフォンでも使いやすいです。すぐに取引しなければならない時、操作で戸惑わずにスムーズに使えるのが良いと思います。
投資信託やバイナリーオプションも取引できる
元々長期投資目的で取引しているため、FX以外の投資商品にも興味がありました。YJFX!は、投資信託とバイナリーオプションがあるので、どちらも取引しています。投資信託については、購入や解約手数料が無料なのと、100円から取引できるので、初心者でも始めやすいと思います。バイナリーオプションについてはオプトレというサービスがあるので、FXと一緒に取引しています。FXは主に長期投資が目的ですが、相場のトレンドがはっきり出た時に、オプトレでバイナリーオプションの取引をしています。取引ツールも使いやすく、デモ口座もあるので、バイナリーオプション初心者でも使いやすいと思います。
レポートが参考になる
スワップ狙いでFXをトレードしているので、今後の相場の展望には注意を払っています。ポジションをどうしても長く持つことになるため、相場分析は欠かせません。自分なりにテクニカル分析をしていますが、プロのレポートを読んで、ファンダメンタルズ分析も行うようにしています。YJFX!はプロのレポートも充実しているので、長期的にどうなりそうか、といったことを予測するのに便利です。世界の政治経済の動向を踏まえた上で相場分析ができるのが良いと思います。
20代 / 女性 / 主婦
FX歴:1年以下
ヤフーグループが提供するFXサービス
YJFX!はヤフーグループでFXサービスを提供している会社です。ヤフーといえば日本一のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」ですが、そのFX版というようなイメージですね。YJFX!はFX...
ヤフーグループが提供するFXサービス
YJFX!はヤフーグループでFXサービスを提供している会社です。ヤフーといえば日本一のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」ですが、そのFX版というようなイメージですね。YJFX!はFX業界においてはまだ最大手という感じではありませんが、ヤフーのグループ会社ということで、今後の発展に期待ができると思っています。ちなみに、私がまずYJFX!で口座を開いたのは、ヤフーグループの知名度の高さが決め手でした。有名な会社であれば、一定水準以上のサービスを提供してくれるはずですからね。
Yahoo! JAPAN IDと連携可能
YJFX!のアカウントは、実はYahoo! JAPAN IDと連携させることができるようになっています。これによって、YJFX!の外貨exでの取引量に応じて、Yahoo! JAPAN IDのほうにTポイントが貯まる仕組みになっています。私はYahoo!ショッピングもよく利用するので、Tポイントをけっこう貯めたり使ったりしているんですが、いい感じでFXでのトレードが還元されるのでありがたいです。私みたいにポイント系をTポイントで集約してる人なんかは、FXをやるならYJFX!にしたほうがお得だと思います。
FXを学べるYJFX!アカデミー
今までの感想はFX以前の部分の話でしたが、FXの部分においてもYJFX!は長所があります。それが「YJFX!アカデミー」というFXにまつわるいろいろな知識を学べるコンテンツがある点です。とくに私みたいな初心者だった人間にとっては、このコンテンツでFXのイロハを学ぶことができたので、非常に勉強になりました。このコンテンツは今後もどんどん拡充していってほしいなと思います。ちなみに、会員限定コンテンツというわけでもないので、とりあえずチェックしておくことをおすすめします。
Webブラウザから簡単トレード
YJFX!の外貨exでトレードする方法はとてもシンプルです。とくにパソコンにツールをインストールしたりと難しいことをせずに、公式サイトにログインするだけで、ブラウザから直接トレードができます。トレードに欠かせないチャートについても、このブラウザのページから簡単に立ち上げることができます。とてもわかりやすいページになっているので、最初からとくに迷うことなく操作はできました。全体的に初心者にやさしい作りになっているように感じています。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
米ドル/円のスプレッドは0.3銭
多くの日本人FXトレーダーが取引を行う米ドル/円のスプレッドは0.3銭と狭くなっています。またクロス円通貨ペア中心に低いスプレッドが提供されています。親しみのあるクロス円通貨ペア中心にトレー...
米ドル/円のスプレッドは0.3銭
多くの日本人FXトレーダーが取引を行う米ドル/円のスプレッドは0.3銭と狭くなっています。またクロス円通貨ペア中心に低いスプレッドが提供されています。親しみのあるクロス円通貨ペア中心にトレードを行う日本人トレーダーにとっては、クロス円通貨ペアのスプレッドが狭い同社は扱いやすい存在です。また取り扱い通貨ペアは22と、多すぎず・少なすぎずの状態です。余程多くの通貨ペアを監視するトレーダー以外は、クロス円通貨ペア中心に満足いくスプレッドと取引環境が提供されています。
バイナリーオプションサービスも提供
YJFX!では、バイナリーオプションサービスも提供しています。単に相場の上下を当てるだけのラダーオプションだけではなく、レンジ相場を当てるレンジオプションの選択肢も存在します。レンジ相場の際には通常のFXトレードに比べ、バイナリーオプションが勝ちやすい傾向にありますが、レンジオプションの存在により、レンジ相場の際にはより勝率を高めることができます。また損切に慣れない初心者トレーダーの場合は、バイナリーオプションを利用する事で、自動的に損切を行いながらの為替トレードが実現可能です。通常のFXトレードとバイナリーオプションは性格が異なるサービスです。しかしバイナリーオプションには、定められた時間が到来すれば自動的に損益が確定する、レンジ相場の収益化が可能、というメリットもあります。よってFXの中級者以上の方も、一度試してみると学ぶところがあります。特にラダーオプションは、使いようによっては大きな武器となります。
為替の現物受け渡しが可能
海外出張や海外旅行の際に、日本円を米ドルなどに両替して持参する必要があります。しかしながら銀行や空港の交換レートは、FXトレードのレートに比べると、驚くほど不利なレートが提示されています。同社はFXトレードを通じて取得した通貨を、指定された銀行に振り込む現物受渡サービスを提供しています。FXトレードによる売買損益の世界とは異なりますが、本サービスを利用する事で、コストを抑えた形で外貨両替が可能です。海外での生活はクレジットカードがあれば現金を用意せずともある程度は可能ですが、やはり最低限の現金は必要不可欠です。同社の為替現物受渡サービスは頻繁に海外出張や海外旅行をされる方には、非常に重宝するサービスとなります。FXトレードをしない方にもおすすめしたいサービスです。
50代 / 男性 / 会社員
FX歴:3-5年
パソコンツールは使いやすいシンプル系
私はパソコンからFXをやるのが通常スタイルで、Webブラウザ上からトレードを行うことが多いです。このWebブラウザの構成ですが、上部にチャートやニュースへのリンク、左サイドバーにトレード関連のリ...
パソコンツールは使いやすいシンプル系
私はパソコンからFXをやるのが通常スタイルで、Webブラウザ上からトレードを行うことが多いです。このWebブラウザの構成ですが、上部にチャートやニュースへのリンク、左サイドバーにトレード関連のリンクというかたちになっています。目的に応じてまとまった構成となっていて、おそらくある程度FXをやったことがある人であれば、初見でもすぐに使いこなせると思います。ただ、あまり高機能な印象はあまり受けないですね。そういったところよりも、わかりやすさ、操作のしやすさを重視しているようなイメージです。
サクサク分析ができる「Exチャート」
チャート分析については、Webブラウザから「Exチャート」を立ち上げて行っています。このExチャートの特徴は、軽くて操作性が良いという点です。例えば、ボタン1つでチャートが追加できて、それをまたボタン1つで整列させられます。こんな感じで、すぐに思ったとおりのレイアウトを作ることができます。テクニカルや描画オブジェクトの数はやや少なめなところがありますが、マニアックなことをやるような人でなければ、シンプルで使い勝手のいいチャートと感じるはずです。
トレードの参考になる「プレミアムレポート」
YJFX!は「YJFX!アカデミー」というコンテンツも公開していますが、情報発信にはわりと力を入れてるという印象があります。初心者が学んで成長していけるようなものから、マーケットを解説したものまで、幅広い内容をそろえていて、こちらを継続的に見ているだけでもけっこう勉強になると思います。ちなみに、YJFX!の会員になると、「プレミアレポート」という、よりトレードの参考になるものも見られます。アナリストの相場解説やその日のポイントとなりそうなレートを教えてくれたりしますが、私はこれは毎日必ずチェックするようにしています。
スマホアプリはレベルが高い!
パソコンツールはシンプルと書きましたが、一方でスマホ版のアプリはけっこう高機能な印象があります。パソコン版より機能はもちろん落ちますが、よりコンパクトに集約されているようなイメージです。なので、外出先で相場状況を見たい時なんかは、このスマホアプリが非常に役に立っています。ちなみに、上で紹介した「プレミアムレポート」についても、スマホアプリからスムーズにアクセスできるようになっています。ひと通りのことができるので、外出先でも不便さはほとんど感じないです。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:1年以下
1,000通貨単位から取引できる
FX初心者なので、最初のうちは練習も兼ねて少額で取引したいと思っていました。だから、「取引単位が1,000通貨単位の会社が良いな」と思っていたんです。他のFX会社の中には、もっと取引単位の小さい...
1,000通貨単位から取引できる
FX初心者なので、最初のうちは練習も兼ねて少額で取引したいと思っていました。だから、「取引単位が1,000通貨単位の会社が良いな」と思っていたんです。他のFX会社の中には、もっと取引単位の小さい会社もありますが、取引単位が小さすぎると損益も同じように小さくなって、FXをやっている実感がわかないような気がしました。また、1万通貨単位からの取引になると、数十銭の損益が数千円単位で発生することになるので、損失が出た時に精神衛生上良くないなと思ったので、1,000通貨単位での取引が、自分にとってはベストなんじゃないかと考えていました。YJFX!は1,000通貨単位で取引できるので、損益が大きくなり過ぎません。そのおかげで、初心者のわりに冷静に取引できているのではないかと思います。
スプレッドが狭い
FX会社を決めるにあたり、スプレッドの狭い会社を選びたいと思っていました。私の場合、練習も兼ねてできるだけたくさん取引したいと思っていたので、取引回数が多くなっても、コストがそれほど負担にならない会社を選ぶつもりでした。YJFX!は、米ドル円のスプレッドが原則固定0.3銭、ユーロ円が原則固定0.5銭、ポンド円が原則固定1.0銭と、他のFX会社と比較しても狭い方なので、コスト面も魅力的です。さらに、YJFX!はスプレッドの提示率が高いので、原則固定で提示しているスプレッド以下になることがほとんどです。このことも、YJFX!を選んで良かったと思う理由の一つです。
スマホアプリが使いやすい
普段、PCよりもスマホを使って取引することが多いのですが、YJFX!のスマホアプリは初心者にも使いやすいと思います。詳しい操作方法が最初は分からなくても、「こうかな?」と直観で操作できるのが良いです。また、注文の時に、成行、指値・逆指値、トレールなどの注文がタブごとに分かれているのも分かりやすく、誤操作せずに済んで良いと思います。チャートも見やすいですし、入出金もスマホアプリでできるので、重宝しています。
キャンペーンが豊富
色々なキャンペーンをやっているのが、良いと思います。YJFX!のキャンペーンには、Tポイントが貯まるものもありますが、私は1,000通貨単位での取引メインなので、このキャンペーンの恩恵は今のところ受けていません。でも、取引に慣れて、1万通貨単位での取引をするようになったら、このキャンペーンは利用したいと思っています。他にもスプレッド縮小キャンペーンなんかも頻繁にやっているので、利用しています。
30代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
安心のヤフーグループ
FXをやる際には自分のお金を証拠金として預けることになるので、できるだけ信頼できるところを選ぶべきだと思います。私が今はメインでYJFX!を使っているのは、数あるFX会社の中でもっとも信頼できる...
安心のヤフーグループ
FXをやる際には自分のお金を証拠金として預けることになるので、できるだけ信頼できるところを選ぶべきだと思います。私が今はメインでYJFX!を使っているのは、数あるFX会社の中でもっとも信頼できるかなと思っているからです。この点、YJFX!はヤフーグループの一員であるので、財務的安全性にはもちろんですし、倫理的におかしなことも起こりにくいのかなと考えています(あるいは、なにかあっても責任を取ってくれそう)。そういう観点でいくと、知名度のあるヤフーブランドはやはり安心感があります。
シンプルなWebの取引ページの設計
YJFX!の外貨exは、ログインをするとWebブラウザ上でトレードをすることができます。基本的に私はこのWebブラウザ上からトレードをしていますが、ページ上部から立ち上げられる「Exチャート」と左上部あたりから立ち上げられる「ワンクリック注文」というものを使っています。ページ上に余計なものが少なく、よく使う機能がわかりやすいところに置いてあるので、最初から迷うことなくこのスタイルで安定しました。取引ページの設計がいい感じなのは、ヤフーの強さが出ているのかもしれませんね。
OCO注文が使いにくい
私はスイングトレードを中心にしていて、けっこうポジションを放置することもあります。その際に、上下には必ずOCO注文で指値・逆指値を入れるようにしています。このOCO注文を出す部分なんですが、レートを手で数字をベタ打ちするようになっていて、ちょっと使いにくいなと感じています。例えば、現在レートを自動セットしたうえで、±5pipsボタン、±10pipsボタンなんかで調整するようにしてくれるなど、なにかしら工夫してほしいところです。ちょっと細かいかもしれませんが、ところどころにこんな感じで気になる部分も残っていたりはします。
リミッターの通知機能が便利
最後によく使う機能が、リミッターという、特定のレートになったらメールで通知してくれる機能です。私は基本スイングトレードをやっていて、いつも相場を見ているわけではないんですが、このリミッターを使うことによって、大事な時を見逃さずにチャートをチェックすることができています。ちょっとした便利機能なんですが、これも取引ページからクリック1つでアクセスできるようになっていて、「あ、使いたいな」と思った時にすぐに使うことができます。という感じで細々と書きましたが、全体的に使いやすくて満足しています。
20代 / 男性 / 会社員
FX歴:1-3年
ヤフーグループの運営するFXサービスという安心感
YJFX!は、国内インターネット検索最大手のヤフーグループがサービス提供するFXサービスです(運営企業はワイジェイFX株式会社)。ヤフーグループはソフトバンクグループを形成する1社としても知られ...
ヤフーグループの運営するFXサービスという安心感
YJFX!は、国内インターネット検索最大手のヤフーグループがサービス提供するFXサービスです(運営企業はワイジェイFX株式会社)。ヤフーグループはソフトバンクグループを形成する1社としても知られています。ソフトバンクグループに属するヤフーグループが提供するYJFX!は、運営元の企業の安定感という観点では、他のFX会社に比べ抜群の安定感を誇る存在です。よってYJFX!を利用してのFXトレードは、FX会社の信頼性や安定性については、殆ど心配することなくトレードに集中することができます。FX会社の財務的な体力による、レバレッジ規制の導入が検討されている中では、YJFX!の優位性は一層明らかになるのではないでしょうか。
デモトレードの利用が可能
YJFX!ではデモトレードサービスも提供しています。デモ口座を申請することで、1か月はリアルマネーと同等の環境でデモトレードを行う事ができます。既にトレードに慣れている段階であれば、デモトレードの必要はありませんが、初心者の段階からいきなり現金を証拠金に預けてトレードするのは、リスクが高いと言えます。FXで勝つためには、天才でもなければ、一定程度の訓練が必要です。デモトレードのサービス提供を行っていないFX会社も多い中で、YJFX!はデモトレードの環境を用意することで、トレードに慣れた段階でスムーズにリアルマネートレードに移行することができます。
1,000通貨からのトレードが可能
大手FX会社の多くは、1トレード10,000通貨からのトレードとなっています。10,000通貨の場合、ドル/円で1pips=100円の損益が発生するため、100pipsの損切の場合10,000円の損失となります。初心者~初級者のレベルの場合、10,000通貨単位でポジションを取ることは、100pipsでも万単位での損益が発生するため、リスクが高いと言えます。同社で1,000通貨単位でのトレードを行う事で、初心者・初級者トレーダーも大きなリスクを背負うことなく、資金量を考えながらのトレードを組み立てることが可能です。また1,000通貨単位でのトレードを行う事で、10,000通貨単位でのトレードでは身に付けにくい、資金管理を踏まえたFXトレードを実現することが可能となります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。