上田ハーローFXの評判やメリット・デメリットを紹介!他社と比較してわかったこと

  • 更新日: 2019/07/23

FX口座を開設する際に迷うのが、FX会社選びです。様々なFX会社があるため、どこに口座開設すれば良いか悩む人も多いのではないでしょうか。口座開設するにあたり、そのFX会社の使いやすさや評判を参考にした上で選択したい、という人がほとんどでしょう。

そこで今回は、

      • 初心者にも使いやすいFX会社で取引したい。
      • マーケット情報や教育コンテンツに力を入れているFX会社で取引したい。

という人に、上田ハーローについて紹介します。

上田ハーローは歴史あるFX会社です。そのため、為替関連の情報の豊富さには定評があります。また、セミナーにも力を入れており、FX業界での著名人を招いてセミナーを行うことも珍しくありません。

今回は、初心者はもちろん、大口取引をするような上級者まで幅広いサービスを展開している上田ハーローについて紹介します。

上田ハーローはどんな会社?

上田ハーローという社名を全く聞いたことがないという人もいるのではないでしょうか。そこで、上田ハーローがどんな会社なのかを紹介します。

上田ハーローはこんな会社

上田ハーローの正式な社名は上田ハーロー株式会社です。1918年に大阪市で創業された匿名組合上田商店が基となっています。

上田八木短資グループとして為替ブローカー業務を開始したのは1921年とかなり早く、戦後の1963年に本格参入しました。その後、1984年に上田短資株式会社の100%子会社として設立されたのが上田ハーロー株式会社です。

上田ハーローはFXだけではなく、デリバティブを中心とした金融先物取引も扱っています。

上田ハーローの取引システム

上田ハーローは、特徴のある取引システムを提供していると評判のFX会社です。ここでは、上田ハーローで提供しているサービスや取引システムについて紹介していきます。

上田ハーローの特徴とは?

上田ハーローには3つの強みがあります。

1つ目の強みは情報発信力で、自社で運営する情報サイト「FX Museum」をはじめ、メールマガジン、SNSなどを活用し、投資に役立つ情報を提供しています。FXセミナーや著名な講師陣を招いたWebセミナーも随時開催しており、トレードスキルの向上はもちろん、投資に欠かせない相場観を養えるよう、充実した内容を提供しています。

2つ目の強みは取引システムです。FXの専門家が徹底的にこだわって開発した上田ハーローFXの取引システムは、スムーズで安定した取引をサポートしています。

3つ目の強みはサポート窓口です。上田ハーローでは、FX取引について熟知している同社の社員が直接対応し、取引システムの操作方法から専門的な問い合わせまでしっかりと回答してくれます。既に口座開設している人だけでなく、まだ口座を開設していない、FX取引を検討中の人も問い合わせが可能です。

また、上田ハーローには、特筆すべきメリットがあります。例えば、同社の商品設計は優れており、同社の強みとして高く評価されています。

約100年の歴史がある上田ハーローがFX取引のサービス提供に踏み切ったのは2005年ですが、それ以前から金融界の基礎を築いてきた会社です。そのため、TVのニュースでも度々取り上げられています。

また、同社のスワップは業界最高水準のスワップポイントを誇り、毎日現金化しています。この他にも、現受渡しができ、補償金を外貨で受け付けることもできるなど、投資家のメリットを考えたサービスを提供しています。

高い信頼性も同社のメリットの1つです。上田ハーローでは、預かった保証金などの資金と自社の固有財産を明確に区分して、日証金信託銀行株式会社とみずほ信託銀行株式会社へと金銭信託をすることで信託保全をしています。そのため、たとえ上田ハーローが破綻した場合でも預けた資産が損なわれることはありません。

この他に、為替情報が充実している点もメリットです。先ほど述べた「FXMuseum」による情報提供はもちろん、それ以外にも多機能な高品質チャートを使うことができたり、過去から未来を予測するチャートなどのツールも提供し、分析をサポートしています。

また、為替市場の動きを24時間ウォッチして、ニュースや指標、要人発言などを掲載する「GI24」は、為替を中心としたリアルタイム市況を24時間配信しています。さらに、メールで配信するサービスや、独自の為替レポートの配信などがあります。

さらに、上田ハーローは、デモトレードができるのもメリットです。

オンラインでトレードできるとはいっても、最初はどうしても不安や戸惑いがあるでしょう。デモトレードによって操作方法や注文までの流れ、決済の仕方、チャートや情報の確認などを練習することができるので、1か月間は安全に自分なりの投資スタイルを探すことができます。

また、無料で参加できる外国為替取引セミナーもwebで開催しているので、疑問に思うことを学ぶこともできます。

ちなみに、一般的なFX会社では1日の取引数量に制限があるところが多いのですが、上田ハーローではこのような取引制限を設けていない点も大きなメリットです。1取引の最大数量も300万通貨とかなり大きく設定されています。大口取引を希望する人にとっては非常に使い勝手が良いと言えるでしょう。

上田ハーローのスプレッドは?

上田ハーローのスプレッドは、米ドル/円で0.8銭、ユーロ/円で1.8銭、ユーロ/ドルで1.0ポイント、豪ドル/円で1.8銭、英ポンド/円で2.8銭です。極端に広いというわけではありませんが、他のFX会社と比較するとやや広い方であると言えそうです。

上田ハーローの取引通貨ペア数は?

上田ハーローの取引通貨ペアは、米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、南アフリカランド/円、ノルウェークローネ/円、メキシコペソ/円、香港ドル/円、シンガポールドル/円、オフショア人民元/円、スイスフラン/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル、豪ドル/NZドル、ドル/スイスフラン、ユーロ/スイスフラン、ポンド/スイスフラン、ユーロ/ポンド、米ドル/オフショア人民元、ユーロ/豪ドルの24通貨ペアです。

取り扱っている通貨ペア数は、FX会社の中でも多い方であると言えます。

上田ハーローのスワップは?

上田ハーローFXのスワップポイントは、他社と比べて高水準です。 常に大手FX会社のスワップポイントと比べ、高水準に設定しています。

なお、ポジションを決済した時にスワップポイントが計上される会社もありますが、上田ハーローFXでは、ポジションを決済しなくても預り金に計上されます。

上田ハーローの入出金は?

上田ハーローで取引口座に入金するには、クイック入金と銀行入金の2通りの方法があります。

クイック入金は、取引画面から簡単操作で提携金融機関の銀行口座から取引口座へとリアルタイムで入金可能な方法です。振込手数料も無料で、メンテナンス時を除いて365日24時間利用可能です。

提携金融機関は三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行の9行です。

銀行入金はATMや銀行窓口、ネットバンクから振込で指定口座へと入金する方法です。

出金については、日本円での出金は月5回まで手数料は上田ハーローが負担しますが、6回目以降は利用者の負担となります。また、外貨での出金の場合は送金手数料や外貨取扱手数料は全額利用者が負担することになります。

出金は、原則として営業日の9時30分から13時までに出金依頼をした場合は当日中、13時以降であれば2営業日以内に登録口座へと送金手続きがなされます。ただし、外貨での出金にはさらに時間がかかります。

上田ハーローのサービスの種類は?

上田ハーローでは外貨アクティブと外貨リザーブという2種類の商品を扱っています。どちらも取引通貨単位は1,000通貨単位で、取引通貨ペアなども変わりません。ただし、外貨アクティブではレバレッジが最大25倍であり必要保証金も取引額の4%以上となっていますが、外貨リザーブではレバレッジが最大約3.3倍で必要保証金は取引額の30%となっています。

なお、外貨リザーブについては、現在新規募集を停止しています。

上田ハーローは外貨での入出金が可能

上田ハーローでは、外貨で取引資金を入金したり、外貨を出金したりすることができます。

なお、外貨での入出金には、金融機関の手数料として外貨送金手数料と外貨取扱手数料が発生します。この手数料は利用者の負担となります。

入出金可能な外貨は米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、カナダドル、シンガポールドル、香港ドルです。

上田ハーローの保証金には2種類ある

上田ハーローの既定の保証金は、大きく分けて必要保証金と維持保証金の2種類があります。

必要保証金は取引金額に一定の率をかけた金額で、外貨アクティブであれば取引額の4%以上、外貨リザーブの場合は取引額の30%以上です。法人口座の場合、週ごとに各通貨の必要保証金は変化します。

維持保証金は、ロスカットの判定基準となるものです。維持保証金には日次ロスカット判定のための日次ポジション維持保証金と、即時ロスカット判定のための常時ポジション維持保証金の2種類があります。

日次ポジション維持保証金は、外貨アクティブと外貨リザーブの両方で取引額の4%以上となっています。法人口座の場合は、設定された通貨ごとの保証金以上です。

また、常時ポジション維持保証金は外貨アクティブと外貨リザーブの両方で取引額の1%以上、法人口座では0.5%以上です。

上田ハーローの取引ツールは?

上田ハーローには、上田ハーローPC、上田ハーローFXスマート1、上田ハーローFX携帯電話の3種類があります。

上田ハーローPCは、パソコン上で利用できる高機能取引ツールです。インストール不要なブラウザ上の取引ツールで、スマートフォンやタブレットの取引が面をパソコン上に表示することができます。直感的な取引ができますので、PCが苦手な人でも簡単に操作することができます。

また、レイアウトを自由に変更することができ、通貨ペアごとに数量や注文の種類、スリッページを設定することもできます。

上田ハーローFXスマート1は、スマートフォンやタブレットから利用可能な取引ツールで、ログインしてから最短3タップで発注可能という手軽な操作が特徴です。取引メニューに限らず、レート一覧やチャート、売買シグナルなど、あらゆる場所から発注画面へと移動することができますので、例えば移動中などの限られた時間でも、すぐに取引することができます。

1秒未満でレート更新されるので、売買チャンスを逃さず取引できます。また、ブラウザ型ながら、クオリティの高いチャートが表示されます。

上田ハーローFX携帯電話は携帯電話で利用できる取引ツールで、外出先でも最新レートやチャートをチェックすることができ、レート確認から口座照会、発注操作まで、場所や時間を選ばず手軽に操作できます。

上田ハーローでは、取引環境に合わせ、このような取引ツールを用意しています。

上田ハーローの「テクる」とは

上田ハーローでは、自社で開発したシステムである「テクる」を提供しています。この「テクる」はFXで資産運用を目指す投資家のための、新しい取引支援ツールです。テクニカル分析を利用した、上田ハーロー独自の取引支援システムであり、ワンクリックでテクニカル分析の値に発注できます。

まあ、「テクる」では、テクニカル分析にリアルタイムピボットを採用しています。リアルタイムピボットは、ピボットポイントの良さを最大限に引き出すため、直前までの高値・安値・現在値からサポート・レジスタンスを瞬時に計算してくれます。

為替相場の動きを予測することはプロでも難しいですが、「テクる」は直前の値動きまで含めた独自のリアルタイムピボットによって、売買のタイミングを計算・設定しています。

上田ハーローの「トリガートレール注文」とは

上田ハーローでは、新機能として「トリガートレール注文」を用意しています。トリガートレール注文は、動きが読みづらい上下に動く相場にピッタリの注文方法です。

とは言え、トリガートレール注文がどのようなものなのか分からない人も多いでしょう。そこで、ここで簡単にトリガートレール注文の例を出して解説したいと思います。

新規のトリガートレール注文では、トリガー価格とトレール幅を指定します。例えば米ドル/円においてトリガー価格が111.50円、トレール幅が50銭とします。そうすると、相場がトリガー価格となった時に、まずはトリガートレール注文が発動します。

その後もレートが下がり、110円で反発して上昇へと転換したとします。すると、レートが110.50円になった時にトレール買い注文が約定するのです。

トリガートレール注文は、トレンドが転換した際に約定するので、その後の上昇トレンドを逃しにくいという特徴があります。

なお、トリガートレール注文は売り注文にも使用できます。

上田ハーローのロスカットと追証は?

上田ハーローのロスカットには、日次ロスカットと即時ロスカットがあります。

日次ロスカットは、日次維持率が100%を割り込んだ時に判定され、解除するためには追証が必要となります。判定時期は毎NYクローズ時点で、猶予期間は銀行営業日の15時までです。

即時ロスカットは常時判定され、常時維持率が100%を割り込むと即時執行されます。

上田ハーローにはデモ取引もある

上田ハーローには、取引システムを約1か月間、無料で試すことができるデモ取引もあります。

操作方法をはじめとした取引環境や為替レートでの取引などを、実際の取引に近い状態で体験できます 。ただし、デモトレードではテクニカルチャートの簡易チャートだけが利用できます。なお、携帯電話からも利用可能です。

情報豊富な上田ハーローの「FX Museum」

上田ハーローが提供する「FX Museum」では、上田ハーローのマーケット情報、市場レポートなどの情報が多数掲載されています。

トレード戦略レポートも毎日複数掲載され、テクるやGIMarketサマリーなどのレポートや、投資の専門家による分析なども見ることができます。

セミナーや学習コンテンツも充実している

上田ハーローではセミナーや学習コンテンツも充実しています。

セミナーにはWEBセミナーと会場セミナーがあり、2月のWEBセミナーではピボットポイントを使ったトレード戦略について解説しています。また、2月の会場セミナーでは、法人向けにFXを使った為替リスクを抑える方法を解説しています。

さらに、リフレ派の著名大学教授や日本銀行などで政策運営や調査統計に携わってきた論客を招いて行うアカデミックセミナーも開催されています。

学習コンテンツとしては、過去のトレード戦略レポートを閲覧することができます。

会員限定で過去のWEBセミナーも閲覧できるようになっていて、FX投資戦略セミナーや実践トレード指南などを閲覧できます。

キャンペーンも開催

上田ハーローでは、時期によってキャンペーンも開催しています。キャンペーンには新規口座開設者を対象としたものと、既存の口座開設者を対象としたものがあります。

2018年2月現在はキャンペーンを開催していませんが、過去のものとしてはFXの本をプレゼントするキャンペーンや外貨への両替手数料が3か月間無料となるキャンペーン、入金通知サービスを利用することで1,000円キャッシュバックされるキャンペーンなどがあります。

まとめ

上田ハーローは前身となった会社から数えると100年の歴史があるFX会社です。業界最高水準のスワップポイントや豊富な取引通貨ペア、情報発信力の強さなどの強みがあり、多くの投資家から選ばれています。

使いやすいと高評価を得ている取引システムの他に、独自で開発した取引支援システムやトリガートレール注文などもあり、特徴あるサービスを展開しています。

これからFX会社に口座を開設するのであれば、上田ハーローはぜひ候補に入れておきたいFX会社です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。