住信SBIネット銀行の評判・口コミはどうなの?「Oh! FX」についても徹底調査!

  • 更新日: 2019/07/23

FXでトレードをするためにはFX会社や、一部の証券会社、または商品会社などにFX用の口座を開設する必要があるのですが、じつは銀行の中にもFXサービスを提供している所があるのはご存知でしょうか?

FXトレードを始めたい人の中で、

  • 銀行が提供するFXサービスに興味がある。
  • 住信SBIネット銀行に口座があり、同社の決済サービスをよく利用している。

という人に、今回は住信SBIネット銀行が提供するFXサービスについて紹介します。

住信SBIネット銀行といえば、ネットバンクのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。そのイメージ通り住信SBIネット銀行はインターネット専業の銀行で、手数料も安いため、インターネットショッピングなどで利用している人も多いのではないかと思います。

また、日本の銀行はどこも低金利ですが、住信SBIネット銀行はその中でも比較的金利が高い銀行として人気があります。

そんな住信SBIネット銀行では、FXサービスも提供しています。

「FXをやりたいけれど、どこの会社に口座を持つか悩んでいる」という人の中で、住信SBIネット銀行に口座を持っている人は、同行のFXのサービス内容を知った上でFX口座の開設を検討してみても良いかもしれません。

今回は、住信SBIネット銀行が提供するFXサービスがどのようなものなのか紹介します。

住信SBIネット銀行はどんな銀行?

住信SBIネット銀行はどんな銀行なのか、知らない人もいるでしょう。
まずは住信SBIネット銀行がどのような銀行かを紹介します。

住信SBIネット銀行について

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスによる共同出資で誕生したインターネット専業銀行です。

銀行口座と証券口座をつなげる「SBIハイブリッド預金」は同行の特徴的なサービスの一つで、銀行口座と証券口座を連動させて、銀行口座での預金をそのまま証券口座の買付余力に即時反映することができる利便性の高いサービスです。

また、インターネット専業銀行ではありますが、住宅ローンや外貨預金など、銀行ができるすべてのサービスをラインナップしていることも大きな特徴となっています。

ITと金融の融合によって誕生した住信SBIネット銀行は、独創的なサービスの創出に力を入れており、今後はビッグデータやモバイルの領域で業界をリードする存在となることを目指しています。

住信SBIネット銀行のFX取引システム

それでは住信SBIネット銀行ではどういったFX取引システムを提供しているのでしょうか?
住信SBIネット銀行で提供しているサービスや、取引システムについて紹介します。

住信SBIネット銀行では2つのFXサービスを提供

住信SBIネット銀行では、FXサービスとして、店頭FXの「Oh! FX」と、取引所FXのくりっく365を提供しています。

相対取引である店頭FXと取引所FXであるくりっく365は、同じFXでも全く違うものなので注意して下さい。それぞれのスワップやスプレッド、取引システム等をよく吟味して、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

住信SBIネット銀行の「Oh! FX」

住信SBIネット銀行が提供する店頭FXの「Oh!FX」は、取引手数料が無料で利用できます。また、高いレバレッジが怖い、と言う人のために、1倍、3倍、5倍のローレバレッジコースも用意していて、少額での取引が可能なミニ取引も可能です。

住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、FX口座も簡単に申し込むことができ、入金もWebからの操作だけで可能です。取引の際に役立つ投資情報も無料でありながら充実していて、高性能なチャートも搭載しています。

さらに、専用のスマホアプリも用意しているので、移動先などでも取引のチャンスをしっかり捉えることができます。

何よりも、「銀行が提供するFX」という安心感が、他社の店頭FXとは一線を画しているサービスです。

「Oh! FX」の取引通貨ペアは?

「Oh!FX」で取引可能な通貨ペアは、対円取引が

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • 香港ドル/円
  • 人民元/円
  • 韓国ウォン/円
  • 南アフリカランド/円
  • シンガポールドル/円
  • メキシコペソ/円
  • ノルウェークローネ/円
  • スウェーデンクローナ/円
  • ポーランドズロチ/円
  • トルコリラ/円

の計17通貨ペアと

クロスカレンシー取引が

  • ユーロ/米ドル
  • 英ポンド/英ドル
  • 豪ドル/米ドル

の計3通貨ペアで、合計20通貨ペアとなっています。

また、「Oh!FX」では通常の10分の1通貨単位で取引できるミニ取引もありますが、

ミニ取引の場合は取引できる通貨ペアが

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • 南アフリカランド/円

の6通貨ペアだけとなります。

通常取引に関しては、取引可能な通貨ペアが合計20通貨ペアと比較的多い方です。また、トルコリラやメキシコペソなどの高金利通貨も取り扱っているので、スワップ目的で取引したいトレーダーにも最適です。

「Oh! FX」のレバレッジコース

「Oh!FX」では、レバレッジの倍率に合わせてレバレッジコースを選択することができます。

レバレッジ1コースではレバレッジ1倍前後の取引が可能で、同様にレバレッジ3コースではレバレッジ3倍前後の取引が可能となります。

それ以外にもレバレッジ5コース、レバレッジ10コース、レバレッジ25コースがあり、レバレッジ25コースだけは、レバレッジ10倍から25倍の取引が可能と、選択可能なレバレッジに幅があります。

このレバレッジコースは個人向けであり、法人の場合はレバレッジコースの選択ができず、レバレッジ30倍前後の取引となります。なお、口座開設時は、自動的にレバレッジ10コースとなります。

レバレッジコースの選択は「Oh!FX」口座に対しての設定となるので、建玉ごとに設定することはできません。

また、未決済の建玉や発注中の新規注文がある場合は、レバレッジの低いコースへと変更する事はできません。反対に、同じ状態の時に高いコースに変更する場合は、それに合わせた取引証拠金が必要となります。

レバレッジが低いコースの場合は、レバレッジが高いコースに比べて取引に必要な証拠金は高くなりますが、為替レートの変動による預託証拠金率の変動は少なくなるのでロスカットの可能性は低くなります。

また、レバレッジが高いコースの場合は反対に少ない証拠金で取引が可能になりますが、為替レートの変動による預託証拠金率の変動が大きいので、ロスカットの可能性が高くなります。

「Oh! FX」の証拠金、取引単位、上限数量

「Oh!FX」では、取引通貨ペアやレバレッジコースごとに取引証拠金が異なります。

例えば米ドル/円の場合の証拠金率は、

  • レバレッジ1コースで100%
  • レバレッジ3コースで33%
  • レバレッジ5コースで20%
  • レバレッジ10コースで10%
  • レバレッジ25コースで4%

です。

レバレッジ30コースの場合は3%となっていますが、レバレッジ30コースは法人のみに提供されているため、個人の投資家はレバレッジ25コースまでとなります。

しかし、人民元/円など一部の通貨ペアでは、レバレッジ10コース、レバレッジ25コース、レバレッジ30コースのいずれにおいても証拠金率は10%となっています。

また、ミニ取引の場合は全ての通貨ペアにおいて、レバレッジ10コース以上では証拠金率が10%となっています。

取引単位において、通常取引では基本的に1万通貨単位となりますが、

  • 香港ドル/円
  • 人民元/円
  • 南アフリカランド/円
  • メキシコペソ/円

は10万通貨単位での取引となります。

また、韓国ウォン/円については1,000万通貨単位での取引となっています。

ミニ取引の場合、レバレッジコースは通常取引と同じですが、取引通貨単位は基本的に1,000通貨単位となっていて、南アフリカランド/円だけは1万通貨単位での取引となります。

「Oh! FX」のスプレッドは?

「Oh!FX」のスプレッドは

  • 米ドル/円が0.5銭
  • ユーロ/円が2.0銭
  • ポンド/円が3.0銭

となっています。

ドル円のスプレッドに関しては他のFX会社に比べても遜色ありませんが、ユーロ/円、ポンド/円に関しては、他のFX会社でもっと狭いスプレッド(例えばユーロ/円0.5銭、ポンド/円0.9銭など)を提供しているところも多いので、「Oh! FX」のスプレッドはやや広い方であるといえるでしょう。

「Oh! FX」のスワップは?

「Oh!FX」のスワップは、米ドル/円で40円、豪ドル/円で31円となっています。「Oh! FX」のスワップは、他のFX会社と比べても比較的高い方であるといえるでしょう。

「Oh! FX」のロスカットとロスカットアラーム

「Oh!FX]では、取引時間中は1分ごとに時価評価を行っていて、実質証拠金額が必要証拠金額に対してアラーム水準を下回った際には、預託証拠金率の低下を知らせるためにロスカットアラーム通知メールを発信します。

アラーム水準は自分で設定できますが、レバレッジコースによって範囲が決まっています。レバレッジ1~10コースでは、預託証拠金率50%から95%の範囲内で、5%単位で設定できます。

レバレッジ25、30コースの場合は、70%~95%の範囲で、同じく5%刻みで設定できます。

また、預託証拠金率がさらに低下してロスカット水準を下回った場合は、ロスカットが行われ、預託証拠金率が100%以上になるまで建玉を反対売買で決済していきます。

ロスカット水準もアラーム水準と同じく、5%刻みで設定できます。ロスカット水準は、レバレッジ1~10コースでは30%~90%、レバレッジ25、30コースでは50%~90%の範囲内ならば設定可能です。

「Oh! FX」の追証について

営業日の終了時点で、預託額が取引金額の4%を下回っていた場合は、追加証拠金が必要となります。

翌営業日の終了時刻の30分前に再度判定を行い、不足金が解消されたかを確認します。

もし解消されていない場合は強制決済が行われ、約定の日にちが古いポジションから不足額が充当されるまで決済していきます。そのため、追加証拠金を入金する場合は、取引終了時刻の30分前までに入金しなくてはいけません。

「Oh! FX」の口座開設

「Oh!FX」に口座を開設する場合、その前に住信SBIネット銀行の口座を開設している必要があります。「Oh!FX」単独での口座開設はできませんので、注意して下さい。

住信SBIネット銀行の口座を持っている人が「Oh!FX」の口座を開設する場合は、パソコンサイトから申し込みます。申込が完了したら、マイナンバー申告書類が郵送されてきます。

内容に従ってマイナンバーを申告したら、住信SBIネット銀行でマイナンバーを登録してOh!FX口座の開設が完了します。口座の開設が完了したら、証拠金を入金すれば取引ができるようになります。

「Oh! FX」の入出金は?

「Oh!FX」の入金は、Webサイトかモバイルサイトから行います。それぞれ入金を指示すると、代表口座の円普通預金から出金して口座へと入金されます。入金は、手続き後1~3分ほどで反映されます。

出金に関しても同様に、Webサイトかモバイルサイトから行います。出金も出金指示を行うと、1~3分後には口座に反映されます。

「Oh! FX」の取引システムは?

「Oh!FX」では、パソコンからのWEBサイトでの取引に加え、専用のスマートフォンアプリでも取引が可能です。

WEBサイトからの取引画面については、シンプルな作りですが直感的に操作できるようになっていて使いやすく、初心者でも迷わずに利用できます。

チャートについてはプライスボードから呼び出す形になっています。チャートはローソク足だけではなく、ラインチャートやドットチャート、散布図などでも表示可能です。

トレンドラインも高値・安値だけではなく、水平線や垂直線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・ファンなど、多くの種類が表示可能です。

FX取引に必須のテクニカル分析も、ADXやボリンジャーバンド、DPO、EMAなど20種類を搭載しているので、相場を詳しく分析できます。

また、投資情報も簡単にチェックできるようになっていて、経済指標はもちろんのこと、マーケット展望や、1時間ごとにマーケットの状況を伝えるデイリーレポートなど、様々な投資情報を確認することができます。

スマートフォンアプリでは、取引画面やチャートからワンタップでスピード注文ができます。自動ログインができるので取引をすぐに始めることができ、スピード感のある取引が可能です。

シンプルな画面構成なので初めてでも迷わず操作できます。無料で使える、とても使いやすいツールです。

「Oh! FX」積立も用意!

「Oh! FX」では、「Oh! FX積立」という積立できるFXサービスを提供しています。

「Oh! FX積立」は、顧客が選択した通貨、月間購入金額、取引頻度に応じて、買建玉を自動的に積み立てていくサービスです。

メリットとしては、自動で少額からFX投資が取引可能ということに加え、積立買付タイミングの分散による買付レート平準化(為替変動リスクの分散)が可能ということもあります。

さらに、FXならではの機能としてレバレッジをかけられ、少ない資金で効率的に投資することが可能となっています。なお、かけられるレバレッジは3倍までとなっています。

積み立ては1通貨から可能なので、例えば米ドルなら1ドルずつ積み立てることが可能です。スワップポイントもきちんと毎日発生するので、少しずつ増えていくのを見ている楽しみもあります。

「Oh! FX積立」は住信SBIネット銀行の銀行口座(代表口座)とOh! FX口座の開設が必要です。

積み立てが可能な通貨ペアは主要な6通貨ペアのみとなっていて、売りから入ることはできないので買い建玉のみの取り扱いとなります。売買は随時可能です。

住信SBIネット銀行のくりっく365

住信SBIネット銀行のもう一つのFXである取引所FXのくりっく365は、東京金融取引所が提供しているFXです。投資家にとっては公正さと安心感の高いFXで、住信SBIネット銀行の場合、レバレッジを選ぶこともでき、通貨ペアも豊富です。

また、注文方法も複数から選択可能となっています。

くりっく365と「Oh! FX」との比較

くりっく365と「Oh!FX」を比較すると、様々な違いがあります。

まず、「Oh!FX」では取引手数料が無料ですが、くりっく365の場合は1回の注文につき50円の手数料がかかります。

取引通貨ペアは「Oh!FX」が20通貨ペア、くりっく365は25通貨ペアなので、くりっく365の方が豊富ですが、対円取引に絞った場合は「Oh!FX」が17通貨ペア、くりっく365が14通貨ペアと、「Oh!FX」の方が有利になります。

また、くりっく365のスプレッドは東京金融取引所が設定しているもので、米ドル/円で2銭前後となります。

それに対し「Oh!FX」では、米ドル/円のスプレッドが1銭ほどなので、スプレッドについては「Oh!FX」の方が有利です。

レバレッジも、くりっく365ではレバレッジ10コースと25コースのみとなっているので注意して下さい。

キャンペーンも開催!

住信SBIネット銀行では、「Oh!FXデビュー応援キャンペーン」というキャンペーンを以前開催していました。

このキャンペーンは、口座を新規に開設した人が期間中に取引を行うと、最大で3万円相当のポイントをプレゼントする、という内容になっていました。

現在は既に終了していますが、また折を見てキャンペーンが開催されるかもしれませんので、時々チェックしてみると良いでしょう。

まとめ

住信SBIネット銀行はネット専業銀行ですが、様々なサービスを展開しています。FXも店頭FXと取引所FXの両方を提供しているので、投資家は自分が好きな方を選んでFXに投資できます。

店頭FXである「Oh!FX」には、1,000通貨から取引ができるミニ取引や、積立投資などもあり、初心者でも安心して利用できるFXとなっています。

また、信頼度が高い取引所FXであるくりっく365では、25通貨ペアと、取り扱っている通貨ペアが豊富です。

どちらのFXが良いかは取引スタイルによっても異なりますので、どちらも気になるという人は、住信SBIネット銀行に口座を開設し、両方とも利用してみるのも良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お好みの条件で自分に合ったFX会社を検索

FXのことで悩んだら、専門家に相談!

FXに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
※お問い合わせ頂いた内容はナビナビFX編集部に送信されます。

(必須)
(必須)

利用規約プライバシーポリシーにご同意いただき、ご利用下さい。